1. 千葉トップ
  2. 街ニュース
  3. スポット
  4. 時には昔の洋楽などを楽しみませんか?ロックバー「フルハウス」@稲毛

時には昔の洋楽などを楽しみませんか?ロックバー「フルハウス」@稲毛

特派員No. 531
tacknさん

だいぶ以前から、たまに人づてに聞いていた場所。 随分と長いこと忘れていたが、FBで話題に取り上げた方がいて思い出した、稲毛にあるロックバー「フルハウス」。

h30.5fullhouse0119

h30.5fullhouse0116

今ではちょっとマニアックな世界になるのかもしれないが、たまにはいいでしょう。

JR稲毛駅から歩いて5分ほど、交差点角にビルの2階にあります。

h30.5fullhouse0117

h30.5fullhouse0118

 

夕方の5時過ぎ、初めて覗いてみる。早くも年配のお客さんが二人ほど雑談している。店内はテーブル席とカウンターを合わせて25席くらいかな? そのカウンターに座って、まずはビール、その時に名刺を出して主旨を話したら快諾してくれた。

h30.5fullhouse0108

h30.5fullhouse0120

あっ、ちなみにメニューはこんな感じ。

h30.5fullhouse0101

h30.5fullhouse0128

店内は各種の写真や、アンティークなもの、本、雑誌など、いろいろと珍しいものが置いてあって、見るもの楽しい。

h30.5fullhouse0107

h30.5fullhouse0111

h30.5fullhouse0110

店内の写真を何枚かとって落ち着いたところで、マスターと雑談、

今、47年目だとか、2年前に45周年記念の本を作ったということで見せてくれた。

h30.5fullhouse0127

h30.5fullhouse0102

 

パラパラとめくってみると、ネットやメディアで見知った方々が何人か、、、

「Rさんも良くご存じなんですか?」「はい、学生の頃はここで詩の朗読会などもよくやってて、その頃から知ってますよ」「へええ~! そうだったんですか!」ってな感じで、

h30.5fullhouse0103

h30.5fullhouse0104

1971年に開店、その頃は各地にこういう店がたくさんあったけども、今では数えるほど。

音楽はロックを中心に、ジャズやソウル、ブルースなどを、その時の流れや気分でかけているとのこと。 今日はジョー・ターナーという人の、ブルースっぽく多少ジャズが混じったような音楽が流れていた。 昭和というか青春というか、あの時代というか、やはり音楽を聞くと、その頃の時代に戻るような、、たまにこんなムードを味わうものいい。

h30.5fullhouse0115

あ、そうそう当然ながら、ビートルズのパネル写真も。

h30.5fullhouse0124

h30.5fullhouse0125

 

そうそう、もうひとつ、だいぶ前の貴重な雑誌も見せてくれました。
マスターも若い!

h30.5fullhouse0114

h30.5fullhouse0113

 

皆さん、ふだん、こういうところにはあまり行かないかも知れませんが、こんなお店もあるということで、普段とは違う世界?のご紹介です。 時にはどうですか??

参考までに、45周年記念本に寄稿していた方々
(ウィキペディアより)
寮美千子さん
サエキけんぞうさん

 

~フルハウス(Full House)~
住所:千葉市稲毛区小仲台2丁目6−1
稲毛駅前市街地住宅京成ビル2F
電話: 043-287-3841
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/fulmas/

 

この記事を書いた人特派員No. 531 tackn
街の活性化を考えながらの、街歩きが好きで、ブラブラ出歩いては、ちょっと心に残ったものをスマホ写真に収めて、SNSなどで発信しています。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 街ニュース
  3. スポット
  4. 時には昔の洋楽などを楽しみませんか?ロックバー「フルハウス」@稲毛

特派員メンバー