1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. くらし
くらしエンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

テーマパークだけじゃない、浦安を体験&“バル街”も!

2017/10/16

編集M子

編集M子です! 浦安といえば・・・あのテーマパークですよね。いえいえ、浦安にはほかにも楽しいスポットがあるんです! 先日参加した「千葉ベイサイド観光プロモーションツアー」で、今まで知らなかった浦安を発見しましたよ~。

国際色豊か、地域にも開かれた「明海大学」

新浦安駅から徒歩8分、壁のない開放的な敷地が広がる明海大学。緑も多く、気持ちのいいキャンパスです。

s-DSC08538
映画やドラマのロケ地にも使われるそう!

国際交流にも力をいれているという同大学では、留学を積極的にサポート。バラエティ豊かな留学プログラムも設けられています。外国人留学生の受け入れも行い、異文化のコミュニケーションも活発です。

s-DSC08532
授業外でネイティブスピーカーと話せるゾーンも

また図書館やテニスコートなど、学生以外の一般の人も施設を使用できる開かれた大学で、オープンカレッジでさまざまな講座を受けることもできます。

s-DSC08536
ビタミンカラーのインテリアもオシャレな図書館

船上から眺めるテーマパーク

次に訪れた“浦安マリーナ”には、大きなクルーザーがいっぱい! そんな船を眺めながら船着き場に進み、観光用の船で海上へ!

s-DSC08543
快適な乗り心地! 30分の海上散歩です

s-DSC08555
テーマパークやスカイツリー、天気がいいと富士山も見えるそう

船をおりて、貝細工に挑戦! 浦安の人々の暮らしに息づいてきた貝を使った“うらやす貝アート”は、ホンビノス貝にアクリル絵の具で絵を描いて楽しみます。みんな(全員大人)、意外にも集中(夢中?)して作品作りに没頭。20分程で出来上がりましたが、「久しぶりに絵の具に触れた」と、みなさん楽しそうでした!

s-DSC08561
好きな貝を選んで

s-DSC08567
絵の具を出して

s-DSC08575
出来上がり!(満足♪)

舞台でお囃子、昭和27年頃を再現した街並みも

そしてこの日、大好評だったのが「浦安市郷土博物館」。まず迎えてくれたのが、浦安囃子保存会の演奏でした。こちらの保存会では「日本の良さをぜひ知ってほしい」と、演奏体験や踊りの手ほどきも行っているそう。

s-DSC08587
ステキな音色とリズムにうっとり

s-DSC08602
じっくりと獅子舞の鑑賞も

博物館内では、かつて漁師町だった浦安の歴史や民俗、自然を多彩な展示で紹介しています。

s-DSC08617
貝を採る道具などの展示

s-DSC08628
干潟のジオラマも

そしてそして参加者一同に大好評だったのが、博物館の屋外に作られた、昔の住宅が移築された街並み。昭和にタイムスリップしたような、不思議な空間でした。またこの街並みは鑑賞するだけでなく、イベントとして街の家屋で駄菓子屋さんを開いたり、子どもたちに七輪で魚を焼かせてくれたり、洗濯板での洗濯体験をしたりと、昔の生活が体験できるというのも面白い試みです。

s-DSC08636
この橋を渡ると異世界が

s-DSC08659
室内も興味深い!

s-DSC08676
海苔採取用の“ベカ舟”も浮かんでいます

「浦安バル」が開催されます!

最後は、浦安全体を“バル”に見立てて街をブラブラできるイベント「浦安バル」を体験。まずはチケットを購入し、お目当てのお店をハシゴします。チケット1枚で、ドリンク1杯+バルメニュー1品(合計900円以上とおトクな内容!)を提供してもらえます。今回は2件、おじゃましました。

s-DSC08687
開催は10/18(水)と19(木)の2日間。詳細は下記URLで!

s-DSC08682
「桝田屋」さんのバルメニュー。アサリの天ぷらなど、ハイクオリティ!

s-DSC08690
香ばしい焼き鳥は「鳥起」さん

s-DSC08697
サラダも大満足のボリューム

まだまだ知らない浦安がいっぱいありそうな、もっと知りたいような、そう思える貴重な1日でした。そうそう、浦安バルは、お昼営業のお店もあるそうですよ。主婦にも優しいイベントですね☆

☆明海大学 http://www.meikai.ac.jp/
★浦安マリーナ http://www.urayasu-marina.jp/
☆浦安観光イベントガイド http://www.urayasu-kankou.jp/taiken/search/look
★浦安市郷土博物館 http://www.city.urayasu.lg.jp/kanko/kyodo/
☆浦安バル街 http://urabar.jp/

 chibastaff_blog_bn

くらし エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

くらしエンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

ペリエ千葉 本館2階~7階が、お待ちかねのオープン!

