1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 気になること
  4. 話題の絵本「えんとつ町のプペル」キングコング西野さん著、23万部突破!の巻

プロフィール

  • ちばうさ

    ちばうさ

    千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪

カテゴリー

最新記事

最新コメント

話題の絵本「えんとつ町のプペル」キングコング西野さん著、23万部突破!の巻

2017/1/22

ちばうさ
ちばうさ

こんにちはちばうさです(*´∇`*)

注目の絵本「えんとつ町のプペル」の話題です。

先日、娘と本屋にいった時の会話です。(娘は2○歳)
娘「キングコングの西野さんの絵本知ってる?」
私「なにそれ?キングコングの西野って誰だっけ??」
「はねとびに出ていて・・進行役していた人だよ。
そのひとが描いた絵本が今話題なんだよ。知らないの?」
「あ、わかった。あの人ね!絵本かくの?」
「そう、その絵本が凄いんだって。読んでみたいよね。」

とまあこんな風な会話で。
こんな底レベルの会話で西野さんごめんなさいなんですが。

娘としばらく絵本コーナー、芸能人のエッセイコーナー等
を探しましたが見当たらない。
「おかしいねえ。こんなに話題なのに無いはずないのに。」
「在庫切れなんじゃない。ネットで買おうか~。」
あきらめて本屋の出口へ向かったら、なんと
通路側の週間ベストの棚に鎮座まします「あれは」
「おおお!」
「あった!!」
entotsu001

「えんとつ町のプペル」
ディスプレーされているではありませんか。

評判の本というのでまっ先に確認したコーナーなのに
その時は目に入らなかったのです。
娘が想像していた絵本の形態とは
かけはなれていたようで目に入らなかった。
entotsu01

そう・・
だってすごく立派な装丁本なんですもの。
この装丁、ボリューム感。

定価(本体2,000円+税)
「凄いね。これ芸人さんの本?」
素直な感想です。

そして迷わず「買い!」です。

帯を見ると23万部突破と書いてあります。
マカオ現代挿絵コンクール
審査員賞受賞と書いてあります。
こんなに話題になっている絵本を
私、知らなかったなんて

「えんとつ町のプペル」は昨年(2016)10月末に発売。
え?それでもう23万部??スゴイ!

西野さんは過去にも絵本を描かれているようで
「えんとつ町のプペル」は制作に4年半を費やした最新作。
完全分業制でつくられた作品なんだそうです。
entotsu04

entotsu03

絵本の最後にスタッフクレジットが入っていますが
これは出版社側にかなり無理を言って
最後に2P増やして入れたとのこと。
みんなで作った本だから・・だそうです。
一緒に汗を流したスタッフに次の仕事が行くといいな、
という考えが西野さんのブログに書かれていました。

完全分業制でつくられた作品。
細部までこだわりを感じる絵本は
みなさんのこだわりが詰まっているからなんですねえ~。
そう思わされる密度の濃い本です。

1ページ1ページ隅から隅までみると
細かい建物の部材、道具、布地、描き込まれた文字など
あちらこちら、面白い。
虫眼鏡で見て見て!って思う。
(あ、わたし老眼だから特にね。)
entotsu02

ここ、だれが決めて描いたんだろう。遊び心あるな。
この1つの小さな部品も気持ちを込めて
描き込んでいるのだろうな。とか。

自分もイラストを描く端くれの一人なので
スタッフの方々の想いが量れます。
同時に思うことは造り上げた達成感を感じることができた
スタッフの方々がほんとに「羨ましい」

さて1/20の西野さんのブログをみると
「えんとつ町のプペル」を無料公開したら
Amazonランキングが一位になった。
と書いてあります。(もちろん出版社了解済)

「10万部売れること」より
「1億人が知っていること」の方が
遥かに価値があると考えたからだそうです。

たしかに2,000円は子どもにはなかなか買えないですね。
本にお金の出せない大人もいるし・・

インターネットで無料公開し全ページ読めるようにしたら
Amazon書籍総合ランキング一位になったんですって。
これもまた驚くべき現象です。

無料でネットで全てが読めるにもかかわらず、
読んだにもかかわらず本を購入したということですものね。

なんだか嬉しい話です。気持ちの良い話です。

■えんとつ町のプペル無料公開
http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909

過ぎてしまった話ですが
2016/11/3 (木) – 2016/11/30 (水)
すべての原画を展示した
「えんとつ町のプペル展」が表参道セゾンアートギャラリー
で開催されました。

行けば良かった~~~。いまや遅し!!
残念!!ほんっとに残念!!
原画見たいなあ~~。
次の機会があればぜひ足を運びたい!!

特定の人のブログをチェックすることのない私ですが
西野さんの活動は要チェック!
楽しみがひとつ増えました(#^.^#)

■セゾンアートギャラリーのようす
http://sezonartgallery.com/exhibition/akihiro_nishino-exhibition/

ちばうさ
ちばうさ

千葉に暮らし四半世紀。還暦に手が届く微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いています。お付き合いいただけましたら幸せです♪



人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 気になること
  4. 話題の絵本「えんとつ町のプペル」キングコング西野さん著、23万部突破!の巻
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更