1. 田園都市トップ
  2. 編集スタッフブログ 大好き♥田園都市
  3. 今が旬!“浜なし”の食味審査に参加してきました

今が旬!“浜なし”の食味審査に参加してきました

2019/8/20

田園都市編集
田園都市編集

横浜市内で生産されたナシのブランド“浜なし”

kuri
kuri(くり)

おいしいフルーツは数々あるけれど、横浜で今の時季に注目されるものは浜なし
そんな“浜なし”を丹精込めて栽培している生産農家が、横浜市にはいくつもあります。
その品質と栽培技術を競う「持寄品評会」がJA横浜中里支店で開催されました。
長い横浜勤務の中で、一度も浜なしを食べたことがない…という、編集長とkuriが参加してきました。

【浜なしとは?】
「浜なし」は、ナシの品種名ではなく、「横浜農業協同組合果樹部」の統一ブランド名です。平成27年6月に登録商標。主な品種は、「幸水」「豊水」。スーパーや青果店に出回ることはほとんどなく、主に農家やJA横浜の直売所などで販売をされている、地産地消の代表選手です。

thumbnail_IMG_7055

thumbnail_IMG_7050

会場に入ると、甘~い香りが漂っていました。たくさんのナシが並べられ、すでに「横浜市長賞」「都筑区長賞」「緑区長賞」などが決定済。その中から、「食味大賞」を決定するのが食味審査。責任重大です…。

thumbnail_IMG_7046

番号だけが書かれて、お皿に並べられたナシが5種類。ひとつひとつ、ゆっくりと味見を開始。

thumbnail_IMG_7048

審査用紙に「甘み」「酸味」「食感」をそれぞれ3段階で評価をして、最後に第1~3位を付けていきます。途中でお水を飲みながら…ゆっくり…味わって…噛みしめて…。でも、途中で「あれ?」と舌が悩み始めます(笑)
「甘みよりも酸味が強い」「シャキシャキ感が一番いい」など、素直な感想を記入しました。

thumbnail_IMG_7058

そして「食味大賞一席」が決定しました!一席に決まったのは、品質と栽培技術などをトータルで評価をして、第一位となったナシと同じものでした。

thumbnail_IMG_7053一席のものはもちろんですが、どれも水分たっぷりでおいしかったです

thumbnail_IMG_7060

会場の外では、販売会も開かれていました。地元のみなさんが列を作っていましたよ。

持って帰った浜なしは、オフィスのみんなで美味しくいただきました。
「甘いね~」「うわぁ!初物だわ」「シャキシャキね」と大喜びでしたよ。
みなさんも、直売所などで見つけてみては。

浜なしだけでなく、地元の農産物が買えるところは、こちらからチェックしてみてね♪
https://ja-yokohama.or.jp/tenpo/hamakko

田園都市編集
田園都市編集



  1. 田園都市トップ
  2. 編集スタッフブログ 大好き♥田園都市
  3. 今が旬!“浜なし”の食味審査に参加してきました

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年11月29日号

電子ブックを読む



会員登録・変更