1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市

丹波甘納豆本舗@市が尾

2018/9/24

田園都市編集

こんにちは、編集部Kです。
先日取材の帰りに市が尾にある和菓子屋さん「丹波甘納豆本舗」でお菓子を買ってきました。知り合いが「市が尾に行くならおいしいどら焼きのお店があるわよ」と教えてくれたお店です。市が尾駅の東口からすぐ。趣きのある店構えです。
IMG_6965

店名からしてもちろん甘納豆が人気なのでしょうが、知り合いのススメもあって、やはりここは「ぎゅうひ入りどら焼き」を。普通のどら焼きもありましたが、栗のシーズンでもあるので、栗入りのどら焼きにしました。そして、もちもち好き?としては、やはり2種類の蜜のある「羽二重もち」は見逃せません!
IMG_6980
手前左・栗どら焼き(165円)、右・ぎゅうひ入りどら焼き(140円)
奥左・羽二重もち白みつ、右・黒みつ(各140円)

羽二重もちの白みつ(左)はやさしい甘さでした。
IMG_7002

ぎゅうひ入りどら焼きのぎゅうひは餡の上にたっぷり、びっしりと敷き詰められています。ひとかけらではなく。見えますか? 餡の甘さとカステラ部分の甘さを、ぎゅうひがちょうどよいバランスで整えている感じです。これは人気なのもうなづけますね。
IMG_7020

栗入りの栗もわりと大きめでした。ほどよい甘さです。日持ちも1週間だし、お値段もリーズナブルなのがうれしいですね。
IMG_7022

次こそは甘納豆を買ってみます!

青葉区市ヶ尾町1062-1
045-971-7608
9:30~20:00
日曜定休
http://www.tanba-ah.com/

| コメント (0)

万華鏡展2018「のぞいて」きました!

2018/9/19

田園都市編集

編集部さくさくです。

IMG_0033

田園都市線で一本、
渋谷東急本店で開催中の「万華鏡展2018」へ行ってきました。万華鏡といえば「子どものころ、工作で作った!」という人も多いと思います。

しか~し、実は万華鏡は次々に変化していく画面をのぞいて楽しむ小さなアート。
まわりの筒を吹きガラスで作ったり、オブジェクト(中に入れる動くパーツ)に天然石をつかったり、万華鏡作家それぞれの個性が光ります。

こちらの展示会では、万華鏡世界大会に入賞する世界レベルの万華鏡作家の作品を、なんと無料でのぞくことができちゃいます。

IMG_0004

 

 

手に持って回すタイプの万華鏡もこんなステキな装飾が。

IMG_0019

 

こちらのプレスリーは世界大会の最優秀賞作品。
頭とギターの上にのぞき口があります。

IMG_0016

 

顕微鏡のようにのぞくタイプの万華鏡も

IMG_0020

このプレートをクルクル回します ↓

IMG_0022

IMG_0015

本の形だったり、スタンドライト、ペンダント、木製、さまざま。
中をのぞくと、花のようだったり、宇宙のようだったり、教会のステンドグラスの様だったり。
のぞかないと美しさが伝えられないのが残念です。ぜひ体験してみてくださいね。
※9/26(水)まで
 

The Latest Kaleidoscope Exhibition
Bunkamura 万華鏡展 2018

http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/180913mangekyo.html

 

 

 

 

| コメント (0)

本日9/17から販売開始! 「和栗のモンブラン」ナッシュカッツェ@江田

2018/9/17

田園都市編集

こんにちは、甘いもの大好き編集部Kです。
みなさんもモンブラン、お好きですよね? なんと! 江田の「ナッシュカッツェ」で、今日9/17から「和栗のモンブラン」の販売が始まったんです。
IMG_7027

最近仕事で近くを通るたびにチェックしていた江田の「ナッシュカッツェ」は、ご存知「60分以内で食べられる人」にのみ提供してくれる、「和栗のモンブラン(600円)」を作っているお店。
「ナッシュカッツェ」とは、「甘党・よくつまみぐいをする人」という意味だそうです。オーストリア国家公認のマイスター資格を持つ今井シェフが、本場ウィーン菓子の味を届けています。「青葉ブランド」にも認定されています。ドアにも注意書きがありました。
IMG_7029

さっそく買ってきましたよ!
60分以内に食べないと、土台のメレンゲのさくさく感がなくなってしまうとのこと。
撮影もそこそこに、「いただきま~す!」
IMG_7040

