1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 昭和の思い出
  4. 人体モデルキットを買ってしまった!小学生当時「科学と学習」を思うの巻

プロフィール

  • ちばうさ

    ちばうさ

    千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪

カテゴリー

最新記事

最新コメント

人体モデルキットを買ってしまった!小学生当時「科学と学習」を思うの巻

2016/8/28

ちばうさ
ちばうさ

こんにちはちばうさです(*´∇`*)

夏も終わりというこの時期に
暑気あたりしたのか・・自分にも理解できない行動
ポチっとこのような買い物をしてしまいました。
zin01   zin04

人体モデルキットなるもの。(対象年齢:6歳以上)
う~~ん。わからない
なぜだろう。なんで欲しかったんだろう。
数日前の注文した時の自分が理解できない(;´▽`A

そう・・「健康・運動」がテーマに関わる仕事があり、
その資料探しでネットを検索していたら目についたのが
この人体モデルキット。
zin001

zin02

zin03

3種の人体模型が入っているという豪華版(?)
お値段は1,674円(税込)

あらあら、安いじゃない~
いま貯まっているポイントで買えちゃう。
そしてポチ!

さてさて、商品はというと
届いてみればそこはやはり1,674円
この値段ですから・・クオリティーの高さはそれなりです。
承知しております。
でも三種のモデルがセットになっているんですよ~

zin05

zin_set

体の骨、内臓などのつくりや働きが、
3種類のモデルと説明書でわかります。

■全身標本モデルと■骨格モデル
zin06

全身標本モデルは前カバーが外れます。
骨格モデルは手と足はブラブラと動きます。
※どちらも各部位を外したりはできません。
zin07

■脳モデル
各部位をパズルのように組み合わせます。
zin_nou01

こんな感じで・・
zin_nou02

出来た
zin_nou03

こういうの懐かしいんだ科学雑誌の付録のよう!!
科学雑誌といえば、小学校の頃に
「科学」「学習」という学習雑誌がありました。
出版元は学研で、それぞれ1年〜6年の各学年向けに発行され、
どちらにも毎号、魅力的な教材付録がついていたのです。

2つも買ってもらえない
「科学」か「学習」のどちらかを選べと親に言われ迷います。
私は実験キットが多い「科学」が好きでした。

「科学」も「学習」も学校直販で毎号学校に届く。
先生が申し込みをした子供に配布してくれた。
各家庭の経済事情で申し込めない子供達も多かった時代です。
申し込みをして、配られる日は嬉しかったなあ。

今月号は「科学」の付録が良かった!とか
「学習」が良かったとか友達の付録をチラリと見て思ったり
3歳上の兄の付録を見て、大人な付録だなあ~
いいなあ~~と羨んだり・・そんな思い出があります。

付録の中でも特にお気に入りだったのが
鉱石標本セット
↑これ、ただ眺めるだけなのに魅力的だった。
たまに出しては眺める・・・楽しい。
石を手に取る・・愛おしい
kouseki

とっておけば良かったなあ。
大抵引っ越しとかの機会に処分しちゃうのよね。

雲母(うんも)という鉱石、薄い層が何枚も重なっていて・・
剥離してみては「おおおっ!!」と感動したり。
大きさの割に重たい石とか・・軽い石とか。
ゴツゴツしていたりつるつるしていたり
写真だけではなく、実物に触れる
体験は大事ですよね。

さてこのたび衝動買いした人体モデルキット
いったいどこへ飾るんだ・・これ ( ´∀` )

じつは家族にはまだ見せていない。
「なんだそりゃ」と言われそうなのでね。
将来孫が生まれて、小学生になったらば
じゃじゃ~~ん♪と取り出して
プレゼントしようかしらん~~

それまで秘密・・だれにも言わずに
箱にいれたまましまっておくことにしましょ。
(*´ω`*)

まだまだ残暑が厳しいですので、
みなさまお身体ご自愛してお過ごしくださいね。
それではまた

興味深い記事を見つけたのでご紹介します。
これを読むと終戦後に「科学」という本を作りあげた
関係者・編集者の意欲と苦労が伝わってきます。
どのような教材を子供達に提供するのがよいのか教育とは?
出版社が紙では無い教材を付録にするという初の試み。
仕入れ、流通、なにより価格の問題など。
子供達のためにできること・・すべてはそこです。
背筋がピンと伸びるような興味深い内容でした。

「学研の科学」50年史:学研科学創造研究所
http://www.gakken.co.jp/kagakusouken/material/50years_contents.html

ちばうさ
ちばうさ

千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪



人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 昭和の思い出
  4. 人体モデルキットを買ってしまった!小学生当時「科学と学習」を思うの巻
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更