1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>初期むし歯の治療について、お答えします

<健康情報>初期むし歯の治療について、お答えします

<健康情報>初期むし歯の治療について、お答えします

「初期のむし歯なので様子を見ましょう」の理由は?

初期むし歯は、再石灰化で進行しない場合あり

歯医者さんで、「この歯はむし歯になりかけています」「初期のむし歯なので様子を見ましょう」などと言われたことはありませんか?
”むし歯”イコール”削ってつめる”というイメージがあると、不思議に感じるものです。むし歯は歯がとける病気とご存知の方も多いと思いますが、通常歯に急に穴があくことはありません。

今回の話とは少しずれますが、穴が急にあいた気がするのは陰に隠れていたむし歯が周囲の薄くなった壁がかけて急に見えるようになる場合や、つめものが取れた場合がほとんどです。むし歯は原因となる菌の作る酸によって歯の表面のミネラル分が溶け出すことで歯に穴があいていきます。つまり歯の表面が少しだけ溶けてきているのが、この初期むし歯と言われる状態です。

ではなぜすぐ治療をしないのでしょうか。
歯にはむし歯をすぐに進行させないように再石灰化という機能があります。溶けかけた歯の表面には、歯の成分であるミネラル分の溶け出した小さな凹凸ができています。ここに唾液の中に含まれる成分や歯磨き粉のフッ素などが触れていることで、その小さな凹凸に入り込み再度固くなろうとします。ある程度以上進んだむし歯では難しいですが、表層のみの状態では比較的この効果が大きいのです。この時、歯の表面は色が白や茶色に少し変わっていますが、むし歯の進行が止まったり緩やかになっています。

削ることによる、さらなる“むし歯リスク”を避けています

むし歯の治療では、表面的なものでも、むし歯を取り除くために邪魔になるところや後で欠けやすいところを整えたり、詰め物が外れたり割れたりしにくいように周囲を一部削る必要がある場合もあります。進行しないかもしれない表面のむし歯のために、それは少しもったいないですよね。
また、むし歯は歯ブラシが苦手なところにできることが多いですので、今削ってつめることで小さな継ぎ目ができ、そこをしっかり磨くことができないと、隙間から新たなむし歯が入り込むことで、削る前よりも深いところにむし歯ができてしまうこともあるのです。このため「初期のむし歯は様子を見ましょう」となるわけです。

このような歯がある方は、特に時々検診などを受け、むし歯の進行がみられないかのチェックをうけること、歯ブラシの苦手なところを練習することなどをおすすめします。
またフッ素などを使った時は、成分がしっかり歯の表面に入り込むようにうがいを控えめにすることなども効果的です。もちろん、むし歯の治療をした時も新たなむし歯を作らないように日々の歯磨きには気をつけてくださいね。

190927Dent_Matsumura

松村歯科医院 松村夏織 歯科医師

広島大学卒 「自分の育った地元で歯科医をしています」

リビングまつやま 2019年9月27日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>初期むし歯の治療について、お答えします

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

11月15日号をチェック!

電子ブックを読む

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更