1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市

都筑の名前が付いた美しいバラが見頃です

2019/5/20

田園都市編集

kuri
kuri(くり)

今、横浜の街がバラでいっぱいになっています!「横浜ローズウィーク」の会場になっている、山下公園港の見える丘公園に行ってきました。

横浜市の花は「バラ」。花と緑あふれる横浜を創造するシンボルとして、平成元年に定められたそう。西洋バラの多くは開港間もない横浜から日本へ上陸したといわれ、今なお市民に親しまれています。そのバラが主役のこのイベント。花と緑と横浜を愛するたくさんの人でにぎわっていましたよ。

IMG_6281

5/19撮影。山下公園の氷川丸をバックに美しいバラが咲き誇っています

IMG_6306

 

IMG_6324

色とりどりのバラたち。バラの香りも楽しめちゃいます

「キレイね~」「いい香りだね」「癒やされるね」と言いながら歩いているとふと目に入ったバラが。
なんとその名前が「ローザ ・つづきく」。田園都市エリア担当としては“都筑区”にいち早く反応しちゃいましたよ!

IMG_6323

IMG_6322
その花は、フランスのアンジェ市にある、オービニエ・スール・レイヨンで作られた新品種で、この町と都筑区との友好関係を記念して、つづきの名前が付けられて贈られたものだそうです。
淡いピンクの花びらがとても美しい!こんな上品なミセスになりた~い!!

 

「横浜ローズウィーク」は、6/2(日)まで、山下公園、港の見える丘公園、横浜山手西洋館、アメリカ山公園、横浜イングリッシュガーデン、八景島バラ園、ほか横浜市内各所で開催されています。まだつぼみのものもありましたが、今が見頃!でした。
お出かけしてみてはいかがでしょうか?

| コメント (0)

11月にまちびらき!「南町田グランベリーパーク」現場見学会に行ってきました

2019/5/16

田園都市編集

kuri
kuri(くり)

2019年11月、南町田グランベリーモール跡地に、公園・商業施設・駅施設・ミュージアムが一体となった「南町田グランベリーパーク」がいよいよオープンします。2017年に閉館した「グランベリーモール」の跡地が今はどうなっているのかしら?と、はやる気持ちをおさえながら、開発現場の見学会に行ってきました。

今年の11月に商業施設の「グランベリーパーク」、あらたに整備された「鶴間公園」、
そして12月に「スヌーピーミュージアム」がオープンします。また駅舎もリニューアルし、「南町田グランベリーパーク駅」となります。児童館も入り、大人も子どもも幅広い年代の人たちに愛される街づくりを目指しているとのこと。
緑豊かで街の全部が“パーク”になるというイメージ図はこちら!

B02_グランベリープラザイメージ

B04_マーケットプラザイメージ1

B05_マーケットプラザイメージ2

みなさんがきっと気になっている、注目テナントの一部を紹介します。

モンベル」カヌー体験ができる人工池やクライミング体験用のウォールを備えた国内最大級のアウトドア体験拠点

スノーピーク」日本で2店舗目となる、レストランを併設した複合店舗。キャンプ用品、アパレル、レストランが融合

FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」“おかあさんといっしょ”など、NHK Eテレのキャラクターに親しめる、日本最大級のアミューズメント施設

109シネマズグランベリーパーク」閉館していた映画館が最新鋭の上映システムを導入して戻ってきます

ほか、“アウトレット”の店舗もさらに拡充! また、食にも力を入れ、フードコートも充実しているそうですよ。

現在、約200店舗が決定しているそうですが、オープンまでにさらに増えるとのこと。楽しみですね~

公開された現地の今はこんな感じです。見学会当日はあいにくの雨模様だったのですが、開放感があって、広くて、ピカピカの施設に「早く完成して!」とワクワクしっぱなしでした。

IMG_8201300インチのスクリーンでは美しい映像が見られます。その上は駐車場。合計約2000台を完備

IMG_8258

広場では、楽しいイベントも計画中とのこと

IMG_8169

工事作業をしている人の多さにも、びっくりです

そして、お待ちかね!「スヌーピーミュージアム」が、六本木から南町田に移転してきます。六本木の約2倍の規模に拡大して、12月にオープンです。充実した常設展示室や専用のワークショップルームも設けられ、ここでした手に入れられないオリジナルグッズも販売。さらにカフェも併設されます。
http://www.snoopymuseum.tokyo/

