1. えひめトップ
  2. 特集
  3. 神秘的なブルーの世界へ「青い花に魅せられる」

神秘的なブルーの世界へ「青い花に魅せられる」

0-title

色とりどりの花の中で、清涼感を与えてくれる「青い花」。その色は、見る者に爽やかな風を吹き込んでくれるよう。暑くなるこの季節、涼を求めてブルーフラワーの旅に出かけませんか。※情報は5月25日現在、詳細は問い合わせを

ヒマラヤの秘境の地に咲く希少な花
ヒマラヤ青いケシ 見頃:6月下旬~7月中旬

1-1花言葉は・・・深い魅力・神秘 ※写真はイメージ

和名はなく、原産地がヒマラヤ山脈に多いため、国内では「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれている。直径10cmほどの大型の花が特徴

◆上林森林公園

1-2

1-3写真/東温市(上下とも)

皿ヶ嶺への登山口周辺。園内には、風穴(かざあな)があり、岩穴から一定の風が吹き出す。この冷気を利用して100株以上を栽培。高さ1mほどの茎の先端に手のひらサイズの青色の花を咲かせる。

住所/東温市上林乙896-24
P/あり
℡/089・964・4414(東温市産業創出課)

花開く姿は紫の雲を浮かべたよう
ジャカランダ 見頃:6月初旬~中旬

2-1花言葉は・・・名誉・栄光 ※写真はイメージ

ブラジルが産地で、主に南米の亜熱帯地方の植物として知られている。「紫の桜」としても親しまれ、カエンボク・ホウオウボクと並び世界三大花木の一つ

◆空無我堂(くうむがどう)

2-2

愛媛縣護国神社から川沿いを西へ300mほど歩くと、青とも藤色ともつかない青紫色の花が鮮やかに彩る。写経道場・空無我堂に7本植樹されており、道行く人を清々しい気持ちにさせてくれる。

住所/松山市御幸1409
P/なし
℡/089・922・6888

小さな花が寄り添い、ボールのような形
アガパンサス 見頃:6月中旬~7月中旬

3-2花言葉は・・・恋の訪れ・ラブレター ※写真はイメージ

産地は南アフリカ。爽やかな涼感のあるラッパ状の花を多数咲かせる。立ち姿は美しく、厚みのある葉が茂る様子は力強さも感じさせる

愛媛県総合運動公園

3-1写真/松岡奈美さん

スポーツ施設として知られる県総合運動公園。東駐車場の入口付近に約300株を育成。初夏の風に乗り、柔らかく揺れる姿は爽やか。

住所/松山市上野町乙46
P/あり
℡/089・963・3211

ネッツトヨタ瀬戸内株式会社

県内7店舗のすべてに植えられている。特に中央店(松山市中央1-19-32)は見ごたえがある。

青い花は珍しい?
 青い花は少ないような気がしませんか。青の花色を示す物質は、アントシアニジンの一種であるデルフィニジンという色素が関係しています。これに糖、有機酸、アルミニウム、マグネシウム、鉄などの金属が複雑に結合し、深みのある青色を出しています。青い花が少ないのは、多くの花きはデルフィニジンをもたないことが一番の理由だと言われています。もともと色素を持たないため、これらの花は従来の育種(色々な花色を交雑)では青い花を作出することは不可能でした。現在は、デルフィニジン生成に関係する遺伝子を他の花から導入し、青い花が作り出されるようになりました。
(取材協力:愛媛県農林水産研究所  花き研究指導室)

アメリカンブルー

4花言葉は・・・あふれる思い・清涼感 

県の施設・花き研究指導室(東温市)のハウス内では、アメリカンブルー数鉢を栽培。6月~10月に見られ、茎が這うように伸び、1~2cmのかわいい花をたくさん付ける

住所/東温市下林甲2210-1
℡/089・964・5867

雨の日を彩る紫陽花 特集はこちら

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 特集
  3. 神秘的なブルーの世界へ「青い花に魅せられる」

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更