1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 日本初上陸台湾式フルーツティーの店が浅草に、限定販売の美容ドリンクを要チェック

日本初上陸台湾式フルーツティーの店が浅草に、限定販売の美容ドリンクを要チェック

  • 2018/02/20 UP!

フルーツどっさりの台湾式フルーツティー
日本初上陸

日本で「フルーツティー」というと果汁入りの紅茶ですが、台湾のフルーツティー(水果茶)は、フルーツがそのまま入っています。
そんな台湾式フルーツティーのテイクアウト専門店「一芳」が、2018年2月16日、日本1号店をオープンしました。場所は、東京・浅草。雷門からすぐです。

一芳(イーファン)台湾水果茶・ラインナップ

 

「一芳(イーファン)台湾水果茶」は、色々な「水果茶」の他、タピオカミルクティーなど茶葉ベースのドリンクを中心に扱うお店。台湾各地から厳選した紅茶、緑茶、烏龍茶をベースとし、仙草ゼリーやパッションフルーツ、梅、レモン、愛玉(オーギョーチ)、ショウガなども台湾の名産地のものを使っています。

一芳(イーファン)台湾水果茶・浅草店

▲一芳(イーファン)台湾水果茶・浅草店

 

台湾ドリンクには女性の美容と健康に嬉しい素材多数
龍眼は、胃腸を健やかにしリラックス効果あり

台湾の伝統的なドリンクやスイーツには、季節や体調に合わせて飲むと体にいい材料がたくさん使われているんです。

例えば、仙草ゼリーにはほてりを冷ます力があり、夏場にはぴったり。冬瓜茶は水分代謝を改善し、むくみを取ってくれます。どちらも「一芳(イーファン)」のレギュラーメニューです。

一芳(イーファン)台湾水果実茶・メニュー
▲台湾各地の原料産地の名前が載っている。全部わかったら結構な台湾通かも?

台湾中の産地名が入ったメニューを見ているだけで、台湾一周旅行ができちゃう気分。台湾のドリンクスタンドの名物メニューがしっかりそろったラインナップ!

 

看板メニュー「一芳フルーツティー」にはこだわりがいっぱい!

台湾出身のモデル、日本のファッション誌でも活躍している・U(ユー)さんが、作り方を実演してくれました。

toriea81b10f4bec9a3ceac9d3cfb7168bd5
▲モデルやタレントとして日本で活躍中のU(ユー)さん。日本語も上手

「一芳(イーファン)」の台湾式フルーツティーには、薄切りフルーツの他に、台湾直輸入のパッションフルーツ果汁、台湾パイナップルを昔ながらの作り方でコトコト煮込んだジャムが入っています。ベースのお茶は有名な台湾茶「松柏長青茶」、甘みが細かくオーダーできるシロップは台湾伝統のきび砂糖を使用。

toribf9dea483d280dfcd4430a2ce5aa98

▲フルーツたっぷり!ここに台湾の青茶とシロップを入れます

 

toriaa27825118b19fdc42ba7fddbdc3a60d

▲シロップ量を調整するマシンは台湾製。「通常量、5/4、半分、3/1、無糖」の5段階が選べますが、商品ごとに一番適した「通常量」が細かく決められているというこだわり!

パッションフルーツとパイナップルの甘酸っぱさ、青茶の爽やかさ、きび砂糖のコクのある甘みが絶妙なバランスです。しかも、リンゴとオレンジもたっぷり。飲んで食べて、満足感いっぱいのドリンクです。

 

日本店オリジナル・期間限定の「龍眼ミルクティー」

日本店のオリジナル商品もあります。龍眼(リュウガン)とナツメで作ったミルクティーです。

女性に超おすすめのナツメ。アンチエイジングや美容にとても良いフルーツです。龍眼の果肉も、「安神(リラックス)」効果があり、ストレスで傷んだ胃腸の調子を整え、虚弱体質・不眠・動悸などを改善するといわれます。

一芳(イーファン)台湾水果茶・日本限定「龍眼ミルクティー」

龍眼(リュウガン)は、皮がクリーム色なところ以外はライチにそっくりなフルーツ。その果肉を干した「ドライ龍眼(桂圓)」とナツメ(紅棗)を、北海道産牛乳で40分じっくり煮出したのがこの「龍眼ミルクティー(桂圓奶茶)」
伝統的な「桂圓紅棗茶」はお湯で入れるので、ミルクティーは新しいタイプのドリンクです。

一口飲んだら…なんだこれ!むちゃくちゃおいしい~!

