1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 気になること
  4. クリスマス絵本。みなさまのオススメはどんな絵本?の巻

プロフィール

  • ちばうさ

    ちばうさ

    千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪

カテゴリー

最新記事

最新コメント

クリスマス絵本。みなさまのオススメはどんな絵本?の巻

2015/12/10

ちばうさ
ちばうさ

こんにちは!ちばうさです(*´∇`*)

年々重たくなる腰をあげて、今年もようやく
クリスマスツリーを飾りました
昔は飾るのが楽しみで11月も終わりころになると
腕がムズムズ(?)したものですが、
いまでは180cmのツリーの飾り付けはかなりの重労働
家族にハッパかけられてなんとか飾る始末です。
それでも飾れば、やはり嬉し楽し
きれいだなあ~キラキラ飾って良かったなあ。
イルミネーションの瞬きに心が癒されます。(′ᴗ‵)

s-tree

ク~リスマスは今年もやっ~てくる~~
きょうはクリスマス絵本の話題です。
(*´∀`*)~

私は絵本が好きで毎年この時期に
クリスマスの絵本を一冊づつ買い足しています。
クリスマスを題材にした絵本は沢山ありますよね。

イラストが好きで買った絵本、お話が好きで買った絵本。
その年、話題になった絵本。
そしてお友達にいただいた絵本など・・
本棚のクリスマス絵本のコーナーに一冊、また一冊と
毎年絵本が増えていくのがとても楽しみです。

その中から、いくつかをご紹介します(´∀`

よるくま クリスマスのまえのよる
酒井駒子著
株式会社白泉社1000円(消費税別)
s-X_yorukuma_1

ss-X_yorukuma_2

酒井駒子さんのよるくまのシリーズです。
「ぼく… ぼくには サンタさん くるかなあ。
こないのかもしれないね、だって ぼく わるいこだから。
きょう ママに いっぱい しかられたから」
そんな心配をしているぼく
サンタさんを知らないよるくまが一緒にイブの夜を過ごすお話。

コックリとした深みのある色合いのイラストが素敵です。
夜の黒い背景に、はっきりとした黄色や赤色が使われていて
暖かい部屋、幸せの温もりを感じます。
そして言葉使いがとてもきれい。
お話しも暖かくゆったりとした流れの中、夢をみているよう。
よるくまぼく
おかあさんたちの優しさが胸にしみてきます。
幸せな一冊です。

リサとガスパールのクリスマス
アン グットマン/ぶん ゲオルグ ハレンスレーベン/え
(株)ブロンズ新社 1200円(消費税別)
s-X_gas_1

ss-X_gas_2

ウサギでもイヌでもない未知の生物のリサガスパール
リサとガスパール可愛いですよね
無表情な顔、そして二人のとぼけた会話が大好きです。
作者のアン グットマンさんとイラストレーターの
ハンスレーベンさんはご夫婦なんですね。

リサは仲良しのガスパールと、バラディせんせいの
プレゼントを考えたのですが…。
どうも考えたようにプレゼントが出来上がらない。
どうしようかしら。

リサの「その場しのぎの思いつき??」に
おもわず噴き出してしまいます。
本屋さんで読んで笑いを噛みころし。ニンマリ
ぜひ子供達に読み聞かせてあげて欲しい。
楽しい一冊です。

急行「北極号」
絵と文 C・V・オールズバーグ
訳 村上春樹
あすなろ書房1500円(消費税別)
s-X_kita_1

ss-X_kita_2

「ノルウェーの森」の著者、村上春樹さんが翻訳した
いまから30年近く前に発売された絵本です。
そのときは買わず仕舞い。
3年ほど前に「ちゃんと読んでみよう」と購入しました。

イブの夜、サンタを待つ少年のもとにあらわれたのは、
白い蒸気につつまれた謎めいた汽車。
急行「北極号」。

サンタを信じる沢山の子供たちと少年は
汽車で「北極点」へ旅をします。

すべてのクリスマスのおもちゃは、
この北極点の町で作られています。

少年はサンタに選ばれ、プレゼント第一号をもらいます。
それは少年がずっとほしかった、
サンタのそりについている銀の鈴でした。

豊かな色彩、しっとりとしたパステル画。
ページをめくって読み進んでいくと、
最後には自分も少年と一緒に
北極点への旅を終えたような不思議な気持ちになりました。
ファンタジーの世界を旅して、夢から覚めたよう。
ぼ~っとしてしまいます。
サンタを信じる子供だけに聞こえる鈴の音だそうですが
大人になった私には聞こえない・・・(´`)
じんわりと心にしみる一冊です。

