1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 「注目! パラスポーツ」千葉県民なら知らなくちゃ!

「注目! パラスポーツ」千葉県民なら知らなくちゃ!

パラスポーツを観戦すると、スピードや迫力、選手の集中力は想像以上。1年後を目指してパラスポーツを盛り上げよう!
※チーバくんのマークがあるのは千葉県で開催される競技です。千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん。千葉県許諾第A747-4号

8/31(土)はイベント開催。あなたも挑戦!
パラスポーツフェスタちば2019

障がいのある人もない人も、共に楽しみながらパラスポーツの魅力を体感できるイベントです(東京2020公認プログラム)。

chi190809sp13

Foorinと「パプリカ」をおどろう!

詳しくはこちら→https://mrs.living.jp/chiba/event_leisure/article/3575163

シッティングバレーボール

chi190809sp01

床にお尻の一部を常に接触したまま行う6人制バレーボール。コートは一般のものより狭く、ネットも低い設定。サーブ権の無い25点先取(第5セットのみ15点)の5セットマッチ。
日本パラバレーボール協会
 http://www.jsva.info/

ココに注目

座ったままと思えないスピード&パワー

chi190809sp02


車いすフェンシング

chi190809sp0i

ルールはフェンシングと同じ。ピストという台に車いすを固定して競技を行う。個人戦は3分間3セットで先に15本とったほうが勝ち。男女とも「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目。
日本車いすフェンシング協会
 https://jwfa.jimdo.com/

東京パラリンピックという目標のもと、日々頑張っています。スピード感などを会場で体感してください

chi190809sp04

櫻井杏理選手
京都府出身。車いすフェンシング歴5年。カテゴリーB。脊椎損傷。

ココに注目

近距離での駆け引きと一瞬の剣の動き

chi190809sp03


パラテコンドー

chi190809sp05

キョルギ(組手、身体障がい選手)とプムセ(型、知的障がい選手)の2種目。ルールはテコンドーとほぼ同じだが、頭部への攻撃は禁止。
全日本テコンドー協会
 https://www.ajta.or.jp/

東京2020で初めて正式競技になります。ぜひ会場で応援してください

chi190809sp06

太田渉子選手
山形県出身。クラスはK44。女子+58㎏。先天性左全手指欠損。

ココに注目

何と言っても鮮やかな蹴り!

chi190809sp07


ゴールボール

chi190809sp09

1チーム3人、アイシェード(目隠し)を着用。攻撃はコート内で1.25kgの鈴入りのボールを相手ゴールに投球。前後半各12分で争う。守備は鈴の音や相手の足音を聞き分け、体全体で防御する。
日本ゴールボール協会
 http://www.jgba.jp/index.html

ココに注目

足音や呼吸を聞き分けて体全体でディフェンス

chi190809sp08


車いすバスケットボール

chi190809sp10

1チーム5人で、ゴールの高さはバスケットボールと同じ。選手には障がいレベルの重い順に1.0~4.5の持ち点があり、出場する選手の持ち点の合計が必ず14点以内になるよう編成。
日本車いすバスケットボール連盟
 https://www.jwbf.gr.jp/

ココに注目

巧みな車いす操作と絶妙なチームプレーに釘づけ!


車いすラグビー

chi190809sp11

男女混合の競技で1チーム最大12人。コート上には4人が出場。障がいレベルの重い順に0.5 ~ 3.5の持ち点があり、4人の合計が8点以内になるよう編成。車いすは攻撃用と守備用があり、チームプレーで得点を狙う。
日本車いすラグビー連盟
 https://jwrf.jp/

ココに注目

車いす同士の激しいぶつかり合いも

健常者も県内各所で体験可!
ボッチャ
ボッチャは老若男女誰でも参加できる競技。気軽に楽しめるので、一度トライしてみて!

chi190809sp12

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青それぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競う。
日本ボッチャ協会
 https://japan-boccia.com/

ココに注目

様々な戦術を駆使する頭脳プレー

千葉市は車いすスポーツの聖地に!

パラリンピック4競技の会場である千葉市。熊谷市長からメッセージが届きました。

chi190809sp13

身近な地域で障害者と健常者が一緒にスポーツ活動を行えるような環境の整備や機会の創出を充実させ、「パラスポーツの盛んなまち」更には「車いすスポーツの聖地」を目指すとともに、多様性を尊重し、受け入れ、交流することができる共生社会を実現したいと思います。

また、2020年には、世界中からパラアスリートをはじめ多くの人々が千葉市を訪れることから、おもてなしの最前線となる都市ボランティアの育成、パラスポーツの普及、会場周辺のバリアフリー化など、きめ細かな準備を進めています。多くの市民が大会を観戦し、スポーツの素晴らしさ、世界中の人々と交流することの楽しさなど、一生の財産として心に残るよう、更なる大会の周知を図ります。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 特集
  3. 「注目! パラスポーツ」千葉県民なら知らなくちゃ!
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年10月25日号

電子ブックを読む



会員登録・変更