断面はこんな感じです。
IMG_7044

さくさくのメレンゲの土台の上に、甘みをおさえた生クリームがのり、その上に和栗の、しっかり濃厚なペーストが。う~ん、おいしいです。とろけるようなおいしさでした。まさに「これぞモンブランの中のモンブラン」!
一緒に食べようといっていた会社のみなさま、一足お先にいただいちゃいました、すみません! でも安心してください、何回でもお付き合いいたしますので。(ちなみに、9/18はお休みです)
あ、プリンシリーズですが、「生クリームのせプリン」が売り切れていたので、また次回リベンジします。

ウイーン菓子 ナッシュカッツェ
青葉区荏田西2-15-1-102  045-211-4533
11:00〜20:00  月曜定休(月曜が祝日の場合翌火曜定休)10月からは、月・火曜定休
https://www.naschkatze.jp/

| コメント (0)

「コッペんどっと」のコッペパン&「コッペんどっと祭り」@市が尾

2018/9/16

田園都市編集

こんにちは、編集部Kです。
久々に市が尾のコッペパン専門店「コッペんどっと」に行って、お昼ご飯を調達しました。開店からしばらくはお客さんの列が絶えず、買いに行くのも勇気が必要でしたが、少しはすいてきているのでは?と。ーーー午後2時過ぎだったのでお店はすいていました。
IMG_6968

外の壁には、秋メニューやハロウィン装飾が…。
IMG_6966
季節のフィリングが増え、「本日のスペシャル」もわかりやすくなっていました。

コッペパンのサイズが大きいので、1個でお腹いっぱいになりそうですが、やはりおかず系とスイーツ系の最低2つは欲しいもの。
IMG_6972

かなり悩んで「ザンギ(370円)」と「生キャラメル(250円)」をチョイス。から揚げ3つと千切りキャベツ+マヨネーズの「ザンギ」を先に食べました。マヨネーズとから揚げがほどよくなじみ、食べやすかったです。やはり予想通りお腹がいっぱいになり、生キャラメルの方は冷蔵庫に入れて翌朝のお楽しみにとっておくことにしました。パンが柔らかいので写真写りは悪いですが、それだけふわふわパンということでお許しを。翌朝食べた生キャラメルのコッペは、わりとしっかりとした甘さで、おいしかったです。
IMG_6975

お店のツイッターを見たら、9月22日(土)~24日(月・振休)「コッペんどっと祭り」が開かれるもようです。

青葉区市ヶ尾町1054-1
045-532-8443
10:00~18:00(パンがなくなり次第終了)
http://coppendot.com/

| コメント (0)

絶品自家製ドレッシング。「トラットリア パッセジャータ」@中川

2018/9/8

田園都市編集

こんにちは、編集部Kです。
今日は中川駅から山崎公園に続く遊歩道沿いにある、アットホームでかわいいお店「トラットリア パッセジャータ」をご紹介します。
若いシェフとそのお母さま(マダム)のお二人でやっています。平日の夜に行きました。
IMG_6915

なかなかおしゃれな店内です。この間のテレビドラマでも店内が使われていたそうです。
IMG_6920

IMG_6919

IMG_6921

ここに来ると必ず頼む「シェフの気まぐれサラダ」レギュラーサイズ(2人前)1500円。いろいろな野菜のほかに、鶏肉や、鴨肉、生ハムなども入っていて、これ一皿でもかなりお腹いっぱいに。実はドレッシングをかける前の画像なのですが、ここの手作りドレッシングは本当においしくて、「商品化されないんですか?」と毎回聞いてしまいます。いつもはマダムが「皆さまにそうおっしゃっていただくのですが残念ながら…」と答えるのですが、今回はなんと! 「買えますよ。実は予約販売なんですが」と。おお!なんとうれしい! 酸っぱくなく、変なクセもなく、とろっとしながら、絶妙な塩加減や甘さ加減のドレッシングなんです。さっそく予約しました。できあがりの電話がかかってくるのが待ち遠しいです!
IMG_6917

今回もハラペコだったので、アルコール抜きですぐにパスタを注文。まず「アンチョビとブロッコリーのガーリックオイル」1150円。ちょっとピリ辛で、予想通りのおいしさです。
IMG_6923

このお店はトマトソースのパスタが特においしいので一品は必ずトマトソースのものをチョイスします。「モッツアレラチーズのトマトソース」を大盛り(+300円で1500円)で。チーズとトマトソースがとろけあって、意外に濃厚なお味でした。
IMG_6928
ドルチェも食べたかったけど、パスタを大盛りにしたらかなり満腹になってしまったので今回はやめました。