IMG_8218

説明してくださったのは、スヌーピーミュージアムの中山館長(左)

D02_スヌーピーミュージアム外観イメージ

「スヌーピーミュージアム外観イメージ」©Peanuts Worldwide LLC
鶴間公園は、春は桜、夏や新緑、秋冬は紅葉…と四季折々の自然を感じられるエリアです。遊具も新設し、キッズも楽しめます。ショッピングエリアを歩いていると、道続きでそのまま公園に入れます。

C03_さわやか広場 イメージ3
広い芝生広場でごろ~んとお昼寝も気持ちよさそう!

最後に、駅舎のイメージをご紹介。E01_駅構内イメージ
エスカレーターやホームドアを設置。さらに使いやすく!

「南町田」駅から、「南町田グランベリーパーク」駅に改称し、平日も急行列車の停車駅になります。ますます便利になってうれしいですね。************************町田市、東急電鉄、スヌーピーミュージアム(ソニー・クリエイティブプロダクツ)の3者が官民連携で開発を進めている「南町田グランベリーパーク」。約22ヘクタールと、とにかく広い!周辺に住んでいる人だけでなく、遠方からも、さらに海外からもたくさんの人が南町田に足を運んで、賑わう様子を想像しながらの現場見学会でした。

続報がありましたら、またリビング田園都市WEBでご紹介しますね!

| コメント (0)

横浜ランドマークタワー スカイガーデンの夜景イベントにうっとり!

2019/4/26

田園都市編集

kuri
kuri(くり)

みなとみらいのナイトエンターテインメントスポットが誕生した!と聞いて、横浜ランドマークタワー 「スカイガーデン」に行ってきました。

4/26(金)~8/31(土)、通算250万人を動員するクリエイティブカンパニー NAKED(ネイキッド)が、「新しい世界-NEW WORLD-」をテーマに、横浜の夜景とコラボレーションした映像演出「シティ ライト ファンタジア by NAKED」を作り出します。

プレス発表に出かけた編集&営業女子4人が、69階まで高速エレベーターに乗って展望台に到着。目の前には、ステキな横浜の夜景が広がっています。声をそろえて「うわぁ~きれいね!」

これだけでも十分美しいのに、さらにそれに加えて、窓ガラスにプロジェクションマッピングが融合するのだそう。どんな体験ができるのかしら?ドキドキ♪

IMG_6168

上の写真は、始まる前の通常モード。窓ガラスには特殊なフィルムが貼ってあり、そこに映像を投影するのだそう。

ミュージックとともに始まりましたよ!

IMG_6184
IMG_6180

花火のような映像が目の前に広がります
IMG_6177ランドマーク、観覧車など、横浜シンボルが映し出されます

プロデューサーの久保哲矢さんのお話では、これまで、東京タワー、あべのハルカス、名古屋テレビ塔などの全国のタワーや展望台で実施してきたもので、横浜では初開催とのことです。

IMG_6170 (1)                プロデューサーの久保哲矢さん

最長10連休のゴールデンウイークのお出かけにいかがですか?
8/31(土)まで開催しているので、夏休みでもOKですね。

この美しさは写真だけでは伝わらない~
ぜひ自分の目で確かめて、光と夜景の世界に酔いしれてみて!

*********************************************

「CITY LIGHT FANTASIA BY NAKED -NEW WORLD-」
会場: 横浜ランドマークタワー69階展望フロア「スカイガーデン」
開催期間:4/26(金)〜8/31(土)19:00~21:00
(毎週金・土曜・特定日は22:00まで/最終入場は30分前まで)
スカイガーデン入場料:大人(18~64歳):1000円 / 65歳以上・高校生:800円
小・中学生:500円 / 幼児(4歳以上):200円
※展望台の入場料金のみで見ることができます
URL:https://www.yokohama-landmark.jp/citylightfantasia/newworld/

 

| コメント (0)

横浜観光親善大使が編集部に来てくれました!

