1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 【第40回】宇津木妙子さん(NPO法人ソフトボール・ドリーム 理事長)<キラリ千葉人(ちばびと)>

【第40回】宇津木妙子さん(NPO法人ソフトボール・ドリーム 理事長)<キラリ千葉人(ちばびと)>

【第40回】NPO法人ソフトボール・ドリーム 理事長 宇津木妙子さん
ナマで観たら、2020年が待てなくなる。
上野投手の剛速球、世界強豪の技!

chi_kirari40_01

2008年北京五輪、日本中が熱狂した女子ソフトボールの金メダル。まさかの3連投で当時流行語にもなった“上野の413球”を覚えている人もいるだろう。オリンピック競技から外れて10年、2020年東京大会での復活を前に、この8月、千葉で世界選手権が開催される。

世界各地から勝ち抜いた16の国と地域が東京五輪出場の1枠を巡って戦うのだ。現在、WBSC世界ランク2位の日本は開催国枠を得ているが、世界ランク1位のアメリカもやってくる。2年後の前哨戦としても負けられない。五輪復活を目指し、この10年、世界で競技普及に努めてきた宇津木妙子元全日本監督に話を聞いた。

「世界の強豪チームのスピードとパワーあふれる試合が千葉で観られます。組織として、皆が与えられた仕事をして力を発揮していく。ときにどんな名選手だってエラーもします。そんなあらゆる展開に、どう力を合わせて勝ち進んでいくのか、ぜひ観てください」

競技の魅力は、“スピードとパワー”。今も日本のエースとして君臨する上野由岐子選手の投球はコンスタントに球速110km/hを超えるが、投球距離は野球より5m以上短い13.11m。打者の体感速度としては、150~160km/hとハンパない。上野投手を育てた宇津木監督。「上野は間違いなく、今もスゴイ選手。でも上野がいるうちに若い選手に上野を抜いて欲しい思いはあります。濱村、勝股、藤田もいます」

生の観戦は、魅力満載だ。剛速球を受けたミットの音、バットスイングの音、ベンチまで一体となり声を出すチーム力。

「守ってしのいで、1点取って。敵味方を問わず、全力のプレーに歓声を送ってください。2024年パリ五輪の開催につながるよう、千葉の皆さんの力を貸してください」。

この夏、会場で熱い声援を送りたい。 (大石登子)

【第16回世界女子ソフトボール選手権大会】
予選リーグ8/2(木)~ 8(水)会場:習志野市・市原市・成田市
決勝トーナメント 8/10(金)~ 12(日)会場:ZOZOマリンスタジアム
◇チケット発売中(前売り一般1500円~)
 wswc2018chiba.com

宇津木妙子さんプロフィール

中1でソフトボールを始める。現役時代、三塁手として世界選手権出場。引退後、日立高崎監督として全日本優勝多数。代表監督としてオリンピックで2000年シドニー・銀メダル、2004年アテネ・銅メダル。世界野球ソフトボール連盟理事

Webだけ!
まもなく開催「第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会」
教えて! ソフトボールのこと。

千葉市スポーツ振興課の熱~い担当・草場さんに聞きました

Q.「世界女子ソフトボール選手権大会」の大会概要は?

→ 8月2日~12日にかけて、千葉市を含む千葉県内4市球場(千葉市 ZOZOマリンスタジアム、成田市・ナスパスタジアム、習志野市・第一カッター球場(秋津野球場)、市原市・ゼットエーボールパーク)を会場に開催されます。2006年の第11回大会までは4年に1度開催されていましたが、2010年大会以後は2年に1度開催されています。

日本での開催は1998年静岡大会以来2回目で、過去の日本の成績は優勝3回、準優勝5回です。第16回大会は2020年の東京オリンピックの予選を兼ねており、参加する16の国と地域のうち、開催国枠で出場が決まっている日本以外の最上位のチーム1チームに与えられる出場権を争う“本気の大会”です。

Q.特に注目してほしい、みどころを教えてください

→ 2008年の北京オリンピック以降、ソフトボールはオリンピック種目からは外れましたが、その理由は「アジア・オセアニアと北米地域に競技人口が偏っている」というものでした。オリンピックに復活させるべく、各国が協力して普及活動に力を入れ、アフリカやヨーロッパの国々も力を付けて来ました。そういった新興国のチームの奮闘ぶりは注目してもらいたいところです。

Q.日本の注目選手、他国の注目選手を教えてください!

