1. 横浜トップ
  2. ボスの濱歩き

プロフィール

  • ケイト

    リビング横浜の本部長、通称濱のボス。特技は神出鬼没。好きなものはwineとcheeseとwife。
    スマートな鋭い視点で、横浜のディープな街ネタを日々更新中!

最新記事

最新コメント

2017年1月
MTWTFSS
« Dec  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

小田原ビストロ

2017/1/18

今日は小田原で打合せ

夕方一通り打合せも終り

さらに夜の打合せへ

「夜の打合せの方がアイディアが出るのは間違いない」

いつものお店に向かいます

早速打合せの疲れを癒すビールから

「おお今日はいつになく進む」

ここの定番の飲み物とつまみのバルセット

つまみは定番パテドカンパーニュ

出てきました

IMG_20170118_155329

やはりこれはワインで食したい

まずは白で

ねっとりとした白レバーに香草の風味がきいて

「うーんこれだ」

このマリアージュに

アイディアも泉のように湧き出てきます

さらに特別料理

IMG_20170118_155302

いうなれば洋風モツ煮込み

これはもう赤

バターを溶かしてまずは一口

よく煮込んだモツの柔らかさとソースの旨み

さらにバターのコクが重なり合い

そこにすかさず赤ワインを

「まさに旨みのマリアージュ」

旨みが二重奏から四重奏へ広がっていきます

さらにアイディアも湖のように湧き出てきて

あっという間に新幹線の時間です

今日のお店は

FUSION DINING F

小田原市栄町1-1-9

ごちそうさまでした

| コメント (0)

横浜バーガー

2017/1/11

今日は本牧で13時の打合せ

中途半端に12時半に本牧に到着

これだとちゃんと食べている時間はない

「ただちょっと気の利いたものがいい」

少しばかりのこだわりで時間がなくなる一方です

取りあえず打合せの場所のビルへ

ありました

横浜バーガー

本牧っぽい

なにが本牧なのかよくわかりませんが

とりあえず入ります

入るや否や

どのくらい時間がかかりますと質問

だいたい10分くらいでしょうか

おおギリギリ

ではベーコンバーガーセットでお願いします

よく見るとハワイアンテイスト

流れてくる曲もハワイアン

うーんもっと時間があればゆっくりできるのに

少し早目に出てきました

IMG_20170110_141711

おおどこぞのハンバーガーとは違い

たんもり

何やらポテトフライは大盛りが無料で出来るそうですが

ここここは普通盛りです

早速ちょっとつぶしてがぶりと

香ばしいバンズとカリっとした食感

さらにビーフを主張してくるパティ

さらにいい具合にベーコンの脂がレタスと相まって

「おいしい」

本牧

ハンバーガー

ちょっと探偵物語の主人公になった気分です

ハンバーガーをワイルドにかぶりつき

ポテトフライも

マスタードとケチャップでワイルドに

カリッカリッでアツアツ

つい口調も探偵です

時間もない中あっという間に完食です

すぐに1190円を支払って打合せに向かいます

今日のお店は

hasamu

横浜市中区本牧原12-1

ごちそうさまでした

| コメント (0)

