1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市

超濃厚なのに臭みゼロ「八ちゃんラーメン」

2019/3/8

田園都市編集

どろっどろなのに臭くない!
“超濃厚”博多とんこつ

編集ぶよこ、新横浜ラーメン博物館の新店プレスオープンに行ってきました。

den_190306hachanrahaku

博多で50年「八ちゃんラーメン」。

25年口説き続けて、3/6(水)ついに出店した名店は、

支店なし、HPなし、取材NGで、ガイドブックにも載っていない

しかも、博多本店の営業時間は21:00~深夜2:30っていうから、レア度高すぎです。

「ラーメン」750円

den_190306hachan

透明度ゼロ。ドロッドロなのです。底を掘り起こしても全層どろどろ。

なのに、とんこつのイヤな臭みゼロ!の「超濃厚スープ」が主役です。

やや勇気が必要な見た目ですが、食べてみると意外とさっぱり。香ばしい。個人的にはコショウの香りが好印象。

極細だけど平打ちの麺にからんでおいしくいただけました

ミニ570円もありますよ。

「一口餃子」550円は

den_190306hachangyoza

3㎝くらいのミニミニサイズを手包みしています。

外はカリカリ、玉ねぎの甘みがふんわりおいしい~

以上、本店で6年修行した中谷店長を取材しました。

den_190306hachantencho

昼間食べられる、本店以外で食べられる「八ちゃんラーメン」は、ラー博だけですよ~。

八ちゃんラーメン
横浜市港北区新横浜2-14-21、新横浜ラーメン博物館
JR新横浜駅から徒歩5分、横浜市営地下鉄8番出口から徒歩1分
℡:045(471)0503(代表)
オープン11:00(日・祝日は10:30から)。最終入場は21:00~23:00で変動
ラストオーダーは閉館30分前
1日入場券 大人310円、小学生・60歳以上100円
http://www.raumen.co.jp/shop/hacchanramen

| コメント (0)

編集後記 3月9日号「曜日限定オープンの店」

2019/3/7

田園都市編集

こんにちは、おいしいもの大好き、Kです。
もう、ご覧いただけましたか?リビング田園都市3月9日号特集「曜日限定オープンの店」。
→ 記事はコチラ
以前から友人に「素敵だからぜひ、行って!」と教えてもらっていながらなかなか行けなかったお店を、やっとご紹介できました。こだわりの多いお店だけあって、1カ月まるまるお休みするお店も珍しくなく、実は海外に原稿を送ってチェックしていただいたお店も。臨時休業や逆に臨時営業もあるので、必ず事前に開店日を確認してからお出かけくださいね!

cafe NAVY
編集部員とお味見に行ったときのランチは「カレー2種盛」。大皿には十六穀米と野菜、チキンカレーなどが。きのこのカレーはちょっとスパイシーなので「辛かったら、生クリームを入れますので」というお言葉に甘えて生クリームもinしてみました。一つ一つ丁寧に作られていておいしく、毎日でも食べた~い! このあと「苺のプリンパフェ」をぺろっと完食。パフェは、甘さ控えめ、いろいろな味が何層にも重なり、幸せ気分に。3月のパフェは「桜モンブランパフェ」のようです。
ss-IMG_8092

里のengawa
青葉台駅からバスでたった10分のところに広がる里山の風景。お店は古木や廃材などを再利用した手作りです。取材の日は赤ちゃん連れのママ友が集まっていました。大家さんもピザを味わいにお店に。なんだか古き良き昭和の時代、な感じがしました。最近では、飼っている鶏の卵のふ化に成功し、ヒヨコが2羽生まれたようです。開店日や予約、イベントの様子などはFacebookをチェックしてくださいね。
ss-IMG_5548

