1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. ショップ紹介
グルメ・スイーツショップ紹介

下戸の私も好きな“古酒入りトリュフ”は老舗酒蔵の人気チョコ!

2016/2/12

編集長O

こんにちは! 編集部Oです。
2/14はバレンタインデー。
ちまたに多くの種類のチョコレートが登場するこの時期は、自分が食べたいチョコを、それこそ、チョコチョコと買ってしまいます。!(^^)!

特派員メーテルさんや編集部M子のブログにも書いてあったように、そごう千葉店6階「チョコレートパラダイス」は毎日大賑わい。チョコレートの名店の中に、千葉の酒蔵「飯沼本家」が出店していました。私はここの「古酒トリュフ」が大好き♪ 見つけると買っちゃう。

飯沼本家開封
1回の珈琲タイムに1個ずつ。大事に味わいマス

そのそもこのトリュフに練り込んである古酒が美味。チョコレートもとてもなめらか。

半分に割ったところ
半分に割ったところ。キレイに割れなくてゴメンナサイ~。でもおいしそうでしょ?

きっと皆さんも自分用の至福チョコ、買っていますよね。。
じっくり淹れた珈琲とお気に入りのチョコ…。
考えただけでニンマリしちゃいます!

このトリュフ、以前特集した記事「地酒スイーツ」で知ったのです
(※現在は4個1080円です)

実は私は下戸なのですが、以前、酒々井の飯沼本家に行ったときに教わった「バニラアイスクリーム 古酒添え」にはまり、古酒だけ購入。家で古酒をバニラアイスクリームにちょっぴりかけて、至福の時を過ごしたりしています。これぞ子どもに真似できない、オトナのシアワセ。(#^.^#)

おいしい時間を大事にしたいワタシです。

 ■飯沼本家 
古酒トリュフ 4個 1080円
純米吟醸古酒 汲古 2365円

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

手土産もやっぱりコレ。老舗「虎屋」のあんぱん”極(きわみ)”

2015/12/9

編集長O

みなさまこんにちは。編集部Oです。

みなさんの“てっぱん”の手土産はなんですか?
手土産選びは実はムズカシイ。。
「私がおいしいと思うもの」「ちばらしい」
「ちょっと話題になる」「相手に負担にならない金額」
「おいしいと喜んでいただけるもの。。」

それはやっぱり、以前、”間違いないおやつ”を食べたい日はコレ、とレポートした逸品。

創業70年の千葉の和菓子店「千葉虎屋」さんのあんぱん「極(きわみ)」です。

IMG_3404
箱に、ぎゅっと詰めて差し上げると、開けたときにとても華やか

IMG_3409
その名も「極(きわみ)」~!

こぶりなあんぱんが1個230円。
なかなかのお値段ですが、これはもはや、上質の和菓子の味わい。

「千葉の老舗和菓子屋店が作った高級あんぱんなんですよ~。少しですが」と言って差し上げるのです。

写真では12個入りで写っていますが、ちょっとした手土産には、4個入りぐらいで差し上げると、かわいらしい感じで差し上げられます。

IMG_3414
IMG_3415

薄紫の上品なあんがストレートにおいしいこしあん(上)、生クリーム(あんとのコラボ♪)各230円(下)

IMG_3413
いちご(右下)250円は、ナマのいちごを入れて焼き上げているんですって。とっても、ジューシー!

もともと私は、虎屋さんのこし餡(あん)が大好き。
薄紫できめ細やかで滑らかな舌触り。
ほんのりとした自然な甘さも好きです。

餡のなめらかさと上品さはもちろん、
パン生地もやわらかくてなめらか。
老舗和菓子店の技術、おそるべし!

やわらかくてほんわり♪
「ケーキみたいだね」と言われるそう。

この秋は、季節限定の「いちじくあんぱん」を販売したそうで、
あっという間に売り切れてしまう人気。
私は食べることができませんでした~(泣)。

創業七十年 男気あふれる三代目が
のれんを守りながら攻め続ける
千葉の老舗です。

http://www.c-toraya.jp/

==NEWS==

千葉虎屋さんの「らっかせいダックワーズ」が
千葉市ギフトセレクション受賞!

千葉県産のらっかせい100%をペーストにし、
自慢の白餡を加えサンド。
さすが千葉県産の落花生はコクがあります。
こちらもチェックしてみて。

虎屋 らっかせいダックワーズP1040172
パッケージもかわいい。1個190円

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツショップ紹介

食べて、遊んで、買い物して!行かなきゃ損な「道の駅三芳村鄙の里」

2015/10/16

編集Y子

初めまして! 編集Y子です。

先日取材で、南房総市にある道の駅三芳村鄙の里に行って来ました。

IMG_5197

みなさんは南房総市が「道の駅の数日本一」ということをご存知ですか?
中でも三芳村鄙の里は、魅力がたくさん!

