1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ, ランチ
  4. 本当は教えたくない!「秘密のカフェ」

本当は教えたくない!「秘密のカフェ」

個性的なカフェが点在する千葉。カフェフリークの地域特派員さくらんぼさんに「本当は教えたくない!」と思わせた“秘密のカフェ”4軒を一挙公開! 教えたくない理由が、そこにはあるんです。

La petite maisonNatural Ingredients cafe NOIEたけおごはんcaféのっぽ141秘密のカフェリスト

chitkh_300

地域特派員さくらんぼさん。「リビング千葉Web」で地元情報を発信する読者ブロガー。カフェや古民家が好きで、「ドライブがてら見つけた看板を頼りに、とにかく行ってみる!」がモットー。(最新ブログをチェック!

 
La petite maison(ラ プティ メゾン)君津市

ゆるやかな時が流れる…大人だけの幸せ空間

高い天井、窓の外に広がる里山風景…。美しい緑・風・陽を感じながらの食事は、肩の力も自然と抜け、ゆったりできる心地よさ。そんな寛ぎの時間を大切にするため、入店には年齢制限が。オーナー夫婦の優しさにも心満たされる、これぞ大人のカフェ。※上記写真も

chi170525cafe03

本日のランチ1300円。日替わり3種(パン・パスタ・カレー)から選択。サラダ、ドリンク付き

さくらんぼ’s eye

店内も料理も景色もオーナー夫妻もすべて素晴らしい! 流れる音楽のセレクトも素敵。実はあまり有名にならないでほしいな。(ブログ記事もチェック!

chi170525cafe04

三角屋根の外観が目印

11:30 ~ 16:30、木・金・土曜定休。5/26(金)は営業、31(水)は休み。※事前に問い合わせを/久留里駅から車で約6分(君津市栗坪171-7)/駐車場あり/※未就学児と、ペット不可/TEL:0439-27-3700/※6月からコテージ(宿泊)を開始予定
https://www.facebook.com/CafeLapetitemaison

chi170525cafe05

カフェ訪問記

取材当日は、気持ちの良いお天気で、デッキ席での料理撮影では、木漏れ日がキラキラ。鳥のさえずりも聞こえてきて幸せ気分に。
ご主人が作る日替わりランチの「春キャベツむき海老のスパゲティ」(1300円)、奥さま手作りの「よくばりデザート盛り合わせ」(870円)は、できるだけシンプルに旬の素材の味を大切にしていて、こだわりのコーヒーにも大満足!

chi170525cafe07

春キャベツむき海老のスパゲティ

chi170525cafe06

よくばりデザート盛り合わせ

chi170525cafe08

奥様もステキ!

chi170525cafe10

お手洗いもオシャレ

chi170525cafe11

外観(デッキ席側から)

 
Natural Ingredients cafe NOIE印西市

居心地の良さがたまらない、手間ひまかけたメニューに舌鼓

納屋をリフォームしてカフェとしてオープンさせた同店は、5/20で3周年。今では遠方からやってくる人も。センスの良いインテリアに囲まれて、化学調味料を使わない手作りの食事が楽しめます。カトラリーや器などの雑貨も販売中。

chi170525cafe15

珪藻(けいそう)土やエゴマオイルを使った塗料で塗装、古材などでリノベーションした店内

さくらんぼ’s eye

閑静な古民家ストリートにあり、フードも本格的。外観は古く見えますが、洒落た内装がお気に入り。(ブログ記事もチェック!

chi170525cafe14

九州産の牛ひき肉を使った、開店当初からの人気メニュー「タコライス」1026円

平日10:30 ~ 16:30(LO16:00)、土・日曜11:00 ~ 17:00(LO16:30)、祝日定休/千葉ニュータウン中央駅から車で7分(印西市泉49)/駐車場あり/TEL:0476-33-3620
https://www.facebook.com/cafe-noie

chi170525cafe11

カフェ訪問記

レトロなチェアが印象的なカウンター席は、男性でも気軽に入れる空間づくりに一役。ジンジャーエールなどのシロップはもちろん、赤ワインをたっぷり使ったブルーベリーソースに至るまで、手作りにこだわっています。女性にはパスタも人気!