ベーカリー&カフェ KOaA(コア)
取材の日はちょうど1か月の冬休み中でしたが、わざわざランチセットを作ってくださいました。地下は建築家のご主人の事務所があり、お店もコンクリート打ちっぱなしの、住宅街でもひときわ目を引く素敵な外観です。ランチはテイクアウトもできるんです。オフィスに戻ってみんなで味わって食べましたよ。優しい味わいで、身体にとっても良さそうでした。

ss-IMG_8237

コトリ山ベーカリー
お店のドアを開けると、パンの焼けるおいしそうなにおいが。自家製のスープも買えるようです。手作りの具材を挟んだサンドイッチはいつも大人気。私はこちらのクリームパンが大好きです。近所の幼稚園児がママと一緒にパンを買って行きました。入り口近くには、子どもが座るとちょうど良さそうなかわいい椅子もありました。店名のようにかわいいお店です。
ss-IMG_5301

いかがでしたか? あなたのお気に入りのお店が見つかったらうれしいです。

| コメント (0)

編集後記 ホッとひといき「大人時間」

2019/2/21

田園都市編集

2/23号 ホッとひといき「大人時間」。

担当は、昼間はコーヒー、夜はビール&ワインが好きな

編集部のマル子です。

 

私自身、ひとりお茶、ひとりランチはよくするのですが

ひとり飲み、ひとりディナーの域には踏み入れたことがなく…

夜は家族や友人との機会が多いんですよね。

 

今回取材させていただいた各店のオーナーさんとの話の中で

「女性のおひとりさまも、結構いらっしゃいますよ」

「おひとりさまも歓迎です」との話を聞いて

 

「私もカウンターでしっとりとグラスを傾けたいんだよね」と友達に話したら

「マル子の場合はカウンターでがっつり飲んじゃいそうだよねー」との返事が。

いや、ひとりで行ったらしっとりとできるはず。多分。

 

「至福の1杯×落ち着く空間=ホッとひといき、大人時間」

きっとリフレッシュできて、明日への活力につながるはず。

子育てで忙しい方も1時間でもご主人にお子さんを預けて

ひとり時間が過ごせるといいですね。

 

どちらのお店もドリンクへのこだわりはもちろん、

そのドリンクに合わせた、フードも充実しているステキなお店ばかり。

シチュエーションに合わせて利用してみてくださいね。

私も仕事が早く終わった時や、出かけたついでの、家までのワンクッションで

一杯たしなんでから帰宅…。ステキな「大人時間」近々トライしてみます。

 

大人の階段を登り途中の、私の最終目標はお店でこの一言!

「いつものお願いします」

これに憧れているマル子です☆

皆さんもそれぞれの「大人時間」お楽しみください。

 

各店のプチ情報

■ワインショップ・エノテカ カフェ&バー たまプラーザ店
ブラインドテイスティング、有名ワイナリーからゲストを招いてのテイスティングイベント、食事付きのイベントなども店内で開催しています。「田園都市エリアのコミュニティの場になれば」と店長の梅木さん。詳細はたまプラーザ店のHPをhttps://www.enoteca.co.jp/shop/tamaplaza

■CAFE SALON SONJIN
ホットコーヒーのカップはもちろん、ソーサーまで温かい! アイスコーヒーは氷もコーヒーを凍らせたもの。時間が経過しても味が薄まらない嬉しい心遣いが。極厚の名物ホットケーキのほか、スイーツはワッフル、土・日曜、祝日限定の「ママの手作りタルト」も。食事メニューのカレー、オムライス、雑炊もおいしいと評判。

■Trinity Wine Lounge&Cafe
オープンして11年ワインバー。カウンターのほか、4人席テーブルが3つ、奥には半分仕切られた6人席のテーブルがあり、グループでもゆったりと楽しめます。通常のフードメニューのほかに日替わりのメニューが約9品。ワインに合う一品のほか、パスタなどしっかりメニューも。http://www.trinity-wine.jp/index.html/

■AOKATI COFFEE and roaster
コーヒーの香りが漂う店内は日当たりも良く気持ちのいい空間。飲食するとテイクアウト用の店内で焙煎した豆が10%オフというウレシイ情報も。2.2mmのパスタを使った食べ応えのあるナポリタンもオススメ! オーナーご夫婦の温かい接客もステキなお店です。旬な情報はインスタから。https://www.instagram.com/aokati_coffee/

