1. 横浜トップ
  2. ボスの濱歩き

プロフィール

  • ケイト

    リビング横浜の本部長、通称濱のボス。特技は神出鬼没。好きなものはwineとcheeseとwife。
    スマートな鋭い視点で、横浜のディープな街ネタを日々更新中!

最新記事

最新コメント

2017年2月
MTWTFSS
« Jan  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

餃子が食べたくなる時

2017/2/22

今日は午前中会議ばかりで少々疲れ気味

午後予定していたアポイントもキャンセルとなり

後はデスクワークのみ

疲れ気味であれば

餃子

浮かんでしまうと食べたくなる食べ物です

後は店をどうチョイスするか

「今日はモチモチ、カリッ系かなあ」

追加すると何となく焼きそばと合わせたい

今日は水曜日

そうだ餃子が半額のはず

ならばここ

遠いけれど向かいます

着きました

13時半を過ぎていると店内は空いている

窓から外が見えるカウンター席へ

早速餃子とソース焼きそばを注文

しばし外を眺めながらぼんやり見ていると

まずはソース焼きそばが出てきました

IMG_20170221_124725

おおつやつや

さらにソースの香りが

早速一口

少しかための細麺がソースにからみ

さらに野菜たちと相まって

「おいしい」

屋台とも違う

最近はやりの焼きそばとも違う

中華料理店のソース焼きそば

これは表彰ものです

一心不乱に食べていると

さらに真打登場です

IMG_20170221_124736

おおまるまる太った餡をこんがりきつね色の皮がまとった食ベもの

綺麗に並んで鎮座してます

「アポもなくなり思う存分楽しめるぞ」

まずは酢&胡椒&辣油のたれで一口

「熱い」

口の中に餡の旨みと甘味が広がります

酢と胡椒が旨みを引き出します

「おいしい」

これを待ち望んでいました

さらに一口

あっという間になくなりそうです

おお忘れていけない焼きそば君

冷めないうちに一口

口の中がパワーでみなぎってきます

さらに一口

身体全体にパワーがみなぎり

あっという間に完食です

餃子半額の恩恵に預かり810円を支払って

足取り軽く会社に戻ります

今日のお店は

翠葉本店

横浜市中区長者町9-170

ごちそうさまでした

| コメント (0)

あざみ野でカレーそば

2017/2/15

今日はあざみ野オフィスで会議

お昼をちょっと過ぎて終了

今日は早い時間から会食がある

関内まで戻るとちょっと時間的に合わない

「この辺りで軽く食べるか」

本当なら渋そばなのだが

駅の構内なのであきらめるが

「裏ワザとして駅員に声をかけて食べる手法もあるらしいのだが」

ここは別のお店で

「でも一旦口の中がそばになってしまった」

こうなるとそば屋さんです

そば屋発見のミニツアーに出かけます

ちょっと歩くと

ランチメニューの看板が並ぶ雑居ビル

ふらりと入ると最初にそば屋が

入りやすい雰囲気

「ここだ」

カウンターに座ってメニューを見ると

「折角だ渋そばで食べれないメニューのカレーつけそばにしよう」

早速オーダーです

テーブル席ではつまみと蕎麦湯割りで一杯やっている御仁が

「おおそういう店か」

野毛にあっても良さそうな感じです

そうこうするうちに出てきました

IMG_20170215_131515

そばは更科系

さらにカレーのつけだれはクリーム系な感じです

カレー物には欠かせないエプロンをつけて

いざ

まずはカレーのつけだれにそばを少しつけて一口

「熱い」

カレーが良く絡み

のどに辛さと熱さがダイレクトにきます

マイルドの中にもじわっとくる辛味があり

さらによくそばに絡まってきます

さらに中の具材の玉ねぎと豚肉が旨みを引き出して

「おいしい」

カレーの熱さと辛さで食欲が増進していきます

汗をかいたところで

あっという間に完食です

これで今日もお酒が旨くなる気がします

今日のお店は

そばくろ

横浜市青葉区あざみ野2-9-10

ごちそうさまでした

| コメント (0)

