1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>全身の健康と口腔ケア

<健康情報>全身の健康と口腔ケア

<健康情報>全身の健康と口腔ケア

歯周病予防・治療が病気のリスクを軽減
日常プラス歯科医院で適切な口腔ケアを

全身の疾患と関わりがある歯周病だからこそ、重要な口腔ケア

40歳以上の約8割が歯周病にかかっているといわれています。歯周病は気がつかないうちに症状が進行するため、「静かなる病」と呼ばれ、痛くなってきたり、噛めないとなった時には重症化していることもあります。
歯周病は文字通り歯の周りの病気で、歯を支える歯ぐきや骨が壊されていく病気です。歯周病の主な原因は細菌性プラークと呼ばれるもので、歯の表面に粘っこくくっついています。そのプラークの中にむし歯菌や歯周病菌が棲みついて歯に穴をあけたり、歯ぐきを腫らし血や膿を出したり、歯の周りの骨を溶かしたりします。

近年、歯周病は全身の疾患と関わりがあることがわかってきています。
例えば、心臓疾患の方の心臓の弁や内膜、肺炎の方の肺の中に歯周病菌が発見された事例もあり、病気になる原因の一つと言われています。歯周病菌が歯肉の毛細血管に入り込み、全身に搬送され血管の壁に付着することで血流が悪くなり、動脈硬化を引き起こします。最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の危険な病気になる場合もあります。

また、重度の歯周病により歯肉が炎症を起こし、炎症で生じた化学物質が血管を経由して全身を回ると、血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用が効きにくくなります。その結果、糖尿病を発症したり、進行を促すと考えられています。
これらは歯周病の予防や治療で全身の様々な病気のリスクを減らすことができ、また、口腔ケア自体が健康維持に欠かせないケアであることを示しています。

日常の歯磨き、正しくできていますか?

全身の健康を保つのに大切な口腔ケアですが、いかにプラークを除去し細菌を増やさないようにするかがポイントです。普段できるのは日常の歯磨き、いわゆるホームケアです。基本の磨き方は、歯と歯ぐきの境目に45度くらいの角度で歯ブラシを当て、細かく小刻みに動かします。

また、歯ブラシだけでは磨けない歯と歯の間は、デンタルフロスや歯間ブラシを用います。また、歯を「磨いている」と「磨けている」は必ずしもイコールではありません。歯科医院でうまく歯ブラシが当たっているか、適切な道具を使っているかチェックしてもらうことも必要です。
その際は、むし歯や歯周病の検査、歯石除去やクリーニング、いわゆるプロフェッショナルケアを受けるほか、歯ブラシが歯に当たる感覚をマスターしたり、ブラッシングで力が入り過ぎていないかなどを確認し、ホームケアのレベルを上げるのにお役立てください。

20190809Dent_Yoshizu01

よしず歯科クリニック 吉津征慶 歯科医師

リビングまつやま 2019年8月9日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>全身の健康と口腔ケア

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

11月15日号をチェック!

電子ブックを読む

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更