ランチは「パスタランチセット」=サラダ(一口前菜三種と一口ピザ付き)とパスタとドリンクのセットが1300円とお得。
パスタは中盛り、大盛りが無料になります。デザートは+300円から。デザート盛り合わせ+550円。キッズランチセット(750円)もあります。
最近イタリアンづいているKでした。

トラットリア パッセジャータ
横浜市都筑区中川1-6-35中川カスケード1F
045-912-7001 <ランチタイム>11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
<ディナータイム>17:30~22:30(ラストオーダー21:30)
水曜定休
https://trattoria-passeggiata.on.omisenomikata.jp/

| コメント (0)

星乃珈琲店 横浜霧が丘店 フレンチトースト

2018/9/7

田園都市編集

こんにちは。
なんどです。

顔yl179062592304125212331

知人とお出かけしてきました。
環状4号線沿い(横浜市緑区霧が丘)に星乃珈琲があり、ちょっと休憩。
ここはパンケーキが有名ですが、私はサンドイッチもお気に入りです。

teiseiDSC_0090

今日は趣向を変えてフレンチトースト(630円・税別)。
知人はバニラアイス(150円・税別)をプラスしてトッピングしていました。

おいしいですね。
甘さが何とも魅力的です。
ボリュームもあって食べきれないと思いましたが、
ペロリと…。
ドリンクは紅茶にしました。
ガラスのカップが店内のおさえた照明にはえて
素敵です。

teisei DSC_0093

■星乃珈琲店 横浜霧が丘店
緑区霧が丘5-1-1。
平日9:00~20:30(LO20:00)、土日・祝日8:00~21:30(LO21:00)。☎045-920-0455

| コメント (0)

ハンドレッドフルーツでふわふわかき氷!

2018/9/7

田園都市編集

編集部さくさくです。

もう9月。でも暑い日はまだまだありますよね。

こちらの特派員さとちんさんの記事を読んで、
どうしても行きたくて行ってしまいました!

センター南 凍らせたフルーツを削った果樹氷はもう食べた?

IMG_20180906_152229

詳細はさとちんさんのページを読んでもらうとして(笑)、
期間限定「キウイレアチーズ」をいただいてきました!

 

IMG_20180906_144704

 

IMG_20180906_145955

氷はふわふわ。
キウイフルーツのかき氷ははじめてでしたが、
とてもさっぱりして氷とマッチ。

ジューシーなキウイフルーツシロップと、
カットフルーツの歯ごたえに満足です。

IMG_20180906_150326

オンしてあるクリームチーズ。
これまた、程よくクリーミーでキウイフルーツを引き立ててくれます。
すっぱいのは苦手ですが、こちらのキウイフルーツは
甘さが優っていました。

IMG_20180906_145709

同行したMさんはバナナを。
生クリームもふわふわ。ナッツもとてもおいしかったそうです。

 

IMG_20180906_145044

サラダメニューもおいしそうだったので、次はそちらもぜひ。

| コメント (0)

劇団四季 新作ミュージカル「パリのアメリカ人」製作発表会に行ってきました!

2018/9/6

田園都市編集

こんにちは。エンタメ担当編集部Kです。
9月3日に都内某ホテルで行われた、劇団四季 新作ミュージカル「パリのアメリカ人」の製作発表会に行ってきました。
IMG_0639

「パリのアメリカ人」は来年1月20日(日)~3月8日(金)は渋谷の東急シアターオーブで、3月19日(火)~8月11日(日・祝)はKAAT神奈川芸術劇場<ホール>で上演予定です。
開始前の会場の様子です。テレビカメラもたくさん入っていました。どなたがキャスト候補に選ばれたのでしょうか、ドキドキです。
IMG_0642

まず、登壇者からの挨拶がありました。どなたも作品に対するアツイ思いがいっぱいあふれていました。
左から劇団四季代表取締役社長の吉田智誉樹さん、演出・振付のクリストファー・ウィールドンさん、オリジナル・プロデューサーのスチュアート・オーケンさん、アイラ&リオノール・ガーシュウィン信託のマイケル・ストランスキーさん。
s_IMG_0644

吉田智誉樹さん ブロードウェイ公演を見たとき、上質な大人向けの作品だと思ったそうで、特にダンスのレベルが高いこの作品を上演できれば四季はさらに成長できると感じたそう。「おしゃれで洗練された大人のドラマに期待してほしい」と。
s_IMG_0645

