1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 「かき氷は絶対ダメ!」初めて知った、生理中の正しい飲食

「かき氷は絶対ダメ!」初めて知った、生理中の正しい飲食

台湾の名物スイーツ「マンゴーかき氷」、食べたら怒られた

最近は日本にも進出している、フルーツたっぷりの台湾風かき氷。台湾の夏には欠かせないスイーツです。ある日私は台湾の女友達と、台北の永康街でマンゴーたっぷりのかき氷を食べていました。

01_mango_ice

 

「昨日“友達”(中国語では生理のことを「好朋友=友達」という)が来ちゃって、今朝痛み止め飲んだんだよね~。」

おしゃべりの中で私がふとそう言ったとたん、友達の顔色が変わりました。

「えっ、じゃあかき氷食べちゃダメだよ!!」
「???なんで?冷たくておいし~♪」
「いやいやいやいや、生理の時に冷たいもの食べちゃダメだって!」

彼女、マジです。もはやかき氷皿を取り上げる勢い。

「食べたい!」「ダメ!」の押し問答の結果、結局私はマンゴーかき氷を食べきったのですが、友達はずっとぶちぶち言っていました。

「冷たいもの食べたり飲んだりするの、本当に良くないんだからね・・・!」

「飲み物もダメなの?私の大好物の西瓜汁(スイカジュース)も?」

「ダメに決まってるじゃん!」

・・・また怒られた。スイカジュース大好きなのに。

02_suika_juice

実はその後、複数の台湾女子に同じように叱られたのです。そして知った台湾の常識。

「生理の時は、冷たいもの、ダメ。絶対。」

 

 台湾女子の常識、生理中の最大のタブーは体を冷やすこと

その後気がついたのは、台湾女子は、生理中は本当に徹底して冷たいものを食べたり飲んだりしないこと。夏でもその期間中はアイスコーヒーすら飲みません。冷たいものだけじゃなくて、食事にも気をつけているそう。

生理期間中に避けた方が良い食べ物は、

① 脂っこすぎるもの
② 香辛料の刺激が強い料理
③ カフェイン(コーヒーやチョコレート)

なんだそうです。

03_coffee

「生理痛ひどくなっちゃうよ!」とさんざん言われたので、私もとりあえず、冷たいものだけは口にしないようにしてみました。そうしたら・・・確かに! 楽になるんですよ、かなり。私、生理中に食べ物のことなんて全然意識したことなかった・・・。

 

 食材の性質を知り、食べ物で体調を整える漢方の知恵

さて、食べてはいけないものだけじゃなくて、食べた方がいいものもあります。生理が終わると、今度はこんなことを言われます。

「豚肝湯(豚レバーのスープ)にしな! “補血(ブーシュエ)”しないと!」
「“補血”?なるほど、血を補うんだね」

生理が終わったら、今度は、あれを飲め、あれを食べろというわけです。そんなに食べ物に気をつけてるなんてすごいねえ、と言うと、

「一番すごいのは台湾のお母さんたちだよ~。食材の性質が頭に入ってるから、今はこれを食べたら体にいい、でもこれとこれは一緒に食べちゃだめとか、組み合わせも決めて子どもに食べさせようとするからね」

「えー、すごい!」

「でも、すんごくうるさいけどね(笑)」

ここで言う「食材の性質」というのは、私たち日本人が理解しているタンパク質とか炭水化物とかいう栄養のことではありません。漢方医学では食材ひとつひとつに「性質」があって、それを季節や体調に合わせて使い分けるんだそう。

マンゴーかき氷をきっかけに、私は台湾で少しずつ漢方の考え方にふれていくことになるのでした。

 

 

s-IMG_5833s

松浦優子/台湾情報ライター/東京都港区出身の40代。元Web広告ディレクター。現在は外国人向け日本語教師のほか、台湾経済ニュースの翻訳、ライターとして活動。一年のうち1カ月以上は台湾に滞在し、文化や歴史・健康など、気になるテーマを探求中。インドア派、愛猫家。台湾で得た一番の宝物は、あたたかい台湾の人たちとの友情とご縁。

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 「かき氷は絶対ダメ!」初めて知った、生理中の正しい飲食

会員登録・変更