1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. ショップ紹介
  • 「リビング千葉」「リビングふなばし・ならしの」編集部スタッフルーム
    取材でのこぼれ話、行き帰りで見つけた千葉再発見…。何が出てくるかはお楽しみ。

ブログメンバー

カテゴリー

最新記事

最新コメント

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

小学校が道の駅に大変身!?「保田小学校」

2017/4/19

副編集長T

こんにちは! 編集部のTです。
先日、GWに向けた「道の駅特集」の取材で、道の駅「保田小学校」に行ってきました!
今回は、車ではなく「保田駅」まで電車を利用。 車なら「鋸南保田IC」が最寄りのインターです。

2014年に廃校となった小学校をリノベーションして、道の駅として生まれ変わった「保田小学校」。
体育館を使った直売所、教室を使った食堂や宿泊施設など、あちこちに学校の雰囲気が残っています。
また、黒板、机、下足入れ…など、当時の面影を残したアイテムがインテリアとして活用されているのも、とってもユニーク。

★kinennhi_8954
創立126年で道の駅にバトンタッチ! 写真は保田小学校創立100年の記念碑

 多彩な飲食店がそろっているのも魅力

グルメも充実! おふくろ料理を味わえる「里山食堂」をはじめ、地元の名店「中国料理 3年B組」、石窯ピザが自慢の「イタリア料理 Da Pe GONZO」、オリジナルソフトクリームが人気の「cafe金次郎」など、個性あふれる4つのお店がそろっています。

★95
「里山食堂」のメニュー表。どれも選べる小鉢が2品付きます ※メニューは変更になる場合があり

今回のお目当ては、平日10食、土・日曜、祝日20食限定の「保田小給食」850円です。そう、アルマイトのこの感じ、懐かし~い! しかも、内容充実で満足感たっぷり。採れたての“菜花”を使ったおひたしもおいしかった!!

★kyuusyoku_8864
今日のメニューは、メンチカツとくじらの竜田揚げ、カレーシチュー、コッペパン、牛乳、そして選べる小鉢は「菜花のおひたし」と「デザート」をチョイス

小学校といえばおなじみの“二宮金次郎”の像が!

★kinnjiro_8906
「cafe金次郎」の横にあります

明るくて開放的! 体育館が直売所に

買い物は、体育館がおしゃれな市場に変身した「きょなん楽市」で!  県内の特産品をはじめ、生花や保田小オリジナルの商品なども豊富です。

★nabana_8941
鋸南で採れた「菜花」など、地元の新鮮野菜も豊富に

★hana_8933
「きょなん花MARCHE」には、手ごろな花がずらり

★hota_8934
「保田小オリジナル」のお土産もいっぱい!

一風変わった宿泊施設や温浴施設も!

★syuku_yu_norenn_8929

小学校にお泊り!
そんな体験ができるのも「保田小学校」ならでは。
部屋は、4人までの個室と、15人までの大部屋があります。
宿泊料金(入浴料込み)は、個室の場合素泊まりで大人(中学生以上)4000円、小人(小学生)3200円ほか。 GW中は、もう予約でいっぱいのようですが、今度、ぜひ利用してみては?
★syukuhaku_8921
一つの教室を半分に区切っている個室。ランドセル入れや、掲示板などもそのままに

日帰り入浴「里の小湯」も利用OKです。
大人(中学生以上)500円、小人(小学生)250円。受付時間は、10:30~16:30。

★furo_8915
旅の疲れを癒やしてリフレッシュ ※写真の浴場は男性用

「保田小GWフェスタ」も楽しみ!

4/29(土・祝)~5/7(日)は「保田小GWフェスタ」を開催。 イベント内容など、詳しくはホームページで確認を。

■道の駅 保田小学校
TEL 0470-29-5530
住所 千葉県安房郡鋸南町保田724
営業時間 9:00~18:00
定休日 無休(テナントにより異なる)
http://hotasho.jp/

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

神崎町の道の駅、その独創的なコンセプトとは?

2017/4/14

編集TB

こんにちは。編集TBです。

4月22日号、一、二面の特集は、千葉県内の道の駅! というわけで、神崎町の道の駅に取材に行ってきました。
場所は成田市の北東くらい、利根川に面しています。カフェ&レストラン「オリゼ」、地元野菜を販売する「新鮮市場」、発酵食品を所狭しと置いた「発酵市場」の3つの建物が並んでいます。