相模原本格蕎麦

2017/2/9

今日はJR相模原近辺に

打合せが13時なのでちょっと早めについてランチをこの辺りで

駅を降りると

見慣れたチェーン店のみ

「あきらめるか」

「いやここであきらめると次がない」

もう少し歩きます

すると路地に蕎麦の暖簾

店の雰囲気は街のそば屋ではない雰囲気

見るからにモダン系蕎麦屋

決断は早い方がいい

早速入ります

10人は座れる大きなテーブルと

4人掛けのテーブル席

メニューは色々あるが

季節のメニューの牡蠣の天ぷらせいろが気になります

「やはり一番上に書いてあるメニューにしよう」

牡蠣の天ぷらせいろを注文します

薄暗い店内

お客さんは静かにしゃべっています

厨房の作業の音が心地よく響いている

そんな中

出てきました

IMG_20170202_120515

更科系の蕎麦に

牡蠣の天ぷらが3つ

天ぷらには抹茶塩

まずは蕎麦だけを一口

口当たりの良さとそばの香りが広がります

そばちょこに出汁を

ちょっと蕎麦をたぐります

おお濃い目のつゆに蕎麦の香りが広がって

「おいしい」

そこで牡蠣の天ぷらを

まずは抹茶塩で

牡蠣の風味とアツアツの中身が溶け出してきます

「これはそばつゆでもいただきたい」

牡蠣の天ぷらを少しそばつゆにつけて

天ぷらのあぶらが出汁に溶け出し

牡蠣の旨さを引き立てます

さすがに旬

旨さにあっという間に完食です

打合せ前にいい食事が出来ました

1680円を支払ってお店の外へ

今日のお店は

鷲ひら

相模原市中央区相模原5-1-11

ごちそうさまでした

| コメント (0)

煮干しラーメン

2017/2/1

さあ今日は出遅れて2時近いランチ

この時間ならば並ばずに行けるか

早速吉田町の方へ

おお並んでいない

それでも店に入ると1席のみ

やはり人気店

マッドクラブは終わりましたとの案内

この時間ならば仕方ない

早速煮干しそば肉増しを注文

今日の煮干しは秋刀魚だ

お腹の虫がなるのを我慢して待っていると

出てきました

IMG_20170127_150956

おおまさに肉増し

まずはスープを一口

煮干しがいい塩梅

さて少し半生の肉を

やわらかい旨みがスープと絡まっています

この半生の肉をスープに浸す作業をして

麺を

この細麺とスープがよく絡まって

「おいしい」

香る煮干しと小麦の香り

パンチのきいた旨みに脱帽です

さらにスープを

玉ねぎがまた食欲をそそり

スープに浸した肉を一口

さらに旨みが増してます

このパワフルさに

あっという間に完食です

1100円を支払ってお店の外に

冷たい冬の風が温かく感じます

今日のお店は

ノ貫

横浜市中区福富町仲通2-4

ごちそうさまでした

| コメント (0)