新年は牛鍋

2017/1/5

新年挨拶廻りで脚がへろへろ

近いようですべて歩きだとかなりつらい

これは力をつけないと

新年一発目はやはりここ

万国橋に向かって歩きます

おおこの佇まい

やはりお正月らしく混んでいるが

一人だと意外にすんなり入れました

牛鍋定食を注文

すき焼きと牛鍋の違い

ぐつぐつとジュージューの違いらしい

ここの女将の受け売りですが

出てきました

IMG_20161208_133258

お刺身のついたお得なセット

牛肉はもちろんバラ肉ですが

それでも鍋の出汁と豆腐や他の具材とのバランスで十分です

まずは卵を溶いて

牛肉を一口

「うーんこれこれ」

このあまり甘辛くない上品な感じがほっこりします

さらに豆腐を

あつあつです

さらにさらにしらたき

ご飯を食べるのを忘れそうです

では再度牛肉を卵にからめて

ご飯と一緒に

「おいしい」

これはすでに別の食べ物

ぐつぐつはやはりいいです

さらにちょっと刺身へ

口の中がかわり

これもいい

歩き疲れた脚が回復するのがわかります

あっという間に完食です

次はゆっくり日本酒と食べたいものだ

1500円を支払ってさらに挨拶回りに消えていきます

今日のお店は

荒井屋 万国橋店

横浜市中区海岸通4-23

ごちそうさまでした

 

| コメント (0)

年末あっさりら~麺

2016/12/28

昨日も忘年会

流石に胃もお疲れモード

しかし人間お腹は空く

でもこってりしたものはちょっと

ガッツリもちょっと

ただ最近日本そばが続いている

ここはあっさりとした醤油ら~麺が望ましい

それも中華そば

細麺に鶏ガラと醤油のシンプルな味付けになるとがのっている感じ

そういえば

ひらめきました

関内駅に向かいます

二階に上がると

ありました

洒落たバーの佇まい

ほぼ満員の店内にカウンター1席のみ空いている

「ラッキー」

座るやいなやラーメンのあっさり醤油を注文

細麺なので早速出てきます

IMG_20161221_122357

このいでたち

「今日まさに欲していたら~麺だ」

まずはスープ

醤油の旨みと鶏の旨みがシンプルに口の中に広がり

酒に疲れた胃をやさしくつつみます

さらに麺を

この細麺

まさしく望んでいたものでスルスルと入っていきます

「おいしい」

さらに脇役と呼ぶにはもったいない主役級たち

なると

ホウレンソウ

チャーシュー

どれをとってもシンプルでこのラーメンを引き立てます

「主演を支える脇役はやはりドラマでは重要だ」

「すぐにわかってしまう犯人役ではなく最後の最後にわかる感じ」

いいキャストだ

あっという間にドラマの終焉をむかえます

780円を支払ってお店の外へ

これで今日も飲み会に行けるまで体調は復活です

今日のお店は

R&B

横浜市中区真砂町3-29

ごちそうさまでした

| コメント (0)

横浜家系総本山

2016/12/21

今日は年末の挨拶回りで横浜駅周辺に

既に13時

バスから見ると珍しく行列が少ない

「チャンス」

「久しぶりに食べないと本当の家系を忘れるところ」

バスの停車ボタンを押して

お店へ

まずは食券

せっかくなので中盛り790円を押して行列に並びます

ここはある程度まとめて席を案内するので

多分3回目くらいで案内されるはず

実はラーメン屋さんの行列は進みが早い

何しろ滞在時間はいても15分程度

案の定3回転目での案内

「固め、油少な目」といつものオーダー

出てきました

IMG_20161219_094622

おおこのフォルム

やはりこの脂の感じが食べれるのは元気な証拠

早速スープを

「おおこれこれ」

更に中太の麺を

最近の家系より少し細め

「そうだったこれだった」

スープを絡めながら一口

「おいしい」

やはり違う

スープの絶妙な濃さもいい感じ

海苔をスープに浸し

さらに麺と一緒に

おお旨みがあふれる

ホウレンソウとチャーシューもやはり定番

この最強の組み合わせは4回転4回転の離れ業です

あっという間に完食し

お店を出ます

気のせいか先程より行列が増えた気がします

「やはり久しぶりに食べないと忘れてしまっている」

身体が欲するうちは食べたい味です

満足のうちに

再度挨拶回りに戻ります

今日のお店は

吉村家

横浜市西区南幸2-12-6

ごちそうさまでした

| コメント (0)