chi170525cafe20

これからの季節はコレ! 生ブルーベリーフレンチトースト(1026円)

chi170525cafe22

元々納屋とは思えない、趣のある建物

chi170525cafe23

落ち着いて食事ができる空間

chi170525cafe21

自然食のみで育てられた“天使の海老”の生パスタ(サラダ・スープ付、1490円)も絶品

 
たけおごはん匝瑳市

古民家の美とシンクロする素朴で自然な味わい

無農薬、有機栽培の農家のがんばりを、一人でも多くの人に伝えたいと、日々野菜と向き合いながら料理する「野菜定食」が必食メニュー。季節の移ろいを感じつつ、焼き物、揚げ物、ごはん、汁物、とバランスを重視して献立を考えているそう。ゆっくり楽しむために、予約をしてからお出かけを。

chi170525cafe16

築85年の古民家は素朴で、品格を感じさせます

さくらんぼ’s eye

ぽつねんと一軒現れる古民家。気持ちの良い縁側、お料理の彩りと味のバリエーションがたまらない!(ブログ記事もチェック!

chi170525cafe18

「野菜定食」1700円。近所の農家「みやもと山」から仕入れる玄米や味噌、卵を使用

11:30 ~ 15:00(日曜、祝日は16:00まで)、金・土曜定休/八日市場駅から車で7分(匝瑳市生尾114-2)/駐車場あり/TEL:0479-74-8488/※予約がおすすめ
http://www.takeogohan.com/

chi170525cafe12

カフェ訪問記

デザートには、「ちぎりシフォン」(450円)がおすすめ。フォークを入れるとつぶれてしまうほど、ふんわりやわらか! 手でちぎって食べてほしい、というのが名前の由来です。農家「みやもと山」の新鮮卵を使っていて、素材の良さを作り手が十二分に引き出した、上品で純粋な逸品です。

chi170525cafe24

ちぎりシフォン

chi170525cafe25

個人のお宅にお邪魔したよう

 
caféのっぽ141市原市

開放的な天井と安らぎの調度品、日常を離れ、和みのひとときを

「モノ作りと自然が大好き」というご夫婦が営むカフェは、住宅街の中にありながら“森”を思わせるロケーション。鳥のさえずりが聞こえる窓辺では、木漏れ日のぬくもりを感じながら、季節のランチやスイーツが味わえます。

chi170525cafe17

古民家をリノベーションした店舗。「コーヒーを楽しむ会」の開催も

さくらんぼ’s eye

とてもモダンな店内。リフォームもしっかりされていて、古い建物もこうすると長く使えるんだと、初めて知りました。(ブログ記事もチェック!

chi170525cafe19

副菜のプレート&ドリンク付き「マグロとレンコンのハンバーグ」1680円

11:30 ~ 17:00、火・水曜定休/JR内房線・八幡宿駅から車で15分(市原市郡本4-141)/駐車場あり/TEL:0436-42-7107
http://noppo141.com/index.shtml

chi170525cafe13

カフェ訪問記

春菊と小松菜のスープやショウガの天ぷら、古代米とあずきのごはん、ナムルなど“体に良いもの”にこだわった手作りメニューは、素材を生かした優しいテイスト(内容はその日により変更あり)。また、ピザも人気だそう。金~日曜限定で、天然酵母のパンも販売しています。

chi170525cafe26

しっとり食感のベイクドチーズケーキ(480円)、ピリっと大人味の自家製ジンジャーエール(480円)。

chi170525cafe27

店舗の周り、テラスに生まれ変わった廊下も風流

 
chi170525cafe29

さくらんぼさんが訪れた、数々のカフェはこちら。

コーヒーくろねこ舎(茂原市)
TEL:080-4403-0319
https://www.facebook.com/kuronekosha0319

村のピザ屋 カンパーニャ(君津市)
TEL:0439-29-2373
http://muranopizzaya.com/

CAFE 三郎兵衛(船橋市)
TEL:047-419-7722
https://twitter.com/cafe_saburohe

飯沼本家(酒々井町)
TEL:043-496-1001
http://www.iinumahonke.co.jp/shop/

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ, ランチ
  4. 本当は教えたくない!「秘密のカフェ」
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更