1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. グルメ・スイーツ
くらしエンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

ペリエ千葉 本館2階~7階が、お待ちかねのオープン!

2017/9/12

編集M子

オープン前「ペリエ千葉 本館2F~7F内覧会」報道公開に行ってきました!

オープン前に行われた、報道公開に行ってきました。

代表取締役社長・椿浩さんから、「ファッションやクリニック、屋上の広場など、多様なニーズに応えられ、みなさんが楽しめる施設に」と、ニューペリエ計画推進部長・峰川寛さんから、「“フロム千葉”をコンセプトにムーブメントを。千葉のランドマークになるように」と、期待に満ちたコメントが聞けました。

s-DSC07978
「地域の方々に愛される施設に」と椿社長

さてさて、早速館内をぶらぶら。(あ! “ぶらぶら”といえば、千葉の街を散策できる楽しいイベント“ぶらぶら祭り”が開催されますよ! 詳細は、ブログの最後に…)

店舗数はなんと107! 見どころが多過ぎて伝えきれませんので、ここは“M子目線”で、ちょっぴりご紹介。

まず7階フロアから。多目的に使える「ペリエホール」があります。306人収容の会議室や、講習会などに使える会議室が大小合わせて6室あるなど、ビジネスにも注目の高いフロアですね。

6階には、「くまざわ書店」と「タリーズコーヒー」が融合した“ブックカフェ”が登場。開放的な空間で、ゆっくり過ごしたくなります。購入前の本を3冊まで、タリーズコーヒーに持ち込んで読めるそうです。

s-DSC08121
本×カフェの、ほどよいミックス感

同じく6階の「東急ハンズ」には、“スバラシク チバラシク”というコーナーがあり、スタッフ自らチョイスした、千葉愛の溢れるグッズなどが集結しています。

s-DSC08108
おなじみのスケッチブックやノートも、チーバくんバージョンがありました

また、箸やタオルなどに名前を入れてくれるコーナーも!

s-DSC08111
プレゼントにもいいですね

s-DSC08114
作業風景も見えます

次は5階。多彩なバリエーションのレストランやカフェが13店舗あり、屋上庭園「えきうえひろば」に面したカフェのテラス席も魅力的です。

s-DSC08083
広々とした食のフロア

s-DSC08056
5階の「えきうえひろば」。気持ちのいい風を感じます

s-DSC08067
ハワイのフードを味わえる、アロハテーブル

s-DSC08072
緑が心地よい店内

4階、大人のファッションゾーンで気になったのは、パリのフレグランスビューティーケアの「ロジェ・ガレ」。店舗のディスプレイもかわいく、いい香り~。

s-DSC08039
専用のガラスで香りをテイスティング

s-DSC08034
ギフトも充実~

このフロアのカフェ「イー・エー・グラン」では、バリスタの入れるコーヒーが楽しめます。サンドイッチやワンプレートディッシュも充実していて、バータイムにはアンティパストとワインもいただけます。

s-DSC08022
千葉県産ポークを使用したBLTサンドイッチ

s-DSC08027
夜もぜひ利用したい!

3階には、人気の「BEAMS」などのファッションブランドのほか、2・3階にまたがるメゾネット部分「チバコトラボ」があり、フリースペースが便利に使えそうでうれしい!

ナチュラルな雰囲気がすてきな「フルーリスト ボンマルシェ」で気になったのが、「ダスンローズ」。12本(1ダース)のバラのブーケで、12本それぞれのバラに意味があり、“感謝、幸福、信頼、真実”など、贈る相手に当てはまるエピソードを添えて渡すのもいいですね。

s-DSC08009
緑がいっぱいのフルーリスト

s-DSC08005
12本のダスンローズ。6本の“ハーフ”も

s-DSC07992
フルーリストのフロアにあるフリースペース。コンセントもあります!

s-DSC08000
2階スターバックスのあるフロアにも、フリースペースがいっぱい!

そしていよいよ9/7(木)を迎えました
ペリエ千葉 本館2F~7Fオープン

この日は椿社長、千葉駅長の挨拶に始まり、タレントの宮沢セイラさんや、2017年ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子さんを迎え、テープカットへ。

s-DSC08316
「新しいスタイルを提案していきます」と椿社長

s-DSC08320
「千葉駅と共に愛されてきたペリエ、さらに愛される駅に」と千葉駅長
s-DSC08345
女性6人による、華やかなテープカット

s-DSC08412
開店直後から多くの人が来店!

s-DSC08429
駅前があっという間に人、人、人

s-DSC08461
東急ハンズで、ジャガーさんにも会えました♪

通り過ぎるだけじゃない、楽しめる千葉駅。何本か、電車を見送ることになりそうです。

★ペリエ千葉★
http://www.perie.co.jp/chiba/

9/23(土・祝)「ぶらぶら祭り2017」開催。手形を買って、自慢のグルメや逸品をもらおう! 「ペリエ千葉」エキナカ・本館でもぶらぶらできますよ。事前に手形販売所で500円の「ぶらぶら手形」を購入、当日1~35の店舗から8店選んで、好みの品をもらってね。詳しい参加方法やお得な情報は、下記をチェック!
https://mrs.living.jp/chiba/a_feature/article/2767718

 chibastaff_blog_bn

くらし エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

新食感! 夏のおやつにもぴったり★「とろなまバウムクーヘン」

2017/8/14

編集Y子

こんにちは!編集部Y子です。
今日は私が“お持たせ”に使っているスイーツをご紹介します!

