1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ

2019千葉の食の逸品はイノシシ肉だった!

2019/4/19

編集長M

アラフィフ編集長・三山です(あっ、名乗ってしまった!)。

この年になると、ジャンクなものを大量に食べるより、多少お高めで少量でも、美味なるものを食したくなるものです。

そんなワタクシが、行ってまいりました、「食のちばの逸品を発掘2019」授賞式。
時は、3月12日(火) 三井ガーデンホテル千葉 3階 「萩」にて。
ニュースにしては遅すぎで、関係者の皆さん、スミマセン!

選考経緯もヤラセは一切なく、
一次審査、本審査を経て、一般部門(千葉の名物を目指す商品)41商品、直売所部門(ローカルな名産を目指す商品)16商品から決定したもの。

栄えある「一般部門」の金賞は…、
(株)厨房MITO Kiyomidai Caféの「天然・猪フランク」!
160g(4本)790円(税込) TEL 0438-71-2178
IMG_5356

えっ、イノシシ?と思うでしょ?
このソーセージ、全く臭みもなく、肉の旨みがたっぷりで味わい豊か!
1回食べたら、絶対人に話したくなっちゃう味。
千葉県は農作物が豊かですが、害獣駆除も問題。その消費は地域貢献にもつながる…素晴らしいですね!

そして銀賞は…。
「房州さば山椒/ひじき入り」 (有)アルガマリーナ (鴨川市)。
100g 650円(税込) TEL 0470-47-5477
「鯖の甘露煮」のフレークに芽ひじきを添えて、実山椒と白ゴマで風味付け。
これは、ひじきがいい仕事してる!
原材料はすべて千葉県産だそうです。
ゴハンが進む、進む! いくらでもつまめちゃう味。

銅賞 は、「柏幻霜ポーク生ハムオイル漬け」(株)惣左衛門 (柏市)。
105g3瓶 4320円(税込)TEL 04-7191-9460
IMG_5354
千葉県は豚肉の産地としても有名ですが、これはワインにも日本酒にもぴったり。
(実はワタシ、下戸なんですが、酒の肴は大好き!)

審査員特別賞に、「市川三番瀬の幸 煮貝の酔っ払い漬け ホンビノス貝」((株)アンドヒューマン:市川市)。
90g 604円(税込) TEL 047-395-8260
IMG_5328
台湾料理の「しじみの甘醤油漬け」をヒントに日本酒と5 年ものの紹興酒で柔らかく煮上げた逸品。
ニンニク、ショウガのスパイスが効いてこれもお酒に絶対合う!
ホンビノス貝って千葉に来てから知りましたが、
本当に美味しい…底力がすごい。

そのほか、「直売所部門」では、金賞が2件。※ 銀賞及び銅賞は授賞商品なし。
「 いっぷく堂のいもみつ」 農業生産法人(株)いっぷく堂(香取市)
50g 648円(税込) TEL 0478-79-7011
IMG_5359

“ べにはるか” を干し芋に加工する時に余ってしまう厚く剥いた皮を利用して作った、サツマイモ100%の自然食品。
じっくり手作業で煮込んだナチュラルシロップは、何と糖度約70 度!
サツマイモってこんなに甘かったんだ!と驚く味。

「 ありの実コンフィチュール」 (有)与佐ヱ門 (市川市)。
140g 648円(税込) TEL 047-375-0601
IMG_5329「市川の梨を多くの方に」「保存料、着色料、香料不使用の安心安全な商品」をコンセプトに作ったジャム。
カットした果実がゴロゴロ入っていてシャキシャキした触感が楽しい。
無糖のヨーグルトにかけて食べるとサイコーです。
これは、千葉県農林水産部とちばの「食」産業連絡協議会が共催して、毎年実施しているもの。
チーバくんも応援しています。
IMG_5351
千葉の食の魅力、ぜひ知ってください!

| コメント (0)