2019/4/18

田園都市編集

kuri
kuri(くり)

公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューローの平成31年度「横浜観光親善大使」が、編集部を訪れてくれました。

今年度の大使は、川内美月さん(青葉区在住・大学3年生)と、渡部結郁子さん(中区在住・大学4年生)。フレッシュな笑顔が印象的です。

お2人が意気込みを語ってくれました。
【川内さん】
「横浜の街を歩いて楽しむことが好きです。魅力あふれる横浜の良さを笑顔いっぱいでPRしていきたいです」
【渡辺さん】
「1歳から中区に住み、四季折々に風景を変える横浜が大好きです。歴史あふれるこの地の魅力を多くのみなさんにアピールしていきたいと思っています」

IMG_7869

(左)川内さん。特技は絵を描くこと、テニス、社交ダンス
(右)渡部さん。特技はトロンボーン演奏

この日が活動初日だったそう。元アナウンサーにレクチャーを受けたり、立ち振る舞いの練習もしているとか。持っているバッグや靴も横浜ブランドです。

あふれる「横浜愛」を持って、横浜市の“市の顔”として活動するお2人をリビング田園都市も応援します!

| コメント (0)

パン工房 SORA クリームパン

2019/4/16

田園都市編集

こんにちは。ミセス カスタードです。
中山駅に行く用事があり、「パン工房 SORA」によってみました。
開店したころ2回ほどうかがったのですが、
2日ともクリームパンが手に入らず
三度目のチャレンジです。

こちらのパンはすべて国産小麦使用とのこと。
全体的にやさしい風味…このお店の持ち味です。

お店に一歩入ると、クリームパンが3つも!ありました。
2つ購入。最後の1個は店内で写真撮影させていただきました。

ポップには「自家炊き カスタードクリームパン」(150円)との文字。
そして「バニラビーンズたっぷり
自家炊きカスタード。ふわふわです!」と。

はい。ふわふわ!
その通りでした。
パンもクリームもふわふわふわ!

DSC_0757

ランチを食べた後でも別腹で入ってしまうような軽さが罪ですね。

DSC_0760

ちなみに中山駅といえば、駅ビル(ビーンズ中山に!)が最近リニューアルして賑やかになりました。「パン工房 SORA」は中山駅からほど近い緑区役所のそばにあります。入口がちょっとわかりにくいかもしれませんが、看板を探しながら来てくださいね。

DSC_0755
■緑区台村町317-1、緑センタービル1階。10:00~18:00。日、月曜休。☎045-507-4807。
※駐車場(中山商店街第二駐車場)は、1000円以上購入の場合1時間利用可

| コメント (0)

編集後記4月5日号「春のスイーツパン特集」

2019/4/5

田園都市編集

編集後記4月5日号
「春のスイーツパン特集」

パンの取材はたのしい!

今回担当しました編集部のSです。

小さい頃、自宅の前はお豆腐屋さんで、朝早くから豆腐作り。
できたてのおいしそうなお豆腐の香りが周辺に漂っていました。

でも、もしかしてお豆腐屋さんじゃなくて、
パン屋さんだったら!
もっと幸せな気持ちになっていたかも。
(そしてもっと太っていたかも…)

地元の人たちに「うちのパン屋さん」と親しまれ、
休日には遠方からパンのフリークが訪れるベーカリーが
田園エリアには点在しています。

ちょっと駅から遠くても行く価値あり!

●アトリエ デコパン
http://atelier-decopan.com/

土・日曜にはキッシュも販売しています。
材料の野菜は直売所で直接見て選んでいるそう。
春には旬のタケノコも。

●ボレロ
http://bolero-yokohama.com/

パンがおいしいのはもちろんなのですが、
パティシエの経験もあるシェフがつくるケーキも見逃せません。

●ブーランジェリー メリエス

趣味がパン屋巡りと言う、本当にパンが好きな店長さん。
近所の西洋人も「フランスで食べたパンといっしょ」と大満足だそうです。

 

●前田パン

「クロワッサンなど、作る過程に時間と手間がかかるパン作りが好き」なシェフ。
取材時は午前中早めだったので、
棚にはいろいろな種類のパンがずらりと並んでいました。
パン好きにはたまらない風景です。

http://maedapan.web.fc2.com/

 

●ブーランジェリーふくふく
フェイスブックはこちら
https://ja-jp.facebook.com/boulangeriefukufuku/

お客さんのアンケートから人気の3品を限定販売する、
「さようなら! 平成フェア」を開催しています。
平成元年から人気のティラミスパンも登場。

新元号を記念する新商品も出るのでしょうか。
期待しています。

 