濃厚な牛乳の中に龍眼とナツメの味がしっかり出ています。ベースのお茶は何ですか?と聞いたら、お茶も水も入っておらず、旨みはすべて龍眼とナツメから出ているんだそう。うそでしょ?!そして、ひかえめながらもミルクに負けない深い甘みは、沖縄産の黒糖によるもの。

飲み終わってカップの底をのぞいたら、「龍眼ミルクティー」には龍眼が5つとナツメが2個も入っていました。これも食べられます。

一芳(イーファン)台湾水果茶・ホット飲料用紙カップ
▲ホット飲料は紙カップで提供

 

台湾出身のモデル U(ユー)さん
美容の秘訣は温かい飲食物と、しっかり運動

お肌つやつやのU(ユー)さんに、日本の食習慣についても聞いてみました。
開口一番出てきたのは、

「日本の女性は、冷たい飲食物をとり過ぎ!」

という言葉。

野菜は温野菜で食べることが多い台湾。Uさんはいまだに冷たいサラダには慣れないといいます。レストランで氷入りの冷えた水が出てくるのもびっくりだそう。

胃腸を冷やすと代謝が落ちてしまい、健康に良くない。これ、台湾女子が子どもの頃からお母さんに教え込まれることなんです。

Uさんの毎朝の健康習慣は、起きて一番に飲む一杯の白湯(さゆ)。何も入れないお湯を目覚めたばかりの体に入れることで、内臓の調子が整います。

台湾名物のタピオカミルクティーも、Uさんはほとんどホットで飲むそうで、冬瓜茶や白キクラゲ入り台湾スイーツなども大好き。
台湾美人の美容の基礎は、温かくてヘルシーな飲み物・食べ物なんですね。

そして、どうしても生活が不規則になりがちな現代、運動も大事。ジムに行けない時も家でエクササイズを欠かさないとのこと。

一芳(イーファン)ジンジャーミルクティー看板
▲体を温めてくれるジンジャーティーもおすすめ

 

お急ぎを!「龍眼ミルクティー」は2月限定
3月には新商品が出るので要チェック

おいしいのはもちろん、女性に嬉しい素材を使った「一芳(イーファン)」の日本限定「龍眼ミルクティー」、なんと2月末までの限定商品です。飲んでみたい方、どうぞお急ぎください。

16日グランドオープンなのに半月しか出さないなんてもったいないですよ!…と店長さんに詰め寄ったら、3月にはまた新商品が出るんだそうで。うーん、でも惜しい。「龍眼ミルクティー」は定番メニューに入れて欲しいわ。

 

一芳(イーファン)台湾水果茶・浅草店

 

「一芳(イーファン)台湾水果茶」は、1号店が浅草、2号店が神田(新日本橋)にあります(2号店はフルーツティーとタピオカミルクティーのみ提供)。4月中旬には新宿駅東口からすぐのところに、座席併設の3号店もオープン予定とのことですよ。

おいしいだけじゃなく、女子のカラダに優しい台湾発ドリンクが飲める場所、これからどんどん増えそうです。嬉しいです。

 

[SHOP INFO]
◆一芳(イーファン)台湾水果茶(浅草店)
住所:東京都台東区浅草1-29-5
営業:10:00~21:00 年中無休
公式Instagram:https://www.instagram.com/yifangtea.jp/
◆2号店:日台交流カフェ「shappa shappa」内
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-4
営業:13:00~21:00 月曜定休
※座席あり。「一芳」メニューはフルーツティーとタピオカミルクティーのみ
公式サイト:https://shiappashiappa.com/

 

 

s-IMG_5833s

松浦優子/台湾情報ライター/漢方スタイリスト/東京都港区出身の40代。元Web広告ディレクター。現在は外国人向け日本語教師のほか、台湾経済ニュースの翻訳、ライターとして活動。一年のうち1カ月以上は台湾に滞在し、台湾の文化や歴史、中医学(漢方)の養生法など、気になるテーマを探求中。インドア派、愛猫家。台湾で得た一番の宝物は、あたたかい台湾の人たちとの友情とご縁。

 

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 日本初上陸台湾式フルーツティーの店が浅草に、限定販売の美容ドリンクを要チェック
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更