どんな記事をお探しですか?

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 自分で気づかない口臭を確かめる方法、そのニオイの元は「三角コーナーぬめり」と同じ

自分で気づかない口臭を確かめる方法、そのニオイの元は「三角コーナーぬめり」と同じ

自分で気づかない口臭を確かめる方法、そのニオイの元は「三角コーナーぬめり」と同じ

一番ニオイが強くなるのは食事前
口臭を確認する3つの方法

口臭の強さは、時間帯によってかなり違うもの。
朝起きたときに強くなることは有名ですが昼食前と夕食前にもグンと強くなります。

h-07-002-1

厚生労働省 e-ヘルスネット 「 1日の口臭の変動」より引用

食後の口臭は意外と低く、時間が経つほど口臭がどんどん強くなる傾向が見て取れます。
これは、食事や歯磨きの直後は唾液の分泌がさかんになるからだと考えられています。

P1050844

自分の口臭を確認するなら、食事前に行うと分かりやすいかもしれませんね。

歯科医師の高島美祐先生(神谷町デンタルクリニック院長)のアドバイスをもとに、簡単にできる口臭のセルフチェック法を3つ紹介します。

 1 コップやビニール袋に息を吐く。
最もシンプルで手軽な方法ですが、鼻が慣れてしまうと分かりにくいことも。

2 舌の表面を、ティッシュやきれいな布でふき取ってニオイをかぐ。
舌の表面にある白や黄色っぽいポツポツしたものを舌苔(ぜったい)といい、これがニオイの原因になっていることがあります。舌苔が多い人は舌ブラシなどでお手入れを。

3 水で薄めたオキシドールで口をゆすぎ、はき出す。
市販のオキシドールを、水で2~10倍に薄めたもので軽く口をすすいでコップに吐き出し、泡が多く発生したら、口臭があるサイン。

オキシドールを口に入れても大丈夫なの!?と驚かれるかもしれませんが、市販のオキシドールのラベルをよく見ると、ほとんどのものに“歯の洗浄は2倍に希釈する”などと書いてあります。試すときは、ラベルを確認し、用法・用量をきちんと守ってください。

 

「生理的口臭」と「病的口臭」の違い

ひとくちに口臭といっても、原因はさまざま。生理的なものと病的なものに分けられます。

<生理的口臭の原因>
■舌苔
■朝起きた時、空腹時など、一日のなかで一時的に強くなる生理現象
■ニンニク・ネギ・アルコールなどをとった後の呼気臭

⇒普段から口の中を清潔に保ち、よくかんで、唾液をたくさん出すように心がけてみて。

<病的口臭の原因
■歯周病
■虫歯
■口内炎
■副鼻腔炎(蓄膿症)
■内臓の病気

⇒最も多い原因は、歯周病。30歳以上の8割以上がかかっているとも言われているとか。
歯周ポケットに細菌がすみついて悪臭を放つことも。放置しないで治療を受けましょう。

naizou_woman_bad

糖尿病や肝臓病など、口の中以外の病気が
原因で口臭が強くなることも

衝撃! 口の中が不衛生だと発生する
歯のヌルヌルの正体

「バイオフィルムも口臭の原因の一つであることがわかっています」と高島先生。

バイオフィルムとは、虫歯菌や歯周病菌のかたまりのこと。歯の表面がヌルヌルしていて、磨いてもなかなか取れないなら、バイオフィルムかもしれません。

実はこれ、台所の排水口や三角コーナー、お風呂などのぬめりなどと同じものなんだそう!

「不衛生な状態が約24時間以上続くと、口の中でも作られてしまう」(同)そうなので、予防が肝心!

<バイオフィルムを防ぐには>
・寝る前には必ず歯を丁寧に磨く
・歯ブラシ以外にも、デンタルフロスやマウスウォッシュなどを併用する
・タバコを吸わない
・歯周病はきちんと治療する
・口は閉じて過ごす(半開きのまま過ごさない)
・歯磨き(口腔ケア)の回数を増やす

dental_fross

バイオフィルムは、歯の黄ばみやネバつき、歯石、虫歯の原因にも

やっかいなのは、いったんバイオフィルムができて歯に付着すると、歯みがきでは完全に取り除けないこと。しかも、唾液の抗菌作用も効かなくなってしまうとなれば、お口の中はかなり臭いそう・・・バイオフィルムは歯垢(プラーク)と似ていますが、プラークにすむ細菌を守る頑丈なバリアのようなイメージ。放置すればどんどん巨大化します。

バイオフィルムができる前に、定期的に歯科医院に通って口の中のクリーニングができれば理想的ですが、できてしまってもあきらめず、歯科医院でメンテナンスを受けましょう。

shikaeisei

その際に、①歯磨きが自己流になっていないか、②磨き残しやすい場所 ③歯ブラシ以外にどんな口腔ケア(オーラルケア)グッズを併用するといいか、④その正しい使い方、を指導してもらうことをおすすめします。

■情報提供
神谷町デンタルクリニック(港区虎ノ門)院長 高島美祐先生
http://www.kamiyacho-dc.jp/

■参考
厚生労働省 e-ヘルスネット  歯・口腔の健康

ogawa小川留奈(おがわるな) 医療ライター/健康・医療ジャーナリスト。中央大学文学部卒業後、スポーツメーカー社長秘書、サンケイリビング新聞社を経て2001年からフリー。新聞、雑誌、書籍、ウェブなどで健康・医療情報を執筆。専門家に取材した内容をわかりやすく伝えている。「信頼できる医師と最新治療シリーズ 監修/日本医師会」(講談社MOOK)部分執筆。医療コラム「OL3分ニュース」(シティリビング)連載中
この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 自分で気づかない口臭を確かめる方法、そのニオイの元は「三角コーナーぬめり」と同じ

会員登録・変更