1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 9/7(金)から地元で先行公開!船橋が舞台、映画「きらきら眼鏡」ロケ地ギャラリーも!

9/7(金)から地元で先行公開!船橋が舞台、映画「きらきら眼鏡」ロケ地ギャラリーも!

chi180830kira01

(C)森沢明夫/双葉文庫、(C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

船橋市出身・在住の人気作家・森沢明夫さんが地元を舞台に書いた小説「きらきら眼鏡」が原作の映画が9/7(金)からTOHOシネマズららぽーと船橋でいよいよ先行公開! それにさきがけ、映画が観たくなる情報を紹介します。この記事を読めば、あなたはきっと映画が観たくな~る!

■STORY 大切な人がいなくなる。その時、どう生きる…?

恋人の死を乗り越えられずにいた明海(金井浩人)は、一冊の古本がきっかけで、いつも笑顔のあかね(池脇千鶴)と出会う。あかねは見たものすべてを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二(安藤政信)と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海は、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく…。

chi180830kira03

監督 犬童一利さんからのコメント
きらきら眼鏡の本質は、生きていることへの感謝。”きらきら眼鏡”をかけている人は、日常がきらきらして見えて、小さな幸せに気づくことができる。映画を観終わったら、きらきら眼鏡をかけて映画館を出てほしいです。

chi180830kira02_2

映画制作に協力したみなさま

9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋で先行公開
9月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
「きらきら眼鏡」公式ホームページ https://kirakiramegane.com/movie/

船橋市在住
原作者・森沢明夫さんに聞きました!

chi180830kira04

じんわり心に沁みる映画
観終わったら、ぜひ聖地巡りを

映画は、物語が静かに進みます。その静かさが観ている人の心にじんわり浸透していく感じがいいですね。そして俳優さんがよかった。主人公の金井君は新人にしてあの演技だし、池脇千鶴さんは天才です。そして安藤政信さん(あかねの恋人)には…、もっていかれました! 泣きましたね。…
続きは<キラリ千葉人>スペシャルインタビューのページでたっぷり(Web特別バージョンでお届けします)
続きを読む>>

\船橋の街がたくさん!/
Q.“ロケ地” ここは船橋のどこ?
※答えは最後に

chi180830kira05

 主人公の明海は駅員役。役作りのため実際に勤務もしたそう! この駅は…

chi180830kira06

 2人でしみじみ話すのは、潮干狩りも楽しめるあの公園!

chi180830kira07

 おお! 船橋名物“小松菜ハイボール”で乾杯する2人! 西船橋駅前の居酒屋名は?

chi180830kira08

 いまや全国区! あの有名な公園も舞台に

Webだけ! きらきら眼鏡ロケ地ギャラリー

(C)森沢明夫/双葉文庫、(C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

chi180830kira09

地元の我々にとって見慣れた海老川沿いの道。
明海とあかねが歩くと、なんだか雰囲気のある風景に見えます。一枚の絵のよう

chi180830kira10

出演者みんなが笑っているオフショット。明海役の金井君もかわいく笑っていますね!

chi180830kira11

深夜に撮影が行われた北習志野駅。ブルーのシャツに金髪が犬童監督。どこにいてもすぐにわかります!

chi180830kira14

深夜の北習志野駅のホームに、撮影クルーがこんなに。ワンシーン撮るのにも大勢が働くんですね。映画づくりってホントにみんなの力が必要です

chi180830kira12

南極観測船しらせでの撮影。地元参加のエキストラでにぎわいました。参加した人は、映画に映っている自分を探す楽しみもあるんですね。何度も映画を観て楽しめそう。知り合いが映っているかも…

chi180830kira13

ここは、船橋市本町の老舗の喫茶モナリザ。明海とあかねがあのモナリザに…! 知っているお店が映っているのは不思議な気分。なんだか、うれしいですね!


Q.“ロケ地” ここは船橋のどこ?の答えはコチラ
1東葉高速線 北習志野駅 2ふなばし三番瀬海浜公園 3居酒屋 一九 4アンデルセン公園


編集部が取材した、映画「きらきら眼鏡」の思い出がここに!

船橋市民とつくる!森沢明夫さん著「きらきら眼鏡」が映画化(2016年9月)→https://mrs.living.jp/chiba/chibastaff_blog/article/2463173

2017年夏、いよいよクランクイン! 船橋が舞台の映画「きらきら眼鏡」決起会に潜入!(2017年4月)→https://mrs.living.jp/chiba/a_column/reporter/2662181

犬童監督インタビュー(2018年1月)→https://mrs.living.jp/chiba/a_feature/article/2913265

船橋市民のチカラを結集して完成! 映画「きらきら眼鏡」完成披露試写会レポート♪(2018年8月)→https://mrs.living.jp/chiba/chibastaff_blog/article/3156306

森沢明夫さんインタビュー(2018年8月)→https://mrs.living.jp/chiba/a_feature/article/3164450

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 9/7(金)から地元で先行公開!船橋が舞台、映画「きらきら眼鏡」ロケ地ギャラリーも!
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更