2017/9/12

編集M子

オープン前「ペリエ千葉 本館2F~7F内覧会」報道公開に行ってきました!

オープン前に行われた、報道公開に行ってきました。

代表取締役社長・椿浩さんから、「ファッションやクリニック、屋上の広場など、多様なニーズに応えられ、みなさんが楽しめる施設に」と、ニューペリエ計画推進部長・峰川寛さんから、「“フロム千葉”をコンセプトにムーブメントを。千葉のランドマークになるように」と、期待に満ちたコメントが聞けました。

s-DSC07978
「地域の方々に愛される施設に」と椿社長

さてさて、早速館内をぶらぶら。(あ! “ぶらぶら”といえば、千葉の街を散策できる楽しいイベント“ぶらぶら祭り”が開催されますよ! 詳細は、ブログの最後に…)

店舗数はなんと107! 見どころが多過ぎて伝えきれませんので、ここは“M子目線”で、ちょっぴりご紹介。

まず7階フロアから。多目的に使える「ペリエホール」があります。306人収容の会議室や、講習会などに使える会議室が大小合わせて6室あるなど、ビジネスにも注目の高いフロアですね。

6階には、「くまざわ書店」と「タリーズコーヒー」が融合した“ブックカフェ”が登場。開放的な空間で、ゆっくり過ごしたくなります。購入前の本を3冊まで、タリーズコーヒーに持ち込んで読めるそうです。

s-DSC08121
本×カフェの、ほどよいミックス感

同じく6階の「東急ハンズ」には、“スバラシク チバラシク”というコーナーがあり、スタッフ自らチョイスした、千葉愛の溢れるグッズなどが集結しています。

s-DSC08108
おなじみのスケッチブックやノートも、チーバくんバージョンがありました

また、箸やタオルなどに名前を入れてくれるコーナーも!

s-DSC08111
プレゼントにもいいですね

s-DSC08114
作業風景も見えます

次は5階。多彩なバリエーションのレストランやカフェが13店舗あり、屋上庭園「えきうえひろば」に面したカフェのテラス席も魅力的です。

s-DSC08083
広々とした食のフロア

s-DSC08056
5階の「えきうえひろば」。気持ちのいい風を感じます

s-DSC08067
ハワイのフードを味わえる、アロハテーブル

s-DSC08072
緑が心地よい店内

4階、大人のファッションゾーンで気になったのは、パリのフレグランスビューティーケアの「ロジェ・ガレ」。店舗のディスプレイもかわいく、いい香り~。

s-DSC08039
専用のガラスで香りをテイスティング

s-DSC08034
ギフトも充実~

このフロアのカフェ「イー・エー・グラン」では、バリスタの入れるコーヒーが楽しめます。サンドイッチやワンプレートディッシュも充実していて、バータイムにはアンティパストとワインもいただけます。

s-DSC08022
千葉県産ポークを使用したBLTサンドイッチ

s-DSC08027
夜もぜひ利用したい!

3階には、人気の「BEAMS」などのファッションブランドのほか、2・3階にまたがるメゾネット部分「チバコトラボ」があり、フリースペースが便利に使えそうでうれしい!

ナチュラルな雰囲気がすてきな「フルーリスト ボンマルシェ」で気になったのが、「ダスンローズ」。12本(1ダース)のバラのブーケで、12本それぞれのバラに意味があり、“感謝、幸福、信頼、真実”など、贈る相手に当てはまるエピソードを添えて渡すのもいいですね。

s-DSC08009
緑がいっぱいのフルーリスト

s-DSC08005
12本のダスンローズ。6本の“ハーフ”も

s-DSC07992
フルーリストのフロアにあるフリースペース。コンセントもあります!

s-DSC08000
2階スターバックスのあるフロアにも、フリースペースがいっぱい!

