1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 大人女子が気になる運転テク~稲毛自動車教習所人気No.1指導員に聞く&メルセデスベンツの“運転支援システム”

大人女子が気になる運転テク~稲毛自動車教習所人気No.1指導員に聞く&メルセデスベンツの“運転支援システム”

一発駐車も夢じゃない!!
苦手を
トクイに

狭~い駐車場での駐車や、路肩に寄せるなどの微妙な走行に苦手意識はありませんか? 稲毛自動車教習所の人気指導員が、読者が苦手な運転技術(※)を紙上レクチャー!
※千葉県在住の女性読者に、2017年11/8~14にアンケートを実施。有効回答数72

chi180222unten01

撮影のため、指導員は特別に後部座席に乗車

chi180222unten02

自分のクルマで車幅とタイヤの位置を知る!

車に乗ったら、まずは必ずシートとミラーの調節を。女性に多いNG姿勢が、“あご出し”。「ヘッドレストに頭をつけて、あごを引くと、視野が広がります」と菅原さん。

シート位置を決めたら、車幅やタイヤの位置を“見た目”で意識して。「全ての運転の基本は、自分の車を知ること」。特に、運転席から左後方を振り返って、左後輪の位置が確認できる目印を見つけておきましょう。これがわかると、車庫入れや縦列駐車がスムーズに。

chi180222unten03

右タイヤはアクセルペダルの下に、左タイヤはフロントガラスの中心から10cmほど中側と意識して

chi180222unten04

「駐車券が遠い!」 にサヨナラ

正しい車幅感覚を持つことが、スムーズに車を寄せる極意。「アクセルペダルの位置が右タイヤの位置です。視線は遠くにして、早々に寄り始め、“どこを右タイヤが通りたいか”を意識して。サイドミラーの分だけ気を付けて」。

ポイントを押さえれば一発駐車も夢じゃない!

アンケートで苦手な運転の1位は、駐車・車庫入れ。「左バックが、難しいですね。最初に車庫に入っていく左後輪が見えないから」と菅原さん。では、難しい“左バック”に挑戦! やっぱりキモは左後輪の位置確認!

chi180222unten05

(1) 車Aの運転席が、自分の席から真左に見える位置で停める(写真1)。車Aの鼻先との距離は、助手席のドア1枚分開くくらい。

(2) 45度の角度がつくように、滑らかにハンドルを右に切りつつ前進。

chi180222unten06

(3) 左後方を振り返って、左後輪の位置と認識した目印(この車の場合、三角窓!)に、車Aのフロント右角が見えたら車を停め、ハンドルを左いっぱいに切る(写真2)。

(4) バックを始める。※車Aとの間隔は目視や左サイドミラーで、車Bとの間隔は窓から顔を出して確認。ぶつかりそうなら切り返す

(5) 駐車位置と車が平行になりそうな所で、ハンドルをゆるやかに右に戻しつつ続けてバックしフィニッシュ。※車後方に注意
「うまくいきました! 今まで、やみくもにハンドルを切っていたけど、ポイントを押さえればシンプルにできるんですね」

これで滑らか走行♪ブレーキ操作

 

アンケートで、「人の運転で気になること」を聞いたところ、圧倒的に多かったのが、“急すぎる”“タイミングが遅い”などのブレーキ操作。「NGなのは床にかかとをつける、足首を使うブレーキ。かかとを浮かせて、じわっと、長く、数回に分けて踏んで。遠くの情報をつかむ、車間距離をしっかりとるのも基本です」。

chi180222unten07

かかとは上げて、親指の付け根で踏んで

chi180222unten08

「駐車する時は、気になったら車から降りて、タイヤの位置や接近具合を見ることも大切。少しずつ慣れて、楽しく運転してほしいです」(指導員・菅原さん)
「思い通りに運転できて感激! 自分の車に早く乗りたくなりました」

ペーパードライバー講習も人気!
取材協力:稲毛自動車教習所 TEL:043-243-7111
http://www.ids-go.co.jp/

★Webだけ 続・菅原指導員の熱心指導こちらへ続く!


まるで未来の車!
進化する技術が運転をサポート

苦手な運転技術も、“運転支援システム”がサポートしてくれるんですって。メルセデスベンツのEクラスに乗って、読者が驚きのテクノロジーを体験! ヤナセ千葉支店の中村さんにレクチャーしてもらいました。

chi180222unten09

駐車ハンドルがグルグル回りだす!「スゴイ!」しか言葉が出ない~

“駐車スペースを探す”モードにすると、車についているカメラ2台、センサーとレーダーが、空きスペースを感知。ボタンを押してシフトを「R」に入れると、ハンドルもアクセルも勝手に動き出し、最適なルートでシューっと駐車! 思わず、「スゴーイ!」

chi180222unten10

駐車支援システムが作動し、ハンドルが勝手に動き出した! 思わずハンドルから手を離してしまうほどビックリ

スマホで!!車を降りて駐車!? 車が無人で動く驚き

駐車時、左右のスペースが狭くて乗り降りが難しそうな場合などに、あらかじめ車を降りてスマホで車外から操作できる! 車内のディスプレイに従い、ボタンとシフトを簡単操作したら降車。あとはスマホアプリを起動し、画面上を人差し指で、時計回りにクルクル回すだけ。車は無人なのに、駐車スペースに停まってくれた! 車を出す時も、乗車せずにスマホの操作でできるそう。

chi180222unten12

スマホの上を指でクルクル回すだけで駐車できるなんて、本当に未来的!

chi180222unten11

スマホで施錠・開錠も便利 千葉にある車を大阪からでも!