横浜さぬきうどん

2017/1/25

昨日飲み過ぎて

朝ご飯も食べずにお昼過ぎ

さすがにお腹が空いた

ただやはりご飯ものよりは麺類

「そういえばこの辺にさぬきうどんの店があったな」

気になっていたうどん屋さん

いつもお昼時は並んでいるのだが

今日はタイミングよく空いている

よし

店に入り自動販売機で選びます

メニューがありすぎて久しぶりに悩みます

通常は左上が一押しなのですが

ここは温冷とセットメニューに別れていて

その法則が使えない

「やはりさぬきうどん。ここは冷ぶっかけか」

さらにその列から

讃岐天をチョイス

「やはりさぬきうどん。讃岐というメニューが一押しだろう」

食券を手渡して席へ

見渡すと火曜日は肉うどん

金曜日はカレーうどんの日と書いてある

「ああカレーうどん」

どうしてもネクタイワイシャツにはねてしまう魔の食べ物

だけど無性に食べたくなる

頭の中がカレーうどんになったその時

出てきました

IMG_20170124_130838

讃岐天とは本当に天ぷら

舞茸天

とり天

ちくわ天

とボリューム抜群

早速出汁をかけて

うどんを一口

この歯ごたえ

さらにのど越し

ただかたいだけのうどんと違いまさにコシがある

さらにいりこでとった出汁がいい塩梅

「これが讃岐うどんだ」

さらにアツアツの天ぷらを

この熱さと冷たい麺とさらに天ぷらの油が出汁に絡み合って

「おおこれは食欲をかきたてる味」

「おいしい」

いつの間にか二日酔いがなくなっていくのがわかります

うどんと天ぷらを流し込み

あっという間に完食です

「次は金曜日だな」

カレーうどんの日に来ることを決意してお店を出ます

今日のお店は

饂飩頑陣

横浜市中区住吉町6-74

ごちそうさまでした

| コメント (0)

小田原ビストロ

2017/1/18

今日は小田原で打合せ

夕方一通り打合せも終り

さらに夜の打合せへ

「夜の打合せの方がアイディアが出るのは間違いない」

いつものお店に向かいます

早速打合せの疲れを癒すビールから

「おお今日はいつになく進む」

ここの定番の飲み物とつまみのバルセット

つまみは定番パテドカンパーニュ

出てきました

IMG_20170118_155329

やはりこれはワインで食したい

まずは白で

ねっとりとした白レバーに香草の風味がきいて

「うーんこれだ」

このマリアージュに

アイディアも泉のように湧き出てきます

さらに特別料理

IMG_20170118_155302

いうなれば洋風モツ煮込み

これはもう赤

バターを溶かしてまずは一口

よく煮込んだモツの柔らかさとソースの旨み

さらにバターのコクが重なり合い

そこにすかさず赤ワインを

「まさに旨みのマリアージュ」

旨みが二重奏から四重奏へ広がっていきます

さらにアイディアも湖のように湧き出てきて

あっという間に新幹線の時間です

今日のお店は

FUSION DINING F

小田原市栄町1-1-9

ごちそうさまでした

| コメント (0)

横浜バーガー

2017/1/11

今日は本牧で13時の打合せ

中途半端に12時半に本牧に到着

これだとちゃんと食べている時間はない

「ただちょっと気の利いたものがいい」

少しばかりのこだわりで時間がなくなる一方です

取りあえず打合せの場所のビルへ

ありました

横浜バーガー

本牧っぽい

なにが本牧なのかよくわかりませんが

とりあえず入ります

入るや否や

どのくらい時間がかかりますと質問

だいたい10分くらいでしょうか

おおギリギリ

ではベーコンバーガーセットでお願いします

よく見るとハワイアンテイスト

流れてくる曲もハワイアン

うーんもっと時間があればゆっくりできるのに

少し早目に出てきました

IMG_20170110_141711

おおどこぞのハンバーガーとは違い

たんもり

何やらポテトフライは大盛りが無料で出来るそうですが

ここここは普通盛りです

早速ちょっとつぶしてがぶりと

香ばしいバンズとカリっとした食感

さらにビーフを主張してくるパティ

さらにいい具合にベーコンの脂がレタスと相まって

「おいしい」

本牧

ハンバーガー

ちょっと探偵物語の主人公になった気分です

ハンバーガーをワイルドにかぶりつき

ポテトフライも

マスタードとケチャップでワイルドに

カリッカリッでアツアツ

つい口調も探偵です

時間もない中あっという間に完食です

すぐに1190円を支払って打合せに向かいます

今日のお店は

hasamu

横浜市中区本牧原12-1

ごちそうさまでした

| コメント (0)