そしていよいよ9/7(木)を迎えました
ペリエ千葉 本館2F~7Fオープン

この日は椿社長、千葉駅長の挨拶に始まり、タレントの宮沢セイラさんや、2017年ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子さんを迎え、テープカットへ。

s-DSC08316
「新しいスタイルを提案していきます」と椿社長

s-DSC08320
「千葉駅と共に愛されてきたペリエ、さらに愛される駅に」と千葉駅長
s-DSC08345
女性6人による、華やかなテープカット

s-DSC08412
開店直後から多くの人が来店!

s-DSC08429
駅前があっという間に人、人、人

s-DSC08461
東急ハンズで、ジャガーさんにも会えました♪

通り過ぎるだけじゃない、楽しめる千葉駅。何本か、電車を見送ることになりそうです。

★ペリエ千葉★
http://www.perie.co.jp/chiba/

9/23(土・祝)「ぶらぶら祭り2017」開催。手形を買って、自慢のグルメや逸品をもらおう! 「ペリエ千葉」エキナカ・本館でもぶらぶらできますよ。事前に手形販売所で500円の「ぶらぶら手形」を購入、当日1~35の店舗から8店選んで、好みの品をもらってね。詳しい参加方法やお得な情報は、下記をチェック!
https://mrs.living.jp/chiba/a_feature/article/2767718

 chibastaff_blog_bn

くらし エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

くらしエンタメ・レジャーショップ紹介

夏休みは、イクスピアリで思いっきりスプラッシュ!

2017/7/31

編集M子

私が子どもの頃って、こんなに暑かったかな~編集M子です。
オトナだけど、水浴びしたーい!って思ってしまう人も多いのではないでしょうか?そんな時は、イクスピアリへGO!

s-DSC07287
今年も水しぶきを浴びれますよ~

昨年に引き続き、今年もイクスピアリ2階のセレブレーション・プラザでは、土曜日と一部日程を除く8/31(木)までの期間、「スプラッシュ・チャレンジ!」を開催。大量の水しぶきを浴びて楽しむこのイベント、今年は初めて”ルーレット”が登場します。樽の数も、去年の2つから4つにパワーアップ! ルーレットで出た数と同じ数の樽から水しぶきが飛び出す仕組みで、運次第で水の量が変わります。

s-DSC07340
水しぶきは3階フロアの樽から豪快に!

オープニングセレモニーの行われたこの日は、聖徳大学付属浦安幼稚園からゲストの園児たちがスプラッシュボタンを押し、水しぶきを発射! みんなずぶ濡れで楽しそう!

s-DSC07300
元気にボタンをプッシュ

s-DSC07325
続いて大人もルーレットを体験

こちらのステージでは期間中、プロアーティストのライブや、さまざまなジャンルのダンスが元気いっぱい繰り広げられる「イクスピアリ・パフォーマーズ・ステージ」が。ダンサーと一緒に参加できる”びしょ濡れタイム”は、ダンスステージと一緒に楽しんで!(開催日詳細はHPで確認を)

s-DSC07475
パワフルなダンスパフォーマンスをお届け

s-DSC07430
ダンスに合わせて水しぶきが!

また、街内4カ所のトレジャースポットに隠された”トレジャーワード”を見つけ出す「トレジャーハント」も。「トレジャーワード」を集めるともらえる”オリジナルステッカー”を目指して、宝探しに出かけよう!

s-DSC07480
トレジャースポット発見!

s-DSC07359
何が見えるのかな~

s-DSC07379
大人も夢中~

s-DSC07403
トレジャーワードを集めたら、インフォメーションへ

s-DSC07482
オリジナルステッカーをゲットして!

他にも、スタジオ・イクスピアリでのアナウンス体験ができるなどの”夏休みワークショップ”や、オープンエアの開放的な空間でクラフトビールが楽しめるビアガーデンもお目見え。

大人も子どもも、大ハシャギ! イクスピアリでウキウキの夏を過ごしませんか?
イベントの詳しい内容は、下記HPでチェック!

★イクスピアリ・スプラッシュタウン★
http://www.ikspiari.com/ent/event/splashtown/

 chibastaff_blog_bn

くらし エンタメ・レジャー ショップ紹介 | コメント (0)

くらしその他のイベント・レジャーエンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

“モノ&コト体験”を楽しもう! 千葉「ポートタウン」が7/1(土)ニューオープン★

2017/6/29

編集M子

梅雨の湿気で、クセ毛がクルクルクルクル・・・M子です!