スチュアート・オーケンさん 1950年代のハリウッド映画として作られたものを現代に取り込むには、新しい試みが必要だったそうです。それは、時代設定を第二次大戦終戦直後のヨーロッパに置き換えること、ストーリーをさらに発展させるためにガーシュウィンの楽曲を編曲したり新たな楽曲を加えたこと、ダンスを前面に押し出す必要を感じてさまざまなダンスを取り入れたことです。
s_IMG_0647

クリストファー・ウィールドンさん この作品には、戦争の悲惨さの中でも、恋愛や人生を謳歌し、何もかもが素晴らしいというメッセージがうたわれているそうです。
s_IMG_0667

マイケル・ストランスキーさん ガーシュウィン兄弟についていろいろなお話をしてくださいました。ガーシュウィンの楽曲を使用したミュージカルの中でも「パリのアメリカ人」は成功を収めた作品の一つだそうです。
s_IMG_0649

ここで簡単にどんなお話か紹介しましょう。

舞台は第二次世界大戦直後のパリ。戦争で荒廃した街で、新たな人生を夢見る若者たちーアメリカの退役軍人で画家を志すジェリー、同じくアメリカの退役軍人であり、パリで勉強中の作曲家アダム、ショーマンを目指すフランス人アンリ、そしてバレリーナのパリジェンヌリズ。彼らの愛や友情、そして夢を、ガーシュウィンの名曲やイマジネーション豊かなさまざまな種類のダンスで表現しています。

海外版舞台写真を4点。
s-①
(C)Robert Fairchild and Leanne Cope Photo by Tristram Kenton
s-②
(C)Original London Company Photo by Johan Persson
s-③
(C)Robert Fairchild and Leanne Cope Photo by Johan Persson
s-④
(C)Original London Company Photo by Johan Persson

プロモーションビデオの上映に続き、舞台の照明が変わり、劇中ナンバー「An American in Paris」をジェリー役候補の酒井大さんとリズ役候補の石橋杏実さんが素敵なパ・ド・ドゥ(男女のペアダンス)で情感豊かに披露。
★組画像

(左から)ジェリー役候補の松島勇気さんとアンリ役候補の小林唯さん、アダム役候補の斎藤洋一郎さんの3人組が歌う陽気な「’S Wonderful」から
s_IMG_0714

マイロ役候補の岡村美南さんが歌い上げる、ご存知「Shall We Dance?」へ。
ss_IMG_0726

キャスト候補の紹介がありました。左からマイロ・ダヴェンポート役候補の岡村美南さん、リズ・ダッサン役候補の近藤合歓さん、ジェリー・マリガン役候補の松島勇気さんと酒井大さん、リズ・ダッサン役候補の石橋杏実さん、アンリ・ボーレル役候補の小林唯さん、アダム・ホックバーグ役候補の斎藤洋一郎さん。バレエダンサーを募る公開オーディションや劇団メンバーを中心とした出演候補者オーディションを勝ち抜いた俳優さんたちですね。ほかにも複数名の候補が選ばれているそうです。
s_IMG_0733

キャストを代表して松島勇気さんがご挨拶。「クレイジー・フォー・ユー」でも主役のボビー・チャイルドを演じたこともあり、個人的には、松島さんはジェリー役候補に選ばれると思っていました!
s_IMG_0746

全員で写真撮影
s_IMG_0770

キャストだけで写真撮影
s_IMG_0807

上質で洗練された大人のためのミュージカル。ダンスも楽曲も、舞台美術も楽しみです!

劇団四季
https://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/031096.html

| コメント (0)

横浜元町の老舗レストラン「霧笛楼」で美食の会を開催しました!

2018/9/6

田園都市編集

kuri
kuri(くり)
8/30、リビング田園都市主催の「とっておき夏カルチャー第3弾」を開催しました。※第1弾第2弾はこちらから

今回は、横浜を代表するフレンチレストラン「霧笛楼」で、優雅なひとときを過ごす会。美食を味わうだけでなく、同店の社長・鈴木信晴さんによる元町の歴史のお話と、総料理長・今平茂さんの秘伝のレシピも聞けちゃうという、普段ではなかなか体験できないイベント内容でした。残暑が厳しい中、たくさんのみなさんが異国情緒あふれる元町まで足を運んでくれました。