★4月5日号「春のスイーツパン特集」ただいま配布中です。
こちらからも見られます。

 

| コメント (0)

3/28(木)グランドオープン! 「東急フードショースライス」内覧会に行ってきました

2019/3/26

田園都市編集

kuri
kuri(くり)

あざみ野駅改札を出てすぐ!リニューアルした「エトモあざみ野」内に3/28(木)にオープンする「あざみ野 東急フードショースライス」の内覧会に行ってきました。

~全13店舗を紹介しましょう~

「フロ プレステージュ」洋菓子・洋総菜
「ブールミッシュ アルティザン」洋菓子
「わらび餅 すみ田」和菓子
「goodish by Rosenheim
(グーディッシュ バイ ローゼンハイム)」サラダ・惣菜
「とんかつ新宿さぼてん」揚物
「リトナキッチン」和洋惣菜
「カンナムキンパ」韓国惣菜
「紅燈籠」中華総菜・点心
「京樽・重吉」寿司・おにぎり
「ブーランジェリー ポール」ベーカリー
「東急フードショーカフェ」カフェ
「ワインショップ・エノテカ」ワイン
※営業時間は、10:00~21:00。「ブーランジェリー ポール」「京樽・重吉」は7:00から(日曜、祝日は8:00から)。「東急フードショーカフェ」は9:00から

さてさて、どんなお店があるのかな?歩いてみましょう~

リニューアル前にも店舗があった「ブーランジェリー ポール」は、お店の場所を移動してのニューオープン。“あざみ野におかえりなさい~”という気分です♪”朝7:00から開店しているので、通勤通学時間に買って出かけるのも便利ですね。

IMG_7056
店内はパンの香りでいっぱい。あざみ野限定のパンもこれから店頭に並ぶそう

次はケーキ♪
「ブールミッシュ アルティザン」は、ブールミッシュのハイグレード店舗。「アルティザン」とはフランス語で、熟練された技術を持つ「職人」の意味だそう。キラキラしたケーキがケースに並んでいます。あざみ野限定のスイートポテトも販売しています。

IMG_7082
仕事帰りのパパさん、駅でケーキを買って帰ったらきっと喜ばれますよ~

IMG_7066
あざみ野の名前が付いたスイートポテトは、ちょっとしたお遣いものや、帰省の手土産にぴったりですね

内覧会には、ブールミッシュの店主である、吉田菊次郎さんも来店。あざみ野在住だそうで、あざみ野愛を語ってくださいました。IMG_7064

お惣菜やお弁当も充実しています。和・洋・中・韓すべてそろっているので、どれにしようか、迷っちゃいます。IMG_7084

「フロ プレステ―ジュ」。色鮮やかなサラダの量り売り。おいしそうですね~

IMG_7073
「紅燈籠」。中華メニューの種類豊富です

IMG_7074

「とんかつ新宿さぼてん」には揚物がずらり!帰りが遅くなってしまって「今日の夕飯どうしよう?」というときの助けになりますね。

IMG_7079
「カンナムキンパ」。キンパや、ビビンバなど、韓国料理好きにはたまらないメニューが店頭に!

IMG_7062
おにぎり、お寿司が並ぶ「京樽・重吉」も朝7:00から営業。忙しい朝に、買ってすぐに電車にGO!

IMG_7078
“今日は一杯飲んじゃおうかしら”の気分の日には、「ワインショップ・エノテカ」でワインを買って帰っちゃいましょう。チーズなどのワインのおともも一緒にどうぞ。

IMG_7052
注目は、「東急フードショーカフェ」。トーストやパニーニなどの軽食から、ハンバーグやポークグリルなどのメインディッシュまで味わえます。1ドリンクを注文すれば、フードショースライスで購入したものに限り、持ち込みOK。軽く食事を済ませたいとき、ゆっくりくつろぎたいとき、軽くお酒を楽しみたいときなど、いろいろなシーンで立ち寄れます。

************************
とにかく「改札の目の前」という場所が一番の魅力。まるで“デパ地下が駅にやってきた”ような品ぞろえで、あざみ野のお買い物がますます楽しくなりそう!
3/28(木)~4/3(水)には、限定数のスペシャルサービスもあるそうなので、見逃さないで!

| コメント (0)