市原に本店がある、バウムクーヘン専門店「せんねんの木」。
昨年の9月に千葉そごうの地階で出張販売に来ていて、初めて出合いました。
それからというもの、おもてなしをするときや手土産として何度か購入しています。

170701001
写真は、ネットショップ限定販売の「とろなまチョコ プチバウム」
ホールは直径11.5cm×高さ4cm(税込み1350円)。
凍らせればアイスケーキになりますし、しばらく常温に置いておけば、とろっとしたムースとバウムクーヘンが一度に味わえる、新食感が楽しめます♪

素材にもこだわっているそうで、袖ケ浦市にある北川鶏園の若鶏限定「ぷりんセス・エッグ」を使って、ていねいにじっくり作られています。
170701002

170701003
昨年購入した期間限定のレアチーズ味
ちなみにプチバウムケーキは、全6種がこんなカワイイ箱に入って届けられます。
170701004
商品パンフレットより
個人的には、ムースがちょっと溶けかけた方が、下のバウムクーヘンの食感もしっかり感じられていいかな~と(個人的な好みです!)

いつもお取り寄せでしか購入していないので、いつか店舗にお邪魔して他のバウムクーヘンも食べてみたいと思います。

◆せんねんの木◆
http://www.sennennoki.com/
市原本店:市原市五井東3-48-1
営業時間 10:00~19:00
月曜定休
TEL:0436-24-2611
※他に「せんねんの木patisserie」(君津店)、「せんねんの木 factory & cafe」(祇園店)あり

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツ

梨の季節到来♪「船橋のなし」の初物に舌鼓!

2017/8/3

副編集長T

毎日、暑いですね~、編集部のTです。

夏の果物といえば、やっぱり梨。
太陽の光をたっぷり浴びて、おいしく実った梨がいよいよ出荷の時期を迎えました。
nasi_013

7/31には、市川市農業協同組合(JAいちかわ)船橋梨選果場から、全国に向けて「船橋のなし」を初出荷!

nasibako_036

これに先立ち、船橋市豊富町の梨農家・齋藤雄太さんの農園に近所の子供たちを招待して、今年の初物“一番梨”の試食会が開かれました。

参加した子供は、幼稚園児から小学5年生までの5人。
一人ずつ梨(幸水)のもぎとりも特別に体験しました。

nasimogi_003
梨農家3代目の齋藤雄太さん(左)と小学5年生の藤巻晴くん(右)。「これが食べごろだよ」と教えてくれた梨で、もぎとりにチャレンジ!

その後、お待ちかねの試食タイム!
「食べる2時間ほど前に冷蔵庫で冷やしたほうがおいしい」という齋藤さんのアドバイス通り、ほどよく冷えた梨の味は格別。子供たちは次から次と梨をほおばります。

zenninn_020

mukinasi_038

藤巻晴くん(小5)は「自分で梨を採ったのは初めて。梨もとってもおいしかった~」と、ニッコリ。
宮良和奏さん(小5)も「さわやかな味で、すごくみずみずしかったです。梨はハサミで採ると思っていたので、ねじりながら採るのが難しかった」と、農家の大変さにも触れた様子。

aisu_029

ほかにも、齋藤さんが昨年から農園の仲間と取り組んでいる梨のシャーベットが登場。ひんやりサクサク食感の梨の味も楽しみました。

もちろん私も、しっかりちゃっかり、初物の梨とシャーベットを試食! 口に入れると、サクッとした食感の後に、梨の果汁がじゅわ~。これよコレコレ、梨の醍醐味は。

梨の季節はスタートしたばかり!
これから、幸水をはじめ、豊水、新高、あきづき、かおり…と、さまざまな種類がお目見えします。
家庭用はもちろん、船橋ならではの贈答用としても、ぜひ「船橋のなし」を活用してみては?

■JAいちかわ船橋梨選果場
TEL 047-457-0023
住所 千葉県船橋市豊富町668
営業期間 8月上旬~9月下旬
※敷地内に直売所あり。宅配あり

グルメ・スイーツ | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

こんなパン屋さんがほしかった!サカモト@幕張本郷

2017/7/4

編集TB

こんにちは! 編集TBです。

先日、リビング特派員さんと編集部の“オフ会”があり、その時に「お気に入りのおやつ」を持ち寄って、全員で試食しました。

オフ会おやつ千葉のおいしいおやつが、勢ぞろいです

TBが持っていったのは、コレ!