■TDM 1874 BREWERY
店名の「TDM」はTは10、Dは日のDAY、Mは市場のMarket。「十日市場」の頭文字と坂口屋の創業年1874から。併設のリカーショップは生産者から買い付けた直輸入ワインやこだわりの日本酒も充実。リカーショップの商品も店内で味わえます。平日の19時まではハッピーアワーで通常ボトル1本につき500円かかるチャージ料が無料に!http://www.sakaguchiya.co.jp/shop/

| コメント (0)

メゾングラス アンジュのシュークリーム

2019/2/21

田園都市編集

メゾングラス アンジュの
シュークリーム
無題アンジュ 外観

こんにちは。寒いですね…。
ミセスカスタードです。
青葉台を代表するスイーツショップの「アンジュ」は、
環状四号線沿いの青葉台一丁目バス停前にあります。
道路に面した入り口は温室のような明るいガラス張り。
街の風景がお菓子の世界に映り込んで楽しげです。

無題シュー0214

「シュークリーム」270円(税別)。
【写真下は、手でわってみたところです。クリ~ム! クリーム!】

無題 手でわってみました 2-1

ザクザクした歯ざわりのシューは食べごたえ十分。
中にたっぷり入った、とろとろのカスタードクリームとのバランスも絶妙です。
一見小柄(?)に感じる大きさも、食べてみるとボリュームに満足。
おやつタイムにもちょうど良いサイズでした

無題 アンジュのプチカーニバル

無題 アンジュのプチカーニバル 店にて 明

 

<おまけです!>最近登場したという「プチカーニバル」(写真上・460円税別)は、
大きさも手ごろでオススメです
無題 アンジュ ショーケース

■青葉区青葉台2-26-1、スクエアハイツ1-C。10:00~20:00。木曜定休。
☎045-988-5527。http://www.ange-japon.com

| コメント (0)

「丘の上のパン屋」は、風景も絶品でした

2019/2/1

田園都市編集

厳しい寒さが続きますね。お元気ですか? ミセス・カスタードです。

冬晴れの中「丘の上のパン屋」に
行く機会がありました。弊紙
8/4号1面「NEW OPENの注目店」で掲載した時の担当者Mさんの運転で…
編集部の幸運な数名が同乗させてもらったのです。

美しが丘西の閑静な住宅街。
坂を上りきった
まさに丘の上に
名画から移したような佇まいで「丘の上のパン屋」はありました。

①縮変丘の上DSC_0642

青空の中、思いっきり深呼吸してみました。
プチ旅行に出かけた気分になりました。
そして! 期待大のパンが呼んでいます~。

外観写真を撮るのもそこそこに店内へ。

④丘の上DSC_0640

クリームパンは残念ながら売り切れ…。
そこでカスタードクリームを使った菓子パンをいくつか購入しました。

「青葉ファーム林檎」はその中の一つ。
上品な味!
パリパリ、サクサクした生地と甘すぎないカスタードクリームが
程よいハーモニー。

そして…(カスタードクリームは使っていませんでしたが、)
レーズン入りのデニッシュ(写真下・右側)も美味でした。

縮変丘の上パン3つDSC_0649

親しい人への手土産にしたくなりました。

②縮変丘の上DSC_0643

■青葉区美しが丘西3-8-8。8:00~18:00。月曜定休(祝日の場合営業・火曜休)。
☎045-530-9683。https://okanouenopanya.com/ ※価格は外税です

| コメント (0)

Verveine(ヴェルヴェンヌ)でランチ

2019/1/31

田園都市編集

こんにちは。なんどです。毎日寒いですね。
今日は久しぶりでレストランのランチ話(?!)です。

ヴェルヴェンヌに行きました。

同店は2007年にたまプラーザ駅近くに開店。
2014年青葉区内(美しが丘4丁目)に移転オープンしたフレンチレストラン。
(たまプラーザ駅やあざみ野駅から、徒歩ではやや距離がありますが、
店のすぐ横に駐車場があり、皆さん利用されているようです。
駐車場使用の場合は、店の予約する折に一緒に声をかけておいた方が安心ですね)

おいしい上に気軽に立ち寄れる店として田園ミセスに定評があるヴェルヴェンヌ!
(人気店です~、予約した方がよさそうですよ!)