サンタのおばさん
東野圭吾・作 杉田比呂美・画
文芸春秋1333円(消費税別)
s-X_keigo_1

ss-X_keigo_2

ちょっと変わったクリスマスの絵本ないかな~。
検索していたら、あの東野圭吾さんの絵本(童話?小説?)
ヒットしました。
読みたい!読みたい!
杉田比呂美さんのイラストも可愛い、装丁も素敵!
B5サイズ70Pの本です。
物語も面白いんですよ~~~

フィンランドのある小さな村で
「サンタ協会」の会議が開かれます。
各国のサンタクロースが集まってのサンタクロース会議。
アメリカ支部のサンタクロース候補に現れたのは
驚くことにジェシカという名の小太りの女性。
前例のない女性サンタ候補にだれもが困惑。
ジェシカがアメリカ・サンタになるには全員の賛成が必要。
「彼女には髭がない」
「サンタクロースは父性の象徴だ」
「なぜサンタクロースは男性だと決めてかかるのかね」
さて結末は・・

ジェシカはサンタクロースとしてクリスマスイブの夜に

プレゼントを配ることができるのでしょうか。
東野圭吾さんのウイットにとんだ、素敵なお話です。
各国のサンタの風貌の面白さ。
各国のサンタの意見がいろいろ飛び出します。
国際問題も織り込まれ「ほほう・・ふむふむ」
勉強になる一冊です。

さてさて・・つぎは
こちらの絵本、サイズが小さくて
もうそれだけで可愛い~
子供とお出かけの時にカバンにぽんと入れて
気軽に持ち歩けるサイズですね。
s-X_akiko_1

ふたりのサンタ(大きさ約13cm角)
佐々木マキ
福音館書店 520円(消費税別)
ss-X_maki_1

佐々木マキさんの可愛いイラストが大好きです。
均一の太さのするりと気持ちのよい線で描かれたイラストに
塗り絵のように色を入れている。それがまた気持ちいい。
上手だなあ。と思います。

太めのサンタさん。えんとつからはいるのにもひとくろう。
くろうしてせまいえんとつをとおっていえのなかにはいると
あれれ?もうプレゼントがおいてある。
いったいだれが?
実はサンタさんのそっくりさんがくばっていたのです。
そっくりさんはかべをとおりぬけて
プレゼントをとどけています。
どういうこと??
じつはそのサンタさんのそっくりさんの招待は・・・

結末が楽しくてお話し全体がコントみたい。
イラストもお話しも可愛くていいなあ~~~。
※佐々木マキさんは村上春樹の「羊をめぐる冒険」の
挿絵も描いていますね。

ズボンのクリスマス(大きさ約12×10.5cm)
林明子さく
福音館書店 429円(消費税別)
ss-X_akiko_2

有名な「こんとあき」「はじめてのおつかい」など
林明子さんの絵本は
お話、絵、どの絵本もとっても素敵ですね。
いつも胸がきゅんとします。

家族でおじいちゃん、おばあちゃんのうちの
クリスマスパーティーに行く日。
もっくんは遊びに夢中でなかなかしたくをしません。
「もっくん はやく ズボンを はきなさい。
ズボンが、パーティーに いきたがって いるわよ」
お母さんたちは、あきれて先にでかけてしまいます。
すると ズボンは、もう まちきれなくなって、
そとに とびだしました。

もっくんはあわててズボンを追いかけます。
追いかけるうちに先にでかけた
お母さんたちを追い抜いて・・

カメラでシーンを瞬間撮りしたような動きのある絵。
いつもシーンの切り取りが素晴らしい。
子供の気持ち、よく表現しているなあ~。
そして子供を描くのがほんとにお上手です
「表情」「しぐさ」「バランス」
自分の子供、甥っ子姪っ子、近所の子供など
誰もかれもが林明子さんの絵本の中の子供達に重なります。
林明子さんの子供達への温かいまなざしを感じます。

さて、今年は何の絵本を買おうかしら。
おすすめの絵本があったら
ぜひぜひ、おしえてくださいね

みなさまのクリスマスが幸せな一日になりますように
__________________________

ちばうさ
ちばうさ

千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪



人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 気になること
  4. クリスマス絵本。みなさまのオススメはどんな絵本?の巻
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更