編集TBは、幕張本郷のパン屋さん「サカモト(SAKAMOTO)」で買った、いちじくとくるみ入りのカリッとしたパンを持っていきました。

“おやつ”なのに? と思われるかもしれませんね。

でも、特派員の方たち、って、本当に千葉県内情報に詳しくて、おいしいスイーツをいーっぱい持ってきてくださるようだったので、“甘いもの以外”でもいいかな、と選んでみました。

なんといっても、“お気に入り”なので、特派員の方たちにもぜひ、食べてみてほしかったんです。

食パン

いちじくとくるみ260円。奥は食パン280円です

ちなみに、「特派員さん」というのは、地元の魅力を発掘して、リビング千葉Webで情報発信をするブロガーさんです。ぜひこちらも見てみてください!グルメ情報、おでかけ情報など、満載です。

https://mrs.living.jp/chiba/tokuhain_blog

 

パン屋さん、サカモト。週に何度か通います

「サカモト(SAKAMOTO)」は幕張本郷駅の北側(山側)、JR総武線の線路沿いにあります。開業2年目となり、そのおいしさがわかって、リピーターがどんどん増えてきたようです。

いちじくとくるみ店内はいい香りが漂います

「いちじくとくるみ」の生地には、ライ麦粉も使っているそうです。素朴な味わいのパンに、いちじくとくるみの風味と食感がよく合います。ワインとの相性も抜群です(^^)

「サカモト(SAKAMOTO)」さんでは、デニッシュ系のパンもとてもおいしいです。オーナーの方に聞いたところ、店がお休みの日に、デニッシュ系の生地を仕込んでいるのだとか。
店頭の後ろ側に工房があって、そこで焼いています。

TBも、趣味で自宅でパンを焼くのですが(最近忙しくて、ご無沙汰だけど)、バターを入れて生地を伸ばし、三つ折りにしてまた伸ばし、三つ折りにしてまた伸ばし、27層にするデニッシュ生地は、とても繊細で上手に作るのが難しい!

「サカモト(SAKAMOTO)」さんのは、サクッとしていて、バターの香りが良くて、大好きです。

IMG_1929アプリコットデニッシュ(左)240円と、クイニーアマン210円

幕張本郷の、TBが行っているほかのパン屋さんは、日曜日が休みなんです。。。

でも「サカモト(SAKAMOTO)」さんは日曜日も営業しているので、とってもうれしい!

TBは、すっかり常連さんです。
これからも通います! 皆さんも一度訪れてみてくださいね~。

IMG_1956 (1)

サカモト(SAKAMOTO)
住所:千葉市花見川区幕張本郷6-27-27
電話: 043-276-8338
営業:火~日10時00分~19時00分 月火休
https://ja-jp.facebook.com/sakamoto.bakery/

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

くらしその他のイベント・レジャーエンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

“モノ&コト体験”を楽しもう! 千葉「ポートタウン」が7/1(土)ニューオープン★

2017/6/29

編集M子

梅雨の湿気で、クセ毛がクルクルクルクル・・・M子です!

屋外のレジャーが天候に左右されがちな時期ですが、雨が降っていても出かけたい! 遊びたい! 買い物したい! そんな欲求に応えてくれるスポットが、間もなくオープンします!

s-DSC07044
モノレール「市役所前」からなら、入り口はこちらが便利

千葉ポートスクエア内に誕生する「ポートタウン」は、ラオックスが手掛ける体験型レジャー施設。さまざまなアクティビティー、ショッピング、グルメが楽しめます。

【1階】ご当地カップラーメン専門店、“食の魅力”を再発見できるエリア

まず1階のエントランスを入ると右側に見えるのは、壁にズラリと並んだカップラーメン。“3分でできる”が店名の由来の「3minutes kitchen」では、42種類のご当地カップラーメンが集結! イートインコーナーでは、フライドオニオンや、5階のレストラン特製の肉そぼろなどのトッピングも可能。自分のオリジナルカップラーメンが味わえます。

s-DSC07051
いろいろな種類があって、迷っちゃう~

s-DSC07211a
明るく開放的なイートインスペース

s-DSC07048 - コピー
カップラーメン+スペシャルトッピング+ドリンク+ライスのセットで298円!(税別)

お向かいのお店は「日本いいもの物産展」。千葉と日本の食の“いいもの”を集めたセレクトショップです。ピーナツバター絞り器が用意されたり、千葉県が蔵元のお酒やしょうゆがあったりと、魅力がいっぱい! 以前、リビング千葉“工場直売”特集の取材でお邪魔しました、茂原の「あられちゃん家」のお煎餅もありました。おいしいので、ぜひ食べてほしい!

s-DSC07208a
スタイリッシュな店内

s-DSC07210
和の雰囲気もステキ!

s-DSC07209a
店頭には千葉県産の野菜も並びます

【1階】家電に雑貨、暮らしに便利。エリア最大級の屋内ドッグランも

その奥には、季節ものや雑貨を中心に国内トレンドを意識した、暮らしに役立つ商品の買えるショップが広がります。家電や化粧品、日用品まで揃うので、普段使いにもいいですね。

s-IMG_1386
ゆったりした空間で、商品が見やすいのも◎

さらに奥へ進みます。

2000点以上のグッズの販売と、100坪のドッグランが併設したペットショップ専門店「pet spice」。ペットとの生活を豊かにするペット商品はもちろん、くつろぎのスペースも充実。今年2017年8月ごろには、ワンちゃんの一時預かりサービスも開始予定なので、お買い物や食事の間などにお願いできて便利です。

s-DSC07058
ワンちゃん用の浴衣も!

