1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. ほっこりあったか♪おやつ

ほっこりあったか♪おやつ

  • 2016/02/04 UP!

寒い冬の道中、ほんのひとときでも温まりたい! 美味しいものでおなかから温まりたい! そんなココロもオナカも満たされるあったかメニューを提供するお店に、ちょっと寄っていきませんか?

大阪の定番おやつを、千葉でも

栄町のたこ焼き屋さん 蛸TAKO

chi160204oyatu01

たこせん160円。トッピング+20円から

~あったかポイント~
ギュっとつぶしてパクリ。サクサク煎餅&ホカホカたこ焼きがクセになりそう!

海老みりんの煎餅に、同店自慢のたこ焼き2玉をサンドした「たこせん」は、大阪ではポピュラーなメニュー。秘伝のソース&マヨネーズがアクセントに。チーズ入り(210円)や、天かす、九条ネギのトッピングもぜひ。

chi160204oyatu02

千葉市中央区栄町37-6/TEL043-222-0818/11:00~20:00、無休/※電話予約可、イベント出張など応相談

chi160204oyatu03

chi160204oyatu04

取材メモ

栄町で、ひときわ目を引く真っ赤な看板が目印の「蛸TAKO」さんは、仲良し親子が営むたこ焼き屋さん。紹介した“たこせん”は、小山さん親子が本場大阪への研修旅行で仕入れたメニュー。大量買いをしていくお客さんもいるとか。店頭のベンチは、男子学生さんや子連れのママも立ち寄る憩いの場に。また同店では、主に女子がたこ焼きを焼いていて、華やかな活気にあふれています。


多彩な具材と皮のバランスが絶妙

粉もんや うどん粉

chi160204oyatu05

手前から・小松菜まん、人参まん各200円 ※小松菜の皮は変更の場合あり

~あったかポイント~
冷蔵で並ぶ多彩な味。500Wで約1分温めるとふわふわに! 店頭で温めてもらえます

夫婦で営む中華まん専門店で、まずこだわったのは皮。電子レンジで温めても固くならない生地の配合を試行錯誤し、約1年かけて納得の形に! 具材もすべて手作りで、「小松菜まん」は西船橋産の小松菜を使用。

chi160204oyatu06 
chi160204oyatu08

船橋市習志野台2-8-14/TEL047-466-6161/10:30~なくなり次第終了、不定休 ※電話予約可。
「ふなっこ畑」(船橋市行田)、「たまごや」(船橋市二和西)などでも取り扱っています

chi160204oyatu7

取材メモ

「完全手作り、食品添加剤は使っていません」と、中華まんの調理を担当する奥さま。豚まん、あんまんを基本に種類が増え、できるだけ国産野菜を使うことにもこだわっています。興味深い「小松菜まん」は、えぐみが出ないよう、ぼやけない味にならないよう工夫したそう。また「人参まん」は甘じょっぱい味付けで、人参嫌いな人でも進むおいしさです!


3本100円!? モッチモチ、新潟の屋台菓子

きんれいぼく堂

chi160204oyatu09

“のぼり”が目印! (右)すっぴんポッポ(3本入り)100円

~あったかポイント~
卵・牛乳不使用。子どももお小遣いで買える優しいおやつ。店主の温かさも◎

新潟の屋台菓子「ポッポ焼き」。“すっぴんポッポ”(3本100円)はモッチモチで黒糖の香りふんわり、何本でもいける素朴なおいしさ。チョコチップ、くるみ入りなど10種類ある“いろものポッポ”(2本100円)も。

chi160204oyatu12

千葉市中央区弁天4-11-10/TEL043-304-6567/10:00~18:00、火曜定休(祝日の場合は営業、翌日休み)。2/5(金)休み/ ※予約可

chi160204oyatu10

chi160204oyatu13

取材メモ

「新潟では有名で、小さいころから慣れ親しんでいる“懐かしい味”なんですよ!!」と語るのは、新潟出身の店主・鈴木さん。故郷の屋台に何度も通って研究し、ようやく納得いく味になり、千葉(作草部)で開店、今年で5年目になる同店。ほど良い甘さの中力粉のほか、黒糖は沖縄の波照間島(はてるまじま)のものを使用。卵・牛乳を使っていないのも、このお菓子のポイント!「いろものポッポ」(10種類)も、各2本100円で、あったか価格!(あずき、くるみ、レーズン、マンゴー、チーズ、甘栗、バナナチップ、チョコチップ、小倉あん、さつまいも)


カリッ! モチッ! アツッ! 肉汁の行方に注意

上海ドラゴン食堂

chi160204oyatu14

chi160204oyatu17

焼小籠包(4個入り)480円

~あったかポイント~
ゼラチン状の鶏がらスープが皮の中で溶けて、口に入れるとハフハフ!

中国人の徐さんが、毎日店頭で600~700個手作りしている焼き小籠包。皮のもっちり感と豚肉の旨み、濃厚スープが絡まって、絶妙なハーモニーを奏でます。黒酢をかければさっぱり! 小腹が空いたときにもぴったりな一品。

chi160204oyatu015

chi160204oyatu16

千葉市美浜区ひび野1-8、メッセアミューズモール1階/TEL043-205-4481/11:00~23:00、無休

取材メモ

この店の焼き小籠包は、2010年7月のオープン当初からの人気看板メニュー。海浜幕張という土地柄、野球観戦などに行く人が購入することも多いとか。冷めてしまった場合は箱ごとラップで包み、レンジで温めて。さらに店内で提供されるお得なセットメニューには、すべてにこの焼き小籠包が2個ついてくる! どれも1000円以内でおなかもいっぱいに。日本では珍しい焼き小籠包ですが、中国では100年以上も前から食べられているんですって!


