読者が体験★自動ブレーキなどを搭載した話題のサポカーSに乗ってみた! | リビング田園都市Web
  1. 田園都市トップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 読者が体験★自動ブレーキなどを搭載した話題のサポカーSに乗ってみた!

読者が体験★自動ブレーキなどを搭載した話題のサポカーSに乗ってみた!

  • 2018/02/22 UP!

denen_suppocar_fb

「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)※1」とは、
自動ブレーキをはじめとする予防安全機能を備えた車の愛称のこと。
CMなどで耳にするけれど、「本当にもしものときはどうなるの?」
「そもそもどんな機能?」と疑問はいろいろ。そこで、読者が試乗してきました。

人ガッツ青葉区の読者・本多聡美さん(左)、都筑区の長谷川佳奈子さん(右)

illust3783

 

駐車教えてくれたのは、ネッツトヨタ横浜 マイネッツあざみ野 志澤正貴さん

駐車時

加速を抑えて

kuruma試乗した車は、トヨタ ヴェルファイア ハイブリッドx(7人乗り)※2

「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」※3は、駐車するときの低速走行時に、進行方向にある障害物に向かってアクセルの強い踏み込みをセンサーが検知した場合に、ブザーとディスプレー表示で「加速制御中」と警告。同時にエンジン出力を制御し、加速を抑えてくれます。

青葉
障害物が迫ってくると自動でスピードダウン。運転している志澤さんに「今、アクセルをベタ踏みしているのにスピードが抑制されているんですよ」と言われてびっくり。障害物がガラスでもしっかり感知してくれるそう。

illust3783

 

さらに自動

パニックになりがちなドライバーをサポートしてくれる機能が「ブレーキ制御」。加速制御装置が働いてスピードが落ちても、ドライバーがブレーキを踏まず、さらに前方の障害物にぶつかる恐れがある場合、ディスプレーに「ブレーキ!」と表示され、ブザーで警告。自動的にブレーキをかけて衝突を回避します。

続き
体験では、それほどスピードは出ていなかったのですが、実際に障害物が目の前に来ると、ドキドキ。「あっ! 壁にぶつかる!」と、思った寸前でブザーが鳴り、それとほぼ同時に自動ブレーキがかかり、ホッとしました。

残り20㎝残り20㎝で自動でブレーキがかかり停車。「こんなギリギリで止まってくれて頼もしい!」と2人

illust3783

 

ほかにも

パーキング

車庫入れが苦手な人にとって、その瞬間は不安と緊張の連続。「パーキングアシスト(駐車支援システム)」を使えば、検知センサーとカメラが駐車枠を認識し、バック駐車時に必要なハンドル操作を自動でアシストしてくれます。縦列駐車や縦列駐車からの発進など、狭いスペースにも対応してくれます。

車庫入れ

スイッチを押すだけで目標駐車位置を自動設定。「ハンドルから手を離してアクセル操作をしているだけ。すごい!」と本多さん

青葉
音声の指示通りにアクセルを踏むだけで、ハンドル操作はなし。少しだけハンドルから手を離している間に、駐車スペースの真ん中にぴったりと停車! いつも何度も切り返したり、曲がって駐車してしまうので、この機能があれば車庫入れの負担が減ってうれしい。

illust3783

 

追従

アクセルペダルを踏み続けることなく、セットした一定速度を維持する「追従ドライブ支援機能」があります。前を走る車の加速・減速に合わせて自動的に速度を調整してくれるので、適切な車間距離を保つことができます。ただし、高速道路や自動車専用道路での使用を前提としたものなので、一般道では利用しないでください。また、制御には限界があるので、ドライバーが周囲の状況を判断し、安全運転を心がけてください。

続き
高速道路の運転で、前の車が急に減速して“ヒヤリ”とすることもこれで防げるのはうれしいですね。また、常に最適な車間距離を自動で保てれば、渋滞やノロノロ運転でアクセルとブレーキを何度も踏む必要もなくなって、疲れも減りそう!

illust3783

 

体験後

青葉1
アクセルとブレーキの踏み間違いの経験がある私にとっては、ありがたい機能ばかりでした。人間の“うっかり・ぼんやり”を車がこんなにサポートしてくれるなんて、本当に驚きでした。安全を力強くサポートしてくれる車に、これからも期待しています。(長谷川さん)

都筑1
運転好きな私にとって、車は生活に欠かせない存在。今回の体験は「とにかくすごい!」の連発で衝撃的でした。自宅の車にもサポート機能は付いているのですが、最先端のものはバージョンアップしていてびっくり。“車はもっと進化する”と確信しました。(本多さん)

illust3783

 

ディーラー担当者から
便利な機能はあくまで“サポート役”
運転の主役はドライバー
これらの安全機能は各メーカーによって名称や性能が違いますが、どれも進化していることは確かです。しかし、どんなに優れた機能が発達しようとも、100%事故を防げる車はまだありません。これらは安全運転を支援する技術ですので、過信したり、日常のブレーキ操作の代わりに使用しないでください。上手に使いこなして、事故のないステキなカーライフを!(志澤さん)

取材協力=ネッツトヨタ横浜 マイネッツあざみ野
ネッツ
青葉区あざみ野南1-5-4 ☎045-913-6411

(※1)セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉(サポカーS〈ワイド〉)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。(※2)今回紹介した安全装備は、この試乗車では標準装備ではなくオプションとなります。(※3)トヨタ名称「インテリジェントクリアランスソナー」は加速を制御し、自動ブレーキが働くシステムですが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。装置の検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転をしてください

illust3783
取材をした編集部員のこぼれ話「編集後記」も読んでみてね!

インタビュー

事故のない社会にするために、私たちができることは?
神奈川県青葉警察署 交通課長にインタビューしてきました!

詳細は コチラ をクリック!

人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 読者が体験★自動ブレーキなどを搭載した話題のサポカーSに乗ってみた!


会員登録・変更