1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 【新春スペシャル2017】四街道市長 佐渡 斉(ひとし)さん<キラリ千葉人(ちばびと)>

【新春スペシャル2017】四街道市長 佐渡 斉(ひとし)さん<キラリ千葉人(ちばびと)>

【新春スペシャル2017】四街道市長 佐渡 斉(ひとし)さん
AI (愛)があるから四街道!
“子育て日本一の街”を目指します

chi161227mayor02

全小中学校にエアコンを設置
「子どもたちとの約束を果たせました」

2016年は子ども・子育て支援事業に特に力を入れて進めてきました。6月から市内の小学校12校、中学校5校の普通教室および特別支援教室すべてでエアコンが使用可能となり、子どもたちが勉強に集中できる環境を整えることができました。私は毎年、執務の合間をぬって全小中学校に給食を食べに行きます。市長就任時に各教室に扇風機をつけたのですが、夏は熱風をかきまわしているようなもので、汗だくになりながら子どもたちと一緒に給食を食べていました。

子どもたちからの市長へのお願いのトップは「エアコンを付けて!」でした。「そしたら夏休みが少し短くなっても勉強するから!」とまで言われて、やっと約束が果たせました。「じゃエアコン付いたから、夏休みに学校で勉強しようか」と言ったら、「いやぁ…それは…。勉強するからって言ったのは去年の6年生だよ」って(笑)。毎年光熱費がかかることですが、子どもたちの健康管理と一層の教育効果の向上のために、ずっと設置して行こうと思います。

“AI”を込めて、地域で子育てをバックアップ
家族で住むならこの街と思っていただけるように

四街道は、アルファベットで書くと、YOTSUKAIDO。市名の中に「“A(I 愛)”があるから四街道」なんですよ。愛情をもって子育てできる町でありたい。お母さん1人が孤独に子育てをするのではなく、地域で子どもを育てるという考え方でおります。今年4月から保健センターの中に「マタニティーベビー相談室」を設置しました。保健師または助産師が常駐し、妊娠された時点から出産、子育て、すべて一貫して相談できます。また地域ごとに担当の保健師が必要に応じて訪問や面接もします。

お子さんと一緒に行きたくなる公園や、子育てママにもうれしいオシャレなお店、特においしいパン屋さんもいっぱいあります。これからも“家族で住むなら四街道”と思っていただけるよう努力します。

2017年も待機児童ゼロの実現を目指す
千葉市・市原市と連携も

2017年も特に力を入れていきたいのは、子育て環境のさらなる充実です。市長就任以来“子育
て日本一”を掲げ、子ども・子育て支援に積極的に取り組み、保育園や小規模保育事業所をこの6年間で8園新設し、計400人以上の定員増を図ってきました。しかしながら四街道市は人口が減った経験がなく、女性の社会進出の高まりから保育所入所希望者数が増えており、2016年4月も待機児童44人と解消には至らない状況です。現在、2017年4月開所に向け、60人定員の民間保育園3園の整備をすすめており、2017年こそは待機児童ゼロを実現したいと考えています。また、千葉市、市原市と広域連携を進めています。勤務地がない場合でも3市の保育所に入所申し込みができるようになり、選択の幅が広がりました。

chi161227mayor02_1

<市長さらにアツく語る!> Webだけ!

印旛の“おいしい”“よいもの”がいっぱい
アンテナショップicobaが人気です

chi161227mayor02_2

子育て日本一を目指して、さらにアツク語ってくれた市長

JR四街道駅からすぐ近くに、2016年10月、「icoba(イコバ)」をオープンしました。四街道は、印旛郡7市2町の玄関口なんです。東京方面から電車にのってくると、千葉駅、四街道までは田園風景が見えませんが、四街道を過ぎると田園風景が見えてきます。icobaでは、“印旛に行こう=icoba”として、農産物や地元の方々が作った手料理プラス、佐倉や成田、冨里、八街、印西などの地域の物産を展示して販売しています。

icobaのすぐそばに、印旛に住んでみたいという方々の相談所として「まちのコンシェルジュ四街道1丁目」を設置しています。icobaの建物内に無料宿泊施設があり、移住を希望される方が仮に住めるようになっています。最初に泊まった方は、ドイツのツィレ市の観光局長さんたちなんですよ。
●icobaの紹介ページはこちら
●地域特派員レポートにも登場「印旛地域のアンテナショップがオープン!icoba(いこば)四街道一丁目」

こどもルームも増設
子育て支援は限りなく…

chi161227mayor02_3

市長の好きな女優さんは吉永小百合さんだそうです!

