1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>手あれ(進行性指掌角皮症)について

<健康情報>手あれ(進行性指掌角皮症)について

<健康情報>手あれ(進行性指掌角皮症)について

手あれの予防は普段のケアから
手あれ・手湿疹がひどい時は皮膚科専門医に相談を

皮脂によるバリアーが壊れて起こる「手あれ」

皮膚は外からの刺激から身体を守る役割があり、その表面は皮脂や天然保湿因子、角質細胞間脂質と呼ばれる物質から作られるバリアーによって保護されています。皮脂は毛包(もうほう)と呼ばれる毛穴に付属する皮脂腺から分泌されますが、手のひらにはその毛包がないため体の他の部分より乾燥しやすくなる特徴があります。
皮脂は手洗いや洗剤を使う水仕事のほか、消毒のアルコール、衣類を畳んだり、紙幣を数えたり、書類や本のページをめくることなどによっても失われます。皮脂によるバリアーが壊れ手あれとなるため、主婦をはじめ、飲食業、美容理容業、事務、医療従事者などで幅広く見られます。

手あれの症状は主に利き手の指先に始まり、手のひらを含め皮膚が乾燥したり、硬くなったり、指紋が見えなくなったり、赤くなったり、かゆくなったりと症状は様々です。名前のように放っておくと進行します。ひどくなるとひび割れて痛みや出血を伴ったり、爪が変形してくることもあります。

手あれの予防にはハンドクリームを使うなどの手肌のお手入れがあります。また、手に水分が残っているとその水分が蒸発するときに乾燥が進むので、手を洗った後はよく水分をふき取ったり、面倒でも洗い物のときにはゴム手袋やビニール手袋を使用したり、なるべくまとめて洗ったりするほか、家事や掃除の際は木綿の手袋を使用するなどの工夫が必要です。
最近では水や洗剤などの刺激から皮膚を保護する膜を作るバリアクリームも開発されています。日常生活の中で手への刺激を減らすよう心がけましょう。ただし予防していても、ひどくなってしまった場合には治療が必要です。

手あれの治療には多くの場合ステロイド外用剤が必要です。必要以上に強い薬を使用するとかえって皮膚が乾燥することもあるので、症状に合わせて強さを調節します。ひび割れがひどい時にはステロイド含有テープを使用します。ステロイドのほかには保湿剤の外用も重要です。ワセリンなどの油脂製剤のほか、ヘパリン類似物質や尿素製剤を頻回に塗布します。夜間寝ている間に掻き壊してしまう場合には、かゆみを抑えるために内服します。

刺激やアレルギーによって誘引される「手湿疹」

手の湿疹にはこれまで述べてきた“主に刺激によるもの”のほかに”アレルギー性のもの”があり、またその両方が関わる場合もあります。最近になって、皮膚のバリアーが壊れることにより、日常で触れるものや食べ物に対するアレルギーが発症することが明らかになってきました。アレルギー性の場合にはアレルギーの原因を調べるパッチテストと呼ばれる検査や、アレルギーの原因となる物質を避けることが重要となります。

2018年に日本皮膚科学会から過去の論文や基礎研究のデータに基づいた手湿疹に対する診療ガイドラインが作成されました。これにより効果的な治療が標準的な治療として行えるようになってきました。手湿疹でお悩みの方は皮膚科専門医にご相談ください。

190202DrTokumaru

徳丸皮フ科クリニック 徳丸 晶 医師

医学博士 日本皮膚科学会専門医 日本医師会認定産業医」

リビングまつやま 2019年2月2日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>手あれ(進行性指掌角皮症)について

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更