1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 平成から次の時代へ!千葉人たちの夢 千葉ゆかりの話題人インタビュー2019

平成から次の時代へ!千葉人たちの夢 千葉ゆかりの話題人インタビュー2019

平成から次の時代へ! 新たな年を迎えるにあたり、千葉にゆかりのある話題人に“夢”を聞きました。Webだけ情報もお届け!

メダル獲得&フェンシングファンとの交流をはかっていきたい!

フェンサー(種目フルーレ)
宮脇花綸選手

chi181227wadai01

今年は、女子フルーレチーム全体が強くなり、ジャカルタ・アジア大会で優勝しました! フランス人の新しいコーチが、技術的なことだけでなく、チーム全体が一丸となって2020年へ意識を向けられるようなチーム作りをしてくれたことが、これらの試合結果に結びついたのだと思います。

大学を卒業し、社会人になる来年の目標は、個人・団体戦でメダルを取ること。そして、現在立候補しているフェンシング協会の選手会委員になれた暁には、選手とファンが一緒になって楽しめるイベントなどに取り組んでいきたいです。

姉の影響で5歳からフェンシングを始める。慶應義塾大学在学中。ジャカルタ・アジア大会フェンシング女子フルーレ団体金メダル。千葉県・幕張で開催される東京五輪フェンシングでの活躍が期待される※来年6月には千葉市でアジア選手権を開催予定

【Webだけ情報!】

フェンシング観戦についての注意点や、楽しめるコツを教えてください

審判が始めの合図である“Allez!(アレ!)”と言うのが聞こえるまでは、静かに観戦しましょう。そのあとは盛り上がっても大丈夫ですよ! フェンシングは選手の動きがとっても速くて、どのような動きをしたのかがよく見えないかもしれません。今後、導入される予定の「ビジュアライズドビデオ」では、フェン(剣)がどのように動いたかをリボンのように線で見えるようになるので、フェンシング観戦が初めての人でも楽しめます。(フェンシング協会の動画をチェック! http://fencing-jpn.jp/about/

ご趣味は?

お菓子作りが趣味で、教室にも通っています。最近は、ナッツやキャラメルなどを入れて作るスイス菓子“エンガディーナ”に、バナナを加えるレシピを見つけたので作ってみました。おいしかったです! それから、ミュージカル鑑賞も趣味の一つ。同じミュージカルを何回も観るのですが、1回として同じではないところが興味深いです。

リビング読者にひとこと

東京五輪のフェンシングは幕張で開催されます。一つでも多くの試合を幕張で観戦してほしいです。また、子どもにも人気のスポーツになりつつあるフェンシング。実はまだまだ競技人口が少ないので、世界に近い競技です。個人競技が好きな子どもたちは、ぜひトライしてみてください!

新しい場所、新しい出会いを大切に!

絵本作家・イラストレーター
坂崎千春さん

chi181227wadai02

例年に比べて絵本の出版が多い年でした。10月に出版した「がんばれちびゴジラ」は、強がりで負けず嫌いだけれど本当は泣き虫という、子供のゴジラを主人公にした絵本です。また、8月に出版された「ペンギンうらない」は、知りたいことを思い浮かべて、本を開くとメッセージがでてくる本です。私も来年を本で占ってみました。「ハロー 新しい場所、新しい出会い」とぴったりのメッセージが!

来年は東宝の「ゴジラ」生誕65周年でもあるので、「ちびゴジラ」の2作目を作りたいです。もちろん、チーバくんやペンギンも描いてきますよ。

市川市出身。千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」のほか、「Suicaペンギン」など数々のマスコットキャラクターの生みの親

【Webだけ情報!】

イラストやキャラクターをどのように考えるのですか?

今まで飼ってきた、ウサギやネコ、文鳥などの、実際にいる動物をモチーフにすることが多いです。今年出版した、「ちびゴジラ」の丸くて、コロコロとした動きをした可愛らしさは、パンダの「シャンシャン」からヒントを得ました。
「がんばれちびゴジラ」 http://sakazakichiharu.com/books.html
「ぺんぎんうらない」 http://sakazakichiharu.com/oth/oth51.html

坂崎さんは市川市ご出身ですが、市川のオススメスポットを教えてください

市川市の中央図書館は、開放感がある中で本が読めるので、好きです。また、「ぷんぷく堂」という夕方5時から営業している文房具屋さんには、オリジナルの文房具もあってお気に入りです。”夜だけ営業”というところも好奇心をくすぐりますね。

ご趣味は?

