1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 昭和の思い出
  4. 昭和の寒さと暖房を懐かしむ・・の巻

プロフィール

  • ちばうさ

    ちばうさ

    千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪

カテゴリー

最新記事

最新コメント

昭和の寒さと暖房を懐かしむ・・の巻

2016/2/3

ちばうさ
ちばうさ

こんにちは!ちばうさです(*´∇`*)

寒い日が続きますね。
先日は「数十年に一度」「最強寒波到来」
沖縄で雪が降って驚きました。
暖冬暖冬と言っていた12月からは
想像もできない状況です。
なだれのように寒さがやってきた!そんな感じです。

s-2016.02.01_4

寒い寒い~~

s-2016.02.01_2
公園のパンジーも霜がおりて凍えてる・・

しかし・・スイッチ「ピッ」で暖房が着いて部屋が温まり
蛇口をひねると温かいお湯が出る
昔に比べれば今はなんと便利な時代でしょう。

私が小学校の頃(昭和40年代前半ですが)
灯油のストーブもありましたが
まだ練炭火鉢なるものを使っていました。
s-rentan

寒い朝、練炭に火をおこすのは早起きの祖父の仕事。
使用済みの練炭と新しい練炭を交換して火を起こします。
子供達は灰になった練炭をくずすのが楽しみだった。

夜は豆炭あんかを使いました。
布団の中、足元にあんかをいれて温めるのです。
朝は灰になった豆炭を出して崩す。
これもまた楽しい。

くずすといえば・・霜柱を踏んでくずすのも楽しかったし
バケツにはった氷を割るのも楽しみだった。
池にも氷がはって、その下に金魚がじっとしていたっけ。

s-2016.02.01_1
冷え込んだ朝、バケツに氷がはっていましたよ。

学校のストーブはコークスを使うダルマストーブ
日直はコークス置場に行き、
コークスを補充して教室まで運ぶ。
屋外のコークス置き場・・
雨の日は辛い。
雪の降る日はコークスに雪が積もっている。
s-nittchoku

寒いし・・重たいし・・過酷な労働・・
教室がコークス置き場から遠く、しかも2階だったりすると
最悪だったなあ。嫌だったなあ(泣)

コークスを補充しておくと用務員さんがクラスを順番に回って
ダルマストーブに火を起こしてくれます。
早く用務員さんが来てくれないかなあ。
と順番を待ってみんなでガタガタ震えてた。
s-daruma

寒くても休み時間は外で遊ぶ。
ドッヂボール、鬼ごっこ、人間点取り、缶けり
馬跳び、ゴムなわ、たくさん遊んだ。

不便だけれど、なんでも身体を動かさなければ始まらない。
冬が冬らしくて、我慢は日常だった。

そんな経験をしたくせに
便利で快適な生活になれてしまって
いまでは我慢ができない大人になっているんだな。
そんなことをふつふつと考えます。

ピッ!」で溜めたお風呂が
「およそあと5分でお風呂に入れます」とおしえてくれた。
ありがたや ありがたや 

さてさて、こんな便利な生活に感謝しながら
風呂に入り至福のひとときを堪能することにします。

ベランダの紫陽花もひっそりと芽吹いてきていました。
s-IMG_2226

そろりそろりと春が近づいて来ているようです。
s-2016.02.01_3

インフルエンザが流行っています。
皆様、お身体ご自愛してお過ごしくださいませ


ちばうさ
ちばうさ

千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪



人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 昭和の思い出
  4. 昭和の寒さと暖房を懐かしむ・・の巻
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更