ワンタン専門店

2016/12/14

ここ最近グッと寒くなった

ここは温かいものが欲しい

ただ最近麺類が多いので他のグッとくるものはないか探していると

ありました

ワンタン専門店ののれん

意外な発見

これはもう行かねば

店の前に食券の自動販売機が

メニューは醤油塩とワンタン

さらに鶏そぼろごはん

やはりここはオーソドックスな醤油オリジナルワンタンを

730円を投入です

カウンターのみの店内

食券をカウンターに

水はセルフで大きなやかんが

水をのみながら待ちます

出てきました

IMG_20161212_132229

シンプルにワンタンと青梗菜

ちょっとネギを散らして

まずはスープを一口

あっさりとした中にもコクがある

ワンタンを食べるとその理由が

ワンタンの豚肉が濃い

弾力のある肉につるっとした食感

さらにサクッとした何か

うーんこれは

よく見ると大根です

この肉の旨みがスープによく出ていて

「おいしい」

やっぱり専門店

これは他にメニューがいらない感じ

「夜はビールに合わせるのもいいかも」

スープの旨みとワンタンのつるっとした感じで

あっという間に完食です

次回は塩味も試してみたい

身体も温まり会社に戻ります

今日のお店は

くぬぎ屋

横浜市中区羽衣町3-59-1

ごちそうさまでした

| コメント (0)

熟成リブステーキ丼

2016/12/7

ここ最近の気候の変化に身体がついていけない

これは少し栄養のあるものを食べなければ

さて栄養のあるもの

やっぱりお肉

という事でお肉を探して街をふらふら

するとほどなく歩くと

ありました

熟成肉の看板

今は一般的ですが昔は肉を熟成して腐らないのか不思議でした

「このお肉の写真はそそる」

もう頭の中はお肉が踊る

「ちょっと値ははるがここは思い切って」

階段を上がりお店に入ります

通りが見渡せる席へ

「人間観察をしながら考え事をまとめるにちょうどいい席だ」

もちろんオーダーは熟成肉リブステーキ丼

パンフレットには熟成肉の旨みの違いなど蘊蓄が

通りを見渡すと

ランチのお店を決めかねているサラリーマン

お店の前を行ったり来たり

「きっと自分も優柔不断な時はあんな風になっているのだろう」

そんなことを考えていると出てきました

IMG_20161207_130115

どこが丼なのか

ごはんが野菜とお肉で見えません

さらに既に味付けしてあるわさび醤油が山のてっぺんに

まずはお肉から

「柔らかい」

「しかも旨みが深い」

ここで野菜も一緒に

野菜が濃い

少し酸味のきいたドレッシングがかかって

なかなかの風味を醸し出す

さらにわさび醤油を少しお肉にのせてまた一口

「おいしい」

お肉の甘みをわさび醤油が引き立てて

スタンダードになった食べ方

これはもう新しいソース

マリアージュです

ようやくご飯が顔を出しました

30穀米とメニューには書いて有る

確かに米がひとつひとつ主張してきます

30穀分の味わいとお肉の旨み

さらに野菜の濃さ

まさに丼になってます

身体に栄養がいきわたってくるのがわかります

あっという間に完食です

珈琲付なので

外を見ながら余韻に浸ります

師走の忙しさが伝わってくる通りを眺めながら

店内を見渡すと

屋外バーベキューのポスター

「これは夏が楽しみだ」

1780円を支払って

仕事へ戻ります

今日のお店は

bond

横浜市中区伊勢佐木町1-4-7

ごちそうさまでした

| コメント (0)

