編集長インタビュー 東急百貨店たまプラーザ店 店長 森美佳子さん | リビング田園都市Web
  1. 田園都市トップ
  2. 街ニュース
  3. その他の街ニュース
  4. 編集長インタビュー 東急百貨店たまプラーザ店 店長 森美佳子さん

編集長インタビュー 東急百貨店たまプラーザ店 店長 森美佳子さん

1インタビュータイトル

森支店長180526010

 

東急百貨店たまプラーザ店店長の森美佳子さんは、2011年に同店に異動後、販売推進統括マネジャー、営業統括部長を経て、今年2月現職に。今年36周年を迎える同店は地元住民にとって、なくてはならない存在だ。

「昨年、35周年記念企画として“あなたの思い出のたまプラーザ店”というテーマでメッセージを募集したところ、80件ほどの応募がありました。その中には思い出だけでなく、“今までありがとう”“これからも頑張って”という、感謝や励ましの言葉が多数あって感激しました」とにこやかに話す森さん。80代の方からは「長生きできているのも、東急百貨店の食料品売場のおかげ」という声が。「愛されているのを実感してうれしかったですね。反面、お客さまの期待を裏切れないので気が引き締まります」

そんな森さんが日々重点的に行っているのは、店内を歩くこと。「歩いていると、いろいろな改善点が見つかります。お客さまが楽しんでいらっしゃるのか、ご満足してお買い物をしていただいているのか気になりますね。また、販売スタッフとは挨拶などを通じて、コミュニケーションも大切にしています」

同店の強みは接客販売技術。「商品知識が豊富なスペシャリストとして、シューフィッターやギフトアドバイザーなど、資格保持者が70人以上います」と人材育成に力を入れている。また、子ども向けイベントの実施やワーキングママ向けの情報発信など、このエリアならではの取り組みにも積極的だ。

今後の目標は? 「これからもお客さまの笑顔のため、販売だけでなく、居心地の良い空間で、サービスと商品知識の提供を心がけ、40周年、45周年に向けて愛される店づくりをしたいですね」                                (町田洋子)

 

1985年㈱東急百貨店入社、町田店に配属。売場のマネジャー、販促、婦人服、服飾などを担当。2011年にたまプラーザ店に異動となり、販売推進統括マネジャー、営業統括部長を経て、今年2月11日に店長に就任。やる気の源は「お客さまの笑顔」。笑顔でプレゼント選びをしているお客の姿などを見ると「お手伝いができてよかった」と思うそう。オフは月に2 ~ 3回のゴルフへ。仕事の事は忘れてリフレッシュしている
https://www.tokyu-dept.co.jp/tama-plaza/

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. 街ニュース
  3. その他の街ニュース
  4. 編集長インタビュー 東急百貨店たまプラーザ店 店長 森美佳子さん


会員登録・変更