上野 由岐子投手:後述!
 藤田 倭投手:投手もやり、4番も打つ“元祖二刀流”の万能プレイヤー
 濱村 ゆかり投手:船橋市出身。上野投手の後継者として期待されている。木更津総合高校出身
 市口 侑果選手:宇津木監督が“天才的”と評するバッティング技術を持つ。木更津総合高校出身

※海外の選手は出場情報がわかっている選手のうちでは…
 モニカ・アボット投手(アメリカ):アメリカチームの絶対的なエース。勝利数、奪三振数などで全米記録を保持
※出場したらぜひ注目を!
 ナターシャ・ワトリー選手(アメリカ):その打撃力のすさまじさから、打撃専門の指名選手として活躍している。国際経験も豊富
 ナタリー・ウォード選手(オーストラリア):ナショナルチーム最多出場試合数の記録を更新中。その美貌でも注目されている
 ジェンナ・カイラ投手(カナダ):豪快なフォームから繰り出される剛速球は速さだけでなく、キレも抜群

Q.日本のライバルはどこですか?

→ アメリカです。世界最大のソフトボール大国で、現在の世界ランキングも1位となっています(日本は2位)。北京オリンピック決勝での敗戦はアメリカに大きな衝撃を与えました。過去のオリンピックで3回の金メダル、世界選手権でも優勝10回の優勝を誇るアメリカは、東京オリンピックでのリベンジに威信をかけています。もちろん今回の世界選手権でも優勝以外は狙っておらず、優勝してのオリンピック出場権獲得はもちろん、前哨戦として日本に圧勝する意気込みであるのは間違いありません。
 あえてアメリカに次ぐライバルを挙げるとするとオーストラリアでしょう。過去4回のオリンピックを見ても、銀メダル1回、銅メダル3回と必ず3位以上に絡んでくる強豪です。

Q.ある年齢以上の大人は北京五輪の感動を覚えています。上野選手は今も健在? 彼女のすごさはなんでしょう

→ 健在です。北京オリンピックから10年経った今でも現役として世界最高の投手であり続けています。本人は引退も考えていましたが、恩師である宇津木麗華さんが金メダルを宿命づけられたチームの監督になると、恩返しの為に全力を尽くすことを決め、自分を追い込んでいます。常に貪欲に自分を向上させる強い意志は他選手の追随を許しません。

Q.ナマ観戦の良さを教えてください

→ 投手、野手、走者のスピード感を現場で体感することで、ソフトボールという競技の魅力をより感じてもらえると思います。剛速球を受けたミットの音や、バットスイングの音もそうですが、各チームベンチと一体となって必死に声を出す選手たちの姿を直接見てほしいです。

Q.決勝トーナメント表をみると、8/10(金)、リーグ戦A・Bの各1位と2位の計4チームが早々に当たってしまうのですね。A・Bの1位は決勝まで当たらないと思っていました!

→ ソフトボールはページシステムという方式をとっています。これは予選リーグで上位のチームほど試合数が少なく、しかも敗者復活のチャンスが大きいという、ある意味非常に公平な仕組みです。決勝トーナメントを見据えて戦略的に2位狙いをするようなことがなく、全てのチームがメリットの大きい1位通過を目指してきますので、試合も面白く、変な駆け引きがないのが特徴です。個人的には、予選リーグがある競技は全てこの方式をとればいいのにと思っています(笑)

Q.今大会のテレビ放映はありますか?

→ 日本戦は予選から全てライブで放送されます。テレビ東京系列です。(これはソフト界にとっては結構画期的です)

テレビ放映があるのはウレシイ。でもせっかくなので、私たちの地元・ちばで開催される幸せを感じて、ぜひナマで、観戦したいですね!