s-DSC07060
ドッグランは「pet spice」内で買い物をすると利用できます

【2階】アウトレットファッションに、玩具もそろうフロア

お次は2階へ。

ベビー&キッズが16ブランド、レディース8ブランド、メンズ8ブランドがそろう「アウトレットファッションフロア」は、ベビー&キッズファッションを中心の買い物スペース。「ムーチョ」や「ラフラフ」などの雑貨ショップもあり、家族みんなでオトクに楽しめます。

s-DSC07066a
「ANAP」や「ダッドウェイ」などがラインアップ

s-DSC07069a
トミカやプラレールなど、玩具のコーナーも

【3階】子どももママも、笑顔がいっぱい!

3階へ上がると、何やら楽しげなスペースが出現。

ミュージアム&プレイランド「リンクパーク」は、見て、学んで、体験できるアソビが満載! 基本利用料金は、子ども1歳半~小学生まで500円、大人300円です。
※詳細はホームページで確認を

ダンボールアートの恐竜や動物に囲まれながら、これまたダンボールで作られた滑り台や木馬、迷路などで大ハシャギ間違いなし! ダンススタジオもあり、ワークショップなども開催されます。子どもが遊んでいるのを見守りながら、ママは併設の“ママカフェ”で一休み。ドリンクバーやスナック菓子もありますよ。

s-DSC07071a
ダンボールのウサギさんがお出迎え

s-DSC07075a
電車に乗り込んでみたり~

s-DSC07077a
ゾウさんの周りをトロッコで走ってみたり~

s-DSC07079a
迷路に迷い込んでみたり~

s-DSC07081a
ママは休憩~。ドリンクバー200円、ドリンクバー&スナック食べ放題のスナックセットは400円

【4階】サバゲーのメッカ・千葉で、劇場型シューティングスポーツ場誕生

4階のアクティビティスポーツフロアには、中東の市街地のようなセットの中でサバイバルゲームを繰り広げる「AirSoft Zone DELTA」が! 施設内には原寸大のヘリコプターが設置されており、迫力満点です。

s-DSC07091
電動ライフルなどはレンタルも

s-IMG_1427
怪しげな雰囲気にドキドキ…

s-IMG_1424a
“墜落したヘリコプター”という設定だそう

8歳以上の子どもからスポーツ競技として楽しめるのは、同じフロアにある「NAERF(ナーフ)」。制限時間内に電子ターゲットなどに向かってシューティングする、無料射撃体験場です。

s-DSC07129
年齢や性別に関係なく、老若男女が参加できます

【5階】宝箱のような楽しいビュッフェ、ワインセラーも

5階のフロアは雰囲気が一転、シックな色調のレストランが広がります。

千葉の食材を生かしたビュッフェスタイルの「THE NEW YORK BAYSIDE KITCHEN」は、広々としたオープンキッチン。ライブ感のある演出で、洋・和・中の多彩な料理を堪能できます。「多種多様な楽しみ方をしてもらえれば」と話すシェフが目指すのは、親しみのあるアットホームなレストランだそう。

s-DSC07167a
新鮮な魚介類や、天ぷらなども

s-IMG_1476
魚介も肉も、創作料理も!

s-DSC07176a
デザートは千葉県産の牛乳を使ったプリンなど

s-DSC07172a
コットンキャンディーがカラフルでカワイイー☆

s-DSC07145a
500席の、ゆったりスペース

s-DSC07165a
個室も12室あるので、小さな子ども連れもうれしい!

ワインセラーもあり、食事にあったワインを選んでもらったり、自分で選びに行ったりもできるとか。カウンターバーコーナーから奥は、子どもは入れない、オトナの隠れ家…

s-DSC07150
ハウスワインもあるので、気軽に利用できそう

s-DSC07153
食事のあとに立ち寄るのもGOOD

秋にはコンビニやカフェ、12月にはエンターテインメントが楽しめる劇場のオープンも予定されていて、今後の展開にも期待できますね。

オープニングには、「日本いいもの物産展」で“ごはん片手に売場試食まわり体験”や、「AirSoft Zone DELTA」での“宝探し”など、イベントもりだくさん。詳細は下記URLでチェック!

★千葉ポートスクエア ポートタウン★
住所:千葉市中央区問屋町1-35
TEL:043-307-6810
http://portsquare.jp/porttown/

 chibastaff_blog_bn

くらし その他のイベント・レジャー エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介スイーツ食品

老舗「千葉虎屋」の新作和菓子は、縁起物。勝利を呼ぶ「月星」!