超濃厚なのに臭みゼロ「八ちゃんラーメン」

2019/3/8

田園都市編集

どろっどろなのに臭くない!
“超濃厚”博多とんこつ

編集ぶよこ、新横浜ラーメン博物館の新店プレスオープンに行ってきました。

den_190306hachanrahaku

博多で50年「八ちゃんラーメン」。

25年口説き続けて、3/6(水)ついに出店した名店は、

支店なし、HPなし、取材NGで、ガイドブックにも載っていない

しかも、博多本店の営業時間は21:00~深夜2:30っていうから、レア度高すぎです。

「ラーメン」750円

den_190306hachan

透明度ゼロ。ドロッドロなのです。底を掘り起こしても全層どろどろ。

なのに、とんこつのイヤな臭みゼロ!の「超濃厚スープ」が主役です。

やや勇気が必要な見た目ですが、食べてみると意外とさっぱり。香ばしい。個人的にはコショウの香りが好印象。

極細だけど平打ちの麺にからんでおいしくいただけました

ミニ570円もありますよ。

「一口餃子」550円は

den_190306hachangyoza

3㎝くらいのミニミニサイズを手包みしています。

外はカリカリ、玉ねぎの甘みがふんわりおいしい~

以上、本店で6年修行した中谷店長を取材しました。

den_190306hachantencho

昼間食べられる、本店以外で食べられる「八ちゃんラーメン」は、ラー博だけですよ~。

八ちゃんラーメン
横浜市港北区新横浜2-14-21、新横浜ラーメン博物館
JR新横浜駅から徒歩5分、横浜市営地下鉄8番出口から徒歩1分
℡:045(471)0503(代表)
オープン11:00(日・祝日は10:30から)。最終入場は21:00~23:00で変動
ラストオーダーは閉館30分前
1日入場券 大人310円、小学生・60歳以上100円
http://www.raumen.co.jp/shop/hacchanramen

| コメント (0)

編集後記 3月9日号「曜日限定オープンの店」

2019/3/7

田園都市編集

こんにちは、おいしいもの大好き、Kです。
もう、ご覧いただけましたか?リビング田園都市3月9日号特集「曜日限定オープンの店」。
→ 記事はコチラ
以前から友人に「素敵だからぜひ、行って!」と教えてもらっていながらなかなか行けなかったお店を、やっとご紹介できました。こだわりの多いお店だけあって、1カ月まるまるお休みするお店も珍しくなく、実は海外に原稿を送ってチェックしていただいたお店も。臨時休業や逆に臨時営業もあるので、必ず事前に開店日を確認してからお出かけくださいね!

cafe NAVY
編集部員とお味見に行ったときのランチは「カレー2種盛」。大皿には十六穀米と野菜、チキンカレーなどが。きのこのカレーはちょっとスパイシーなので「辛かったら、生クリームを入れますので」というお言葉に甘えて生クリームもinしてみました。一つ一つ丁寧に作られていておいしく、毎日でも食べた~い! このあと「苺のプリンパフェ」をぺろっと完食。パフェは、甘さ控えめ、いろいろな味が何層にも重なり、幸せ気分に。3月のパフェは「桜モンブランパフェ」のようです。
ss-IMG_8092

里のengawa
青葉台駅からバスでたった10分のところに広がる里山の風景。お店は古木や廃材などを再利用した手作りです。取材の日は赤ちゃん連れのママ友が集まっていました。大家さんもピザを味わいにお店に。なんだか古き良き昭和の時代、な感じがしました。最近では、飼っている鶏の卵のふ化に成功し、ヒヨコが2羽生まれたようです。開店日や予約、イベントの様子などはFacebookをチェックしてくださいね。
ss-IMG_5548

ベーカリー&カフェ KOaA(コア)
取材の日はちょうど1か月の冬休み中でしたが、わざわざランチセットを作ってくださいました。地下は建築家のご主人の事務所があり、お店もコンクリート打ちっぱなしの、住宅街でもひときわ目を引く素敵な外観です。ランチはテイクアウトもできるんです。オフィスに戻ってみんなで味わって食べましたよ。優しい味わいで、身体にとっても良さそうでした。

ss-IMG_8237

コトリ山ベーカリー
お店のドアを開けると、パンの焼けるおいしそうなにおいが。自家製のスープも買えるようです。手作りの具材を挟んだサンドイッチはいつも大人気。私はこちらのクリームパンが大好きです。近所の幼稚園児がママと一緒にパンを買って行きました。入り口近くには、子どもが座るとちょうど良さそうなかわいい椅子もありました。店名のようにかわいいお店です。
ss-IMG_5301