屋外のレジャーが天候に左右されがちな時期ですが、雨が降っていても出かけたい! 遊びたい! 買い物したい! そんな欲求に応えてくれるスポットが、間もなくオープンします!

s-DSC07044
モノレール「市役所前」からなら、入り口はこちらが便利

千葉ポートスクエア内に誕生する「ポートタウン」は、ラオックスが手掛ける体験型レジャー施設。さまざまなアクティビティー、ショッピング、グルメが楽しめます。

【1階】ご当地カップラーメン専門店、“食の魅力”を再発見できるエリア

まず1階のエントランスを入ると右側に見えるのは、壁にズラリと並んだカップラーメン。“3分でできる”が店名の由来の「3minutes kitchen」では、42種類のご当地カップラーメンが集結! イートインコーナーでは、フライドオニオンや、5階のレストラン特製の肉そぼろなどのトッピングも可能。自分のオリジナルカップラーメンが味わえます。

s-DSC07051
いろいろな種類があって、迷っちゃう~

s-DSC07211a
明るく開放的なイートインスペース

s-DSC07048 - コピー
カップラーメン+スペシャルトッピング+ドリンク+ライスのセットで298円!(税別)

お向かいのお店は「日本いいもの物産展」。千葉と日本の食の“いいもの”を集めたセレクトショップです。ピーナツバター絞り器が用意されたり、千葉県が蔵元のお酒やしょうゆがあったりと、魅力がいっぱい! 以前、リビング千葉“工場直売”特集の取材でお邪魔しました、茂原の「あられちゃん家」のお煎餅もありました。おいしいので、ぜひ食べてほしい!

s-DSC07208a
スタイリッシュな店内

s-DSC07210
和の雰囲気もステキ!

s-DSC07209a
店頭には千葉県産の野菜も並びます

【1階】家電に雑貨、暮らしに便利。エリア最大級の屋内ドッグランも

その奥には、季節ものや雑貨を中心に国内トレンドを意識した、暮らしに役立つ商品の買えるショップが広がります。家電や化粧品、日用品まで揃うので、普段使いにもいいですね。

s-IMG_1386
ゆったりした空間で、商品が見やすいのも◎

さらに奥へ進みます。

2000点以上のグッズの販売と、100坪のドッグランが併設したペットショップ専門店「pet spice」。ペットとの生活を豊かにするペット商品はもちろん、くつろぎのスペースも充実。今年2017年8月ごろには、ワンちゃんの一時預かりサービスも開始予定なので、お買い物や食事の間などにお願いできて便利です。

s-DSC07058
ワンちゃん用の浴衣も!

s-DSC07060
ドッグランは「pet spice」内で買い物をすると利用できます

【2階】アウトレットファッションに、玩具もそろうフロア

お次は2階へ。

ベビー&キッズが16ブランド、レディース8ブランド、メンズ8ブランドがそろう「アウトレットファッションフロア」は、ベビー&キッズファッションを中心の買い物スペース。「ムーチョ」や「ラフラフ」などの雑貨ショップもあり、家族みんなでオトクに楽しめます。

s-DSC07066a
「ANAP」や「ダッドウェイ」などがラインアップ

s-DSC07069a
トミカやプラレールなど、玩具のコーナーも

【3階】子どももママも、笑顔がいっぱい!

3階へ上がると、何やら楽しげなスペースが出現。

ミュージアム&プレイランド「リンクパーク」は、見て、学んで、体験できるアソビが満載! 基本利用料金は、子ども1歳半~小学生まで500円、大人300円です。
※詳細はホームページで確認を

ダンボールアートの恐竜や動物に囲まれながら、これまたダンボールで作られた滑り台や木馬、迷路などで大ハシャギ間違いなし! ダンススタジオもあり、ワークショップなども開催されます。子どもが遊んでいるのを見守りながら、ママは併設の“ママカフェ”で一休み。ドリンクバーやスナック菓子もありますよ。

s-DSC07071a
ダンボールのウサギさんがお出迎え

s-DSC07075a
電車に乗り込んでみたり~

s-DSC07077a
ゾウさんの周りをトロッコで走ってみたり~

s-DSC07079a
迷路に迷い込んでみたり~

s-DSC07081a
ママは休憩~。ドリンクバー200円、ドリンクバー&スナック食べ放題のスナックセットは400円

【4階】サバゲーのメッカ・千葉で、劇場型シューティングスポーツ場誕生

4階のアクティビティスポーツフロアには、中東の市街地のようなセットの中でサバイバルゲームを繰り広げる「AirSoft Zone DELTA」が! 施設内には原寸大のヘリコプターが設置されており、迫力満点です。

