1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 新鮮野菜が楽しめる☆横浜タカシマヤ屋上ビアガーデンが今年もオープン

新鮮野菜が楽しめる☆横浜タカシマヤ屋上ビアガーデンが今年もオープン

2017/5/18

夏といえばビールがおいしい季節!今年もビアガーデンの季節がやってきましたね。
昨年も好評だった、横浜タカシマヤのビアガーデンがパワーアップして今年もオープン♪
先日、プレス内覧会に行ってきました!

農家の「顔」が見える新鮮野菜が楽しめる“FARMERS’ BEER GARDEN”。昨年に引き続き、今年も野菜・果物やハーブを使ったドリンク、昨年より充実したお肉のメニューも楽しめます☆
基本プランは、セレクト野菜チケット(1枚付き)の「ファーマーズグリルセット」(大人税込み4200円)。2時間制で、飲み放題付き(ちなみに、セレクト野菜チケットは1枚税込み500円で追加も可能です)。

yokotaka3
※写真はイメージ

BBQというと、お肉が主役になりがちですが、野菜だってちゃんと食べたい!…と思うのが女子ゴコロ。注目なのが野菜・果物を集めた「ベジタブルカウンター」。セレクト野菜チケットで引き換えできるのが、神奈川県産をはじめとした新鮮なカボチャ、玉ねぎ、とうもろこし、ジャガイモ、スイカ、ブドウなど好みの野菜・果物。好きな1品を選ぶことができます。フルーツがあるってポイント高いですよね♪
※入荷状況によって提供する野菜が異なります


yokotaka1
ベジタブルカウンターには野菜がずらり!実際にはもっとたくさんの野菜が並ぶそうなので楽しみ☆

お肉は、ポークとチキンの2種類が楽しめます☆

yokotaka3

そして、もう一つ注目なのが「トルティーヤ食べ放題!!」。ベジタブルサラダも付いているので、タンドリーチキンやジューシーな豚肉を野菜と一緒に巻いてバランス良くいただけるのが嬉しいですよね。サルサソース、バジルソース、トマトソースの3種類が楽しめるのもポイント。

yokotaka5

yokotaka1
※写真はイメージ
そして、昨年も女性に好評だったという「野菜を使ったカクテル」や果物・ハーブを漬け込んだ「オリジナルウォーター」が今年も登場!野菜を使ったカクテルは、きゅうりやトマトのモヒート、赤パプリカブルドックなど気になるラインアップ!

yokotaka6
私は「人参とオレンジのスクリュードライバー」をオーダー。アルコールだけど健康的☆
さらに、今年はアラカルトメニュー(有料)としてオシャレで健康的なスムージーも楽しめちゃう☆スムージーは、「ベリークラッシュアイススムージー」「ジンジャーグリーンスムージー」「イエロークラッシュアイススムージー」(各税込み800円)の3種類。どれも気になります(´▽`*)

yokotaka4※写真はイメージ

こんな感じで休日は浴衣で楽しむのもSNS映えして、楽しそう!ちなみに、7/1(土)~8/31(木)までの2カ月間、浴衣を着用で利用すると、300円の割引が☆

yokotaka4

横浜駅チカで、しかも手ぶらで楽しめちゃう☆仕事帰りにもアクセスバツグン!しかも営業時間は昨年より30分間延長し、閉場時刻が22時30分になり、夜の利用がさらに便利に。
ヘルシー&オシャレに楽しめるビアガーデン、この夏注目のスポットです☆

FARMERS’ BEER GARDEN
9/24(日)まで/横浜タカシマヤ屋上
営業時間 16:00~22:30(L.O.22:00)
問い合わせ TEL045-311-5111(横浜タカシマヤ代表)
Webからも予約可能
http://farmers-beergarden.com/



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 新鮮野菜が楽しめる☆横浜タカシマヤ屋上ビアガーデンが今年もオープン
電子ブックを読む
現在横浜エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたいを地域をクリックしてください。

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



暮らしのコラム

会員登録・変更