いかがでしたか? あなたのお気に入りのお店が見つかったらうれしいです。

| コメント (0)

編集後記 ホッとひといき「大人時間」

2019/2/21

田園都市編集

2/23号 ホッとひといき「大人時間」。

担当は、昼間はコーヒー、夜はビール&ワインが好きな

編集部のマル子です。

 

私自身、ひとりお茶、ひとりランチはよくするのですが

ひとり飲み、ひとりディナーの域には踏み入れたことがなく…

夜は家族や友人との機会が多いんですよね。

 

今回取材させていただいた各店のオーナーさんとの話の中で

「女性のおひとりさまも、結構いらっしゃいますよ」

「おひとりさまも歓迎です」との話を聞いて

 

「私もカウンターでしっとりとグラスを傾けたいんだよね」と友達に話したら

「マル子の場合はカウンターでがっつり飲んじゃいそうだよねー」との返事が。

いや、ひとりで行ったらしっとりとできるはず。多分。

 

「至福の1杯×落ち着く空間=ホッとひといき、大人時間」

きっとリフレッシュできて、明日への活力につながるはず。

子育てで忙しい方も1時間でもご主人にお子さんを預けて

ひとり時間が過ごせるといいですね。

 

どちらのお店もドリンクへのこだわりはもちろん、

そのドリンクに合わせた、フードも充実しているステキなお店ばかり。

シチュエーションに合わせて利用してみてくださいね。

私も仕事が早く終わった時や、出かけたついでの、家までのワンクッションで

一杯たしなんでから帰宅…。ステキな「大人時間」近々トライしてみます。

 

大人の階段を登り途中の、私の最終目標はお店でこの一言!

「いつものお願いします」

これに憧れているマル子です☆

皆さんもそれぞれの「大人時間」お楽しみください。

 

各店のプチ情報

■ワインショップ・エノテカ カフェ&バー たまプラーザ店
ブラインドテイスティング、有名ワイナリーからゲストを招いてのテイスティングイベント、食事付きのイベントなども店内で開催しています。「田園都市エリアのコミュニティの場になれば」と店長の梅木さん。詳細はたまプラーザ店のHPをhttps://www.enoteca.co.jp/shop/tamaplaza

■CAFE SALON SONJIN
ホットコーヒーのカップはもちろん、ソーサーまで温かい! アイスコーヒーは氷もコーヒーを凍らせたもの。時間が経過しても味が薄まらない嬉しい心遣いが。極厚の名物ホットケーキのほか、スイーツはワッフル、土・日曜、祝日限定の「ママの手作りタルト」も。食事メニューのカレー、オムライス、雑炊もおいしいと評判。

■Trinity Wine Lounge&Cafe
オープンして11年ワインバー。カウンターのほか、4人席テーブルが3つ、奥には半分仕切られた6人席のテーブルがあり、グループでもゆったりと楽しめます。通常のフードメニューのほかに日替わりのメニューが約9品。ワインに合う一品のほか、パスタなどしっかりメニューも。http://www.trinity-wine.jp/index.html/

■AOKATI COFFEE and roaster
コーヒーの香りが漂う店内は日当たりも良く気持ちのいい空間。飲食するとテイクアウト用の店内で焙煎した豆が10%オフというウレシイ情報も。2.2mmのパスタを使った食べ応えのあるナポリタンもオススメ! オーナーご夫婦の温かい接客もステキなお店です。旬な情報はインスタから。https://www.instagram.com/aokati_coffee/

■TDM 1874 BREWERY
店名の「TDM」はTは10、Dは日のDAY、Mは市場のMarket。「十日市場」の頭文字と坂口屋の創業年1874から。併設のリカーショップは生産者から買い付けた直輸入ワインやこだわりの日本酒も充実。リカーショップの商品も店内で味わえます。平日の19時まではハッピーアワーで通常ボトル1本につき500円かかるチャージ料が無料に!http://www.sakaguchiya.co.jp/shop/

| コメント (0)

  1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市


会員登録・変更