2017/6/29

編集長O

縁起のよいお菓子が生まれました!
その名も「月星」。
いつもリビング新聞で満席人気の和菓子講座を開いてくれている千葉虎屋さんの渾身の新作です。

tukibosi3
モチモチの求肥がのびておいしそう! いえ、オイシイです

千葉市といえば、千葉氏が開府してまもなく900年。その先祖である平良文という武士は、戦で連戦連勝のツワモノだったとか。
そこで良文さん、勝利を呼ぶ縁起のよい印として家紋に「月星(つきぼし)」を使うように。
そんな縁起のよい名を冠した「月星」は、勝利を呼ぶお菓子。

「連戦連勝の千葉氏のご先祖の家紋にあやかった縁起のよいお菓子です」と言って贈ったら、喜ばれますよねー。

tukibosi1
こんがり焼けた皮に月星の紋の焼印が

こんがり焼かれた生地はモッチモチ!
月星紋の焼印が押され、こんがりと。
虎屋自慢の餡は、北海道産小豆を使った甘さ控えめの自家製の餡。真ん中に求肥が入って、食べ応えも◎!

tukibosi2
改まった贈り物には箱入りを。「総州 富士見 下総菓匠 虎屋」の表記に、創業80年の老舗の品格を感じます

「月星」 1つ 200円/箱( 5個入り)1300円 ※税込み

編集部でいただきました!
皮がこんがり焼けていて美味しい~
餡が優しい味!
あ、中にお餅が入ってる!テンション上がる~
皮もモチモチしてますね
「勝つ!」にあやかって、資格試験前の友達にあげようかな。
入院中の知人にあげようかな。
ケガに勝つ!の気持ちを込めて。お見舞いに来る人や家族に食べてもらってもいいですね。
「連戦連勝の武士にあやかったお菓子なの」というだけで、話題になるし、縁起がよくてNICE!

千葉虎屋
http://www.c-toraya.jp/

torayatento

 

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 スイーツ 食品 | コメント (0)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

6月限定「千葉グルメフェア」お得情報も見逃さないで! @グランカフェ

2017/5/30

編集TB

こんにちは!編集TBです。
「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」で行われた「千葉グルメフェア」のプレス試食会に行ってきました!

IMG_1703ブッフェって、テンションあがりますね~

JR京葉線「舞浜」駅からリゾートラインに2駅乗り、「ベイサイド・ステーション」駅の目の前にあるホテルです。

ホテル内にあるブッフェ・ダイニング「グランカフェ」の6月限定「千葉グルメフェア」の代表5品が試食できるという、オイシイ取材。

試食した5品はコレです

では、5品を一気にご紹介。じゃじゃーん。

IMG_8166「イワシのリエット 新鮮な野菜添え」。ポップオーバーには、自然な甘みのピーナッツクリーム(写真右)が相性ばっちり

IMG_2645

「千葉産ポークのロースト モジョソースとココナッツライス」。アジアン料理なのに、日本人好みの優しい味。モジョソース(アボカドのペースト)がさわやかで、千葉ポークに合わせるとおいしい!

IMG_8146
「牛ホホ肉のパナンカレー 千葉産ピーナッツクラスト添え」。牛ホホ肉がほろほろとやわらかい~

IMG_1698
「千葉産スズキのポアレのブイヤベース バジルの香り」フレンチスタイルです。やわらかで上品な味わいのスズキは、いくらでも食べられそう

IMG_2684「千葉産錦爽鶏のガーリックロースト 様々なキノコ添え」。錦爽鶏って、肉厚で身がしまっていて、ローストで味わうととてもおいしいです

千葉産ポークや千葉産・錦爽鶏(きんそうどり)、ピーナッツなど、海と大地の恵み豊かな千葉食材がふんだんに使われています。

メニューは日替わりです。

ちなみに5品プラス1?!和風の一品もありました。

IMG_2672「チバポーク元気豚あぶり丼」。あぶった元気豚、とても香ばしい! とろとろ温泉卵を崩して一緒にいただきました~

6月に「千葉グルメフェア」を開催するのは、6月15日の県民の日に合わせているのだそうです。

デザートまで、まさに千葉尽くしでした!

IMG_2679「ピーナッツモンブラン」。ピーナッツの優しい甘さがおいしく、ペロリと完食。やっぱり別腹と実感

 

イチオシメニューを発表!(独断です)

私が一番気に入ったのは、「牛ホホ肉のパナンカレー」です! カレーにピーナッツを合わせることで、マイルドに仕上げているそう。

IMG_8149こんな大鍋で煮込んでいるんですね

「グランカフェ」のシェフはタイ人の“シェフX”です。タイの代表的なカレーであるパナンカレーがおいしいのも、うなずける。

この試食会では、“シェフX”が料理の説明をしてくれて、直々にサーブもしてくれました。

IMG_2686
きれいに盛り付けてくれます
シンガポールやオーストラリアで行われた料理コンクールなどで、数々の受賞歴もあります。
ちょっと謎に感じて、「シェフXって、本名なんですか?」って聞いちゃいました。本名ではなく(そうですよね)、奥様が日本人で日本の名字をお持ちでした。

IMG_8162笑顔がステキ!

リゾート気分も味わえます!

IMG_2664天井が高く広々とした店内は、明るくて開放的です

6月限定の「千葉グルメフェア」にちなんだラインナップだけでなく、通年のブッフェメニューも味わえます。なかでも、オーダーしてから切り分けてくれるローストビーフは、とってもジューシー!年間を通じての人気メニューだそう。必食です。

キッズメニューが充実していてファミリーフレンドリーなのも、うれしいポイント!