①縮変メニュー ヴェルヴェンヌ

今回は4人でランチ。
ランチメニューの中から2人はメニューA(1950円・画像)
【スープ、メイン、デザート、コーヒーなど】を。
2人はメニューB(2800円)【前菜、メイン、デザート、コーヒーなど】をチョイス。

ボードに書かれてあるメインメニューは豊富で、迷いました。どれも魅力的!
さんざん困った後、なぜか4人とも「メイン」→「白身魚」になったのはご愛敬。

②縮変スープ ヴェルヴェンヌDSC_0627

③縮変メイン ヴェルヴェンヌ1548311909550

デザートのアイスクリームはバナナとキウイフルーツ入り。
さっぱりとした後味でこれも美味!

④縮変デザート 1548307872050

※私はメニューAでしたが、おなかいっぱいになりました。
ちなみに今日のスープは菊芋入りで印象に残るおいしさ!でした
※おなかがすきすぎていた私は、メニュー撮影する前に思わず一口食べてしまったり…と
さんざんなことに。後で画像をMさんにいただきました。Mさんありがとうございました
※メニューの中には、オードブルなどテイクアウトができるものも(予約制)あるようです。 ホームパーティーなどにいかが?

⑤ヴェルヴェンヌDSC_0631

■フランス料理 ヴェルヴェンヌ
青葉区美しが丘4-26-40。ランチ11:00~14:00(LO)、ディナー18:00~20:30(LO)。水曜定休、不定休あり。☎045-901-3477。http://verveine.net/

④縮変駐車場DSC_0633

| コメント (0)

編集後記 田園都市パッケージコレクション 【アトリエうかい たまプラーザ店】

2019/1/30

田園都市編集

田園都市エリアの人気スイーツ店「アトリエうかい たまプラーザ店」。

今回、田園都市パッケージコレクションで紹介した商品。

クッキーの詰め合わせ「ふきよせ」シリーズの「紅白」と「冬椿」。

化粧箱

化粧箱を開けると、中身のクッキーの説明書きが。

 

2面アトリエうかい

折り目正しい和のパッケージは気品が溢れています。

冬季限定の「冬椿」の凜とした表情もステキですよね。

通年で販売している「紅白」のほか、季節ごとに旬の素材を使ったシリーズが販売されます。

shop bag

「ふきよせ」シリーズ専用のショップバッグも和の雰囲気。

 

冬椿中身

「冬椿」の約半分をお皿に。

「みかんのホロホロクッキー」「林檎と胡桃のシナモンクロケ」など冬の素材の味が楽しめます。

メレンゲ菓子も果実感たっぷり!

紅白中身

定番の「紅白」の約半分をお皿に。

「きな粉クッキー」「生姜とヘーゼルナッツのメレンゲ」などなど。

小さいクッキーながら、それぞれの存在感はしっかり。

 

見た目もかわいらしく、一度にいろいろな味や食感が楽しめる「ふきよせ」シリーズでティータイムの会話も弾みそう!

 

お味はもちろん、ショップバッグ、包装紙、クッキーの缶がどれも洗練されていて上質なので個人的にも手土産でよく利用させていただいています。

自分へのご褒美スイーツも見つかりますよ(^_-)-☆

 

1/26号の紙面の情報はこちらから ↓

SNS映え必至☆ 田園都市 パッケージコレクション

お店のHPはこちらから ↓

https://www.ukai.co.jp/atelier/

 

| コメント (0)

編集後記 田園都市 パッケージ コレクション 【億万両本舗 和作】

2019/1/29

田園都市編集

こんにちは。なんどです。
つややかな餡に、くちどけのよい皮。
神奈川県指定銘菓の億万両(最中)は一つ200円。
このようなシンプルなお菓子ほど
素材の味と職人の技がきわだつように思えます。

縮変更DSC_0566

縮変更DSC_0557

旭区の中白根が本店の和菓子店「和作」。
その中山店はJR・市営地下鉄中山駅南口に。

縮変更DSC_0540

縮変更DSC_0543

同店は菓子店として、
おいしさを追求するのはもちろんのこと、
商品から「夢や楽しさを感じていただけたらとてもうれしいのです」とのお話が。

大きな夢~「億万両」の名もしかり!
(縁起物のさしいれとしても使われているようですね)
それにしても、
最中を包む紙には小判をイメージして本物の金箔を貼っているとは。
最初に知った時は驚きました。