新年は牛鍋

2017/1/5

新年挨拶廻りで脚がへろへろ

近いようですべて歩きだとかなりつらい

これは力をつけないと

新年一発目はやはりここ

万国橋に向かって歩きます

おおこの佇まい

やはりお正月らしく混んでいるが

一人だと意外にすんなり入れました

牛鍋定食を注文

すき焼きと牛鍋の違い

ぐつぐつとジュージューの違いらしい

ここの女将の受け売りですが

出てきました

IMG_20161208_133258

お刺身のついたお得なセット

牛肉はもちろんバラ肉ですが

それでも鍋の出汁と豆腐や他の具材とのバランスで十分です

まずは卵を溶いて

牛肉を一口

「うーんこれこれ」

このあまり甘辛くない上品な感じがほっこりします

さらに豆腐を

あつあつです

さらにさらにしらたき

ご飯を食べるのを忘れそうです

では再度牛肉を卵にからめて

ご飯と一緒に

「おいしい」

これはすでに別の食べ物

ぐつぐつはやはりいいです

さらにちょっと刺身へ

口の中がかわり

これもいい

歩き疲れた脚が回復するのがわかります

あっという間に完食です

次はゆっくり日本酒と食べたいものだ

1500円を支払ってさらに挨拶回りに消えていきます

今日のお店は

荒井屋 万国橋店

横浜市中区海岸通4-23

ごちそうさまでした

 

| コメント (0)

年末あっさりら~麺

2016/12/28

昨日も忘年会

流石に胃もお疲れモード

しかし人間お腹は空く

でもこってりしたものはちょっと

ガッツリもちょっと

ただ最近日本そばが続いている

ここはあっさりとした醤油ら~麺が望ましい

それも中華そば

細麺に鶏ガラと醤油のシンプルな味付けになるとがのっている感じ

そういえば

ひらめきました

関内駅に向かいます

二階に上がると

ありました

洒落たバーの佇まい

ほぼ満員の店内にカウンター1席のみ空いている

「ラッキー」

座るやいなやラーメンのあっさり醤油を注文

細麺なので早速出てきます

IMG_20161221_122357

このいでたち

「今日まさに欲していたら~麺だ」

まずはスープ

醤油の旨みと鶏の旨みがシンプルに口の中に広がり

酒に疲れた胃をやさしくつつみます

さらに麺を

この細麺

まさしく望んでいたものでスルスルと入っていきます

「おいしい」

さらに脇役と呼ぶにはもったいない主役級たち

なると

ホウレンソウ

チャーシュー

どれをとってもシンプルでこのラーメンを引き立てます

「主演を支える脇役はやはりドラマでは重要だ」

「すぐにわかってしまう犯人役ではなく最後の最後にわかる感じ」

いいキャストだ

あっという間にドラマの終焉をむかえます

780円を支払ってお店の外へ

これで今日も飲み会に行けるまで体調は復活です

今日のお店は

R&B

横浜市中区真砂町3-29

ごちそうさまでした

| コメント (0)

横浜家系総本山

2016/12/21

今日は年末の挨拶回りで横浜駅周辺に

既に13時

バスから見ると珍しく行列が少ない

「チャンス」

「久しぶりに食べないと本当の家系を忘れるところ」

バスの停車ボタンを押して

お店へ

まずは食券

せっかくなので中盛り790円を押して行列に並びます

ここはある程度まとめて席を案内するので

多分3回目くらいで案内されるはず

実はラーメン屋さんの行列は進みが早い

何しろ滞在時間はいても15分程度

案の定3回転目での案内

「固め、油少な目」といつものオーダー

出てきました

IMG_20161219_094622

おおこのフォルム

やはりこの脂の感じが食べれるのは元気な証拠

早速スープを

「おおこれこれ」

更に中太の麺を

最近の家系より少し細め

「そうだったこれだった」

スープを絡めながら一口

「おいしい」

やはり違う

スープの絶妙な濃さもいい感じ

海苔をスープに浸し

さらに麺と一緒に

おお旨みがあふれる

ホウレンソウとチャーシューもやはり定番

この最強の組み合わせは4回転4回転の離れ業です

あっという間に完食し

お店を出ます

気のせいか先程より行列が増えた気がします

「やはり久しぶりに食べないと忘れてしまっている」

身体が欲するうちは食べたい味です

満足のうちに

再度挨拶回りに戻ります

今日のお店は

吉村家

横浜市西区南幸2-12-6

ごちそうさまでした

| コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. ボスの濱歩き
電子ブックを読む
現在横浜エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたいを地域をクリックしてください。

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成28年度版

電子ブックを読む



暮らしのコラム

会員登録・変更