エンタメ・レジャーグルメ・スイーツ

練乳いらず!土気のいちご園「エーアト・べーレ」

2019/2/15

編集長M

アラフィフ編集長・Mです。

前回のヒルトン成田の「イチゴフェア」の記事に引き続き、

今度はイチゴ狩りに行ってきました。

そう、「フルーツ葬」を希望しているほどの、フルーツ好きのワタシ(しつこい)。

今回は、前千葉の編集長のOさんと一緒に、土気のいちご園「エーアト・べーレ」さんにやってきました。

特派員さんのブログを読み、

●温室は暑いので、脱着できる服装。下はなるべく薄着がよいとのことで、綿素材を重ね着&ダウンコートに。

●トイレを済ませ、水分はなるべく取らないように。

●靴はスニーカーに

しました。はい、準備万端です。

さて、JR千葉駅から土気駅まで約20分、駅からはタクシーで。1000円ほどで到着~。

IMG_5234

30分食べ放題で、大人1800円。

チケットを購入したら、早速、販売していたチーバベリー700円をお土産用にゲット。これはお買い得!IMG_5236

さあ、いちごを狩るぞ!と勇んで、道路を渡り、温室に入ってみたら、「ん?ココは遊具の場所?」と思い、別の温室を見たりとグルグルしてしまいました。すっとこどっこいの私たち。が、正解は遊具のある右手の奥にあったのでした(皆さん、お間違いのないように)。

IMG_5280

スタッフのお姉さんから、「このマーク以降は獲らないでください」など、注意を聞きます。

IMG_5248

わー、広―い。走り出すOさん。

ここは高設栽培なので、しゃがまなくていいのがうれしい!全然腰が痛くなりません!(アラフィフだもんね)

早速、チーバベリーに食らいつきます。

あー初めてのチーバベリー。千葉の編集長になったからには味わっておかネバならないイチゴです。大きくて甘い、香りがいい!

Oさんも「こうやって獲るんだよ~」と言いながら、美味しさに顔がにやけています(顔が写っていませんが)。

thumbnail_IMG_8333

 

チーバベリー。イチゴ、デカいっ!

IMG_5252

そして、もう一つの人気イチゴ、「おいCベリー」。

これは、小さくても味が濃い!そしてブドウのような香りがしました。おいし~。

IMG_5257

ほかにも…「よつぼし」「紅ほっぺ」「かおり野」なども、食べ比べられて楽しかった!

あっという間の30分間でした。でも、満腹!もう食べられない!

ほとんど練乳は付けず、十分にイチゴ本来の甘みを堪能しました。

今年、小島よしおさんも来たらしいですよ…。IMG_5276

帰りに預かってもらったお土産をピックアップしに行ったら、10:40時点でイチゴは完売…。先に買っておいてヨカッタ!

IMG_5282

そして、イチゴ狩りの受付も終了…。平日の10:40ですよ!

今は寒いので、イチゴの成熟が遅く、早く終了してしまうのだそう。3月くらいになってあたたかくなると、もう少しは大丈夫かも?9:00からの営業ですが、休日は8:00くらいから待つ人がいるんだそうです。(ちなみに予約は受け付けていないので注意)平日の早めに来るのがおススメです。

どうも御馳走様でした!

お土産イチゴを会社の皆にふるまったら、とても喜ばれました~。

IMG_5285

いちご狩りやいちご摘みを楽しんだら、『ちば・いちごフェア2019』にぜひ応募してみてくださいね。抽選でチーバくんグッズや県名産品が当たるそうです。

インスタグラムで「#ちばいちご」をつけて投稿してもいいし、専用ハガキにレシートを添付して応募する方法もあるようです。

【千葉県いちごフェア特設ページ】https://chiba-ichigo.jp/

【いちごフェア実施店】https://chiba-ichigo.jp/fair/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【エーアト・ベーレ】※ドイツ語で「イチゴ」の意味だそうです

所在地:千葉県千葉市緑区大高町26-34

TEL:043-294-0757

営業時間:9:00~当日分なくなり次第終了

定休日:不定休

交通(電車・バス): JR土気駅→車8分

交通(車) :千葉外房道路誉田ICから県道20号経由3km8分

駐車場 :50台/無料

持ち帰り:不可/販売あり

エンタメ・レジャー グルメ・スイーツ | コメント (0)

グルメ・スイーツ

新年の女子会は「ヒルトン成田」で、初イチゴ!