※編集部で持ち帰った小判のパッケージを見た人が、
時代劇風の口調で「ふ・ふ・ふ、おヌシも~●●よの~」と寸劇(?)を始めるのも楽しかったですよ

縮変更DSC_0548

■緑区寺山町71-8。9:00~19:00。火曜定休。P・中山商協駐車場(2000円以上1h)☎045-511-7273
https://www.wasaku.co.jp/

| コメント (0)

編集後記 田園都市パッケージコレクション 【ケーキハウス ノリコ】

2019/1/28

田園都市編集

1997年にオープンし、地元に愛されているケーキ店「ケーキハウス ノリコ」。

最寄り駅はセンター南駅。店舗裏には駐車場が7台分ありますよ。

IMG_4301

 

今回、田園都市パッケージコレクションで紹介した

バームクーヘン「本牧 リ・バーム」。

バーム

箱はレコードジャケット、バームクーヘンはレコード盤をイメージ。

バームクーヘン専用オーブンで一層一層丁寧に焼きあげています。

アーモンドとヘーゼルナッツは店内で挽きたてのものを使用しているので香りがとってもいいんです!

今回紹介したのは厚さ約4㎝ですが、倍の厚さのダブルサイズ(8㎝)のものもあります。

 

bag

バームクーヘンは横浜の名前がついたお菓子「濱ネスクストーリー」の中の1つ。

専用のショップバッグもシックな色味とデザインです。

ほかにも「赤レンガ倉庫」「横浜の税関 (クイーンの塔)」「氷川丸」などの名前がついた焼き菓子も。

 

IMG_4294

店内は選ぶのに迷ってしまいそうな焼き菓子も充実。

 

IMG_4300

ショーケースには生ケーキの種類も豊富。

お値段も300円台からあるのが嬉しい!

手土産に迷ったら「ケーキハウス ノリコ」へ。きっとお気に入りの商品が見つかりますよ。

 

1/26号の紙面の情報はこちらから ↓

SNS映え必至☆ 田園都市 パッケージコレクション

お店のHPはこちらから ↓

https://www.cakehouse-noriko.com/

| コメント (0)

編集後記 田園都市パッケージコレクション 【菓子匠末広庵】

2019/1/26

田園都市編集

川崎大師のお膝もとで1952年に創業した老舗和菓子店「菓子匠末広庵」。

川崎本店をはじめ、宮前店、江田店、すみれが丘店、マルイファミリー溝口店、ラゾーナ川崎プラザ店、GINZA SIX店に店舗があります。

 

今回の企画「田園都市パッケージコレクション」。

こちらの「来福焼き」を見つけた時に「ビビビッ!」ときましたよ。

このフォルムといい、質感、紅白だるまの縁起の良さ、「福が来る」というネーミング、そしてお味もいい!

だるま1

みているだけでほっこり癒やされます。

 

気になる中身はコチラ!

中身3

中からもカワイイだるまが!

紅白のパッケージの中身は同じです。紅白各3個ずつ。

あんこ

生地はしっとりもっちり。和三盆糖を配合した自家製粒あんがつまっています。

上品な甘さは日本茶はもちろん、コーヒーのお茶うけにも。

 

手提げ1

 

朱色のショップバッグも和の雰囲気でステキです。

 

そしてウレシイサプライズも!

おみくじ

箱の中におみくじが入っているのです。

※ネタバレになってしまうので、ぼかし画像にしています

 

個人的に気に入ってしまい、お世話になったママ友にプレゼントしたり、お年賀に利用したりと年末年始に大活躍でした。

これからの季節は、頑張っている受験生にお渡ししても喜ばれそうですね。

2019年、皆さまにもたくさんの福が来ますように!

 

田園都市エリアの店舗情報はこちらからチェックしてください ↓

SNS映え必至☆ 田園都市 パッケージコレクション

お店のHPはコチラから ↓

http://www.suehiroan.co.jp/

| コメント (0)

  1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市


会員登録・変更