1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

リビング横浜Webに新メンバーが仲間入り!

2017/6/28

こんにちは。横浜編集部のヤギです。6月も半ばを過ぎ、間もなく7月、夏ですね! リビング横浜Webにも、ちょっとした変化がありました!

地域特派員に新メンバー加入!

地域特派員に新しい方が仲間入り! 7月から地域特派員として活躍する方向けの研修会があったのですが・・・、みなさん真剣にメモをとり、疑問質問が飛び交い、とても積極的! 嬉しい限りです! 地元を愛する皆さんの「地元のステキを伝えたい」熱い思いを感じ、どんなネタが発信されるのか、今から楽しみです。
resize_DSC_0012
毎年この時期、新メンバーを募集しているので「やってみたい!」という方は、来年ぜひご応募ください!

編集部にも新メンバーが!

先日「Yokohama Editors Room」デビューした編集部ナミが、6月から編集部へ! 横浜生まれ横浜育ちで、リビング横浜Webを盛り上げます! 日々、横浜情報を発信していくので、みなさんもこまめにチェックしてくださいね。
resize_DSC_3187-1↑ちなみにこちら、ナミが撮り忘れたという「チキンのトマト煮 マッシュポテトが添え」です

コメント (0)

馬車道「マクガフィン」でおしゃれなランチ

2017/6/26

初めまして、編集部ナミと申します。
6月半ばから横浜編集部の一員として仲間入りしました。
生まれも育ちも横浜!
生粋の横浜っ子として、横浜の情報をどんどんと発信していきたい思ってますので、よろしくお願いします♪

本日は、編集、制作の方々に歓迎ランチに連れて行っていただきました。
皆様お忙しい中ありがとうございます・・・恐縮です。
12時ぴったりに、ぞろぞろと10人以上の団体で大移動。
おいしそうなお店が立ち並ぶ、馬車道。
歩いているだけでもわくわくします。

Resize写真 2017-06-26 12 09 56

会社から徒歩5分くらい(馬車道駅から徒歩3分)でたどり着いたのはマクガフィンというお店。
外観からもオシャレなお店の雰囲気が漂います。

私がいただいたのは、ポークのジンジャーソース。

Resize写真 2017-06-26 12 27 39

肉厚の豚肉は見た目以上に柔らかい!
香ばしい香りにご飯が進みます~。

本日のランチは、ポークかチキンを選べたのですが、
チキンはトマト煮でマッシュポテトが添えられていて彩りもきれいで、こちらもおいしそうでした。
(写真撮り忘れました。すみません・・・)
サラダとドリンクもついて、量も味も大満足です!

ちなみに、夜はバルになるそうです。

Resize写真 2017-06-26 12 15 26

ワインやビールなど、様々なお酒と創作料理が楽しめます。
よだれ鶏レモン香味ソースに、オクラのビールフリット、白きゅうりのネギミソ和え・・・
メニュー名を聞いただけでもおいしそうです!!
絶対に夜も来よう・・・。
本日は素敵なお店に連れて行ってくださり、ありがとうございました。
とってもおいしかったです。
そして、なによりも素敵なお姉さま方に囲まれ、華やかで楽しいランチでした。
(少し緊張気味でしたが・・・!)

Resize写真 2017-06-26 13 06 06

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

□ランチのお店情報
マクガフィン
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14059347/

コメント (0)

目覚めれば瀬戸内海! 横浜から「寝台特急サンライズ」で四国へ

2017/6/20

こんにちは♪ 編集部のひろみんです。
「トワイライトエクスプレス瑞風」「TRAIN SUITE 四季島」「ななつ星」など、豪華寝台列車が何かと話題になっていますが、横浜から乗れる(普通の)寝台特急「サンライズ」に乗車してきました(^^)。
寝台車は15年くらい前に乗った北斗星以来です。

急な用事で愛媛・松山に行くことになったのですが、めざす時間の飛行機が満席で取れず、広島まで飛ぶか、新幹線で福山まで行ってしまなみ海道を渡って…とか、いろいろ検討していました。
でも、いずれにしても鬼早起きっ
そこでみつけたのが寝台特急サンライズ瀬戸・出雲です。
東京駅始発で横浜を出るのは22:24。夜ゆっくり出られて、寝ているうちに着いちゃうので、意外とラクでした。何より、羽田まで行かずに横浜駅から乗れちゃうのがお手軽で便利!