IMG_1123発酵市場のエントランス。のれんや杉玉がいい雰囲気

コンセプトは“発酵”で、その名も「発酵の里こうざき」!日本酒や醤油、味噌、塩麹など、発酵食品ばかりを品揃えしています。独創的ですね~

日本酒からスイーツまで!「発酵市場」

発酵市場のイチオシは、神崎町内にある酒蔵、寺田本家と鍋店(なべだな)の日本酒。
寺田本家は、機械を一切使わない「てのひら造り」で酒を仕込みます。

IMG_1098「五人娘」が売れ筋です

米と水だけから作る乳酸発酵飲料「mygurt」(330円)も人気商品。

IMG_1117米(マイ)グルト、なーんて書いてあって、茶目っ気もたっぷり

鍋店(なべだな)の社長さんは、道の駅の駅長さんも務めています。イチオシの銘柄は「不動」、ツウの人は、地元の米で仕込む「神﨑蔵」を購入するそう。

IMG_1103充実の品揃え

10年ものの古酒と酒粕をガナッシュに練りこんだ「日本酒トリュフ」は、ここ以外ではなかなか手に入らない贅沢な逸品です。

IMG_1112「純米吟醸古酒トリュフチョコ」700円。お土産に喜ばれそう

他にも、味噌や醤油、流行の塩麹や醤油麹、世界で一番堅い発酵食品といわれる鰹節など、発酵食品がいっぱい。

この日は平日だったので、地元の人たちが多く訪れていましたが、週末は家族連れなどで賑わうそうです。

IMG_1075麹と豆と塩を買って、自宅で味噌を仕込む人もいるそう

「発酵定食」には、発酵のチカラがいかんなく発揮されている!

カフェ&レストラン「オリゼ」の「発酵定食」は、バリエ豊かなおかずを盛ったワンプレートに、ご飯と味噌汁、神崎産の大豆を使った自慢の「月の豆腐」がついてきます。取材した午後2時にはすでに売り切れという人気ぶり!でも、メニューとは別の食材で定食を出していただきました。

IMG_7113「発酵定食」950円。発酵の恩恵を存分に受けて柔らかく、甘い風味がついています

チキンカツは金山寺味噌、北総ポークは味噌麹に漬けてから調理され、銀鮭は粕漬で、まさに発酵三昧!

スイーツのおすすめは「さつまいものワッフル」。ワッフルの生地にマッシュしたさつまいもを混ぜ込んでいます。しっとりとしたワッフルを口に入れると、ふわっとした優しい甘さが広がります。

IMG_7125

「さつまいもワッフル+アイス」550円。バニラアイスとさつまいもワッフルが相性ぴったり

さつまいもは、季節により「べにはるか」や「シルクスイート」など、新鮮なおいもを使って作られています。こうした地元野菜は、「新鮮市場」で販売もありますよ。

4月29日はオープンから2年の創業祭

昨年一周年記念の創業祭では、「発酵市場」でダントツ人気の甘酒が無料で配られたそうです。今年の創業祭でのイベントはまだ未定ですが、何か発酵食品を無料で食べられるそう!
「発酵の里こうざき」は、現在もう一つの棟を建設中で、こちらも4月29日にオープン。にぎやかな創業祭になりそうですね。

私にとって道の駅は、どこか観光地に出かけて行って、たまたま道路沿いにあるから立ち寄るところ、でした。
でも最近は、「道の駅めぐり」を楽しむ人が多く、道の駅そのものが観光スポットになっているんだって。

「発酵の里こうざき」に向かう道は利根川沿いで、車での走りがとても快適です。
週末やゴールデンウイークに、ドライブに出かけてみては?

道の駅 発酵の里こうざき
千葉県香取郡神崎町松崎855
TEL:0478-70-1711
FAX:0478-70-1616
9:00~18:00
http://hakkounosato.com/

 

 

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

千葉そごうへGO! 今年もバレンタインがやってくる♪

2017/1/24

編集Y子

こんにちは!編集部Y子です。
今年も、いよいよバレンタインがやってきますよ♪
大切な人に贈るもよし、自分へのご褒美にするもよし!
毎年素敵なチョコレートに巡り合える、特別な時期です。

そごう千葉店では、1/20(金)から毎年恒例の「CHOCOLATE PARADISE」が開催中!
07012501
今回も初登場が続々!

たくさんのチョコレートの中から、私が「これは絶対買う!」と思った、2つのブランドをご紹介します。

どれにしようか迷っちゃう!
ベル アメール

昨年の「チョコレートパラダイス」で出合って以来のファン!
見てください!この色とりどりの“パレショコラ”や“マンディアン”たち。
07012502
直径6cmの、まぁるいチョコレート

07012503
全部食べてみたい!

昨年、私も自分用に数種類買ってみました。
いろいろなフレーバーがあって、見た目もかわいらしく、プレゼントにもぴったりなんです。

今年はミニマンディアンのセットが登場~!
07012504
ハートがちりばめられた限定デザインボックスも、かわいいですね!

ちょっとずついろんな味が楽しめるなんて、夢のまた夢!
これは“買い”です♪

初登場! ゴーセンス

ベル アメールのミニマンディアンセットと並んで、私に“これは買い!”と思わせたのが、このゴーセンスのチョコ。

07012505
「おいしい宝石」の名がついた、ステキなチョコです

07012506
「ダイヤモンド」。キラキラと光っているのは、シュガーコーティングされているから!

ダイヤモンドで有名な町・ベルギーのアントワープで創業したこのお店。
“チョコレートの彫刻家”とも言われているだけあって、ダイヤモンドのカットもお見事!

