1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市

BAKERY ABE(ベーカリー アベ)の 太陽のクリームパン

2018/10/2

田園都市編集

こんにちは!
ミセス・カスタードです。
スイーツをゆっくり味わいたい季節となりましたね。

今日は藤が丘駅からほど近い、
ウオーキングにもおすすめのもえぎ野公園!
ではなく、
すぐそばのベーカリー アベの「太陽のクリームパン」(210円外税)をご紹介します。

済shumaruDSC_0200

扉を押して店内へ。レジの女性だけではなく奥で製造している方からも明るい声がかかります。
公園側の大きな窓を背にした棚に、今日の主役! 太陽のクリームパンが並んでいました。
クリームパンとしては個性的な丸いフォルム。トップにはハートのマーク。

済shumaruDSC_0203

済shumaruDSC_0184

パンですが、ブリオッシュ生地の上品なお菓子という趣。
フワッ、サクッとした外側。中の自家製のカスタードクリームはトロ~リ。
二つの素材の違いがはっきりとでていて楽しい一品です。
お好みのストレートティーで…いかがですか。
気のおけない友人が集まるひとときのおともにも!

 

済shumaruDSC_0183

■BAKERY ABE(ベーカリー アベ)
青葉区柿の木台3-20。月曜定休。☎045-532-8326

| コメント (0)

【編集後記】「田園都市的 持ち寄り Party」前菜・メイン・デザート編

2018/10/1

田園都市編集

9/29号「田園都市的 持ち寄り Party」特集を担当したマル子です。

マル子的実食レポート第2弾はコチラ ↓

前菜

縁結び懐石「瑞亭」の秋の前菜。目で楽しめるアートな逸品!
焼きナスのジュレとゴマクリームの上には、プリッとした海老、ほどよい塩味のいくらが。
ベビーコーン、アスパラ、みょうがの食感もアクセントに。
和食の奥深さを感じる前菜は、自宅では出せない本格派のお味。

グラスに入っているので、取り分ける手間も省けるのもパーティーにはいいですね!
季節によって内容も変わるので冬になるとどんな前菜になるのかも楽しみ。
「おばんざい弁当」や「懐石弁当」も注文できるのでそちらも利用してみたいです。
お弁当の内容は「瑞亭」のHPでチェックを。

 

ローストチキン

ジャーーン! パーティーの主役にふさわしい「ローストチキン」は肉バル「アロンジェ」。
ドーーーンと大きいお肉がテーブルにあるとパーティー感がアップしますね。
肉好きなマル子的には目の保養になります(笑)

熊本の老舗肉屋のこだわりの肉はシンプルにおいしい!
1羽丸ごとだと、脂ののった部分やさっぱり部分と好みの部位をチョイスできるのも◎。
撮影後の冷めた状態でいただきましたが、パサつきがなくしっとり。肉の旨味が口に広がりました。
「余ったら翌日はほぐしてサラダに入れてもおいしいですよ」と店主の川村さんの言葉も。
お店イチオシの熊本名物の「あか牛」も味わいた~い。

 

マスカット

女子的にははずせないデザートは旬の素材をふんだんに使った「アトリエうかい」で!
秋の味覚たっぷりのシャインマスカットと巨峰が「こんなに!」と思えるくらいたっぷりの「シャインマスカットと巨峰のヴェリーヌ」。
下段からぶどうゼリー、ヨーグルトムース、レモンマートルのジュレが美しい層をなし、食べ進めるほどに笑顔になっちゃいます。
10月中旬くらいまでの商品なので早めに味わってくださいね。

 

ケーキ

断面の美しさが目を引く「ロアジス」。
ピスタチオの生地に中央に色味が美しいグリオット(チェリー)のムースとジュレが。外側はライチとヨーグルトのムース。グリオットの酸味とヨーグルトの爽やかなケーキ。食後でもペロリといただけちゃいます。食べる前には撮影会をしたくなるフォトジェニックなスイーツです。

マル子的には、「アトリエうかい」の和栗を使ったモンブランと栗プリンもこの季節に味わいたい逸品。

気になる逸品は見つかりましたか?
持ち寄りパーティーの参考になれば嬉しいです。
今後もおいしいモノ情報を発信していきます!
食いしん坊万歳!!