サンライズは、横浜駅の東海道線下りホームに静かに入ってきます。

★P1290604

IMG_20170607_223322_437

行き先によって乗る車両が決められています。
私は高松行きの車両へ。

DSC_1342

寝台はいくつか種類があるのですが、私が利用したのは最もスタンダードな個室「シングル」タイプです。
足を延ばして寝られるスペースとブランケット、部屋着やハンガーも用意されています。
荷物を置いたり、テーブルスペースがあったりと、寝るだけなら十分。
枕ふわふわ派の私としては、ちょっと枕が固かったかな~。

このほか、ツインタイプや、仕切りがなく寝台料金がかからない「ノビノビ座席」も用意されています。

★P1290605

お部屋は暗証番号でロックできる安心構造。

★P1290606

サンライズには食堂車や社内販売が無く、自販機もソフトドリンクしか売ってないので、アルコール関係は乗車前の事前調達が吉(^^)

DSC_1348

ラウンジのようなスペースもあって、ここでお酒を飲んでいる人もいらっしゃいました。

DSC_1354

横浜の後は、熱海、沼津、富士、静岡、浜松、姫路、岡山に停まります。私は静岡あたりで寝てしまい、目覚めた時は岡山の手前でした。

岡山着は6:27。
ここで、前半分は「サンライズ瀬戸」として高松へ。うしろ半分は「サンライズ出雲」として出雲市へ向かいます。この、車両の切り離し作業が岡山駅の朝の名物だそうで、あまり興味はなかったのですが…、せっかくなのでホームに出てみました。
すでにギャラリーがいっぱい!

DSC_1359

連結されていた車両の通路部分のふたがピタっと閉まり…・

DSC_1356

ここから車両を切り離し…

DSC_1358

…なのですが、高松行きはもう出発するって言うんで、あわてて乗車。切り離しの瞬間は、出雲行きの乗客しか見られないようです…。

そして岡山を出ると、瀬戸大橋を渡って四国へ上陸!
冬の時期なら、ちょうど瀬戸内海を上るサンライズを見ることができます。
私は、松山行きの電車に乗り換えるため、7:09に高松の手前の「坂出」で下車。なかなか快適な寝台特急の旅でした!
今度は出雲にも行ってみたい(^^)/

ここからはスピンオフ編。
この2日後、快晴の松山で、「伊予灘ものがたり」というすてきな観光列車に乗りました。

DSC_1542

DSC_1546

★2017-06-10-08-48-45

松山駅では、駅の職員さんたちがホームで手を振って送ってくれて感動!

★DSC_1557

沿線では、河原を散歩している人も、畑で農作業をしている人も、野球場でグランド整備している人も、「伊予灘ものがたり」を見るとみんな手を振ってくれました。
普通の民家の軒先に、こんな手作りの看板も発見!
地域で盛り上げようとしているのが伝わってきます。

★DSC_1597-2

松山から伊予大洲まで、瀬戸内の海沿いを約2時間かけて走る列車は、とにかく海がきれい!

IMG_20170610_091029_001

DSC_1587

車内では、時間帯によって違うお食事が提供されます(要事前予約)。
私が乗ったのは朝の時間帯だったので、おいしい朝食をいただきました。
隣の席の乗り鉄くんは、地酒飲み比べセットをご発注。それもいいね~とジロリンっ

IMG_20170610_111412_686

途中下車する「下灘駅」も見どころのひとつです。
映画やドラマ、ポスターの撮影などにもよく登場する、゛日本一海に近い駅”と言われる駅で、最近ではドラマ「リバース」に登場しています。

晴れた日に来ることができました!