ということで、Y子オススメランキング~!をお届けします。
※ランキングは個人的な感想です。

★第5位★収穫体験

鄙の里では、季節に合わせて様々な収穫体験ができます。
菜花から始まり、イチゴ、トウモロコシ、ブルーベリー、ドラゴンフルーツの試食、ブドウ、そして今が旬のみかん狩り

南房総という暖かな地域で、太陽の恵みをいっぱい浴びたあれこれを、季節ごとに堪能できるなんて、本当に贅沢~♪

甘味と酸味のしっかりした味が特徴の温州みかんは、千葉県の審査をクリアした「ちばエコ農産物」の認証を受けているのだとか!

みかん狩り(しかも食べ放題!)は、12月20日までの期間限定。
「鄙の里」の周辺にあるみかん農家さんのところへ行って、体験します。
入園料は大人400円、小学生以下300円。時間制限はなく、開園時間は午前9時から午後3時までです。

この日は体験できなかったので、休日に行ってみかんをおなかいっぱい食べたいなぁ!

★第4位★牛乳カステラ

 IMG_20151001_163524

千葉は酪農発祥の地。三芳村の専用プラントで生産された「三芳の牛乳」をたっぷり使った牛乳カステラ(1本1000円、1/2本500円)は、こちらのオリジナル商品です。

しっとりふわふわ、甘い香りが漂い、黄金色の見た目もそそります。少し冷やして食べるとさらに美味!

パッケージもシンプルでかわいい~!

日本テレビ「ヒルナンデス」で、“絶品スイーツ”としても紹介されたそうで、道の駅の駅長さん曰く、ここの道の駅のお土産人気No.1だそうです。納得~!!

★第3位★みかんドーナツ

IMG_5187

房州みかんをたっぷり使ったみかんドーナツ(1個160円)!!

みかんをフリーズドライの粉末にし、生地に練りこんで作られています。
口に入れた途端、みかんの甘い風味が口いっぱいに広がって、とっても優しい味。
焼きドーナツなので重くないのもいいですね。

みかん以外にも、牛乳ドーナツや、季節によっては菜の花ドーナツもあります。

★第2位★ソフトクリーム

IMG_5202_1

こちらも「三芳の牛乳」を使ったソフトクリーム(350円)。
まず驚いたのがその大きさ!
そしてしっかりとしたクリーム!
ソフトクリームというより、アイスクリームを食べているような感覚です。

とっても甘くて濃厚~
一口食べただけで、幸せな時間が流れます。
食べ終わるのがもったいないくらい!
ぜひ食べてみてくださいね。

★第1位★三芳の牛乳

IMG_5190

堂々の第1位は、これまで登場した「牛乳カステラ」「ソフトクリーム」に使用されている、「三芳の牛乳」です!

取材なので特別にひと口試飲させていただきましたところ…
まるで生クリームのような濃厚さで、まったりと口の中に残ります。
そしてとってもあま~い!

こちらの牛乳は、地元・安藤牧場の新鮮な生乳を、専用のプラントで低温殺菌。しかも1日に400本しか作ることができないそうで、大変貴重な牛乳なのです。

スーパーに並ぶ牛乳に比べ、360円というお値段は少し高く感じるかもしれませんが、その値段を出すだけの価値がある、そんな牛乳でした!

鄙の里の隣にある「土のめぐみ館」では、三芳産の米や野菜、花のほか、加工品も充実しています。

また「ハンバーガーショップBINGO!!」も大人気!

IMG_5193

びっくりするほど大きなハンバーガーで、バイク乗りのみなさんも多く利用されるそうです。一番人気はオリジナルの「BINGOバーガー」。

さらに無料の足湯コーナーと、何時間も滞在できてしまうほど、魅力がいっぱいです!

みなさんもぜひ、南房総へお出かけの際は立ち寄ってみてくださいね!

■道の駅三芳村鄙の里
http://www.hinanosato.jp/

chibastaff_blog_bn

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

ショップ紹介

わたしのうるおいのヒ・ミ・ツ…! 最強クリーム、教えます

2015/2/22

編集長O

わたしのうるおいのヒ・ミ・ツ…! 最強クリーム、教えます

こんにちは。編集部Oです。

歳をかさねるごとにシワやシミができるのは仕方ない。。
私が以前、化粧品担当をしていたときに学んだ考え方は、
目指せ! 同級生に勝てる肌!