お店の情報はこちらからチェックを ↓

https://mrs.living.jp/denen/a_feature/article/3194671

 

| コメント (0)

うちの犬初登場です

2018/10/1

田園都市編集

さくさくです。
今日は紙面で動物特集が組まれるのにちなみ、うちの犬を紹介します。

 

イタリアングレーハウンドのノア、女の子・6才です。
おばさんになってきたので顔が白くなってきました。

この犬種にした理由は
小さいから抱っこで運べる
短毛で手入れしやすそう
いつまでも売れ残ってて安くなったから。

よく「抜け毛が少なさそう」と言われますが、
短いだけで毛は抜けます。
床をそうじしてて、
「長いまつげがいっぱい落ちてるなあ」と思ったら、
それはノアの抜け毛です。

 

IMG_0009

しゅっとしてカッコよくみえるので、
カッコいいCMに使われたりする犬種です。
最新のイケアのカタログにもでていました。

 

耳がぴんと立っているタイプもいますが、
うちは普段はふにゃっとたたんでいるタイプです。
そのためか犬に見えないこともあるようで、散歩していると
小学生に「ぎゃっ!へんなのがいるっ」と
驚かれることがあります。

 

IMG_0062

お気に入りの遊びは、犬の定番ひっぱりっこ。
気が済むまでひっぱると、
ふいっとどこかへいってしまいます。
ネコ的ですね。

 

IMG_0015

「ごはんはまだですか」

 

IMG_0037

真剣に「まて」。
「早く、よしって言ってください」

 

IMG_0025

ふだんはここで丸まって寝ています。
寒くなってくると「ふとんをかけてくださいな」と催促。

IMG_0002

通称“人間をダメにするソファ”。
もちろん人間専用なのですが、
人がいない時はこちらでまったりしているに違いないです。
動かぬ証拠がこのくぼみ。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

プリンぷりんPudding! たまプラーザ 茶菓あずきやのプリン

2018/9/29

田園都市編集

こんにちは、編集部Kです。
昨日たまプラーザで、11月に開催の「田園アート&ライフマーケット2018」の出展者向け説明会が開かれました。たまプラーザに行ったので、帰りに創作和菓子で人気の「茶菓あずきや」でプリンを買ってきました。プリンシリーズ5回目です。
IMG_7087

小ぶりでかわいいフォルムの和菓子や和洋折衷のお菓子がたくさん並んでいます。
下から「ごまプリン(243円)」、定番の「和三盆プリン(226円)」和糖蜜付き、季節限定の「南瓜プリン(243円)」です。
IMG_7090

ふたを開けるとこんな感じです。順番がさっきと変わってしまってすみません!
左から「ごまプリン」。白ごまと黒ごまの2種類のごまの、ちょっぴりプチプチ感が楽しい!
「和三盆プリン」はやさしい甘さですが、プリンにかける和糖蜜はしっかりと甘いです。
「かぼちゃのプリン」はハロウィンに向けてまだまだ楽しめそうですね。
IMG_7099
10月に入ったら、また違う季節のプリンが出てくるのでしょうか。楽しみです。

茶菓あずきや
青葉区美しが丘2-18-9
TEL 045-901-8692 火曜定休 9:00~19:00
https://www.sakaazukiya.com/

| コメント (0)

【編集後記】「田園都市的 持ち寄り Party」太巻&サラダ編

2018/9/28

田園都市編集

9/29号「田園都市的 持ち寄り Party」特集を担当したマル子(食いしん坊)です。

年末に向け、ハロウィン、クリスマスとイベントがあり、人が集まる機会が増えますね。
田園都市エリアで買えるパーティーにふさわしい逸品たちを一同に集めてみました!

今回の企画でテーブルに並ぶさまざまなジャンルのおいしいモノ達。
どれも本当にオススメできる逸品です!

「これどこで買ったの?」
「おいし~! プロの味だね」
「インスタにアップしよう!」

そんな会話が弾むこと間違いなしですよ~。


マル子的実食レポートはコチラ ↓ 

太巻箱

田園都市エリアを代表する寿司店「逸喜優」。
太巻のテイクアウトはシックな黒いボックスに入っています。
開ける前からワクワクしますね。洗練されたお店の袋からも高級感が漂います。

太巻

具だくさんな太巻はずっしり! 目にも華やかです。
自家製の卵焼き、ふっくらした江戸前穴子、上品な甘さのかんぴょう…丁寧な仕事が随所に感じられます。
ボタンエビや車エビを使用して作る自家製「おぼろ」が何とも美味。
キレイにカットするのが難しい太巻ですが、こちらは6等分にカットされて箱に入っているのでご安心を。
平面的に並べてしまいがちの太巻を、先生のアドバイスで立てて盛り付け。
なるほど、立体感が出ていいですね! 今後真似してみようと思います。

これは、近々手土産に持っていきたい逸品。実家に持っていても喜ばれそう。

 

 

サラダ

こちら「Revive-Recie TENZO(テンゾ)」の「テンゾサラダプレミアム」。
キャベツ、小松菜、ロメインレタス、ブロッコリー、きゅうり、ピーマン、コリンキー、バターナッツ、ミニトマト、シャドークイーン(じゃがいも)、インゲン、ビーツ…などなど
旬の地場野菜がたっぷり入っているんです。
こんなに入って、ドレッシングもついて780円!