★P1290659


★P1290663

★P1290655

やはり、電車の旅は旅情があっていいもんです。
すてきな観光列車がどんどん増えているので、鉄道の旅がますます楽しくなりそう。
横浜から伊豆へ行く「THE ROYAL EXPRESS」 の運行も7月から始まるので、いつか乗ってみたい!

(編集部:ひろみん)

コメント (0)

ファミリアが横浜元町に帰ってきた!

2017/6/12

こんにちは。しましです。

NHK朝の「べっぴんさん」で注目された子供服の「familiar(ファミリア)」が、6/11に元町に誕生しました。
「え? ファミリアって以前も元町にあったわよね」、そう思ったあなたは、横浜通。
確かに1978年~2003年に元町のなかほどにありました。つまり、今回は14年ぶりに横浜元町に戻ってきたということになります。
ただし、新しいファミリアはこれまでとちょっと違うのです。

開店前のプレス発表会に行ってみると…
aDSC_0098
元町・中華街駅からすぐ。元町プラザの次のビルです。マリメッコのデザインなどで知られるテキスタイルデザイナー・鈴木マサルさんのアートがカラフル。1階のファミちゃんにもボディペイントされています
aaDSC_0093
こんな外観、インテリアからして、
従来のファミリアのイメージから少し離れませんか?

まずは社長の岡崎忠彦さんがごあいさつ。
創業者のひとり、べっぴんさんのヒロインモデルになった坂野惇子さんのお孫さんだそうです。
aDSC_0034
芸術家のような柔らかい印象、気さくな社長さんで意外でした(失礼!)

「ファミリアは67年前にママ友4人で始めたベンチャー企業です」とは言い得て妙。
「べっぴんさん」で“お勉強”しましたから、実感できます。
2年前の65周年を機に「子どもの可能性をクリエイトする」の企業理念を掲げ、次のステージへと飛躍しているそうです。
だから、これまでのイメージとはちょっとちがったファミリアが見られるのです。
洋服だけでなく、妊娠してから子どもが育つまでをサポートしてくれるお店って、ママたちにとってはありがたいですよね。この形態はファミリアとしては初めてのスタイルだそうです。

さて、店内を見てみましょう。
aDSC_0089
妊娠がわかったら揃えたい準備リスト一式のディスプレイ
aimage1 aDSC_0075
産まれる前に、赤ちゃんの月例別の重さを実感したり(上)、沐浴の練習をしたり
aDSC_0069 aimage2産まれたら、ぜひトライすべしなのが、このエッグカメラ。たまごのベッドでパシャッとしたら、出てきたバーコードを読み込めば、タブレットに取り込めるのです。かわいい瞬間を撮ってあげて!
aimage3 aDSC_0049
このほか、食器体験では実際に離乳食を持ち込んでファミリアの食器を使って食べさせることができ(上)、2階にある「キッズラボ」では、知育も取り入れています。今日は親子クラスのデモンストレーション。同じ世代のコミュニケーションも子育て中のママにとって強い味方ですね

aDSC_0063 aDSC_0081

そうそう、洋服も少しあります(上)。これまでの路線を大事にしながら、上質だけれどよりおしゃれなデザインがいっぱい。ただし、ここにないものはwebでの購入も。そのために天井から下がった生地で質感のチェックができるなんて(下)、考えましたね。ほら、子どもの遊び場にもなっています。

ママと赤ちゃんやキッズにとっての楽しい空間。
横浜元町へ行ったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ファミリア 横浜元町店

コメント (0)

FFプロジェクションマッピング
横浜にバハムート襲来!?

2017/6/9

こんにちは、編集部ヤギです。お気づきの人も多いと思いますが、6月からみなとみらいで「ファイナルファンタジー30周年×横浜」が開催中!そのメインイベント『海洋都市ヨコハマ「龍神バハムート、襲来」』プロジェクションマッピングのリハーサル上映会(6/8実施)に行ってきました!