フィギュアスケートを観るのが好きなので、冬場は観戦に行きます。来年の3月に埼玉で開催される「世界フィギュアスケート選手権」を観に行くのが楽しみです! あとは、3年ほど続けているピラティス。体を伸ばすのが心地よく、週2回程通っています。

オフィシャルHP http://sakazakichiharu.com/
新宿伊勢丹2階 “TOKYOクローゼット”で 12月31日(月)まで「迎春です。 坂崎千春 × TOKYO解放区」を開催。
ペンギン迎春アイテムが一堂に登場! 詳細はコチラ http://sakazakichiharu.com/events.html

目指せ! ベストジーニスト賞&TT兄弟を流行語に

お笑いコンビ チョコレートプラネット
長田さん(左)、松尾さん(右)

chi181227wadai03

今まで出られなかった番組への出演や、憧れの明石家さんまさんとの共演などもできて、良い一年でした。「最近は週5日IKKOさんと共演。もう二代目IKKOだと自負しています」(松尾さん)。

来年、長田さんはTT兄弟で流行語大賞を、松尾さんはベストジーニストを目指すとのこと。「人生そろり、そろりと楽しみましょう!」(長田さん)「ミセスのみなさ~ん。冬は乾燥の季節よ~しっかり保湿しないと背負い投げ~!」(松尾さん)。

よしもと・クリエイティブ・エージェンシー所属。「和泉元彌とIKKO」のそっくりコンビのモノマネなどで、バラエティー番組で大ブレイク。よしもと幕張イオンモール劇場でも活躍中

【Webだけ情報!】

プライベートでの2018年はいかがでしたか?

松尾さん:結婚式をしていろいろな人に感謝をするようになりました。もうちょっと給料が上がったら、パーフェクトな年でした(笑)
長田さん:子どもが生まれて、新しい家に引越しもしたのでバタバタの年でした

船橋のスズキを世界に発信!

海光物産 大傳丸 代表取締役社長
大野和彦さん

chi181227wadai05

日本一の水揚げを誇る、船橋「江戸前」のスズキ。東京五輪の選手村で提供するため、環境、資源や生態系などに配慮し、持続可能な漁業であることを示す認証・MEL(マリン・エコラベル・ジャパン)を4月に取得し、スタートラインに立つことができました。

今後は世界に発信していくため、国際的認知度が高いMSC(海洋管理協議会)の取得や、都内のホテルでこのスズキを多く扱ってもらい世界レベルにしたい。

船橋市出身。大傳丸六代目漁労長。スズキの活〆神経抜きを「瞬〆(R)」として商標登録し、「千葉県ブランド水産物」にも認定される。今年4月にMELを取得

スズキの活〆神経抜き『瞬〆(R)』についてはリビングの特集記事をチェックしてね! Team 20Twenty in Jimoto わが街を元気に!

【Webだけ情報!】

「持続可能な漁業」

昔はたくさん獲れた、ウナギなどの魚が今では獲れなくなっているのと同様に、過去に船橋港で多く水揚げされていたカレイやイワシなどの魚も今ではほとんど獲れなくなってしまいました。このままでは、船橋「江戸前」のスズキも同じことになってしまう可能性があると危機感を覚えました。20年後、30年後もスズキが枯渇しないよう、産卵期は獲らない。産卵期に網にスズキがかかった場合には海に返すなどの作業をしています。また、それらはほかの漁業者との協力が必要不可欠です。今年は、海光物産に販売を委託してくれている船主(底曳網漁師)の人たちも協力をしてくれて、12月いっぱいの漁業休業日を週3日設けることができました。
「若いころは誰よりも多く魚を獲りたい、と思うこともありました」と話す大野さん。「“魚が安くても、量でカバーをする”漁業から、“魚が持つ、本来の価値を最大限に引き出す”漁業へ変化していかなくてはならないと思っています」。

海光物産HP http://www.daidenmaru.com/

「真善美」を追求! 音楽家としての人間性を深めたい

ピアニスト
髙木竜馬さん

chi181227wadai06

オーストリアにて

コンクールでは、演奏を通じて極限まで自分自身と向き合う努力を重ねたことや、ほかの優秀なコンペティターと仲間になれたことなど貴重な体験ができました。

来年は、日本と欧州各国でのリサイタルや著名な指揮者との共演を予定しています。その土地の風土や文化、人との出会いを通じて、音楽家としての人間性=「真善美」を極めていきたいです。

千葉市出身。渋谷幕張高校在学中にウィーン国立音楽大学に合格。同大大学院に在籍中。NHK総合テレビ「ピアノの森」に音役で出演中。2019年2月10日「千葉市文化センターアートホール」をはじめ、県内各所でリサイタルを開催予定※詳細は下記参照

【Webだけ情報!】

「2019年も有難いことに、千葉の各地で演奏をさせて頂きます。演奏会で皆様にお会いできましたら幸いです。」

2019年に千葉で開催する髙木竜馬さんのコンサートの予定

“コンクールの軌跡” ~晩期ショパンの聖諦と2台ピアノコンチェルト
2019年2月
2日(土)14:00 まちづくりスポット稲毛
3日(日)14:00 八千代「島村楽器ピアノショールーム」
10日(日)14:00 千葉市文化センター アートホール
3月
6日(水)19:00 青山表参道「カワイパウゼ」
8日(金)19:00 浦安音楽ホールコンサートホール

コンサートについての問い合わせ先
コンセルヴァトワール デミカ
090-4430-0826 (メール=demika-piano@docomo.ne.jp)
髙木竜馬さん 公式Twitter https://twitter.com/ryomatakagi

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 平成から次の時代へ!千葉人たちの夢 千葉ゆかりの話題人インタビュー2019
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更