1. 田園都市トップ
  2. Madame MのCamera
  3. 見る
  4. 自然との調和が美しい「植田正治写真美術館」

カテゴリー

プロフィール

  • Madame M

    Madame M

    ファインダー越しに見えるステキな世界を、写真とともにお届けします。 美しい自然や美味しい食べ物、そして素敵な音楽などなど! フォトマスター検定2級、日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

最新PHOTO

最新コメント

自然との調和が美しい「植田正治写真美術館」

2018/11/12

4W5A5980-00

ボンジュール! みなさま!

Madame Mでございます。

 

まるで富士山のような山、

伯耆富士(ほうきふじ)と呼ばれる

鳥取県にある大山(だいせん)です。

国立公園として、山陰の景勝地のひとつとなっています。

この眺めは、植田正治写真美術館からのものです。

先月の終わりにこの美術館に行ってきました。

今回は、植田正治写真美術館にフォーカスオン!

 

4W5A6026

写真界の巨匠・植田正治は、

世界で最も注目される日本人写真家です。

生地を離れず、山陰の空・地平線・そして砂丘を背景として、

被写体をまるでオブジェのように配置した

植田正治の演出写真は、

写真誕生の地フランスでも日本語表記そのままに、

Ueda-cho(植田調)という言葉で

広く紹介されています。

もちろん、植田正治の写真は

このような写真ばかりではありません。

70余年に及んだ作家活動を通して、

常に新鮮で多彩なイメージを提示しています。

ー植田正治写真美術館案内リーフレットよりー

 

4W5A6013

東京の恵比寿にある東京都写真美術館の

大きな壁面にも植田調の、

「妻のいる砂丘風景(Ⅲ)」の写真が展示されるほど

とても有名な写真家です。

福山雅治のシングル「HELLO」のCDジャケットの撮影をし、

それ以降、福山雅治に写真の指導をしたことも、

よく知られています。

 

4W5A5914

植田正治写真美術館には、

氏の作品約1万2000点が収蔵されています。

 

4W5A5909

10月の終わりに行ったときには、

山陰にて 植田正治、子どもたちの輝き」が、

期間限定で展示されていました。

山陰を舞台にした多彩な子供たちのイメージです。

 

4W5A5958

 

4W5A5925

この展示は、9月8日から11月30日まで

開催されていています。

 

4W5A5996

館内は、写真の展示だけではなく、

大山(だいせん)を眺められるスペースがあります。

建物のスリットになっている3か所に、

逆さ大山の写り込みを楽しめるように人工池があります。

お隣の島根県出身の有名な建築家、高松伸の設計です。

 

4W5A5991

 

4W5A5996

この日は、雨が降っていましたが、

この場所で、大山を眺めていると、

みるみる青空がひろがり、

美しい逆さ大山の写った景色を見ることができました。

 

4W5A5987

植田正治の作品にちなんだ撮影スポットもあります。

 

4W5A5998

同じ階には、部屋全体が箱のようなカメラになった

映像展示室があります。

 

4W5A5969

丸く見えるのは、壁に設置された大きなレンズです。

そのレンズから反対側の壁に大山が写し出されます。

 

4W5A5970

まるでピンホールカメラのようです。

 

4W5A5973

映像プログラムに、そのカメラの仕組みの説明がありました。

カメラの光学原理を体験できるようになっています。

 

4W5A6025

この映像展示室を外からみると、

黒っぽい丸い穴のようなレンズがわかります。

 

4W5A6019

美術館と大山の間には、

高い建物はなく、その景色も美術館のために存在するようで、

みごとに美術館と自然が調和しています。

この美術館のフォルムは、

植田正治の「少女四態」の写真をモチーフにされています。

 

IMG_20181111_0002

これは、美術館のリーフレットですが、

その表紙を見ると、モチーフとの比較がよくわかります。

 

4W5A6017

美術館の外に出たところ、

みるみる雲が広がってきて、

大山は、雲の中に隠れてしまいました。

 

山陰に旅行するときに、この美しい植田正治写真美術館まで

足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

 

4W5A6006

植田正治プロフィール
1913年、鳥取県境港市生まれ。
銀龍社等のグループに参加するかたわら、砂丘を舞台とした群像演出写真を発表。1960年、エドワード・スタイケンによるニューヨーク近代美術館での「日本写真展」に出品。その後、アメリカ、フランス、スイス、ドイツ等、世界各国に高い評価を得ている。
1996年、フランス芸術文化勲章受章。
2000年7月4日死去。(享年88歳))

 

植田正治写真美術館
■開館時間 9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
■休館日 毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日)
※12/1~2/末日は休館 ※展示替期間中は休館
■入館料 一般900円 高校大学生500円 小中学生300円
■所在 〒689-4107 鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
■TEL 0859-39-8000
www.houki-town.jp/ueda/

 



人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. Madame MのCamera
  3. 見る
  4. 自然との調和が美しい「植田正治写真美術館」


会員登録・変更