s-DSC07091
電動ライフルなどはレンタルも

s-IMG_1427
怪しげな雰囲気にドキドキ…

s-IMG_1424a
“墜落したヘリコプター”という設定だそう

8歳以上の子どもからスポーツ競技として楽しめるのは、同じフロアにある「NAERF(ナーフ)」。制限時間内に電子ターゲットなどに向かってシューティングする、無料射撃体験場です。

s-DSC07129
年齢や性別に関係なく、老若男女が参加できます

【5階】宝箱のような楽しいビュッフェ、ワインセラーも

5階のフロアは雰囲気が一転、シックな色調のレストランが広がります。

千葉の食材を生かしたビュッフェスタイルの「THE NEW YORK BAYSIDE KITCHEN」は、広々としたオープンキッチン。ライブ感のある演出で、洋・和・中の多彩な料理を堪能できます。「多種多様な楽しみ方をしてもらえれば」と話すシェフが目指すのは、親しみのあるアットホームなレストランだそう。

s-DSC07167a
新鮮な魚介類や、天ぷらなども

s-IMG_1476
魚介も肉も、創作料理も!

s-DSC07176a
デザートは千葉県産の牛乳を使ったプリンなど

s-DSC07172a
コットンキャンディーがカラフルでカワイイー☆

s-DSC07145a
500席の、ゆったりスペース

s-DSC07165a
個室も12室あるので、小さな子ども連れもうれしい!

ワインセラーもあり、食事にあったワインを選んでもらったり、自分で選びに行ったりもできるとか。カウンターバーコーナーから奥は、子どもは入れない、オトナの隠れ家…

s-DSC07150
ハウスワインもあるので、気軽に利用できそう

s-DSC07153
食事のあとに立ち寄るのもGOOD

秋にはコンビニやカフェ、12月にはエンターテインメントが楽しめる劇場のオープンも予定されていて、今後の展開にも期待できますね。

オープニングには、「日本いいもの物産展」で“ごはん片手に売場試食まわり体験”や、「AirSoft Zone DELTA」での“宝探し”など、イベントもりだくさん。詳細は下記URLでチェック!

★千葉ポートスクエア ポートタウン★
住所:千葉市中央区問屋町1-35
TEL:043-307-6810
http://portsquare.jp/porttown/

 chibastaff_blog_bn

くらし その他のイベント・レジャー エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

くらし

防犯力を高めるには、トリプルロックを!

2016/4/25

編集Y子

こんにちは、編集部Y子です。

先日UPされた、<千葉の暮らし>よくし隊レディ「あおぼーし」発足の記事、読んでいただけましたか?
私たち女性にとって、目をそむけたくなるような事件が起こるのは、本当に悲しく、苦しく、悔しいこと。
今一度、読者のみなさんに防犯意識を高めていただきたいという思いで、取材をしてまいりました。

怖いことですが、自分の身を守るためにできることを、着実に行っていけたらいいですね。

ここで改めて防犯ポイント「あおぼーし」をご紹介します。

<あ>歩きスマホはやめましょう
16042501

<お>大声を出しましょう、遅くなったらお迎えやタクシーの利用を!
16042502

<ぼ>防犯グッズを活用しよう
16042503

<ー>エスカレーター、エレベーターでは周囲を警戒しましょう
16042504

<し>下着は室内に干しましょう
16042505

また、ここにはない項目で、千葉県警警視・鈴木誠さんがお話してくださったのが、「トリプルロック」の重要性!

ベランダのカギを二重にしている人は多いのではないでしょうか?
でも今は、そのダブルロックでは弱く、空き巣や不審者などはカンタンに侵入してしまうんだとか!
しかも、1階だけでなく、マンションの低層階でもその危険も。
「家だから安心」と思っていてはいけません。家にいても、犯罪に遭う危険性もあります。

そこで鈴木警視がオススメするのは、サッシの上にカンタンに貼り付けられ、外出時に押しておき、つっかえのような形になる、補助錠。

例えばこんなものでしょうか?
16042506
粘着テープでサッシに張り、押すだけで簡単に窓が開かなくなる優れもののよう!
テレビでも紹介されたようで、近所のホームセンターで手に入りますよ。

また千葉県警では、「性犯罪にあわないために」というチラシを作ったり、補助錠を配布したりなどして、広報活動を行っています。
16042507
「性犯罪にあわないために 防犯のポイント」
16042508
窓の桟に取り付ける補助錠