2018/12/26

編集長M

アラフィフ編集長・Mです。

皆さんも年末のお忙しい中、ちょっと遅い報告になってしまいましたが、
来年1月7日からスタートする、「ヒルトン成田」の苺の森 ~Berry! Very! ベリー!!スイーツフェア~の記者発表に行ってきました。

IMG_4841

何を隠そう(隠す必要もないが)、あの世に召された際は「フルーツ葬」で見送ってほしい、と思っているほど、フルーツ大好きのワタクシ。
特にイチゴは、その芳醇な香り、甘酸っぱさで大好き! 「イチゴフェアなんて~♪」と、スタッフのM姐さんと喜んで飛んで行きました。

さて、テーマは…

眠りから覚めた、くまさんとうさぎさんが「苺の森」に迷い込んでしまいました。
「苺の森」には、甘酸っぱい香りと真っ赤に色づいた苺がたくさん!
森の動物たちとパーティーが始まります!

ということで、上記写真のような雰囲気に飾られていました。ワタクシ自身は女子力低めなのですが、それでも乙女ゴコロをくすぐりますね~。
インスタ映えしそう~。

そして、フェアの目玉、クマさんのお顔の「Berryベアケーキ」。甘過ぎず、どんどん食べられちゃう!

IMG_4842

穴倉に逃げ込んだ「恥ずかしがり屋のうさぎさんのケーキ」しっぽがかわいい~。IMG_4843

ランチビュッフェに登場する「特製ふわとろのフレンチトースト」。これは絶対、食すべき逸品です。 IMG_4848

そして、何より…フレッシュなイチゴが食べ放題ですよ! ん~たまらん!

期間は、2019年1月7日(月)~2019年2月28日(木)
気になる料金ですが、ランチビュッフェ(平日 営業)  11:30~14:00 大人3,400円!

女性同士の新年会にどうですか~?
そのほか、ヒルトンブランチ(土・日・祝 営業)大人  3,900円、ディナービュッフェ(土・日・祝 営業)大人4,900円もあります。

WEB予約限定でヒルトン成田オリジナルベリーベアのプレゼントも。

IMG_5094

詳しくはコチラへどうぞ!
http://www.hiltonnarita.jp/plans/restaurants/364
それでは、来年を楽しみに。良いお年を!

グルメ・スイーツ | コメント (0)

くらしグルメ・スイーツショップ紹介

新!千葉のお土産見つけた「すいーとパイもん」

2018/11/14

編集長M

千葉県の新名物になりそう!?なお菓子

編集長Mです、初投稿です。よろしくお願いします!
さて、11月12日、「千葉ブランド銘菓創造委員会」の記者発表に行ってきました。
「千葉銘菓 千葉集(せんようしゅう)」の第3弾、
その名も…
「すいーとパイもん」。

焼き方にもこだわり、中の芋が火を入れ過ぎるとパサパサになってしまうので、高温で短時間で焼き上げているそう。
見た目は…サツマイモ!
甘さは抑えめで、結構食べ応えもあります。

s-IMG_4863

千葉県香取産の芋、紅はるかを使った芋餡とパイ生地で、形もサツマイモに似て、お子さんも喜んで食べられそう。
3個入り450円、単品140円。
パッケージは青木昆陽をイメージして、千葉のサツマイモをアピール。
ちなみに青木昆陽は、江戸時代の蘭学者で、幕張と九十九里で芋の試作栽培を行い、日本中の大飢饉を救った芋神様だそう。

今日まで味を調整して、記者発表の席に持ち込まれたそうで、11月21日(水)の販売開始まで研究し続けます!とのことでした。

(株)川島屋・(株)木村屋・(株)太陽社・米屋(株)の37店舗で購入できます。
皆さん、お楽しみに~。

くらし グルメ・スイーツ ショップ紹介 | コメント (0)

  • 1
  1. 千葉トップ
  2. 千葉編集部ブログ
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年10月25日号

電子ブックを読む



会員登録・変更