 

6月限定「千葉グルメフェア」

◆期間 2017年6月1日(木)~6月30日(金)
◆場所 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル1階 「ブッフェ・ダイニング グランカフェ」
◆料金 ランチ 大人3600円(土日祝4200円) 9-12歳2300円 4-8歳1600円
ディナー 大人5400円(土日祝6000円) 9-12歳 3500円 4-8歳2300円
◆時間 ランチブッフェ 11:30~14:30(土日祝は15:00まで)
ディナーブッフェ 17:00~23:00(最終入店22:30)

 

さらに、お得な情報が!

6月21日(水)は、ランチサンクスデーで、大人料金が3600円のところ、2600円
6月16日(金)は、ディナーサンクスデーで、大人料金が5400円のところ、3400円!!
※ディナーブッフェのサンクスデーは、前日までに要予約

リゾート気分に浸りつつ、おいしい料理をおなかいっぱい食べられる「グランカフェ」のブッフェ。

これは、行くしかないですねっ!!

 

2月にオープンしたGALLERIA caféもチェック

今年2月、グランカフェと同じフロアに、「GALLERIA café ガレリアカフェ」が新規オープン! 多国籍な料理を、高級感のあるフードコートで楽しめます。ワッフル(1500円~)やパーコー麺(1800円)が人気だそう。

朝7:00から夜24:00まで営業。パークの帰りにも利用できると好評だそうですよ!

IMG_1689ゴージャスなエントランス

IMG_8137外の光がふんだんに差し込む明るい店内

IMG_8135バーガーやフィッシュ&チップ、イタリアン、アジアンなど、豊富なメニューがずらり

IMG_1681ワンちゃんも遊べるテラスは、4月にオープンしたばかり。近所の人も訪れるそうですよ~

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル1階 「ブッフェ・ダイニング グランカフェ」
〒279-0031千葉県浦安市舞浜1-9
TEL: 047-355-5555
http://www.grandcafe.sheratongrandetokyobay.com/jp

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

その他のイベント・レジャーエンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

待ち合わせが楽しくなる♪ ペリエ千葉エキナカ グランドオープン!

2017/4/28

編集M子

編集M子です! 新しくなった千葉駅が、さらに便利になります。4/27、ペリエ千葉エキナカの4階がオープンし、ついに全てのエキナカがグランドオープンしました!

s-DSC06558a
いよいよです!

s-DSC06576a
オープンからお客さんが続々と!

どんな店舗が入ったのかな? さっそく、ぐ~るぐる。

s-DSC06591a
さわやかな店内におしゃれな眼鏡がディスプレイされた「Zoff」

s-DSC06597a「くまざわ書店」。エキナカで、この充実の品ぞろえ!

s-DSC06670a
メンズはもちろん、レディースのシャツも豊富「SHIRTS PLAZA」

s-DSC06606a
靴の修理はもちろん、スマホの修理まで!「ミスターミニット」

s-DSC06609
無印良品のいいところをギュッと「MUJI com」

コンセプトは“くつろぎ”

ささっと便利に利用できる3階と異なり、“くつろぎ”がコンセプトの4階スペース。開放的な明るい空間には、ゆっくりと時間を過ごしたくなる店舗がラインアップ。

s-DSC06613
エキナカでサッパリと♪「QBHOUSE」

リラクゼーションスポット「リラクゼ」では定番の“もみほぐし”から、頭や目の疲れに同店がおすすめする「ヘッド&アイ」ほか、15分のコースから選べて便利です。また女性専用で利用できる「アロマフルトリートメント」は、たまった疲れやストレスなどを和らげてくれるそう。

s-DSC06614
ココロもカラダもリラックス~

s-DSC06617
オープン記念で5/7(日)まで、千葉県産のレモンを使った“レモンフットバス”が!

アクセサリーにコスメ、トラベルグッズも

アクセサリー・ファッション雑貨にも注目。千葉県エキナカ初出店の「モストリプラス」には、普段使いにぴったりのヘアアクセやハンカチなどがそろいます。この時期は、“母の日”に贈りたくなるギフトがいっぱい。無料でメッセージカードを付けてもらえるので、品物と一緒に日頃の感謝を伝えるのもいいですね。

s-DSC06624
シーズングッズや傘なども

こちらで気になったのが、“貼るだけピアス”。繰り返し使える医療用のシールを使って、耳のおしゃれを楽しめます。替えのシールもあるので、粘着力がなくなったらシールを交換して使えるのもポイント。

s-DSC06628
右が替えのシールです

s-DSC06629
シンプルなものから大ぶりなものまで貼れちゃう! すてきです!