観賞無料!FFプロジェクションマッピング上映

resize7IMGP5726「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」の壁面、高さ140mがスクリーンに!日本最大級の規模なんだとか

ファイナルファンタジーとは・・・
スクウェア・エニックスが手がけるロールプレイングゲーム「FINAL FANTASY/ファイナル ファンタジー」(頭文字を略して以下、FF)のこと。全世界累計1億3000万本の出荷・ダウンロード販売し、現在は14作品目。今年はシリーズ誕生30周年を迎えます

今回の企画は、港北区日吉でスクウェア・エニックスの前身であるスクウェアが発足したり、初期作品を手がけたスタッフには神奈川県の大学出身者が多かったりというご縁から実現したそう。プロジェクションマッピングの一般上映は、6月10日(土)、11日(日)の夜、観賞無料!
resize2170608ff-m-82
FF14プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹さんとFF好きアイドル小池美由さんのトークも。(写真提供:ファイナルファンタジーXIV プロジェクションマッピング映像作品『海洋都市ヨコハマ「龍神バハムート、襲来」』)

バハムート襲来で横浜が大変な事に!

resize_3IMGP5701「バハムート」とは、FFシリーズではおなじみの召喚獣のこと。↑の写真がバハムートです!リアル過ぎてゲームの世界と現実世界があやふやに…映像のクオリティがすごすぎる
半年の製作期間を経て作られた、約10分の完全オリジナルストーリー「ファイナルファンタジーXIV プロジェクションマッピング映像作品『海洋都市ヨコハマ「龍神バハムート、襲来」』を上映。FFファンのヤギは、あの音楽、あのキャラクターが動き、戦う姿に感動…。FFを知らない人でも、緩急のあるストーリーと色鮮やかで繊細な映像美に驚くはず!私が観賞したコスモワールド付近運河沿いは、大音量のサウンドで臨場感が楽しめました

resize4_IMGP5705
ホテルの曲線や窓など構造を活かし、その寸分狂いのない演出の技術力と美しさに、おぉ~と歓声が!
resiza_6IMGP5689
FFではおなじみな黄色い鳥のキャラクター「チョコボ」もいっぱい登場!

観賞エリアは、コスモワールド付近運河沿い、カップヌードルミュージアム付近運河&海沿い、汽車道など。上映時間など詳しくはこちらから http://www.finalfantasy.jp/30th/yokohama/

まだある!FF×横浜コラボイベント

プロジェクションマッピングをはじめ、まだまだFFファンにはたまらないイベントが開催中。これから始まるものもあるので、気になる人はみなとみらいへ!

◆クイーンズスクエア横浜 フラッグジャック ※6/11(日)迄
◆崎陽軒 横濱中華弁当とコラボ ひょうちゃんがFF特別仕様に!
◆横浜人形の家 特別展示 ※6/24(土)から
◆東急東横線 車体ラッピング・発車メロディジャック・1日乗車券券面ジャック etc.

resize7DSC_3086写真はクイーンズスクエア横浜のフラッグジャックの一部。外国人の方もバシバシ写真撮影していました!ちなみにヤギは、右フラッグのキャラクターが主人公のFF7が好きです

ファイナルファンタジー30周年記念×横浜
http://www.finalfantasy.jp/30th/yokohama/

コメント (0)

夏の手土産にぴったり
横浜水信フルーツサンドウィッチ

2017/6/7

こんにちは、編集長の山内です。

夏の特集「手土産」の下調べを兼ねて、編集部員3人で横浜水信のパーラー「横浜水信 CIAL 桜木町店」へランチに行ってきました。

お目当ては、フルーツサンドウィッチ!

サンドイッチ533

いちごやキウイなど完熟した季節のフルーツが、フレッシュ生クリームとふわふわのパンにサンドされています。「フルーツサンドウィッチ」750円。

横浜水信といえば、横浜のフルーツの老舗。
横浜へ異動して半年、まだ横浜水信のフルーツをいただいたことがない私は、このキラキラと神々しく輝くフルーツサンドを見て、期待度100%に。

ひとくち食べて、「おいし~い!!」と絶叫。
フルーツの味が濃い! そして生クリームは甘さ控えめ。
見た目の美しさもさることながら、フルーツサンドはこうあるべし!と言わんばかりの絶品の味わいです。来て良かった。