お話:千葉市役所 市民局 生活文化スポーツ部
スポーツ振興課 振興班・草場 浩行さん

※2018.7.12の記事です

< キラリ千葉人 アーカイブ >

    【第1回】ジェフレディース 菅澤優衣香さん
    【第2回】稲毛商店街振興組合 専務理事 海宝周一さん
    【第3回】千葉手づくり甲冑 匠の会・代表 拝野初枝さん
    【第4回】日本動物園水族館協会会長 荒井一利さん
    【第5回】三越千葉店 店長 栗原憲二さん
    【第6回】聖地鋸山の麓 金谷・代表  鈴木裕士(ひろし)さん
    【第7回】日本画家 岩波昭彦さん
    【第8回】車椅子バスケットボール全国選抜大会 実行委員会会長 舟越開さん
    【第9回】千葉県立美術館・館長  安藤三之さん
    【第10回】輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会 事務局 山本悠介さん
    【第11回】順天堂大学(印西市)体操競技部1年 萱 和磨(かや かずま)さん
    【第12回】三菱電機アジアオセアニア選手権日本代表 添田智恵さん
    【第13回】ウィルチェアーラグビー日本代表 官野 一彦さん
    【第14回】熱血!!勝浦タンタンメン船団 船団長 磯野典正さん
    【第15回】「月刊ぐるっと千葉」編集長 三富啓善(ひろよし)さん
    【新春スペシャル2016】千葉市長 熊谷俊人(としひと)さん
    【新春スペシャル2016】四街道市長 佐渡 斉(ひとし)さん
    【新春スペシャル2016】鎌ケ谷市長 清水聖士さん
    【新春スペシャル2016】習志野市長 宮本泰介さん
    【新春スペシャル2016】船橋市長 松戸徹さん
    【千葉の日本一高校生2016】ボクシング(フライ級)堤駿斗さん
    【千葉の日本一高校生2016】水泳(背泳ぎ)湯原利佳さん
    【千葉の日本一高校生2016】セーリング 菅沼汐音さん
    【千葉の日本一高校生2016】カヌー 八角周平さん
    【第16回】明聖高等学校 校長 花澤悟史さん
    【第17回】アーティスト Naramix 渡邊万莉菜さん
    【第18回】習志野市 まちづくり広報監 月村尚也さん
    【第19回】人よんで”大賀ハス博士” 斉藤久芳さん
    【第20回】東京オリンピック・パラリンピック推進課 副課長 伏居丈夫さん
    【第21回】千葉パルコ 店長 上田昭二さん
    【第22回】 千葉都市モノレール 統括駅長 黒川 孝さん
    【第23回】 千葉市中心市街地まちづくり協議会 会長 竹内惠智郎さん
    【新春スペシャル2017】千葉市長 熊谷俊人さん
    【新春スペシャル2017】四街道市長 佐渡 斉さん
    【新春スペシャル2017】鎌ケ谷市長 清水聖士さん
    【新春スペシャル2017】習志野市長 宮本泰介さん
    【新春スペシャル2017】船橋市長 松戸徹さん
    【新春スペシャル2017】男子体操 田中佑典選手・加藤凌平選手
    【第24回】 千葉県マスコットキャラクター チーバくん
    【第25回】 三越千葉店 店長 北條 司さん
    【第26回】京葉銀行 人事部副部長 女性活躍推進チームリーダー 渡辺聡子さん
    【Hero Interview】千葉ジェッツ #2 PG 富樫勇樹選手
    【第27回】いちはらアート×ミックス実行委員会 中島雅人さん
    【第28回】しょいか~ご京成千葉中央店 店長 斉藤晴美さん
    【第29回】JR千葉駅駅長 江澤 修さん
    【第30回】千葉県文化会館 館長 石橋拓也さん
    【第31回】マザー牧場 総支配人 山本眞介さん
    【第32回】Nature’s Walk 代表取締役 リーヒェ・カーステンさん
    【新春スペシャル2018】千葉市長 熊谷俊人さん
    【新春スペシャル2018】四街道市長 佐渡斉さん
    【新春スペシャル2018】船橋市長 松戸徹さん
    【新春スペシャル2018】習志野市長 宮本泰介さん
    【新春スペシャル2018】鎌ケ谷市長 清水聖士さん
    【第33回】映画「きらきら眼鏡」監督 犬童一利さん
    【第34回】西武船橋店 店長 三井田 豊さん
    【第35回】そごう千葉店ジュンヌ3階 書店・キッチン・シアター店長 鈴木毅さん
    【第36回】千葉ジェッツふなばし #34 小野龍猛さん
    【第37回】船橋ショッピングセンター「シャポー船橋」所長 大出剛さん
    【第38回】積水ハウス千葉支店 支店長 生方隆夫さん
    【第39回】キレド 代表 栗田貴士さん

    「キラリ千葉人(ちばびと)」記事一覧へ

    同じジャンルの記事を読む

    人気記事ランキング

    1. 千葉トップ
    2. 特集
    3. 【第40回】宇津木妙子さん(NPO法人ソフトボール・ドリーム 理事長)<キラリ千葉人(ちばびと)>
    電子ブックを読む
    現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
    お読みになりたい地域をクリックしてください。
    

    会員登録・変更