スマホアプリを起動すると、ガソリンの残量や駐車してからの時間などがわかります。これがあれば、たった1分超過しただけで、駐車料金が数百円上がってしまうのを防げますね! スマホの画面上で施錠ボタンを押すと、ドアがロックされるだけでなく、サイドミラーも自動で閉じます。中村さんは、出張の時など、自分の車の施錠状態などをチェックするのに使っているとのこと。なんと、千葉から大阪の距離でも、機能するのだそうです。

追従車間距離をとってくれる! 「渋滞のストレスもなくなりそう」

時速をセットすると、そのスピードで走ってくれる“オートクルーズ走行”。手元のレバーでシステムをオンにするだけ。前方の車がスピードを落とせば、それに合わせてブレーキ操作なしで、スピードを下げて車間距離をとってくれます。「賢いですね~。これなら渋滞時も疲れずに運転できそう」と感心しきり。

chi180222unten13

車線変更高速での車線変更もフルサポートしてくれる

高速道路を80km/h以上で走行中に、“オートクルーズ走行”にしておけば、ウインカーを出すだけで、車が判断して車線変更してくれる! 人にとっては死角になるところも、カメラやレーダー、センサーが働いているので、ぶつかるようなら車線変更を取りやめてくれるそう。運転者はアクセルもハンドル操作もなしで、スムーズに車線変更!

chi180222unten14

chi180222unten15

「誰にでも楽しく運転できるようにと、技術開発が進んでいます。自分を含めて大切な人も守ってくれる健気な車に、ぜひ愛着を持ってほしいですね」(中村さん)
「駐車が苦手なので、今日、車が自分です~っと駐車してくれた時は、感激しました。ママ友にも、ぜひ試乗してみてほしいです」

広い構内での試乗が好評
取材協力:ヤナセ千葉支店 メルセデス・ベンツ千葉園生 TEL:043-287-3713
試乗車:メルセデスベンツ E400 4MATIC EXCLUSIVE
https://www.yanase.co.jp/store/24740/


続・菅原指導員の熱心指導
紙面に書き切れなかった情報をココで。運転前にぜひ読んで!

シート合わせシートとミラーにこだわりを。右足はブレーキ、左足はフットレストに

(1) シート位置4点チェック
・シートの高さ合わせ 右足でブレーキを踏んで、足が少し曲がるくらい
・背もたれ合わせ シートを倒し過ぎない。直角まではいかなくても、シートを起こし気味にしておくと、疲れにくいです
・シートの前後合わせ 背もたれにぴったり背中をつけて、ヘッドレストに頭をつけて調整。ハンドルは上から握り、腕は少し曲がるくらい
・ハンドルの高さ合わせ ハンドルを上から握り、肩くらいの高さに(写真参照)

chi180222unten16

頭をヘッドレストにつけて、あごをひいて

(2) ミラーのチェック
・バックミラーは、リアウインドウが全て映るように
・サイドミラーは、ミラーの内側1/3~1/4くらいに、車のボディーが映るように。
「家族と車をシェアしている人は、車に乗り込んだらまず初めにシートの調整を。ここはこだわってほしい所です。シートの位置が決まったら、バックミラー、左右のサイドミラーも必ず確認してください」と菅原さん。

クランク内輪差って何? これを知れば、クランクも楽々♪

ゆっくりと走行しながら、内輪差を考えてコース取りをします。「内輪差とは、カーブで内側になるタイヤの、後輪が前輪よりも内側を通ること(イラスト1)。後輪が縁石に乗り上げることがあるのは、そのためです(イラスト2)」曲がる時は、内輪差を考えて少しふくらみ気味に、アクセルもハンドルもゆっくりコントロールが正解。

chi180222unten18

1:クランクのコース取り。青線が前輪、赤線が後輪の通る場所

chi180222unten18_2

2:内輪差で後輪が縁石に乗り上げるパターン

出典:MT車・AT車 運転教本 株式会社東京平尾出版

車線変更周囲の車に「車線変えるよ」と合図を出して、落ち着いて変更

「まずはウインカーを早めに出して(約3秒前)、周囲の車に自分の意図を知らせてください。周囲の車が『行くか、譲るか』考えて決める時間を与えてあげること。ミラーだけに頼ってはいけません」と菅原さん。ウインカーで合図をして、ミラーと目視で安全を確認して、車線変更を。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 大人女子が気になる運転テク~稲毛自動車教習所人気No.1指導員に聞く&メルセデスベンツの“運転支援システム”
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更