 

サラダ盛り付け

彩り豊かなサラダは、大皿にリースの様に盛り付け。自宅でこんなに種類をそろえるのは大変。コストパフォーマンス最高にいい逸品ですよ。
横浜市内の契約農家さんから届く新鮮野菜は味も濃い!

店内には野菜を中心とした惣菜やお弁当、スイーツも並んでいます。
「この野菜はこういう食べ方もあるのね!」そんな発見もあるお店です。
事前の取材時に購入したお弁当も「何種類野菜が入っている?」というくらい盛りだくさん。

 

私自身、子どもが小さい時はよく持ち寄りでパーティーをしていました。
毎回何を作るか、持っていくかで悩んだものです。この企画をしてから、久しぶりにパーティーしたくなってきました。うーん、何を買おうかしら?!

食欲の秋到来です。
皆さんも「田園都市的パーティー」楽しみましょう!

 

お店のデータは下記からチェックしてね ↓

https://mrs.living.jp/denen/a_feature/article/3194671

| コメント (0)

センター北商業振興会(編集後記)

2018/9/28

田園都市編集

編集後記(センター北商業振興会)
今回の地元ごひいき商店街は、横浜市都筑区の「センター北商業振興会」でした。

センター北商業振興会
今回は田園都市エリアでも比較的「新しい街」にうかがいました。
計画的に整備されたエリアに誕生した魅力的なショップの数々と商店街。
若い街の力をそのままに、車の両輪のように発展してきました。

そして大規模な店も一般の個店も…。
共存しながらこの街を支えていく力を育てています。
ともにこの地域を大切に思っているという雰囲気が
会長のお話の端々から伝わって来る取材でした。
短時間にもかかわらず伝わる地域愛。
そのアツさはエリアの人たちへもきっと以心伝心…なのだろうと推察しました。

ラ・メゾン センター北店
大切な時間を一人でゆっくり過ごしたくなるような、落ち着いたな空間が広がるカフェレストランです。
まず…ドアから一歩店内に入ると、目の前に広がるショーケースに並ぶ多彩なスイーツの虜になってしまいました。(人気のタルトの中には、手抜きのないおいしさが幾重にも重なっていますよ)
個性豊かなメニューもさまざまで…。きっとあなたもチョイスに困ることでしょう。
いつの間にかあなたもリピーターになってしまうかも。

maru縮IMG_0888

| コメント (0)

パリジェンヌのかわいい系(カスタード)

2018/9/27

田園都市編集

ようやく秋です。
ミセス・カスタードです。
荏田南にある
「FRESH BAKERY パリジェンヌ」に行きました。
江田駅から横浜市営バスに乗車。折田公園前バス停で降りました。
このあたりは緑が濃いですね。
住宅地に車が入らない歩道が広がり、
子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

子どもたちの声が響く店内へ。
「クリームパンはありますか」と聞いてみました。
「あ…、売り切れてしまいました」
「カスタードクリームの入っているパンはありますか?」
一緒にいたKさんがすかさずフォローしてくれました。

そこで教えていただいたのが
こちら!(172円)。

縮maruDSC_0165
ふわふわパンの中にはもちろんカスタードクリームが。

縮maruDSC_0167
ビジュアルは子どもたちも注目のかわいい系です。
※晴れた日なら、店の外でも座って食べられますよ

縮maruDSC_0143

■パリジェンヌ(荏田南店)
都筑区荏田南5-7-3。9:00~19:00。定休日なし
☎045-941-7106 http://www.eda-parisienne.com/

| コメント (0)

丹波甘納豆本舗@市が尾

2018/9/24

田園都市編集

こんにちは、編集部Kです。
先日取材の帰りに市が尾にある和菓子屋さん「丹波甘納豆本舗」でお菓子を買ってきました。知り合いが「市が尾に行くならおいしいどら焼きのお店があるわよ」と教えてくれたお店です。市が尾駅の東口からすぐ。趣きのある店構えです。
IMG_6965

店名からしてもちろん甘納豆が人気なのでしょうが、知り合いのススメもあって、やはりここは「ぎゅうひ入りどら焼き」を。普通のどら焼きもありましたが、栗のシーズンでもあるので、栗入りのどら焼きにしました。そして、もちもち好き?としては、やはり2種類の蜜のある「羽二重もち」は見逃せません!
IMG_6980
手前左・栗どら焼き(165円)、右・ぎゅうひ入りどら焼き(140円)
奥左・羽二重もち白みつ、右・黒みつ(各140円)