IMG_0580
1981年開店。洋館の佇まいで、開港後に賑わった港崎町遊郭の料亭「岩亀楼(がんきろう)」をイメージした建物

まずは、東洋と西洋を結ぶ“絹の道”をイメージしたバンケット会場「シルクルーム」で、スライドを見ながら、鈴木社長が元町の歴史を話してくださいました。関東大震災や横浜大空襲で焼け野原になってしまった元町が見事よみがえり、活気を取り戻す写真などは興味深いものがあり、参加者も真剣なまなざしで見入っていました。

IMG_0517

元町の名だたる有名店の初代社長の写真なども紹介

つづいて、今平総料理長のお話。今平さんは、卓越した技能を持った「匠(たくみ)」に贈られる称号「横浜マイスター」に選出されたシェフ。地産地消の素晴らしさや、食育のこと、食事を作る大変さや楽しさ、食卓を囲む大切さを熱く語ってくださいました。そして、コンソメスープの作り方や、その残った材料でまかないの親子丼の調理を、さらに、キノコのパスタを目の前で実演。華麗なフライパンさばきにうっとりです~

IMG_0539
中央が今平総料理長。長いコック帽がお似合いですね!

場所を2階お座敷ルームにうつして、いよいよ食事です。

お座敷ルームの雰囲気はこちら

この日は、リビング読者限定のコース料理。

【メニュー】

オマール海老のタルタル仕立て炭火の香り 伝統の収穫・金沢区野島海苔のブランマンジェと胡瓜のガスパチョ風

国産・牛フィレ肉と根菜類のポトフー仕立て インゲン豆と継承ベーコンの香り マッシュルームのブルーテとそのソテー 白トリュフ油風味 浅利の煮汁の泡雪見立て

サワラの網焼き ラタトゥイユ風 トウモロコシのリゾットとそのソース 数種・夏野菜の粒マスタード風味

地養鳥のコンフィ エシャロットとモリーユ茸のソース じゃが芋のローストと椎茸のブルギニョン風 LED横浜菜園サラダ添え

夏のデザート・盛り合わせ「トライアングル」(紅茶とアセロラのグラニテ、白桃のフレッシュ・コンポートと牛乳のアイスクリーム 杏仁とフランボワーズビネガーの風味、マンゴーのババロアとその果実 ライチのクリームソースと共に)

コーヒー

料理をいくつかご紹介~

前菜

IMG_0550

IMG_0557

IMG_0552

IMG_0567

霧笛楼スタッフの方々のサーブ&身のこなしも優雅で、お姫様気分(笑)に♪

参加者からは「はじめて食べるような料理がたくさん!」「シェフの意気込みが感じられる料理」「心から食事を楽しめた」と、喜びの声がたくさんありました。

食事を味わうだけでなく、お部屋の中や、店内にあるすばらしい調度品の数々も楽しむことができます。

IMG_0555

IMG_0512

内装や調度品・器に至るまで、異国情緒あふれる古き良き横浜の世界観を再現しています

ご厚意で、参加者一人一人に、ふんわりマドレーヌ<プレーン・ショコラ>と、茸のクリームスープをいただきました。

IMG_0570

IMG_0569

ご夫婦、お友達、母娘孫の三世代など、参加グループもいろいろ。みなさんの笑顔と“美味しかった”の声が聞けたことが編集部一同、なによりうれしかったです!

今度は私もプライベートで行きたい………(つぶやき)

DATA

仏蘭西料亭 横濱元町霧笛楼

℡045-681-2926
http://www.mutekiro.com/

| コメント (0)

もあ石窯館のクリームパン

2018/9/5

田園都市編集

9月になりました。
ミセス・カスタードです。

DSC_0100

今回は「もあ石窯館」のクリームパン(157円)。
クリームパンはいつも店の中央に置かれています。
パンが並べられたトレイにはフライ返しが添えられていて、
パンの形を崩さず購入できるように配慮されています。

teisei DSC_0130

大切に…パン生地の中に均等にきれいに包まれているクリームパン…。
自家製カスタードクリーム入り。
ポップには、最高級ブルボンヴァニラを使用したカスタード…とも
書かれていて、思わず立ち止まって文面も撮影してしまいました。
この時期、少し冷やして3時のおやつに。
やさしい甘味でひととき暑さを忘れそうに…。

DSC_0135

DSC_0103

■もあ石窯館
青葉区藤が丘2-13-4。7:30~19:30。年末年始・臨時休業を除く年中無休。☎045-979-0709

| コメント (0)

  1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市


会員登録・変更