「フルーツギャザリング」は、こちらも千葉県のエキナカ初出店。海外のメイクブランドやボディケア、ヘアケア商品など、自由に選んで試せるビューティーセレクトショップです。

s-DSC06634
店内は、カラフルかつラグジュアリー

ちょっと試してみたくなったM子の代わりに、ウチの新入社員G君登場。死海の塩を使った“ボディスクラブ”を付けて、使用感をリポート。「ザラつかず、優しい使い心地です。なめらかで、香りもいいですね」と、心地よさげ。すてきな香りに包まれて、午後のお仕事も快調に遂行した模様。

s-DSC06639
7種類の中から真剣に香りを吟味→ココナツをチョイス

s-DSC06642
ていねいにヌリヌリ

s-DSC06648
水で流してツルツル&すべすべに!(うらやましい)

続いて「トラベルショップ ミレスト」へ。“エブリディトラベル”というコンセプトで、毎日の通勤や通学も旅をするように楽しめる、わくわくするグッズがいっぱい。オリジナルのセレクトショップで、旅に彩りを添えるアイテムが盛りだくさん。お出かけが楽しくなりそう!

s-DSC06658
花柄のバッグなど、女性のココロをくすぐります

s-DSC06654
ボトルや、ランタンなどのアウトドア商品も

開放的なラグジュアリー空間で過ごすひとときを

4階フロア唯一のカフェは、大きなガラスで開放的に作られた「エブリワンズ カフェ」。おしゃれでゆったりとした空間は、駅の中だということを忘れてしまいそう。野菜たっぷりのヘルシーメニューから、肉系のボリュームメニューまで幅広く、“コーヒー1杯から、お気軽に”とボードに書いてあるように、カジュアルにも利用できそう。待ち合わせにもいいですね。

s-DSC06659a
サンドイッチやスイーツも

s-DSC06661a
広々&明るい店内

フロアのあちこちに小休憩できるベンチもあり、エキナカでありながら長く滞在したくなる“寄り道スポット”。この後、クリニックと薬局もオープン予定とか。
これからはちょっと早めに家を出て、待ち合わせ前から楽しまなくちゃ★

s-DSC06662
ベンチやトイレも、木や緑の温もりで癒やされます

 ◆ペリエ千葉エキナカ◆
https://www.perie.co.jp/chiba/ekinaka/

chibastaff_blog_bn

その他のイベント・レジャー エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

おいしいがいっぱい!  地元で人気! 千葉・旭市の「道の駅 季楽里あさひ」

2017/4/23

編集長O

こんにちは! 編集部Oです。
旭市の「道の駅 季楽里あさひ」の必食グルメはいろいろあります。
まず、このジェラード! 超おいしいです。

chi170423asahi01
写真は2フレーバーのMサイズ430円。シングルは330円。地元・旭のいちごを練り込んであって、味が濃かったです~

買い物の途中で「いつもこれを食べて帰るのよ」と地元奥様が教えてくれたのが、「マザーズホーム」のジェラード。
市内の牧場経営者が、フレッシュミルクをベースに作ったジェラードはホントにおいしい! なめらかでさわやかで、フレッシュミルクの旨味がストレートに。

朝から新鮮な野菜や切り花、飯岡漁港で水揚げされた魚介をたっぷり買って、シングル330円のジェラードでホッとひと息ついて幸せ気分の奥様。なんてステキな日常…。

chi170423asahi02
季節によりフレーバーはいろいろ

ほんのり塩味の海のジェラード、地元のイチゴを使った果実の味わいが楽しめるイチゴミルクをはじめ、初夏~夏に人気はパイナップルやマンゴーパッション。

chi170423asahi03
ホーム オブマザーズでは、香り高いillyのコーヒーも飲めます!

続いて、あさひのゆるキャラ、「あさピー」型のおやきを売っている「あさピー&スムージー」も人気。
あさピー焼きは、旭市産のお米、塩、卵を使い、あんこもカスタードも手作りの、美味しさにこだわったおやつ。

chi170423asahi04
やさしい甘さのおやき。お土産にも人気です

chi170423asahi05
「あさピー&スムージー」。手づくりにこだわったお店。スムージーも飲みたかったな!

ベーカリー「ぐうちょきパン」では人気のパンが次々と出てきます

chi170423asahi08
元気なポップが、元気なお店だとアピールしてますね! こちらも朝からどんどん売れていました~

道の駅内のレストラン「四季食彩館」は、本格中華のバイキングメニューが人気(大人1300円ほか ※ドリンクバー200円)。
平日ながら、地元の三世代ファミリー、ママ友&キッズ、もうちょっとオトナなミセスの女子会、ビジネスマンが次々と…! ホントに様々な地元のみなさんの集いの場。

chi170423asahi09
取り分けてみました。どれもできたてで、おいしい! お皿に盛りきれないので、何度もお替わりしましょう~

中華バイキングには、オーダーしてから作ってくれる本格ラーメンもあるし、千葉のあまーい豚肉がしゃぶしゃぶで楽しめるコーナーも。

chi170423asahi10
オーダーしてから作ってくれる小ラーメン。九十九里の塩を使った塩ラーメンをオーダー。懐かしい本格ラーメンです

chi170423asahi11
人気のしゃぶしゃぶコーナー。脂のあま~い豚肉と、おいしい地元野菜を自分でしゃぶしゃぶして食べます。おいしくないわけがな~い!