持ち帰り用には、かわいいフルーツ柄のイラストが描かれた紙箱ケースに入れてもらえます。
三角形のかわいいカタチで手土産に喜ばれそうです。(写真を取り忘れました)

続いては、パーラーに来たからにはということでパフェをオーダー。3つオーダーしました。
アサイーボウル上から

1つめは、フルーツたっぷりの「フルーツボウル」。
フルーツに隠れていますが、中にはソフトクリームがたっぷり!
サイズは2種類あり、250グラム810円、350グラム1280円。
オーダーしたのは250グラムですが、フルーツがこれでもかと入っていて、1週間分の果物を食べた気になるボリューム感でした。

2つめは、王道の「フルーツパフェ」。
パフェ0

上から見ると華やかな盛り!
パフェ上から2

季節のフルーツがたっぷり盛りもりの「フルーツパフェ」1280円。
メロン、パイナップル、リンゴ、ドラゴンフルーツなどのほか、中のほうには完熟マンゴーも入っていてこれがまたとても美味でした。

3つめはこちら。
いちじく131012

「いちじくのブリュレ」780円。季節限定メニューです。
グラスの中央部に、半切りされたいちじくがぼこぼこと入っています。
いちじくは、テュルテュルの食感で大変おいしゅうございました。
私のイチ押しは↑これです。

編集部員58

老舗「横浜水信」のパーラーで、フルーツを存分に堪能した編集部員。
ビタミンをたっぷり摂取したので、午後の仕事もがんばれそうですね。

「横浜水信」のフルーツサンドウィッチは、夏に紹介予定です。
7月中旬頃のリビングWebをチェックしてくださいね。

横浜水信
http://www.mizunobu.com/

コメント (0)

6月4日(日)まで! ニュージーランドの旬グルメを満喫しよう

2017/6/2

こんにちは。編集部あきです。

みなとみらいの横浜ベイホテル東急「カフェトスカ」で6/4(日)まで開催している「ナイト・キッチンスタジアムinニュージーランド」に行ってきました!

20170426_184604

毎回、さまざまなテーマに基づき、旬の食材を探し、そのおいしさを最大限に生かしたメニューで楽しませてくれる”夜のビュッフェ”。

ニュージーランドがテーマのフェアは、今回で11回目です。青い海と雄大な大地に育まれたシーフードやラム、牛肉、野菜が味わえる”食材の楽園”ニュージーランド。シェフが実際に訪れ、厳選した食材を仕入れたと聞いて、期待が高まります!

ベジタブルマーケット

こだわりの野菜がずらり。鮮度優先だそうで、県内産の野菜も多く並んでいます。

私が気に入ったのは、野菜をしゃぶしゃぶにして好みのソースでいただくコーナー。温かいスープにくぐらせることで、大きな紅芯大根も、さっくり柔らかくなり食べやすい~。

20170426_190051

ソースやドレッシングは10種類以上。バーニャカウダソースをつけていただきました。

20170426_190117

 

20170426_191820

他に、野菜のマリネのコーナーも。全て違う味付けでマリネされています。その種類の多さにびっく

り!

20170426_203439

アクションコーナー

目の前で調理してくれる「アクションコーナー」。

料理人の手さばきを間近で見られ、さらに出来たてを味わえるのが嬉しいですね。

フィッシャーマンスープ トスカスタイル

ニュージーランドの新鮮なシーフードのうま味がギュッと凝縮されたブイヤベースです。コクがあって濃厚なスープで、口に運ぶたびに魚介の香りが立ちのぼります! トッピングがいろいろあるのですが、「オススメ」と言われたネギとコショウを。おいしい~

20170426_195243

チャックロースのロースト グレービーソース

次はローストビーフを。

ニュージーランドの牛肉は、牧草を食べて育った赤身のグラスフェッドビーフ。脂身が少なくてヘルシーなのが特徴です。

こんなに大きな塊肉をカットして・・・。

20170426_194947

肉厚のサイコロ状に! とっても贅沢♪

20170426_195310

赤身って固いのでは?と思いつつ食べると、すっごく柔らかでジューシー! もちろん肉そのものも良いものを使っているのですが、シェフの腕によるところも大きいと思います! 絶妙な火の通りだからこそ、柔らかな口当たりに仕上がるんですね~。