少しテイスティングさせていただきましたが、口に入れた瞬間にシャンパンの風味がふわっと。
その後とろけるようなトリュフと、ざらっとしたシュガーが口の中で混ざり合って、何ともいえない幸せな気持ちに♪

職人さんが5日間かけて作っているそうですよ!
大粒なのでカットして、何度かに分けて食べられそう。
国内には店舗がないので、買うなら今がチャンスですよ~。

食べられるのは今だけ!
ゴディバのショコリキサー

お持ち帰りだけでなく、その場で楽しめるアイテムをひとつご紹介。
ゴディバの「ショコリキサー ホワイトチョコレート ストロベリーパルフェ」です。

07012507
たっぷり270ml(650円)
ホワイトチョコをベースに、いちごを丸ごといれてシェイク!
チョコレートの甘さの中に、いちごの果肉が感じられて、甘酸っぱいスムージーのような味。
カップのふちには小さな粒のビターチョコがついています。
見た目もかわいく、味も納得!
もう一度リピートしたいなぁ~。

このフレーバーのショコリキサーは、関東では千葉そごうと池袋西武で、今しか味わえないそうです。

いかがですか?
こちら以外にも、後半2/1(水)からは、あの「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」や、「ブルガリ イル・チョコレート」なども出店されるそう。
会期中は何度も足を運びたいですね♪

「バレンタインチョコレートパラダイス2017」は、そごう千葉店6階催事場で開催。期間は1/20(金)~2/14(火)まで。(最終日は19:00閉場)
https://www.sogo-seibu.jp/chiba/kakutensublist/?article_seq=219834

地域特派員・右土井勝代さんも紹介してくれていますので、ぜひチェックしてね!
https://mrs.living.jp/chiba/tokuhain_blog

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

年配の方からお子様まで!幅広い層が楽しめる「船橋屋こよみ」

2016/12/12

編集Y子

こんにちは、編集Y子です。

年末が近づき、帰省土産やお年賀はどうしましょう~?と悩みますね。
そんなときは、JR千葉駅にオープンした「ペリエ千葉エキナカ」へ!
千葉ならではのお店や、ここでしか扱っていない限定商品を置いてあるお店もたくさんあるんです。

その中から、今回ご紹介したいのは「船橋屋こよみ」さん。
16121001 - コピー
1805年創業、「亀戸天神 船橋屋」さんの姉妹ブランドです
千葉は創業者の方の出身地でもあるそうで!
知りませんでした~。

船橋屋さんといえば、なんといっても“のし”になったくず餅が定番ですが、この「船橋屋こよみ」さんでは、また違った趣の品々に出会えますよ。

パッケージもほら!
本店が藤の花で有名な亀戸天神のお膝元だけあって、美しい紫の袋に…
16121002

箱にも藤の花が描かれていました~!
16121003
とっても上品な感じがします

これはウレシイ!一人前のカップくず餅

くず餅を食べたいけれど、ひと箱だとちょっと量が多くて…
そんなときはぜひ「カップくず餅」を!
16121004 - コピー
カップくず餅 一人前8切れ 450円(税込み)
小麦のでんぷん部分を、450日かけて乳酸菌発行して作っているそうで、1人前194kcalとローカロリー!
16121005
きな粉と黒蜜をお好みでかけて
一人で食べるのにちょうどよい量ですね。
お土産に持って行っても、このまま食べていただけるので、人数分買って…というのもアリ!
保存料や安定剤を使用していないので、賞味期限は短いですが、体にも優しいですね~。

昔から船橋屋さんのくず餅は大好きで、久しぶりに食べたけれどやっぱりおいしい~♪
もちもちとした食感がたまりません。

千葉県内で買えるのはここだけ!くず餅プリン

和菓子はちょっと苦手かも…という人には、この「くず餅プリン」がオススメ!
16121006
くず餅プリン399円(税込み)
16121007
くず餅同様、きな粉と黒蜜をつけてくれました
16121008

くず餅の原材料である小麦でんぷんを混ぜ込んであるので、しっかりとしたかたさがあります。
プリン自体は、そこまで甘味が強くないのですが、そこはきな粉や黒蜜で調整を。
自分の好きな甘さで食べられます。
まさに“和洋融合”!!

「若い人にも和菓子を身近に感じてほしくて…」ということで、2005年に広尾に構えた「船橋屋こよみ」の看板商品!
これまでは広尾本店でしか食べることができなかったその味を、千葉でぜひ~。

ほかにもまだまだ!

実は…ペリエ千葉エキナカ店 オープン限定商品もあるんです!

16121009
お豆富のレアチーズケーキ 450円(税込み)
この商品は、1日限定30個で12月20日(火)まで販売されているもの。
会社帰りの夕方にはなくなってしまっているので、なかなかお目にかかれません!

私は「新しい千葉駅・ペリエ千葉エキナカ」報道公開に参加した際に、ひと足お先に味見させていただきました。

口に入れたときにはふわっとお豆腐の風味が広がりますが、そのあとさっぱりとしたチーズの甘味が。
お好みで黒蜜をかけると、また違った味が楽しめました。
もし見つけたら、ぜひお試しあれ!

ほかにも、季節のくず餅プリンや、
16121010
この日は南瓜くず餅プリン 442円(税込み)
あんみつや、おしるこも!
16121011
今は、クリスマスフルーツあんみつも販売されています
「船橋屋こよみ」に行けば、年配の方からお子さんにぴったりの品が揃いそうですよ!

