1. 千葉トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 【ブタコメ】 10月公演フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 インタビュー

【ブタコメ】 10月公演フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 インタビュー

  • 2012/08/06 UP!

シアターオーブにやってくる「ロミオ&ジュリエット」

フランスオリジナル版の演出で日本バージョンにない新曲も登場!
テレビで特番もあるのでチェックしてね!

写真撮影からもうすっかり「ロミオ&ジュリエット」
美しいお二人にどっきどき

こんにちは、編集部Iです。

もうずいぶん前になってしまいますが、今年10月に渋谷のシアターオーブで上演されるフランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の主役を演じるシリル・ニコライさん(右)ジョイ・エステールさん(左)にインタビューをしたのですが、紙面で書ききれなかったこぼれ話などもあわせてご紹介しまーす。

2010 年の宝塚版に続き、2011年の日本オリジナル版が大ヒットしたミュージカル「ロミオ&ジュリエット」。城田優さん、山﨑育三郎さんのダブルキャストのロ ミオ、初舞台の昆夏美さん、フランク莉奈さんのジュリエットをはじめ、フレッシュなキャストで大人気を博しました。

今年10月、フランスのオリジナル版がついに日本上陸を果たします。このフランス招聘版の魅力のひとつが、フランスと同じスケールでの上演。今回の公演の目玉はなんといっても人数やセットなど、本場フランスで見るのと同じ迫力を体感できること。どうしても輸送の都合や、劇場の都合などで、本場そのままを持ってくるのは難しいのだそうです。やはり、シアターオーブだからこそ、なんでしょうね。

お2人のツーショット写真を撮影したのですが、撮影中にこの作品の生みの親ジェラール・プレスギュルヴィックさんが登場! 相変わらずのチョイ悪オヤジ系。そして、なにやらフランス語でささやくと、おもむろに抱き合う2人…

おお、一瞬にしてその場にラブラブな空気が~。
美しいお2人にうっとり。

 

そしていよいよインタビューです。
通訳の方がいらっしゃいますが、フランス語でのインタビュー、初体験です! ドキドキ。

ロミオ役のシリル・ニコライさんは、 ジェラールさん直々のオファーで、2007年アジアツアーのベンヴォーリオに続き、今回はロミオを演じます。シリルさんはボーカリストとしても活躍中で、 あのマイケルジャクソンの「THIS IS IT」ツアーに参加するはずだった女性ギターリストのオリアンティさんとのコラボアルバムなどをリリースして います。だから、パワフルでロックな歌唱はバッチリなんですね! そんなわけで、ジェラールさんは以前からジェラールさんとは面識があったのだそうです。

「ジェラールからコンタクトがあったとき、素晴らしいチャンスが来たと思いました」
と当時を振り返って話してくれます(フランス語で)。
「ベンヴォーリオは自分の性格と正反対だったから、逆にやりたいと思いました」
男性として、共感するのはロミオのほう、というシリルさん。
「ロミオのほうがアーティストな感じで自分に近いところがたくさんあるのですが、自分自身の内面も追求しないと演じられない役なので、とても難しいですね」

一方、ジョイ・エステールさんは、初演を見てからずっとあこがれていたジュリエット役を、ライバルが多数いたオーディションで勝ち取り、以来数多くの公演でジュリエットを演じてきました。
「初演を見て、今までフランスで見たミュージカルの中で一番素晴らしいと思いました!」と絶賛するジョイさん。

ジュリエットとご自身の似ているところは?と聞くと
「ジュリエットと私は、子どもっぽいところが似ていると思います(笑)」
と言ってお茶目な笑顔を見せてくれました。

目の前にいるジョイさん、本当にキレイなんですよ! お人形のよう、ってよく言いますけど、本当にそうでした。なんかいいにおいがして(笑)、同性ですけど、うっとりしながらインタビューしてしまいました。

日本版(宝塚版も含めて)は、まだ見ていないけれど、大人気だと言う話は聞いている、というお2人にオリジナル版の魅力は?と聞くと「日本版を見ている人は、フランス語で書かれたオリジナル版を見ていただくと、その素晴らしさを再認識していただけると思います」とシリルさん。

「舞台に上がる人はみな質が高いのですが、特にダンサーはヨーロッパ有数の人が集結しています。エネルギーが凝縮されていてパワーがあふれています」とジョイさん。歌が素晴らしいのはもちろん、ダンスも一流の人が集まっているので見ごたえがあるステージをみられるのでしょうね!

「シアターオーブは今年開業する新しく素晴らしいミュージカル専用劇場ということで話題なんですよ!!」と話すと(日本語で)「もちろん知っています。オープニングの演目はウエストサイドストーリーですよね」とシリルさん。

鈍感なIも気づきましたよ。ちゃんと。
「ウエストサイドストーリーの原作はロミオ&ジュリエットですね!」というと「そうです。だから、何か運命のようなものも感じますね」とシリルさん。本当だ~!!

最後にお2人から皆さんへのメッセージをいただきました。

「約2時間、日常を忘れて物語の世界に浸ってください」とシリルさん。
「カッコいい男性がいっぱい出ています(笑)、ぜひ見に来てください!」と、笑うジョイさん。主役級が素晴らしいのはもちろんですが、アンサンブルも磐石、ってことですね。

素顔は本当にフレンドリーで、言葉が通じていない気がしないくらい楽しいインタビューでした。でも、ひとたび衣装を身に着けると、パワフルに愛の物語を歌う舞台人に大変身をとげるのです。2人がエメを歌うところを早く見た~い!!

撮影/吉原朱美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<プロフィール>
シリル・ニコライ  シンガーソングライター、ロックバンドグループThe Fairchildsのリーダーとして
も活躍中。2003年、プレスギュルヴィック作のスペクタクル・ミュージカル「風と共に去りぬ」の
アシュレイ役に抜 擢、2007年にはプレスギュルヴィック作「ロミオ&ジュリエット」のアジアツアーで
ベンヴォーリオ役を演じる。来日公演ではロミオ役に挑戦する

ジョイ・エステール  8歳のころ、CM出演で活動を開始。19歳で「Belles Belles Belles」の3人の
主役のうちの1人を射止め好評を博す。2006年プレスギュルヴィック作「ロミオ&ジュリエット」
アジアツアーのジュリエット役に 抜擢され、200公演以上に出演、パリのパレ・デ・コングレでの
凱旋公演にも40回以上出演している

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回の記事『速報! フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 ~ヴェローナの子どもたち~ 来日イベント潜入レポ』はコチラ

 

特報!!! 「超話題3大ミュージカル!」(仮タイトル)

8月18日(土)TBS系で16:00~16:54 オンエア!※関東のみ

フ ランス招聘版「ロミオ&ジュリエット」が、米倉涼子さん凱旋公演となる「CHICAGO」、「ミリオンダラー・カルテット」とともに紹介されます。作品の 魅力を映像と音楽とともに体感できるチャンス! ロミジュリが気になっている人も、ミュージカルが好きな人も、要チェックですよ~!

 

■10月公演フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」チケット発売中。購入はこちら

PCで申し込む

携帯で申し込む

■チケットファンTOP

PCでアクセス

携帯でアクセス
チケットファン

ブタコメ

 

 

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 【ブタコメ】 10月公演フランス版 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 インタビュー
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更