1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 【皮膚科医が提案】夫や彼に教えたい!仕事で好感度がアップする”男のモテ肌”のつくり方

【皮膚科医が提案】夫や彼に教えたい!仕事で好感度がアップする”男のモテ肌”のつくり方

いま、若い世代を中心にスキンケアをする男性が増えています。というと、まだまだ「ナルシシストみたい」というイメージを抱く人もいますが、きれいな肌は男女関係なく好印象を与えるもの。実は、仕事への影響も少なくないんです!

そこで今回は、皮膚科医の野村有子先生が提案する男性のための毛穴ケアとシェービング術を紹介。ぜひ夫や彼と一緒に読んで、好感度の高い“モテ肌”をめざしてくださいね。

1874e70fda197ebc2e6d99f4d3676d69_m_600

大手カミソリメーカーのシック・ジャパンが行った調査(*)によると、日常的にヒゲを剃っている男性の実に約8割が5分以内でシェービングを済ませているそう。そのうち約4割がスキンケアをしていませんでした。

一方で、なりたい肌No.1は「毛穴が目立たないツルリとした肌」だと言います。

*「男性の身だしなみに関するアンケート」対象:首都圏在住、20~49歳、ヒゲ剃りをしている男性、N=618、実施期間:2018年9月28~10月1日

洗顔とシェービング、どちらを先にするのが正しい?

あなたの夫(または彼)がヒゲを剃ったあと、肌が白っぽく粉を拭いたように見えることはありませんか? もしかしたら、洗顔とシェービングの順番が間違っているのかもしれません。

まずは、シェービングとスキンケアの正しい順番を確認してみましょう。

●正しいシェービングの4ステップ

(1)洗顔
(2)泡をつけてシェービング
(3)タオルドライ
(4)スキンケア

このように、洗顔で肌を清潔にしてからヒゲを剃るのが正解です。

やってしまいがちなのは、まずシェービングを済ませ、最後に“仕上げ”感覚で洗顔をすること。しかし、シェービング後の肌は、とてもデリケートな状態。そこに洗顔料をつけると、刺激が強くなってしまいます。

まずはここを逆にしていないか、チェックしましょう。

男性用のスキンケアアイテムが必要なワケは?

カミソリによるシェービングのあとは、古い角質や余分な皮脂、ヒゲが取り除かれた状態。このタイミングでスキンケアをすると、しっかり保湿できます。

大切なのは、肌の状態に合わせて保湿すること。まずは化粧水を通年で使いましょう。乾燥が気になるところがあれば、部分的に乳液を使います。

ここで気をつけたいのが、スキンケアアイテムの選び方。男性は女性に比べて皮脂が多く、水分が少ない傾向があります。ベタつきやすいのにカサつくため、油分よりも水分でうるおすのが効果的です。

女性の肌とは異なるので、やはり男性の肌質に合わせて作られたメンズ用を使うのがいいでしょう。

ゴシゴシは禁物! 丁寧なスキンケアで毛穴の目立たない肌へ

化粧水で保湿すると、肌がうるおい、きめが整いやすくなります。シェービングのたびにお手入れを続けていけば、徐々に毛穴が目立ちにくい肌に。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、まずはシェービンググッズの近くに化粧水や乳液を置いてみましょう。ワンタッチやワンプッシュで使える容器のものを選ぶのも良いアイデアです。

注意点としては、絶対にゴシゴシしないこと! 顔を洗うときは泡でやさしくなでるように、水分を拭きとるときはタオルでそっと押さえるようにします。化粧水や乳液をつけるときも、ゴシゴシは禁物です。

ふだん夫や彼のシェービングを気にしていなかった人も、これを機会に2人で見直してみませんか? 順番を変えたり、ゴシゴシ洗いをやめたり、化粧水を取り入れたり…。日々のちょっとした習慣を変えることで“モテ肌”に近づき、好感度がアップすれば、いつか仕事や人生にも良い影響があるかもしれません(!?)。

※この記事は2018年10月25日に開催されたシック・ジャパンのプレスセミナーの内容をもとに構成したものです。

(ライター/atsuko)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 【皮膚科医が提案】夫や彼に教えたい!仕事で好感度がアップする”男のモテ肌”のつくり方

会員登録・変更