船橋屋こよみ
JR千葉駅改札内3階
電話:043-301-5006
営業時間:月~土曜 8:00~22:00、日曜・祝日 9:00~21:00
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

新生JR千葉駅、ついにスタート。開業当日リポートをお届け!

2016/11/21

編集Y子

こんにちは!編集Y子です。

みなさん!ついに私たちが心待ちにしていた、JR千葉駅&エキナカがオープンしましたね。
もう行かれましたでしょうか?

私も、毎日通勤で使っているJR千葉駅。
カウントダウンをしながら、この日を本当に楽しみにしていました!

というわけで、賑々しくオープンした当日の様子を、お伝えしたいと思います。

JR千葉駅、ついに開業!

始発から新駅舎は営業スタート。
閉ざされたシャッターが開き、みなさんエスカレーターで3階改札階へ!
chiba16112101
これまでの動線とはかなり違いますね
午前9時から、ハスの時計の下で、「JR千葉駅新駅舎・ペリエ千葉エキナカ開業式典」が行われましたが、この人だかり!
chiba16112102
身動きができないほどの、たくさんの人が詰めかけました!みんな期待している!!
chiba16112103
千葉市長・熊谷俊人さんからもアツ~~~イ祝辞が!
さぁ、いよいよ開業記念列車が出発です!
chiba16112104
あら!時刻案内に駅長犬が!かわいい~
chiba16112105
入線してきました
chiba16112106
千葉市長、千葉駅長・千葉寿郎さんと、カワイイちびっこ駅長さんが、発車の合図!
chiba16112107
行ってらっしゃ~~~い!

エキナカは大盛況~!

JR千葉駅の開業とともに、「ペリエ千葉エキナカ」もオープンしました!
chiba16112108
開店を待ち望んで、列を作る人たち

みなさん、どんなお店があるのか、パンフレットでチェック!
オープン記念の限定品もあるので、見逃せないんです。

chiba16112109
ペリエ千葉エキナカの2店舗で同日中にSuicaでお買い物をすると、抽選で200円分のお買物券が当たるそう!みんな並んでチャレンジ!!※12/18(日)まで

ランチタイムには、飲食店も行列になりました。
chiba16112110

chiba16112111

「松戸富田麺業」は、やっぱり大人気で40分待ち!
chiba16112112
店内には、「中華蕎麦 とみ田」の富田治さんも、松戸からいらっしゃっていました

船橋の大人気ベーカリー「ピーターパン」も、店舗の中に入るまで、結構並んでいましたよ。
chiba16112113
店舗内に入らなくても、窓口からでも買えるようですが、この日はクローズ

駅構内もたくさんの人が歩いていました!
まだ「どこに何が???」という感じでしたが、自分だけの最短ルートを探してみてくださいね♪
chiba16112114

ちなみに…JR千葉駅を普段利用していない方も、入場券を購入すれば、エキナカで買い物やお食事が楽しめますよ!
chiba16112115入場券は2時間140円。その後は2時間ごとに140円かかります

構内には、各所に必見スポットが

モノレールへの乗り換え口には、千葉市出身のアーティストNaramix 渡邊万莉菜さんの作品が描かれています。

chiba16112116
現代アートを、こんな身近で見ることができるなんて!

そごう側の出口“南口”へ向かう通路には、「千葉駅の変遷」もパネル化してあります。
千葉駅は明治27(1894)年に開業したんですね!

chiba16112117
「ほら見て、そういえばこんな感じだったかも!」という会話も

そして新しい千葉駅を心待ちにしていたみなさんから、アツいメッセージが送られています。
chiba16112118中央改札の券売機の横に、大きなパネル!クリスマスツリーに、「おめでとう!」「待っていました!」など、思い思いの言葉が躍ります

開業当日の20日は、スタンプラリーも行われていました。
chiba16112119
駅にある5カ所のスポットを回って、スタンプを集めます。最後には特製クリアファイルがもらえたそうです

旧千葉駅の面影を探して…

19日まで使っていた階段や改札が、もう見られなくなっていました。
chiba16112120
電車を降りて、いつも改札へ向かっていた階段…

chiba16112121
ここは旧東口の1階。いつも通っていた改札への通路

ちょっと寂しい気持ちもありますが、新しくなった千葉駅で、またたくさんの思い出ができますように!

◆「新しい千葉駅・ペリエ千葉エキナカ」報道公開に参加してきました!【JR千葉駅編】
https://mrs.living.jp/chiba/chibastaff_blog/article/2529841

◆ ニューオープンの“ペリエ千葉エキナカ”に潜入!
https://mrs.living.jp/chiba/chibastaff_blog/article/2530037

◆祝!新JR千葉駅・エキナカ3階(改札階)開業
https://mrs.living.jp/chiba/a_feature/article/2518196

◆ペリエ千葉エキナカ
https://www.perie.co.jp/chiba/ekinaka/

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (1)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

ニューオープンの“ペリエ千葉エキナカ”に潜入!