スパイスが効いた、冬のお楽しみ

Warm Heart Coffee ウォーム ハート コーヒー

chi160204oyatu18

グリューワイン500円(テークアウトの場合)

~あったかポイント~
ドイツでは冬の定番。香り高い味わいは、同店の手作りグラノーラと一緒に!

同じ店舗で、昼はカフェ、18:00から夜カフェ「アーバンブリーズ」として営業。夜の人気メニューが、お客さんの要望で昼間にも楽しめるように。シナモン、アニス、グローブのスパイスが効いて、心もじんわり温まります。

chi160204oyatu19

船橋市坪井東1-2-31/TEL070-6630-8032/9:00~17:00(LO16:30)、土・日曜、祝日は7:00〜18:00(LO17:30)、木曜定休

chi160204oyatu20

取材メモ

木のぬくもりが心地よく、つい長居をしてしまいそうなカフェ。バリスタが入れるエスプレッソコーヒーをはじめ、こだわりの味が楽しめます。「グリューワイン」は、船橋日大前駅のイルミネーション点灯式で、“大人が楽しめる温かいドリンク”として提供したのをきっかけに、人気が広がったとか。同店のメニューはどれも心を込めて作られていて、温かい気分になれるのです。


羽根がパリッパリ! 焼き立てをぜひ

てんこちょ

chi160204oyatu22

たいやき(あんこ)156円

~あったかポイント~
開店時間にはもちろん、お願いすると、15分程で焼き立てを買えます

かわいい看板に誘われ小道に入るとすぐ、羽根つき鯛焼きの「てんこちょ」。パリッパリの羽根の食感がGOOD! 甘さ控えめのあんこがモチモチの皮によく合います。他にもクリームなど数種類あり。店内でも。

chi160204oyatu11

千葉市中央区栄町41-8、かぎやビル1階/TEL070-5012-0041/12:00~20:00(日曜、祝日10:00~18:00)、不定休/※予約可

chi160204oyatu26

取材メモ

店名の“てんこちょ”は、静岡県西部の方言で“てっぺん”という意味だそう。かわいらしいオーナーの柳瀬りえこさんは、その静岡出身。師匠に、「やってみては?」と助言され、千葉でお店を開いたそう。「勘ですよ」という焼き加減で、絶妙な焼き上がりに。ドリンクの種類も豊富で、冬限定の“チョコ”には珈琲がおすすめ。“柚子茶”や“玄米茶”などにも心惹かれます。


焼き立てパイ×アイスクリームは名コンビ!

I LOVE PIZZA 成田店

chi160204oyatu21

手作りアップルパイ700円(イートインはアイスクリーム付き)

~あったかポイント~
自宅で味わう時はアイスクリームの準備を! 酸味&甘味の相乗効果も楽しんで

厚みのある生地の一層一層がサクサクの「手作りアップルパイ」。アイスクリームとのバランスを考え、砂糖をほとんど使用せず本来の酸味を生かしたリンゴは、ナチュラルな甘み。近隣の空港女子にも人気の一品。

chi160204oyatu25

成田市花崎町846/TEL0476-22-0969/月~金曜17:00~24:00、土・日曜、祝日11:00~24:00(L.O.23:30)、不定休日あり/※注文から20~30分程で焼き上げ。来店前の在庫確認、電話注文もOK

chi160204oyatu27

取材メモ

成田山のおひざ元、JR成田駅から徒歩1分と好立地の同店。和風の街並みにも不思議とマッチするアメリカンな店舗には、暖かな日が差し込みポカポカ。クチコミで広がったというアップルパイを目当てに“ピザ屋さん”を訪れるというお客さんもいるそう! 店内でピザを食べている間に、テイクアウト用のアップルパイを焼いてもらう人も! 参拝帰りのお土産に、いかが?


参道散歩は、かわいい栗まんと!

なの花

chi160204oyatu23

栗まん焼100円

~あったかポイント~
ふわっとした生地は、ホットケーキのようなやさしい甘さ。朝ごはんにも!

中山参道商店街にある「栗まん焼」のお店。並ぶのは、定番の「十勝小栗あん・栗あん」と、秋冬限定「紫芋あん」の3種類。ハチミツ入りの口どけのよい生地に包まれて、幅広い世代にファンが。長年価格が変わらず、ワンコインで買えるのも魅力です。

chi160204oyatu24

市川市中山4-14-4/TEL047-334-0663/11:00〜18:00、木曜定休

chi160204oyatu29

chi160204oyatu30

取材メモ

中山参道商店街にオープンして15年目。主婦だった森島千恵子さんが「何か始めてみたい!」とスタート。店に入ると近所の方々がお茶を飲みながらわいわいと楽しそう。「知らない人たちが集まるアットホームな場になって、つながりが広がれば」と森島さん。あんこが食べられない人のために、生地を生かした「ホットケーキ」も人気です。2月は商店街をあげての「おひなさま祭り」中。店内にひな人形が飾られていますよ!


人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. ほっこりあったか♪おやつ
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更