1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 東北3県の名産品&工芸が40店!そごう横浜店「みちのく いいもん うまいもん」開催中

東北3県の名産品&工芸が40店!そごう横浜店「みちのく いいもん うまいもん」開催中

2017/12/7

編集部のこぢかです。Resize_こぢか
そごう横浜店8階催会場で、12/11(月)まで岩手・宮城・福島県の40店から、自慢の逸品が集まった物産展「みちのく いいもん うまいもん」が開催されています。東日本大震災から6年半。被災企業、復興の取り組みとして行われるこちらの催し。誰もが知るご当地の味や隠れた名産品、話題の食材等会場には東北の“うまいもん”がずらり!

物産展といったら、はずせないのが「イートイン」。宮城・仙台の名物といえば…牛たん!!「炭焼牛たん東山」ではこだわりの牛タン定食が味わえます。メニューは7種類。スタンダードに楽しみたい方は、塩味の牛たん3枚の「牛たん定食」(ご飯、牛たんスープ、牛たん、南蛮味噌、漬物付き)がおすすめ。塩味・味噌味・牛たん生姜煮と3つの味を堪能できる「牛たん三昧定食」も気になるところ。私は、スタンダードに「牛たん定食」をいただきました。
sogo5

こちらのお店は、牛たんの本場・仙台で展開する「牛たん炭焼専門店」。厳重な温度管理の元に、じっくりと熟成した牛たんを職人が一枚一枚丁寧に手仕込み昔ながらの製法で熟成させたこだわり満載の逸品。驚きの柔らかさとジューシーな味わいに衝撃!!ピリリと辛い南蛮味噌と一緒にぜひ。ちなみに牛たん5枚の大盛タイプもありますよ。店頭で購入もできるので、自宅で本場の味を楽しむのも贅沢ですよね!
sogo4

そして、もう一つはずせないのが、福島名物「喜多方ラーメン」。昭和29年に創業の老舗「喜多方老麺まるや」のこだわりの一杯が楽しめます。平打ち・太め・ちぢれ麺が特徴。もちっとした食感がたまらない~ スープもシンプルで昔ながらの懐かしい味わいが魅力的。

sogo6

こちらは、「コロッケ」のように大きい宮城の牡蠣専門店「かき松島こうは」の「BIGサクサク手作りカキフライ」。なんと、1個に牡蠣2つ分が使われている贅沢カキフライ。牡蠣の塩味だけで、何も付けずにいただくスタイルなんだとか。

sogo7

お店のスタッフさんがおすすめしてくれたのが「牡蠣グラタン」。これぞ、簡単ご馳走メニュー!他にも「牡蠣のオイル漬け」「牡蠣スモーク(くんせい)」等、気になる商品がずらり。
sogo8

創業明治15年の「八福狩野食品」の「しそ巻くるみ揚」秘伝の仙台味噌にクルミと砂糖、南蛮を合わせ、鉄火で練りじっくり寝かせたものと一つ一つシソの葉で巻いて軽く揚げたもの。初めていただきましたが、味噌の甘さとクルミの香ばしさ、シソの爽やかな風味…で何個でも食べられる美味しさ。そのままでももちろん、白いご飯にのせても♪宮城のソウルフードなんだそう。
sogo14

sogo15

大豆から作ったこんにゃく「鳴子とうふこんにゃく」なるものも。こんにゃくのような食感…だけどほんのり大豆が香るクセになる美味しさ。そのままでももちろん、サラダや煮物にしても良いそう。横浜ではなかなか出合えない逸品ですよね。

宮城伝統仙台白菜漬けが購入できるこちらでは、こんな立派な山うどの水煮やぜんまいも。
sogo16

福島「ししどりんご園」の蜜姫もお見逃しなく!sogo3

ちょっとした手土産にもおすすめなのが、「オオニシファーム」の「ドライトマト」や「バーニャカウダ」。「ドライトマト」に使用しているのは、同社が栽培しているドライトマト用の品種。トマトの4倍のリコピン、6倍のうま味を持ったトマトなんだそう。天日にあてて乾燥することによって、アミノ酸が増え、さらにうま味が増すそう。ドライトマトなのに、なんだかみずみずしい。「バーニャカウダ」は、震災後、宮古の漁師の方々を支援するために製造をスタートしたのだそう。宮古産のイワシで作られたアンチョビ、岩手県産ホワイト六片ニンニクが使用されています。sogo13

sogo24

宮城の「もちべえ」の「ずんだもち」は、出来立てがお持ち帰りできちゃう。くるみもあんこも捨てがたい~sogo10

sogo12

おいしいものだけではなく、職人の技を知り体験することができるのも魅力的。会津地方の郷土玩具「赤べこ」の「絵付け体験会」(12/10まで)や同じく福島にあるハーバリウム専門店「AdvanCE」でハーバリウムボトル手作り体験が楽しめます(写真は販売用)。クリスマスのギフトにも喜ばれそう。

sogo21

sogo20

岩手県の伝統工芸品「秀衡塗(ひでひらぬり)」から、横浜をイメージして作られた「漆絵YOKOHAMAグラス」なるものも登場。ベースの青色は漆の発色する性質を活かし、深くて濃い青から鮮やかな青色に変化も楽しめるそう。上からのぞくとグラスの中にはカモメが(よーく見てね!)フットの部分にはみなとみらいが描かれている、theヨコハマなデザイン。数量限定なのでお早めにー!sogo22

東北の皆さんの笑顔が印象的だったなぁ。さまざまな“うまいもん”に出合える「みちのく いいもん うまいもん」。週末の予定にぜひ、プラスしてみて!



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 東北3県の名産品&工芸が40店!そごう横浜店「みちのく いいもん うまいもん」開催中

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



会員登録・変更