2016/11/19

編集Y子

こんにちは!編集Y子です。
JR千葉駅新駅舎&エキナカ開業がいよいよ明日に!!
もうドキドキが止まりません~。

18日に行われた「新しい千葉駅・ペリエ千葉エキナカ」報道公開。
すでにお届けしたJR千葉駅新駅舎の全貌、読んでいただけましたでしょうか?
新しい駅もさることながら、エキナカも見逃してはいけません!

毎日通いたくなるお店が、たくさんですよ~★

「ペリエ千葉エキナカ」は、驚きのラインナップ!

さぁ、いよいよ改札の中に入ってみましょう!
改札の右には、千葉の名産が一目でわかるマップが!
16111815
人の往来が激しいとゆっくり見られないかも…でもぜひ見てほしい!千葉の名産の数々~
ここからは「ペリエ千葉エキナカ」です。
16111846
4階はまだ開業していませんが、今回オープンする3階には素敵なお店がたくさんです!

広い広いエキナカは、「from 千葉」をコンセプトに、地元で人気のお店や地元食材を使った商品を扱うなど、まさに“千産千消”を実践しているお店がずらり。
だから、エキナカ初出店のお店もありますし、新ブランドもあるのですよ!

エキナカは、大きく3つのゾーンに分かれています。
ここからは、その3ゾーンから注目のお店をご紹介します!

「生鮮・惣菜・お弁当」ゾーン

このゾーンは、忙しい主婦の強い味方!!
家に帰ってすぐに食卓にご飯が出せるよう、カット野菜やメニューに合わせてパッケージにした材料などがずらり!
中でも、エキナカ初出店となる3店がこちら。

【TAKAGI FOODS】
16111816
高品質の精肉を扱っているそう

見て!
16111817
おいしそうなお肉~!

16111818
お水とレンジがあればできちゃう、簡単鍋!これはウレシイ
【魚力】
16111819
旬の鮮魚を少量から
16111820
このまま食卓に出してもよさそう!バリエーションも豊富
魚力さんの向かいには、こちらのお魚を使ったお寿司もありましたよ~!

【ころくや】
16111821
厳選された新鮮野菜やフルーツが買えます

16111822
“千産千消”コーナーも充実!!
まるでスーパーのようで、仕事や家事で忙しい人の救世主ですね!

「和洋菓子・お花・グロッサリー」ゾーン

こちらのゾーンには、ハレの日のニーズに応えて、プチ贅沢、自分へのご褒美、手土産などにぴったりの品が買えるお店が15店。

ここで注目すべきは、新ブランド。
【Artisan in CHIBA】
千葉県内でも人気の「モンペリエ」「お菓子工房バニーユ」「晴れの日」「菓子工房アントレ」の人気ケーキが一度に買える、ステキなお店ですよ~!

16111823
個性的で実力派の4人のシェフが勢ぞろい!

16111824
市川市市川の「モンペリエ」

16111825
千葉市中央区の「お菓子工房バニーユ」

16111826
千葉市緑区の「晴れの日」

16111847
船橋市海神の「菓子工房アントレ」
このお店のいいところは、会計をまとめてできるところ。
各お店のケーキの食べ比べなんかも実現できちゃいますね!

【KAKUCHI】
こちらは全国各地で話題のスイーツショップが、期間限定で出店。
12月11日(日)までは、原宿や東京駅でも行列の絶えない「ギャレット ポップコーン ショップス」が登場。
16111828
千葉市内では初お目見えだとか!

こちらのポップコーンは、キャラメルに味をつけるところからポップコーンに絡め冷やすところまで、すべて手作業なんだそう!

16111829
こちらの「抹茶キャラメルクリスプ」は、今回限定のお味!

16111830
コンプリートアソートには、千葉限定で「抹茶キャラメルクリスプ」も入っています

16111831
「期間限定なので、この機会にぜひ!お待ちしてます!!」

 

「構内路面」ゾーン

改札を入り、各ホームへ向かう途中には、イートインのお店も。
千葉県内の有名店の味をエキナカで!

エキナカ初出店の2店舗をご紹介します。

【松戸富田麺業】
とみ田の代名詞ともいえる「濃厚つけ麺」のほかに、千葉駅限定の手打ち中華そばが食べられます!
これは必食だな~。
16111832
松戸のお店は、いつも大行列!

今日は外観だけ。
オープンしたら、真っ先に食べに行かなくちゃ^^

【ピーターパンJr】
船橋の人気有名店が、ついにエキナカに!
個人的にも船橋まで行って買うほどのファンなので、とってもうれしいです♪

16111833
店内で焼いています!できたてアツアツをぜひ~
16111834
どの店舗でも人気TOP3に入るメロンパンも、もちろんあります!

16111835
エキナカの店舗とは思えないほどのラインナップ!

ほかにも気になるお店や商品がいっぱ~い!

内覧会とはいえ、お店は営業態勢。
ということで、ランチと編集部へのお土産を購入しました。

【はなまるダイニングセレクト】
16111836

ここにはペリエ千葉限定のメニューがあります。

16111837
スペシャル!9セレクト(870円)

16111838
韓国風サラダボウル(500円)

16111839
ねぎとろばくだん丼(590円)

この中から、ねぎとろばくだん丼をいただきました。
お米は千葉県産のこしひかりを使っているそうです!