もともとの顔のつくりが美人な人や、
若いコのプルプル肌の美しさにはかなわない。

そこで…!
日々の手入れを怠らず、
同じ年齢で、同じように日々衰えていく(涙)同級生と自分を比べて、
もっと努力をすべきか、
それとも、なかなかイケているのかを判断する。

せっせと手入れをしている人は、
手入れをしていない人より、ずっとキレイ!!!
同じ年齢の人と比べて、イケてるかイケてないかで、
年齢肌に打ち勝っているか否かがわかる、
というシビアなお話。

最も大切なのは「うるおい」。
肌は乾燥させちゃダメ。

洗顔後、浴びるようにたっぷりと化粧水と使う。
そのあと、せっかく肌に入れた化粧水が蒸発しないように、
乳液などの油分で蓋をすることが大事。

前置きが長くなりましたが、
私の秘密兵器は、
マザー牧場のオリジナル
「馬油ラノリンクリーム ラベンダー」。

IMG_3393
1個1080円。のびが良いので少量でOK。結構、持ちます

化粧水の後に、たっぷり、顔につけます。
馬油だから、油でギトギトになっちゃう?
と、心配でしょう?
私の使い方は、
化粧水→馬油→化粧下地
→クリームファンデーション→フェイスパウダーの順。

フェイスパウダーをたっぷりはたけば、
一日中、テカリ知らず!

とにかく、年齢肌は乾燥させちゃダメ。
うるおっていなければ!

IMG_3419馬油の香りってそっけないけど、コレはラベンダーの香りがいいっ!
馬油の保湿力は皆さんご存知の通り。
羊毛からとったラノリンも入っているとか。
牧場の商品っぽいですね~。

保湿力に加えて、気に入っているのが、
ほんのりラベンダーの香り。
強すぎないこの香りに癒されます。

化粧品はいろいろ試すから、
あまり最後まで使い切れないことも多いのですが、
これは、ほらこの通り!
空っぽになるまで使います。

IMG_3417

本来はハンドクリームらしいですが、
顔にも手にもひじにも、全身に使えると
HPに書いてあります。

ほかに、年齢肌の味方「Q10」入り
天然ハーブの香りバージョンもあります。

一緒に、うるおい美人を目指しましょう~!

http://www.motherfarm.jp/views/CF0030ListView.aspx?categoryid=0

 

chibastaff_blog_bn 

 

ショップ紹介 | コメント (0)

グルメ・スイーツショップ紹介

ごほうびおやつ! 老舗「虎屋」のあんぱん”極(きわみ)”

2015/1/30

編集長O

  ごほうびおやつ! 老舗「虎屋」のあんぱん”極(きわみ)”

みなさまこんにちは
編集部Oです。

“間違いないおやつ”を食べたい日、ありませんか?
わたしはあります。

しかも、 どこにでもあるものじゃなく、
そこでしか買えないものを食べたい。

そんなわがままなワタシの日は、
千葉の老舗和菓子店「虎屋」さんに行きます。

 虎屋概観

ここの餡(あん)が大好き。
薄紫できめ細やかで滑らかな舌触り。
ほんのりとした自然な甘さも好き。

 昨夏、その虎屋さんが満を持して商品化した、
あんぱん「極(きわみ)」が、売れています。

IMG_3404
贈り物としても人気だとか。箱に、ぎゅっと詰めて差し上げると、開けたときにとても華やか

IMG_3409
その名も「極(きわみ)」!

“和菓子屋のあんぱん”ということで、
こぶりなあんぱんが1個230円。

なかなかのお値段ですが、
これはもはや、上質の和菓子の味わい。

IMG_3414
IMG_3415
薄紫の上品なあんがストレートにおいしいこしあん(上)、生クリーム(あんとのコラボ♪)各230円(下)

IMG_3413
いちご(右下)250円は、ナマのいちごを入れて焼き上げているんですって。とっても、ジューシー!

餡のなめらかさと上品さはもちろん、
パン生地もやわらかくてなめらか。
老舗和菓子店の技術、おそるべし!

 やわらかくてほんわり♪
「ケーキみたいだね」と言われるそう。

創業七十年 男気あふれる三代目が
のれんを守りながら攻め続ける
千葉の老舗です。

http://www.c-toraya.jp/

chibastaff_blog_bn

グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (1)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
  3. ショップ紹介
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更