1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

<健康情報>アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

<健康情報>アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

アトピー性皮膚炎が食物アレルギー発症の
引き金になると聞きました。どうしてですか。

アトピー性皮膚炎で抗原が皮膚に侵入しやすい状態に

赤ちゃんが生後2カ月~6カ月の頃、アトピー性皮膚炎(乾燥してかゆみのある湿疹)を発症したあと、4カ月~2歳頃にかけて食物アレルギーが発症します。
アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、角層が薄く隙間だらけで、卵など食品やペットのふけ・ダニなどアレルゲン物質(抗原)が皮膚に侵入し、免疫細胞と接触することは、アレルギー発症の引き金になります。そこで生後1~2カ月頃からの保湿(スキンケア)と早期のアトピー性皮膚炎の治療が重要になります。食物アレルギーの予防には、赤ちゃんのお肌をツルツルすべすべの健康な状態に保ち、5~6カ月から離乳食を始めることが大切です。

アトピー性皮膚炎は、重症度に合わせたステロイド外用治療で速やかに改善させ、保湿剤によるスキンケアを行います。このほかにもハウスダスト・ダニ・食物などアレルギーの悪化因子の対策および、タバコや細菌などアレルギー以外の悪化因子対策も大切です。これらの治療を症状に合わせて組み合わせ、再発を防ぎ良い状態を維持します。治療効果や重症度の理解に役立つ、TARCという血液検査も用いられるようになりました。

卵を調理したり卵食品を食べているだけで、家のホコリ(ハウスダスト)やシーツの中には、ダニや花粉・ペットのふけとともに多くの卵の成分が含まれます。
赤ちゃんにアトピー性皮膚炎(約30%が発症)があると、これらアレルゲン物質との接触やスキンシップから約2/3(赤ちゃんの約20%)がアレルギー初期の状態になります。最初は少量の卵で症状が出ることはありませんが、卵を食べる量が増え環境中の卵抗原との接触の機会も増えると、1/3(赤ちゃんの約10%)で卵食品を食べた際にじんましん症状が出るところまで悪化(食物アレルギーの閾値が低下すると表現)します。ただし、幸いその80%は小学校入学前に治ります。

負荷試験やアレルギー検査の結果をもとに除去食療法を実施

食物アレルギーの治療では、アレルゲン食品を食べた時、じんましんが出たり、息が苦しくなったり、腹痛を起こしたりする即時型症状に対しては内服する抗ヒスタミン剤を、重症な場合はエピペンを処方します。

次に即時型症状を抑えたり、たくさん食べても症状が出なく(閾値が上昇する)するため、アレルゲン食品を最初に十分除去し、閾値が上がれば増やしていくという、安全で必要最小限の除去食療法を行います。そのため食物経口負荷試験やアレルギー検査で、その時々の適切な食べる量を設定します。卵・牛乳・小麦・魚・ピーナッツ・ナッツ類などがアレルゲン食品に該当し、一番多いのが卵です。このほか、加熱や加工によりアレルギーを起こす強さが低減するので、食物経口負荷試験にはいろんな食品を使います。

自然に治る傾向が強い食物アレルギー(特に卵アレルギーだけの場合)ですが、月齢が低くアトピー性皮膚炎が重症の場合は、食物アレルギーも重症化する傾向があります。個々で状況は違うので、心配な時はかかりつけの先生を受診し、食物アレルギーの有無や今後の経過、治療の必要性についてご相談ください。

20191011DR_kusu01

くす小児科 久寿正人 医師
「愛媛FCの応援のため、ほぼ月に1度、家族でスタジアム観戦しています」

リビングまつやま 2019年10月11日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. くらしの情報
  3. <健康情報>アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

11月15日号をチェック!

電子ブックを読む

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更