【カワシマパン】
「マロンド」の川島屋さんが、コッペパンとサンドイッチのお店を出店。

16111840
レトロなロゴがカワイイ!

16111841
種類も豊富です!

16111842
サンドイッチのほかに、懐かしの瓶牛乳!!
千葉県民なら知らない人はいない?
MAX COFFEEを使ったコッペパンを買ってみました。
16111843
パンがもちもちふわふわ!MAX COFFEEのあの味が忠実に再現されていました

ちなみに、「カワシマパン」では、自分の好きな具材を選んで「カスタムコッペ」が買えるんですって!
いろんな味を楽しみたい~!

他にも、千葉のお花もラインナップに入っている「Aoyama Flower Market」や、
16111844
この日は旭市のガーベラが店内を彩っていました

千葉限定の柄を販売している、生活雑貨「濱文様」も。
16111845
羊や灯台…「あ!これはあそこの!」と思うものばかり

見逃せないお店がたくさんです!
明日、JR千葉駅&エキナカがオープンした際には、ぜひみなさんも足を運んで、その目で確かめてみてくださいね★

◆ペリエ千葉エキナカ◆
https://www.perie.co.jp/chiba/ekinaka/

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

気になるご当地ラーメン“もばらーめん”を食べてみた!

2016/11/9

編集Y子

こんにちは!編集部Y子です。
千葉県には、勝浦の「勝浦タンタンメン」や、船橋の「ソースラーメン」など、いろいろなご当地ラーメンがありますよね。

そんな中でも、ずっと気になっていたこちら!
r_IMG_20160911_152019
茂原限定地ラーメン“もばらーめん”!
食べてきました~♪

「茂原」と「盛り盛りバラ肉ラーメン」をかけたこのラーメン。
今回はこの“もばらーめん”発祥の店「らぁ麺 三軒屋 茂原店」さんに行ってきました。
r_IMG_20160911_152028
茂原駅から県道84号を東に、車で6分ほどのところにあります
店内にはカウンターもテーブル席もあります。
靴を脱いで上がれる個室のお座敷も~。

早速、メニューを拝見!
IMG_20160911_152349
好みに合わせて、肉の量が選べます
味噌味や特製トッピングもあるのですが、初めてなので、ここは「初段盛り」を注文してみました。

無料でニンニク、麺大盛り、背脂増し、茂原ねぎのトッピングがつけられたので、麺大盛り以外全部で!

ほどなくして、運ばれてきました!
r_IMG_20160911_153345
こ、これが“もばらーめん”(690円)!キムチがついてきます
器の周りには背脂がついていて、見るからにこってり系?

ちょっと寄ってみましょう。
r_IMG_20160911_153354
おいしそうなバラ肉~!

もやし、玉ねぎも入っています。
ニンニクありにしたので、こんもりと…(次の日が心配になりました^^;)
茂原ねぎも、たっぷり入れてくれました。

麺はどんな感じでしょう?
r_IMG_20160911_153435
私好みの中太麺♪
縮れ具合がまたいいですね。スープがしっかり絡まる感じ。
一口いただいたところ、この麺が硬めにゆでてあって、これまた私が好きなタイプ!

スープも見た目ほどこってりしておらず、お箸が止まりません。
あっという間に完食してしまいました。

途中、キムチをつまみつつ、味を変えてみましたが、私はストレートで満足~!

そしてこの「三軒屋」さんでは、こんなサービスも。
IMG_20160911_154358

杏仁豆腐、いただきました!
r_IMG_20160911_154625
濃くておいしい!本格的な味
今回ご紹介した“もばらーめん”。
「安くてたくさん食べられるラーメンを提供しよう」と、盛り盛りのバラ肉ラーメンを考案したところ、商品名を略したら「もばらーめん」じゃないか!ということで、広まったそうです。
いくつかもばらーめんを扱っているお店があるそうで、店舗によって、トッピングが違ったりするんだとか。
食べ歩きをするのも楽しそうですね~!

みなさんも茂原に行った際には…いや、もばらーめんを食べに茂原へ行ってみてください!

らぁ麺 三軒屋 茂原店
価格/690円~
住所/茂原市東部台2-1-4
営業時間/11:30~25:00
定休日/木曜
http://ra-mensangenya.com/

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

エンタメ・レジャーショップ紹介

千葉パルコ“40th サウンドヒストリーBOX”、11/30(水)まで開催中

2016/10/10

編集Y子

こんにちは!編集部Y子です。

11月30日(水)で閉店を迎える千葉パルコで、今「40th サウンドヒストリーBOX」なるイベントが行われています!
parco_sound01
6階特設会場へGO!

千葉パルコが開店して40年。その40年を、音楽を通して振り返ることができますよ。
今となってはCDで聞いたり、インターネットでダウンロードしたりして聴く音楽。
でも、レコードで聴く音楽はまた違った魅力があるんですよね。

私は音楽好きの父の影響もあって、小さい頃から一人でよくレコードを聴いていました。
レコード盤に針を落とした時の「プツプツ」という音が、心をくすぐるのです。
そんな気持ちを、ここで久しぶりに味わうことになるとは!