とにかく、肉本来の味わいを楽しみたかったら赤身だなぁと実感した一品です。

ホットディッシュ

焼いたり煮込んだりして、素材のうま味を凝縮した料理の数々

タチウオのムニエル 焦がしバターとケッパー風味

20170426_203359

 

キングサーモンの天火焼き

 

20170426_203354

などがずらり。

食べたいものがいっぱいあって悩んでいるところに

カランカラン~♪

と鐘の音が。

そう、ピザが焼きあがった合図です。

オレンジのピザ

20170426_203533

デザートピザって初めて食べました。オレンジとチーズのハーモニーがたまらない!

プラチナディッシュ

盛りだくさんのビュッフェの他に、なんと一人一皿の特別料理があるのです!

これは、シェフのイチオシ。あまりにおいしいため、いらした皆さんに絶対食べてほしいとの思いで振る舞われる一皿です。

スプリングラムのグリル レフォール添え

20170426_193406

スプリングラムとは、春から初夏に生えている、栄養価の高い牧草を食べて育った生後6か月未満の厳選されたラムを、4週間熟成させたものだそう。

熟成することにより、固さと臭みがなくなり、よりおいしく食べられるとか。

そのまろやかでクセのないジューシーな味わいに感動です!ニュージーランドに旅行に行かずして、こんなにおいしいラム肉が食べられるとは、ナイト・キッチンスタジアム恐るべし

ワサビっぽいピリッとした苦味が特徴のレフォールが添えられています。ラム肉にぴったり♪

デザート

デザートは別腹ですよね~、ってことでてんこ盛りにとってきちゃいました。

特筆すべきは ヨーグルトクリームとマヌカハニーのパブロバ(右下です)

20170426_202156

抗菌効果もあるというマヌカハニー。ここのはクセもなくまろやかな味わいです。ヨーグルトのあっさり味とまったりしたマヌカハニーのハーモニーがたまりません!

肉、魚、野菜とニュージーランドの自然の恵みをたっぷりと堪能できる「ナイトキッチンスタジアム」へ是非足を運んでみて!

ナイトキッチンスタジアムinニュージーランドの詳細はこちら

ナイト・キッチンスタジアムinニュージーランド                  場所:オールデイダイニング「カフェ トスカ」(横浜ベイホテル東急2階)      期間:6月4日(日)まで                                                   提供時間:17:30~21:30(ディナータイムのみ)※土・日・祝日は17:00~     料金:月~金曜 5400円、土・日・祝日 6579円、小学生 2946円、4歳~未就学児1178円

予約・問い合わせは

☎045-682-2218

または「横浜ベイホテル東急」で検索を

 

 

 

 

コメント (0)

暑い日に飲みたくなるのは・・・?

2017/6/1

こんにちは!編集部のヤギです。今日みたいにムワ~っと暑い日は、冷えたビールをグイッと飲みたいですよね(私、お酒弱いですが)! そんな方に朗報です。

チケット購入が断然お得!?
駅直結のビアホール

resizeららぽ__IMG_2565

横浜駅から海老名駅まで電車で約30分の「ららぽーと海老名」で、毎年好評のビアホール「EVVIVA! BEER HALL(エヴィーバ ビア ホール)」が開催中です。

こちら、期間限定のドリンクチケット(10杯分3000円)を購入すると、対象ドリンクが通常よりも割安で飲めるんですよ~。しかも、9月30日(土)まで使えるので、一度に使い切らなくても大丈夫なのが、嬉しいですよね(ソフトドリンクも対象なので、家族で使えるのも魅力!?)。お住まいや職場が近い方、立ち寄ってみてくださいね。

詳細は「リビングまちだ・さがみWeb」へ

コメント (0)