羽二重もちの白みつ(左)はやさしい甘さでした。
IMG_7002

ぎゅうひ入りどら焼きのぎゅうひは餡の上にたっぷり、びっしりと敷き詰められています。ひとかけらではなく。見えますか? 餡の甘さとカステラ部分の甘さを、ぎゅうひがちょうどよいバランスで整えている感じです。これは人気なのもうなづけますね。
IMG_7020

栗入りの栗もわりと大きめでした。ほどよい甘さです。日持ちも1週間だし、お値段もリーズナブルなのがうれしいですね。
IMG_7022

次こそは甘納豆を買ってみます!

青葉区市ヶ尾町1062-1
045-971-7608
9:30~20:00
日曜定休
http://www.tanba-ah.com/

| コメント (0)

万華鏡展2018「のぞいて」きました!

2018/9/19

田園都市編集

編集部さくさくです。

IMG_0033

田園都市線で一本、
渋谷東急本店で開催中の「万華鏡展2018」へ行ってきました。万華鏡といえば「子どものころ、工作で作った!」という人も多いと思います。

しか~し、実は万華鏡は次々に変化していく画面をのぞいて楽しむ小さなアート。
まわりの筒を吹きガラスで作ったり、オブジェクト(中に入れる動くパーツ)に天然石をつかったり、万華鏡作家それぞれの個性が光ります。

こちらの展示会では、万華鏡世界大会に入賞する世界レベルの万華鏡作家の作品を、なんと無料でのぞくことができちゃいます。

IMG_0004

 

 

手に持って回すタイプの万華鏡もこんなステキな装飾が。

IMG_0019

 

こちらのプレスリーは世界大会の最優秀賞作品。
頭とギターの上にのぞき口があります。

IMG_0016

 

顕微鏡のようにのぞくタイプの万華鏡も

IMG_0020

このプレートをクルクル回します ↓

IMG_0022

IMG_0015

本の形だったり、スタンドライト、ペンダント、木製、さまざま。
中をのぞくと、花のようだったり、宇宙のようだったり、教会のステンドグラスの様だったり。
のぞかないと美しさが伝えられないのが残念です。ぜひ体験してみてくださいね。
※9/26(水)まで
 

The Latest Kaleidoscope Exhibition
Bunkamura 万華鏡展 2018

http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/180913mangekyo.html

 

 

 

 

| コメント (0)

本日9/17から販売開始! 「和栗のモンブラン」ナッシュカッツェ@江田

2018/9/17

田園都市編集

こんにちは、甘いもの大好き編集部Kです。
みなさんもモンブラン、お好きですよね? なんと! 江田の「ナッシュカッツェ」で、今日9/17から「和栗のモンブラン」の販売が始まったんです。
IMG_7027

最近仕事で近くを通るたびにチェックしていた江田の「ナッシュカッツェ」は、ご存知「60分以内で食べられる人」にのみ提供してくれる、「和栗のモンブラン(600円)」を作っているお店。
「ナッシュカッツェ」とは、「甘党・よくつまみぐいをする人」という意味だそうです。オーストリア国家公認のマイスター資格を持つ今井シェフが、本場ウィーン菓子の味を届けています。「青葉ブランド」にも認定されています。ドアにも注意書きがありました。
IMG_7029

さっそく買ってきましたよ!
60分以内に食べないと、土台のメレンゲのさくさく感がなくなってしまうとのこと。
撮影もそこそこに、「いただきま~す!」
IMG_7040

断面はこんな感じです。
IMG_7044

さくさくのメレンゲの土台の上に、甘みをおさえた生クリームがのり、その上に和栗の、しっかり濃厚なペーストが。う~ん、おいしいです。とろけるようなおいしさでした。まさに「これぞモンブランの中のモンブラン」!
一緒に食べようといっていた会社のみなさま、一足お先にいただいちゃいました、すみません! でも安心してください、何回でもお付き合いいたしますので。(ちなみに、9/18はお休みです)
あ、プリンシリーズですが、「生クリームのせプリン」が売り切れていたので、また次回リベンジします。

ウイーン菓子 ナッシュカッツェ
青葉区荏田西2-15-1-102  045-211-4533
11:00〜20:00  月曜定休(月曜が祝日の場合翌火曜定休)10月からは、月・火曜定休
https://www.naschkatze.jp/

| コメント (0)

  1. 田園都市トップ
  2. 編集部スタッフブログ 大好き♥田園都市


会員登録・変更