1. 田園都市トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 新横浜でベジタブルフレンチ!

新横浜でベジタブルフレンチ!

  • 2014/03/20 UP!

新横浜といえば「ラーメン博物館」が有名ですが、その向かい側に滝の流れるビルがあるのをご存知ですか?

syuuseiden_lentract_all

開業5年を迎えた「新横浜ラントラクト」2階のフレンチレストランで「アーユルヴェーダベジタブルフレンチコース(4800円)」をいただいてきました。

ラントラクトとは、フランス語で「幕と幕の間=幕間」のことで、休息できる場所を指すのだとか。1階から3階まで、カフェ、フレンチレストラン、ジャズバー、アーユルヴェーダサロン、占いの部屋などが入った総合施設です。

den_len_kanban

 

s-den_len_terasu

↑ペットOKの滝の前のテラス席。夏はビアガーデンとして大活躍!

2階レストランは、昨年末にシェフがフレンチの笹尾十三夫さんに変わり、アーユルヴェーダサロンとのコラボ「アーユルヴェーダベジタブルフレンチ」を企画。普通のフレンチもよいけれど、せっかくなので今回いただいてきました。

まずは前菜

s-den_Len_zensai

↑旬野菜の温かいサラダ・・・ 野菜の甘みが凝縮されています
s-en_len_pan

↑自家製ライ麦パン

s-den_len_nasu

↑茄子のクリーム煮 トマトソースの添え・・・ 口の中でとろけてしまいます

s-den_len_soup

↑野菜スープ、かぼちゃのラビオリ入り・・・ ラビオリもたっぷりs-den_len_main

↑メインのアンディーブのカラメリゼ ミルフィーユ仕立て ライム風味ソース・・・ライムの酸味が爽やかな一品です

s-den_len_ichigo

↑季節のフルーツコンポート・・・ 旬のいちごとゼリーがふんだんに。アイスはミルク味

s-den_len_tea

↑コーヒーまたは紅茶と小菓子

※ アーユルヴェーダとは、「約5000年の歴史があるインドの伝承医学。病気を体や心の“調和の乱れ”としてとらえ、一人一人の体質に合った手法により調和を回復します。病気が発症していない予備軍である未病の段階でいち早く発見し、健康に戻すのが特徴です。」(新横浜ラントラクトのパンフレットから引用)

※ 同コースはラクトベジタリアン(野菜と乳製品)対応です。食材の関係上3日前までの予約が必要

同レストランは昼・夜ともコースのみで通常のフレンチのコースのランチは平日1800円、2800円、3500円。土・日曜、祝日2800円、3500円、4800円。ディナーは6000円、8000円、10000円(要予約)

アーユルヴェーダベジタブルフレンチは昼・夜とも4800円。

ランチは近所の外資系オフィス?の外国の紳士や、マダムの集いに利用する人が多いそう。

アーユルヴェーダで癒やされたあと、素材のうまみを生かした野菜づくしの味を堪能して、優雅なひとときを過ごすのも贅沢かも。

※ 新横浜ラントラクト

Print

横浜市港北区新横浜2-14-21 045-471-0503

http://www.lentracte.jp/

 

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 新横浜でベジタブルフレンチ!


会員登録・変更