ラグビーワールドカップ優勝の元ニュージーランド代表主将 リッチー・マコウが横浜に

2017/5/29

“世界ラグビー史上最高の闘将”リッチー・マコウさんが、「東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト」のイベントのため来日中。そして、本日、「横浜国際総合競技場」で、報道機関向けに「トークセッション」が行われました。
ラグビー担当(笑)のよっしー、早速、取材してきました。

リッチー・マコウさんといえば、強豪国・ニュージーランド代表の主将として、2015年ラグビーワールドカップイングランド大会で優勝し、史上初の連覇を遂げたことで有名です。

DSC_0019

今回の記者会見の会場は、2年後のラグビーワールドカップの決勝会場となるスタジアム! 7万人以上の収容人数を誇る横浜市自慢のスタジアムです。スタジアムにリッチー・マコウさんをはじめ、元ラグビー日本代表のアンドリュー・マコーミックさん、サントリーサンゴリアスの小野晃征選手が登場。リッチー・マコウさんは、背が高く、ガッチリ! あまりのカッコ良さに目が釘づけでした。

トークセッション中、終始穏やかな表情のリッチー・マコウさん、試合の時の表情とは別人。柔らかい物腰に増々ファンになっちゃいました。

よっしーは、トークセッション中、スタジアムの広さと暑さ(笑)に圧倒されました。2年後、ここに7万人以上のラグビーファンが集結! 満員のスタジアムを想像するだけで身震いがします。

スタジアムの規模、設備ばかりが話題になりますが、マコウさんはこのスタジアムを見て「2年後が楽しみになりました。優勝経験から、スタジアムの雰囲気を作るのはファンの方々」と。

DSC_0023

リッチー・マコウさんのワールドカップ優勝時の思いや、釜石の人々の交流話など、短い時間でしたが、いろいろな話が聞けました。横浜でクルージングも楽しんだようで、横浜を気に入って下さったようです。
「ぜひ生でラグビーの試合を見て欲しい。トライの感動も違いますよ」とマコウさん。

2019年ラグビーワールドカップに向けて、横浜はどんな“おもてなし”で世界中のラグビーファンをお迎えするのか、ラグビーファンとして、横浜市民としても気になるところです。

11月4日には、オーストラリア代表「ワラビーズ」とのテストマッチが横浜国際総合競技場で開催されます。ラグビーのテストマッチが行われるのは初めてだそう。
生でラグビーを観戦するチャンス!お見逃しなく!

 

 

 

 

コメント (0)

横浜ベイクォーター「陽気なラテンのビアガーデン」

2017/5/26

ビアガーデンの情報が、当ブログでもちらほらと…見受けられる季節になってまいりました。
私が出かけてきたのは、横浜ベイクォーターで本日から開催される「陽気なラテンのビアガーデン」です。
IMG_0484
3階のメイン広場でにぎやかに開催されていますよ~

“ラテン”とうたう今回のビアガーデン。
8/30(金)まで「ラテンアメリカのお祭り」をテーマにスパイシーな料理が満載IMG_0480

メキシカン好きなワタクシ。タコスに目がクギづけです
IMG_0482

コチラは、トルティアチップとサルサを好きなだけ楽しめる「サルサバー」
IMG_0486
クロスがメキシコ色です~

サルサバーでは、ワカモレ(アボカド・ツナ)とメヒカーナ(刻み野菜のビネガー)をチョイス。このほか、ロッソ(トマト・ハラペーニョ)←辛い、コーン(コーン・ライム・パクチー)など6種類のサルサがあります。
スパイシーな料理はビールに合うし、ビールがうま~いIMG_0487
IMG_0493
こちらは、牛ランプグリル&エビのプロシュット。バジルとガーリックの香り豊かなソースが美味。
料金は、フリードリンク&フリーフードで4500円(税込み)。

メニューは、7/16(日)に入れ換え。夏のあいだに、2度も楽しめる(もちろん、何度でも!)のはとてもステキ。
また行ってこなくちゃね

⇨横浜ベイクォーター

(saskm)

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



会員登録・変更