1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. “エイジングケア基本のき”正しく、きちんと、丁寧に「毎日の洗顔&シャンプー」

“エイジングケア基本のき”正しく、きちんと、丁寧に「毎日の洗顔&シャンプー」

エイジングケアの基本は“きちんと洗って落とす”こと。一日の汚れを丁寧に落としてリセットしないと、その後のケアの効果も期待できなくなるそう。まずは毎日のクレンジングと洗顔、シャンプー法を“正しくきちんと”見直しましょう。
※最後にプレゼントも!

180531sengan01

教えてくれたのは
コーセーコスメポート
宣伝部
豊永祥子さん

一日の汚れを丁寧に洗ってリセット

クレンジング 落とさなければ入らない

STEP1 自分に合ったクレンジング剤を選ぶ

例えば、ナチュラルメイク派はミルクやジェル、しっかりメイク派はオイルなど、自分のメイクのスタイルに合わせて選ぶことが大切です

STEP2 洗い残さず、すすぎ残さず

汚れをきちんと落とさないと、その後のスキンケア効果が落ちてしまいます。特に、顔まわりは洗い残し、すすぎ残しが多いもの。注意して

180531sengan03

洗 顔 ゴシゴシ不要、汚れを落とすのは「泡」

STEP1 まず石鹸で手を洗い清潔に

STEP2 手のひらと顔はお湯で濡らしておく

STEP3 しっかり泡立てる

手に取り、少しずつ水を加えて泡立てます。泡立てネットを使ってもOK

STEP4 泡をクッションに、こすらず洗う

両手のひら全体を使って、皮脂分泌のさかんなTゾーンから泡をのせてゆく。手でこすらなくても、泡が汚れを吸着。口・目のまわり、小鼻や鼻筋は、指先を使って丁寧に。目もと、口もとはこすらず、泡をのせる程度で大丈夫

STEP5 しっかりすすぐ

生え際、目頭、フェイスラインなどに泡が残らないようにぬるま湯で20回程度を目安にすすぎ残しのないようによくすすぎます

これはやったらダメ! 間違いあるある

 朝は洗顔料を使わなくてもOKですよね?

180531sengan08

 肌状態や季節により、ぬるま湯洗いや化粧水でふき取るだけでも十分なときもあります。でも、汗や皮脂でベタついているときは朝も洗顔料を使いましょう

 夜、お風呂で洗顔するとき、シャワーで洗い流しているけれど大丈夫?

180531sengan07

 シャワーを使うときは、温度と水圧に気を付けて。温度が高すぎると皮脂の落としすぎや、刺激になることも。冷水で仕上げても毛穴自体が小さくなるわけではありません

 高保湿のボディーソープの泡で洗顔もしています

180531sengan08

 高保湿タイプでも、体の汚れを落とすためのボディーソープでの洗顔はおすすめしません。泡のキメ細かさ、すすぎやすさ、洗い上がりも異なるので、顔には洗顔料を

髪は泡で洗って、しっかりすすぐ

健康な髪のために大切なのは、汚れを泡で落とし、頭皮を清潔にすること。正しいシャンプーのポイントを実践すれば、エイジングケアへの近道です。

シャンプー

180531sengan04

STEP1 最初に1~2分お湯洗い

シャワーでお湯をかけながら、キューティクルを傷つけないよう、頭皮から毛先に向かって手ぐし。これで汚れやほこりはだいたい落とせます

STEP2 指の腹を使ってシャンプー

シャンプー剤を手に取ったら頭に数カ所に分けてつけ、手のひら全体を使って泡立てる。指の腹を使って頭皮を洗ったら、しっかりすすぐ

STEP3 コンディショナーを毛先につけ、洗い流す

コンディショナーを適量手に取り、中間から毛先を中心につけて伸ばしたらよくすすぎます

コンディショナー・トリートメントは頭皮につけない?!

コンディショナー・トリートメントは髪にだけつけて、頭皮につけないように。頭皮は脂が出やすいので、かゆみやふけの原因に。また、背中ニキビの原因にもなるので、顔や体にも残らないよう、洗い流しましょう。髪の傷みが激しいときは先に、毛先にコンディショナーをつけ、洗い流してからシャンプーするのもおすすめです。

180531sengan05

傷んだ髪とはキューティクルが開いたり、はがれている状態。更に濡れたらキューティクルは開いてしまうので、シャンプーをするとき、トリートメントを塗布するときなど、根本から毛先に指を動かすよう意識しましょう

これはやったらダメ! 間違いあるある

 髪の汚れがひどいときは、いつもより多くシャンプー剤を使います

180531sengan08

 1回に多く使うより、2回シャンプーするほうが汚れがきちんと落ちてオススメです。2回目はシャンプー剤の量は少なめでOK

 シャンプー後は、ドライヤーで乾かしたほうがいいの?

180531sengan06

 髪を濡れたままにしておくとニオイ菌が繁殖し、キューティクルが開いたまま寝るとダメージの原因に。乾かすときは、まず地肌に風をあてて。その後、髪の毛流れに沿って風を当て、髪が乾いたら冷風を上から下へあて、開いたキューティクルを元に戻します

 抜け毛が気になります。シャンプーの回数を減らしたほうがいいかしら?

180531sengan08

 頭皮が乾燥していれば減らしてもOK。ベタついているようなら汚れ・皮脂をきちんと落とすことをおすすめします

 

プレゼント
正しい洗顔・シャンプーを実践するのにぴったりな商品を合計20人にプレゼントします。

セットで10人
ジュレーム リラックス
(ストレート&スリーク)
うねり髪もさらさらストレートにシャンプー・トリートメント各500mL/900円(税抜き・参考価格)

180531sengan09


10人
ソフティモ ナチュサボン
セレクト ホワイト ウォッシングクリーム

もっちり泡で毛穴まですっきり、クリアな素肌へ130g/462円(税抜き・参考価格)

180531sengan10

締め切り:6月17日(日)23:59
※個人情報は当選した賞品の発送、および希望者への美容情報の連絡に利用します。
※当選の発表は発送をもって代えます

商品の問い合わせ
コーセーコスメポート お客様相談室 TEL 03-3277-8551
http://www.kosecosmeport.co.jp/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. “エイジングケア基本のき”正しく、きちんと、丁寧に「毎日の洗顔&シャンプー」
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更