ほんの少しのことで、危険から身を守ることができます!
もう一度、身の回りを見まわして、被害者にならないように気を付けましょう。

◇千葉の暮らし
女性の視点で、女性のために よくし隊レディ「あおぼーし」発足

 

chibastaff_blog_bn

くらし | コメント (0)

くらしグルメ・スイーツ

みんなのデザインがかわいいお寿司に!祭り寿司コンテスト、大賞決定

2015/11/13

編集長O

こんにちは! 編集部Oです。千葉県の伝統郷土料理「太巻き祭りずし」。食べたこと、あります? 切り口が美しく、食べてもおいしいと人気です。

一般の部 最終審査
コンテスト一般の部のデザイン。ステキです

毎年、千葉県と千葉伝統郷土料理研究会が主催して(うち=リビング新聞も共催しています!)、「太巻き祭り寿司コンテスト」を開催しています。

今年のテーマは、「あったらいいな こんな太巻きずし」。

小学生の部 最終審査
小学生の皆さんのデザインです
応募は小学生の部 492点、一般の部693点、合計1185点のさまざまデザインの応募がありました。ありがとうございました

さて、一次審査、二次審査を経て、2015年の受賞者が決まりました。
IMG_6749
デザインはもちろん、味などもバランスよく食べておいしいものを審査員で試食しながら審査していきました。私も審査員として列席し、「リビング賞」を選びました。
応募はデザイン画で、それをお寿司に巻くのは千葉伝統郷土料理研究会の皆さん。
想像力と技術を要します!

かわいいおばけ
大賞 小学生の部 「かわいいおばけ」

あじさいからカタツムリ
大賞 一般の部 「あじさいからひょっこりカタツムリ!」
スカイツリーと富士山
リビング賞 小学生の部 「夕方のスカイツリーと富士山」

LOVE
リビング賞 一般の部 「LOVE」

リビング新聞では、定期的に太巻き祭り寿司教室を開催中。
2月開始の講座では、

大賞の「あじさいからひょっこりカタツムリ!」と
リビング賞の「LOVE」も習えます。
詳細は来週またこのページでお知らせします。
2月の話?とお思いでしょうが、人気の講座なんです~。だからいつも早めに告知をしています。それでは、また…!

chibastaff_blog_bn

くらし グルメ・スイーツ | コメント (0)

くらし

部屋に春がやってきました

2015/1/23

副編集長T

昨年から習い始めたフラワーアレンジメント。フレンチスタイルの教室で、すてきな色合いの、豊富な花材が魅力です。

P1050298

今年はじめての教室で作った作品です。「自由に」ということで、チューリップを横にぐ~んと伸ばしました! 先生に直してもらい、このように仕上がりました。

レースのような花びらのチューリップは、つぼみは緑だけど、咲くと白と赤でほんとうにきれい。いまどんどん開いてきて、横向きが縦になっています(笑)。元気!

球根を植えるベストシーズンは少し逃してしまったので、切り花のチューリップを部屋に飾って、春の訪れをめいっぱい楽しみたいです。

くらし | コメント (0)

くらし

はじめての「祭り寿司」

2015/1/21

副編集長T

はじめまして。編集Sです。
今年の目標の一つを、「料理の腕を磨くこと」にしました!

P1050296

そこで、今年というか、生まれてはじめて作った祭り寿司がコレです。千葉に住んでいるのだから、代表的な伝統料理は身につけたいところ。だけど、形が丸じゃない…。模様は梅です、一応…。買ったばかりのまきすで、ドキドキしながら作ってみました。

千葉育ちの知り合いに聞いたら、中学校の調理実習で習ったとのこと。うらやましい。

私が担当しているリビング千葉本部主催の「祭り寿司教室」船橋教室は、1/16にスタートしました。キャンセル待ち続出の人気講座です。次回は7月からなので、興味のある方はしばしお待ちください~! 船橋教室は、生徒さんの仲が良くて、千葉伝統郷土料理研究会の先生のファンも多いんです。祭り寿司の域を超えて、たくさんのことを教えていただいています。

会場は「船橋市場」(http://funabashi-ichiba.jp/)なので、お買いものもできて楽しいですよ! ちなみに先日は、関連事業者店舗棟のリーズナブルなお花屋さんと、コーヒー豆の店を利用しました。

「祭り寿司」は、お寿司を切り、模様を見るわくわく感がたまりません。かなりいびつなのも、かわいく見えてみえてくるから不思議です。

もうすぐ恵方巻。今年は新しいまきすで、手作りしてみたいです。

くらし | コメント (0)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. くらし
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更