保育所の新設に加えて、こどもルーム(学童保育)の充実も積極的にすすめ、今、市内の南小学校と四和小学校で2ルームを増設する工事に入っています。小学校1~3年生だけではなく、小学4~6年生の希望するお子さんをお預かりできる体制を整備するためです。リビング新聞の読者も若いお母さんが多いと思うのですが、お母さん方が社会進出をしやすく、なおかつ子育てを行政と地域のみんなで支援してあげられる四街道市でありたい。子育て中の家庭の支援を重点的におこなっていきたいと思っています。

多くの若い世代が四街道に転入されてきてお子さんの数が増えているので、地域の活力を生み出しています。一方、四街道市では、子ども医療費は中学3年生まで無料にしていますから、財政を圧迫しているのも事実です。通院の場合、県から市町村へは小学校3年生までしか補助金がでません。今年の8月、やっと県内54市町村すべてで中学3年まで通院も入院も医療費助成の対象になりました。入院は、県から中学3年まで補助がでていますが、通院は小学校4年生~中学3年生までは補助が出ないので、どこの市町村も自治体でがんばっているわけです。本当は、日本全体として責任をもって子ども育てる制度を作って欲しいという気持ちはありますね。

笑顔がすてきで温かな市長。毎年一緒に給食を食べる子どもたちに大人気の様子が目に浮かぶ取材でした(編集部O)

佐渡 斉(ひとし)さんプロフィール

1953年生まれ。明治大学卒業後、四街道市職員に。同市社会福祉協議会事務局長、千葉県議会議員等を経て2010年四街道市長就任(現在2期目)。趣味はガーデニング・読書だが「時間がとれなくて。つまらない男にならないよう
にしなくちゃ(笑)」。四街道市在住

※2016.12.27の記事です

 

< キラリ千葉人 アーカイブ >

    【第1回】ジェフレディース 菅澤優衣香さん
    【第2回】稲毛商店街振興組合 専務理事 海宝周一さん
    【第3回】千葉手づくり甲冑 匠の会・代表 拝野初枝さん
    【第4回】日本動物園水族館協会会長 荒井一利さん
    【第5回】三越千葉店 店長 栗原憲二さん
    【第6回】聖地鋸山の麓 金谷・代表  鈴木裕士(ひろし)さん
    【第7回】日本画家 岩波昭彦さん
    【第8回】車椅子バスケットボール全国選抜大会 実行委員会会長 舟越開さん
    【第9回】千葉県立美術館・館長  安藤三之さん
    【第10回】輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会 事務局 山本悠介さん
    【第11回】順天堂大学(印西市)体操競技部1年 萱 和磨(かや かずま)さん
    【第12回】三菱電機アジアオセアニア選手権日本代表 添田智恵さん
    【第13回】ウィルチェアーラグビー日本代表 官野 一彦さん
    【第14回】熱血!!勝浦タンタンメン船団 船団長 磯野典正さん
    【第15回】「月刊ぐるっと千葉」編集長 三富啓善(ひろよし)さん
    【新春スペシャル2016】千葉市長 熊谷俊人(としひと)さん
    【新春スペシャル2016】四街道市長 佐渡 斉(ひとし)さん
    【新春スペシャル2016】鎌ケ谷市長 清水聖士さん
    【新春スペシャル2016】習志野市長 宮本泰介さん
    【新春スペシャル2016】船橋市長 松戸徹さん
    【千葉の日本一高校生2016】ボクシング(フライ級)堤駿斗さん
    【千葉の日本一高校生2016】水泳(背泳ぎ)湯原利佳さん
    【千葉の日本一高校生2016】セーリング 菅沼汐音さん
    【千葉の日本一高校生2016】カヌー 八角周平さん
    【第16回】明聖高等学校 校長 花澤悟史さん
    【第17回】アーティスト Naramix 渡邊万莉菜さん
    【第18回】習志野市 まちづくり広報監 月村尚也さん
    【第19回】人よんで”大賀ハス博士” 斉藤久芳さん
    【第20回】東京オリンピック・パラリンピック推進課 副課長 伏居丈夫さん
    【第21回】千葉パルコ 店長 上田昭二さん
    【第22回】 千葉都市モノレール 統括駅長 黒川 孝さん
    【第23回】 千葉市中心市街地まちづくり協議会 会長 竹内惠智郎さん
    【新春スペシャル2017】千葉市長 熊谷俊人さん

    「キラリ千葉人」記事一覧へ

    同じジャンルの記事を読む

    人気記事ランキング

    1. 千葉トップ
    2. 特集
    3. 【新春スペシャル2017】四街道市長 佐渡 斉(ひとし)さん<キラリ千葉人(ちばびと)>
    電子ブックを読む
    現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
    お読みになりたい地域をクリックしてください。
    

    会員登録・変更