会場にはたくさんのレコードが!
parco_sound02

parco_sound03
懐かしいアイドルのものから、ジャクソン5のような海外の名盤まで、ジャンル問わずたくさんありますよ~!
私がお邪魔したのは平日の昼間。それでも往年の音楽ファンが訪れて、真剣にレコードを選んでいました。
一列一列、じっくり見ていると時間を忘れそう。
担当の長江さんによると、「毎週品物が入れ替わっているので、頻繁に来て2~3時間かけて選んで購入されるお客さんもいらっしゃるんですよ」とのこと。
私がお話を伺っている時も、何枚も購入されている方がいました!

こんなポップを発見!
parco_sound04

これは聴いてみないわけにはいきませんよね。
というわけで、店内奥へ移動し、私が見つけた懐かしの1枚をこちらのプレーヤーでかけていただきました。

parco_sound05
昔はよく目にした、レコードプレーヤー!針を落とす瞬間、ドキドキするんです。ここでは担当の方にお願いしましょう

parco_sound06
懐かしい!渡辺美里の「My Revolution」!!
スピーカーから聞こえてくる、深みのある音…いいですね。

そして、さらに本格的なプレーヤーがあるんです。

parco_sound07
70年代のプレーヤー&スピーカー!なかなかの代物ですね
parco_sound09

parco_sound08
大きなスピーカー!

こちらでも、ジャズを試聴させていただきました。
まるで目の前でライブ演奏しているかのような臨場感~。驚きですっ!!

会場内ではオーディオ機器も販売されています。
parco_sound10
見えますか?真ん中にある真空管のアンプ。いったいどんな音になるんでしょう?聴いてみた~い!

家族で訪れて、大人は懐かしみ、お子さんは新しい発見をするような感じで楽しめそうです。
今またアナログ盤が脚光を浴びているそう。実際に若い世代の方もたくさん訪れているそうですよ!
みなさんもぜひ足を運んで、懐かしい気持ちに浸ってみてください♪

★40th サウンドヒストリーBOX★
会場:千葉パルコ 6階特設会場(エスカレーター横)
営業時間:10:00~20:00
http://chiba.parco.jp/
※8階特設会場では『千葉パルコとワタシ。40年、全員集合。「エピソード展」』も開催中
http://chiba.parco.jp/40th/

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

季節を感じて!シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイホテルでハロウィーン&収穫祭を楽しもう

2016/10/6

編集Y子

こんにちは!編集部Y子です。

ようやく晴れが続いて、気持ちの良い秋になってきましたね。
そんな秋を満喫したい!ということで、今回舞浜にあるシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイホテルへ行ってまいりました。
161001001
ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」駅から徒歩1分

1階のオールデイ・ダイニング『グランカフェ』では、10月1日から1カ月間限定で「オータム&ハロウィーンブッフェ」が開催されています!
161001002
ホテル1階エントランスを入ってすぐ
10月からのメニューはその名の通り、「食欲の秋」にちなんだ季節の恵みをたっぷり使ったメニューがずらり!
一足お先にいただいてまいりましたので、その一部をご紹介します。

席にご案内いただくと、オードブルが。
161001003
ウエルカムフードのブリュスケッタ
左からかぼちゃ、キノコ&山菜、ビーツ&クルミのトッピングを、パンにのせて。

続いてはこちら。
161001004
ちょっと素敵な盛り付けですよね!おうちで真似できるかな…?
エゴマの葉を器にし、さんまやムラサキタマネギなどが入っています。
ティースプーンにのせて…ということでしたが、のりきらないので、ここはワイルドに手でパクっと!
シャキシャキした食感の中に、さんまの味がふんわりと広がって、秋~♪

161001005
シェフ自ら、お料理の説明を…
早速メインのお食事へ。

161001006
サンクスギビング チキンキャセロール
チキンをニンジンやオリーブなどと一緒に煮込んだお料理。
ローズマリーの香りがポイントになっていて、優しい味です。
お鍋もカワイイですね~♪

161001007
赤と緑のスズキ
鱸にお野菜で作ったソースをかけ、彩りも鮮やかに!
淡泊な白身魚の味を、ソースをかけることによって、よりおいしさを際立たせていました。

161001008
カボチャのローストとキノコのラザニア風
カボチャが甘くてクリーミー!
このカボチャとホワイトソースの相性がバツグンです。

161001009
ビーツのオーブン焼きと赤ワインリゾット
ビーツ(赤かぶ)の色がしっかりついてる~。
ちょうどよい塩加減で、いくらでも食べられちゃいそう!

そして私がそのおいしさに感動して、2回食べてしまったメニューがあります。
それが、牛肉のスモーク ホワイトビーンズの煮込みとマッシュポテト。

こちらは目の前でシェアしてくれます!
161001010
まわりに香辛料をたくさんつけて焼いた、大きなお肉!
161001011
チーズをのせて、バーナーで炙ります。見ていて興奮!!

こういったパフォーマンスは、本当にうれしいです。
味への期待もぐんぐん高まりますっ!