シェフ自慢の料理のほんの一部を写真でご紹介しましょう。1品ずつ毎日の夕飯の主役としてもらって帰りたくなっちゃう! アジをまるごと味わえる南蛮揚げ、香ばしかったです! 写真にはないですが、モツ煮もおいしかったな~

chi170423asahi12_1

chi170423asahi12_2

chi170423asahi12_3

chi170423asahi12
料理のほんの一部です。みんなおいしくてびっくり。デザートにはこの季節、飯岡のメロンも出てました! 香りよし!味よし!

道の駅というと、観光客向けのイメージがありますが、ここは地元のコミュニケーションの場としても愛されていると感じました。

chi170423asahi13
地元の人に人気っていうことは、、おいしくて、コスパもいいってことですよね~

chi170423asahi14
新鮮食材がいろいろ揃う、直売所のような愛され方です

chi170423asahi15
飯岡漁港直送の魚も!

chi170423asahi16
旭は花の生産地としても有名。え、胡蝶蘭3000円?

chi170423asahi17
季節のおススメ野菜はわさび菜でした。とにかく野菜が新鮮なので、買いすぎます(笑)。でもみんなおいしい~!

chi170423asahi18
なんとメダカも売っていました。真剣に選んでいる人を発見!
美味しい食材を求めて朝9時の開店から地元の人が通う駅。そりゃ、道の駅としても魅力ですよねー。ぜひおでかけを!

道の駅  季楽里あさひ
千葉県旭市イの5238番地
http://kirari-asahi.com/

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

“クジラの街”の道の駅「和田浦 WA・O!」へ

2017/4/20

副編集長T

こんにちは♪ 編集部のTです。
先日、取材で、道の駅「和田浦 WA・O!」に行ってきました。 ここは、JR和田浦駅から近いので電車でも大丈夫!

まず目に飛び込んでくるのが、世界的にも珍しいシロナガスクジラの原寸大の骨格標本。
うわ~大き~い! その全長、なんと26m! 迫力満点です。

★kujira_8382
屋外展示されていて、誰でも無料で見学OK

和田浦は、日本に5カ所ある捕鯨基地のひとつの漁港。
「和田浦 WA・O!」は、そんな“クジラの街”の道の駅です。
クジラに関するグルメやお土産が充実しているのはもちろん、
南房総の“おいしい”が大集合!
クジラの資料館も併設されていて、捕鯨の文化を知ることもできます。

万祝クジラがお出迎え!

ウッド調で、おしゃれな雰囲気漂う「和田浦 WA・O!」。
施設中央のアトリウムの天井では、漁師が大漁を祝う際の“万祝”という晴れ着をデザインした「万祝クジラ」が出迎えてくれます。

★kujiraIMG_9084
シンボルの「万祝クジラ」。和田浦で捕れる「ツチクジラ」をイメージしています
資料館だけでなく、「道の駅」の施設内にも、クジラ関連の貴重な資料がいっぱい!
インテリアなどで使われていたりもするので、お宝探し気分で見つけてみて。

クジラ料理&デザートを満喫

“和田浦”といえば、やっぱり名物のクジラ料理!
お食事処「和田浜」では、なかなかお目にかかれないクジラ料理をはじめ、南房総で水揚げされた新鮮な魚介を堪能できます。

中でも「和田浜特製くじら丼」1650円は、刺身をはじめ、竜田揚げやカツなど、一つの丼に豪快に盛り込んだ一品。いろいろな味わいを一度に堪能できちゃう!
★wadahamadonnburi_8986
「和田浜特製くじら丼」1650円

おいしい料理に舌鼓を打ったら、デザートもはずせない!
看板スイーツは、WA・O!オリジナルのソフトクリーム各種350円ですが、
今の時期は、南房総市産のイチゴを使った「Wベリーミルクヨーグルト」540円も人気。自慢のソフトクリームとのハーモニーが楽しめます。

★deza-to_9061
 南房総市産のイチゴと千葉県産のブルーベリーがトッピング!

お土産は南房総ならではの商品を!

直売所&おみやげ処「みなみや」には、人気のクジラ商品をはじめ、地元で採れた野菜、南房総ならではの海産物や銘菓などがズラリ。
南房総の素材を使った「南房総レモンワイン」905円や「柚子スパークリングワイン」1350円も要チェック! さわやかな飲み心地で、「くじらジャーキー」378円との相性もバッチリです。

★9
クジラ商品を中心に、南房総のおいしいものが大集合

★kannzume_9090
クジラの缶詰も豊富。全国から集まっています

★remonn_8978 さわやかな酸味で甘口タイプの「南房総レモンワイン」

道の駅のすぐ近くには、「日本海水浴場100選」にも選ばれた和田浦海水浴場があります。
GWは、和田浦をのんびり散歩してみるのもいいですね!

■道の駅 和田浦 WA・O!
TEL 0470-47-3100
住所 千葉県南房総市和田町仁我浦243
営業時間 9:00~18:00
(レストランは10:00~LO17:30)
定休日 不定休
http://wa-o.awa.jp/

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. グルメ・スイーツ
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年11月29日号

電子ブックを読む



会員登録・変更