1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>皮脂欠乏症(乾燥肌)に悩んでいませんか

<健康情報>皮脂欠乏症(乾燥肌)に悩んでいませんか

<健康情報>皮脂欠乏症(乾燥肌)に悩んでいませんか

空気の乾燥し始める時期から冬に症状が出現
保湿剤を塗ることが治療の基本です

ひび割れからかゆみに進行、かくと悪化して湿疹にも

肌が粉をふいたように白くなっていませんか。また、肌が乾燥してカサカサしたり、ウロコの様にはがれ落ちたりしていませんか。そして、とにかくかゆくて、かゆみで夜中に目が覚めたりすることはありませんか。
それは皮脂欠乏症かもしれません。

皮脂欠乏症は、皮膚の表面の脂(あぶら)が減少することにより皮膚の水分が減少して乾燥してしまう病気です。中~高齢者の腕、足(特に膝から下の部位)、脇腹、腰回りによく発生し、皮膚がカサカサしてひび割れを起こします。さらに症状が進行するとかゆみを伴い、かくことで悪化して湿疹になります。
これらの症状は空気が乾燥しはじめる今頃から冬場に出現し、真冬にひどくなります。一方、湿度が上がって汗をかく夏場には自然と良くなったり治ることもあります。

皮脂欠乏症の原因は多岐にわたります。加齢による皮膚のうるおいを保つために必要な物質の減少、空気が乾燥しやすくなる季節の影響、住環境の変化に伴うエアコンの使い過ぎのほか、入浴時の体の洗い過ぎなども全て原因になります。
また、アトピー性皮膚炎などの乾燥を伴う皮膚疾患のある患者さんや糖尿病、透析治療を受けている方、一部の抗がん剤治療を受けている患者さんも皮膚が乾燥しやすいといわれています。

衣類や食事などの刺激物に注意、適度な湿度を保って

日常生活での注意点は、悪化する要因をできる限り避けることです。
例えば長風呂や熱いお風呂は避けて、ゴシゴシ洗って皮脂を取りすぎないようにしましょう。部屋の中では加湿器を使ったり、濡らしたタオルを干したりして適度な湿度を保つようにしてください。直接肌に触れる衣類は、チクチクしない刺激の少ないものを選びましょう。アルコール類や香辛料などの刺激物は、かゆみを起こしやすいので取り過ぎにご注意ください。

以上のようなことに気を付けても肌がカサカサする方は治療が必要です。基本は保湿剤をしっかり塗ることで、1日数回塗ってください。入浴直後に塗るとより効果的です。皮膚のしわに沿って塗るとムラなく塗ることができます。症状が落ち着いても継続して塗りましょう。
このほか湿疹を伴う場合はステロイドの塗り薬を使ったり、かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤の飲み薬を使うこともあります。

収穫の秋を迎え、いよいよ皮脂欠乏症になりやすい季節の到来です。先に述べた乾燥肌の症状にお悩みの際は、一度皮膚科にご相談ください。

181006SugiuraDr

福音寺皮ふ科ひ尿器科クリニック 杉浦啓介 医師
「愛犬とののんびりした散歩が、私の趣味と実益を兼ねた健康法です」

リビングまつやま 2018年10月6日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>皮脂欠乏症(乾燥肌)に悩んでいませんか

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更