冬の味噌ラーメン

2016/11/30

急に寒くなってきました

何しろ11月に初雪ですから

この季節に食べたくなるもの

今日は味噌ラーメン

頭の中が味噌でいっぱい

「味の濃い味噌味が恋しい」

色々ある中で

この頭をすっきりさせるのはあの店しかない

ちょっと歩くがやはりランチはこだわりたい

早速向かいます

カウンターのみのお店

ほぼ満席だが1席のみ空いている

味噌ラーメンの食券をカウンターに出してスタンバイ

出てきました

IMG_20161129_112208

おお味噌がこってりいい感じです

早速レンゲでスープを一口

「いいぞ」

まさに望んでいた味

さらに麺を

この中太縮れ麺

味噌にあうあう

「おいしい」

ひき肉と生姜のバランスも良く

これはもう今日の味にどんぴしゃ

麺と一緒に味噌スープを絡ませて

時にはチャーシューとひき肉生姜がきいたスープを一口

これはもう恋の街札幌

大満足で完食です

750円を支払って

温まった身体で会社に戻ります

今日のお店は

みずき

横浜市中区長者町5-52

ごちそうさまでした

| コメント (0)

鰻割烹

2016/11/23

今日はお昼をご馳走になる

ご馳走と言えば

昼は「鰻」と相場が決まっている

何故か夜は寿司

これはマイルール

というわけでいつもは匂いだけで素通りしている隣のビルへ

あまり来ないので勝手がわからず

シーンとした1階から2階へ

ようやく店員にあえました

テーブル席へ

鰻の値段は量の差であるが

久しぶりなので上うな重を

重がくるまで会話を楽しむのがうなぎ屋さんの流儀

なぜなら鰻は一気呵成で食べるのがモットーです

さてそろそろいい香りでお腹が空いてくるところへ

ようやく出てきました

IMG_20161121_111036 (1)

この大きさ1.5尾です

さすが上

久しぶりのこの艶

この香り

余韻に浸りながら

まずは何もかけずに一口

「おお!おいしい」

醤油のキレに控えた甘さが逆に鰻の甘さを引き立てる

これはもう言葉は必要ない

ここで山椒をパラりと

さらに鰻の旨みが引き立ちます

「やはりご馳走はうなぎにかぎる」

ここからは一気呵成で

あっという間に完食です

さすがに量は多かったですが

大満足のうちに

話したりない会話を埋めるため

近所の珈琲屋さんへ向かいます

今日のお店は

割烹蒲焼わかな

横浜市中区港町5-20

ごちそうさまでした

| コメント (0)

パクチーまぜそば

2016/11/16

いつも素通りをしていたが

気になるお店というのがかならずある

そんなお店は法則と言っていいくらい

気が付くと閉店なんてこともある

そんな時は

「閉店したぐらいだからいかなくて良かったのか」

と思うが

ただ理由が場所の移転だと

「儲かって立地のいいところに移ったのか」

とも思う

いずれにせよ今日は気になっていたお店へ

流石に昼時

カウンターのみしか空いていない

お店に入る前から決めていた

気になっていたメニュー

タイ風パクチーまぜそばを注文

パクチー増しは50円の追加らしい

今日はノーマルで

パクチーの苦手な男子が多い中

自分で栽培したいタイプ

以前にイタリアンパセリなど栽培したとき

ちょっと料理に使うのに便利この上ない

「週末にホームセンターに行って来ようか」

と思いをはせるところへ

出てきました

IMG_20161108_182350

パクチーとひき肉で見えない麺さらに半熟卵

これはサラダに近い

まずはよく混ぜて一口

ナンプラーの味と

ガパオ風味の鶏肉に口の中にパクチーが主張します

さらにライムを絞って

さらに一口

さわやかな香りが渾然一体となって

「おいしい」

さっぱりとした味の中に

癖になる風味

さらにそれをまろやかにする卵

睡蓮の浮かぶ池に寺院が佇む

そんな映像を浮かべながら

あっという間に完食です

800円を支払って横浜の地に戻ります

ちょっとした小旅行

横浜はいろんなところに行ける

と思いながら会社に戻ります

今日のお店は

McGUFFIN

横浜市中区太田町5-68

ごちそうさまでした

| コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. ボスの濱歩き
電子ブックを読む
現在横浜エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたいを地域をクリックしてください。

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成28年度版

電子ブックを読む



暮らしのコラム

会員登録・変更