1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>コンタクトレンズによる目の病気

<健康情報>コンタクトレンズによる目の病気

<健康情報>コンタクトレンズによる目の病気

正しい取り扱いと適切なお手入れ、
そして定期的な検査で、大切な目を守りましょう

コンタクトレンズの誤った使用は目の病気を誘引

コンタクトレンズユーザーの方は、「どうせ『眼科に定期検診に行くように』って言いたいのでしょう?」と思われたかもしれませんが、その通りです。
「検診って何? ネットで買えるのに」とか、「眼科なんて、最初に合わせるときだけ行けばいいんじゃないの?」とか思っている方は間違いです。もし、そう思われたのがコンタクトレンズユーザーの方なら、今すぐお近くの眼科を検索してください。コンタクトレンズは薬事法で高度管理医療機器に分類されているもので、誤った使い方をすると目の病気を引き起こし得るものなのです。

コンタクトレンズは目の表面に直接触れています。目の表面にある角膜は、涙液を介して酸素を取り入れていますが、コンタクトレンズに覆われると酸素不足になります。このために目の表面が傷つきやすくなり、感染症も起こしやすくなります。また、酸素不足は角膜内皮という内側の細胞が減ってしまう原因にもなりますし、コンタクトレンズに付着した汚れやケア用品はアレルギーの原因になったりします。

角膜感染を起こすと目薬だけでは治らないことがあり、ひどいときは失明することもあり得ます。失明とまでいかなくても、入院や手術が必要になったり、治っても濁りが残って、視力が元通りにならなかったりするのは嫌ですよね。
目の表面にはもともと細菌がいるので、傷ができるとそこから侵入して感染を起こすこともありますが、重症感染症の原因として多いのは、コンタクトレンズに付いた細菌や真菌、アカントアメーバといった微生物です。正しい手入れが行われていないと、レンズケースの中で繁殖したりします。
感染症になると、目の充血や異物感、痛み、かすみなどを生じますが、ほかの病気でも起こりうる症状なので、症状だけでは区別できません。異常を感じたらコンタクトレンズの使用を中止し、眼科を受診してください。

医師の診察のもと、カラーコンタクトレンズの使用を

このほかにもコンタクトレンズを使用することにより色々な目の病気のリスクが上がるのですが、カラーコンタクトレンズの場合、病気の割合はさらに高くなります。色のついた部分は酸素透過性が落ちるので、酸素不足になりやすいこと、また、レンズによっては色素との直接接触による障害が起こることなども原因ですが、眼科での診察なしで購入される方が多いことが大きな問題になっています。

今回は病気についてなのでコンタクトレンズのマイナス面ばかりを書いてきましたが、近視や乱視のある方にとっては眼鏡より視野が広く、より自然に見えるという利点もあります。大切な目を守るため、使用の際は正しく扱い、定期検査を受けるようお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みゆき眼科 林 美由紀 医師
愛媛大学卒業、医学博士、日本眼科学会専門医

リビングまつやま 2018年11月10日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>コンタクトレンズによる目の病気

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更