161001012
仕上げにソースをかけて、完成です

161001013
シェフの笑顔、いただきました!
161001014
チーズの溶け感が、食欲をそそる!お肉のジューシーさ、伝わりますか?
ご紹介したメニューは日替わりですが、これら以外にも、ローストビーフや石窯焼きピザ、パスタなどの人気レギュラーメニューも食べられますよ。

さらに、2階カフェ『トスティーナ』では、「ハロウィーン スイーツ&ベーカリー」を開催。「ジャック・オ・ランタンのモンブラン」(550円)、「ミイラ男のキャラメルポワール」(550円)、「ハロウィーンシュークリーム」(550円)のスイーツのほか、「レーズンとパンプキンのルヴァン」(大360円、小250円)、「カボチャのデニッシュ」(290円)などなど…
ネーミングだけでも、ワクワクしちゃいますね★

街もハロウィーン色に染まってきました!
ぜひみなさんも、“グルメでハロウィーン”を楽しんでみてくださいね。

シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイホテル
千葉県浦安市舞浜1-9
http://www.sheratongrandetokyobay.com/jp

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

時間の流れが止まったよう…古民家カフェ 夜麦(よもぎ)

2016/9/15

編集Y子

編集部Y子です。

な~んにも考えずに、のんびりしたいな~…。
そんなときってありませんか?
オススメの場所、見つけたんです!

yomogi01

古民家カフェ 夜麦(よもぎ)

一見すると、誰かのお家のようですが…ここはテレビでも紹介されたことがある、里山にたたずむカフェなんです。

yomogi02
広~い!思わずゴロンとしたくなりますね
靴を脱いで座敷に上がった瞬間「わ~、おばあちゃん家みたい!」と声が出てしまいました。
だって、お仏壇もあるんですよ!

夜麦(よむぎ)は、笹谷窯のギャラリー&カフェ「Café SASAYA」の姉妹店で、陶芸家のオーナーが少しずつ手を加えて今の形に。
これでもまだ完成ではないそうで、訪れるたびに変化が楽しめそうですね。

ここでいただけるのは、裏庭で採れた果実や、鴨川産の食材を使ったカフェメニュー。
取材でお邪魔したのはまだ暑い夏の日だったので、夏季限定の「自家製夏みかんジャムのかき氷」をいただきました。

yomogi03
昔ながらの手まわしかき氷(650円+税)
皮も使っているので、ちょっとした苦味が。でもそれが夏みかんらしさを演出していて、おいしかった~!
他のメニューも、店長のマキさんが丁寧に作っているそう。
注文を受けてから挽くブラジルの有機栽培コーヒーや、熊本県産の無農薬紅茶、自家製赤紫蘇ジュースや辛口ジンジャーエールなど、ドリンクにもこだわりを感じます。

カフェ以外のお楽しみも!

夜麦は、ただの古民家カフェではないんです。
毎月タロット占いやリフレクソロジーが受けられる日があり、この日はちょうど、タロット占いのメイさん、楽+(ラクタス)の小島さんがいらしていました。
yomogi04
左からメイさん、マキさん、小島さん。みなさん笑顔がとってもステキ♪うしろにちらっと見え隠れしているのは、看板ヤギの“ギーちゃん”
せっかくなので、占っていただきました。
yomogi05
占ってほしいことと名前を告げ、占いスタート(料金は1枚500円から)
1枚のカードが出てきて、それについてメイさんがいろいろとお話してくれます。
話していただいた内容が、今の自分の状況ズバリだったので、驚きとともに感動!
タロット以外にも、マインド・ブロック解除や、守護天使鑑定などなど、どれも受けてみたいものばかりでした。

続いてはリラクゼーション体験。
yomogi06
適度な強さで、終わったあとは身も心もすっきり!(30分1500円から)
小島さんは普段は都内でお店を構えていらっしゃいますが、毎月第1土・日には夜麦で施術を行っているそう。
ほぐし整体、リフレクソロジー、全身オイルトリートメントから選べます。

このふたつ以外にも、箱庭などを使って行うワーク「こころの保健室」や、期間限定の展示会なども行われていて、地元の人や観光で訪れる人の憩いの場所になっているようです。
詳しい日程などは、「夜麦」のFacebookで。

また“帰り”たくなる

思わず「ただいま~!」と言ってしまいそうになる、そんな場所…。
yomogi07
何時間でも居られそう
yomogi08
人懐っこい看板ネコ、ニューちゃん
一緒におしゃべりしたり、本を読みふけったり…
ゆっくりのんびり、自分だけの時間を過ごせますよ!

古民家カフェ 夜麦
鴨川市金束1137
営業日:木~月曜(10月からは土・日・月曜)
営業時間:11:00~17:00
TEL:04-7094-5790
◇夜麦 Facebook
https://www.facebook.com/cafeyomogi

◇占い師メイさん facebook
https://www.facebook.com/uranaishi.may/
◇《楽+》ラクタス ブログ
http://ameblo.jp/rakutasu-good-day/
◇笹谷窯
http://www.sasayagama.com/

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. ショップ紹介
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更