1. えひめトップ
  2. 特集
  3. 老舗の地元スイーツの進化がアツイ!

老舗の地元スイーツの進化がアツイ!

  • 2018/06/14 UP!

title

伝統を守りつつ、時代にあわせた進化や工夫で、いつも楽しませてくれる老舗のお菓子。

最近、また新しい取り組みが注目されています。

 

一六本舗では、毎月の新スイーツや限定菓子で季節を届ける

一六本舗(本社・東方町)では、変化を楽しんでほしいと、月替わりスイーツや限定菓子にも力を入れています。シュークリーム、ケーキは毎月新しい味が登場。毎月16日は“一六の日”として当日限定のケーキや和菓子も。なかでも6月16日「和菓子の日」には年一度の特別なお菓子を販売します。  「お菓子は、季節の移ろいや旬、伝統行事などをお客様に直接お伝えできるツールです。大切な食の文化や風習を、おやつから発信できれば」と商品企画室・矢野啓子さん。

パッケージデザインへのこだわり

 女性目線でのパッケージデザインにも力を入れています。その結果、「道後夢菓子噺」は、全国レベルで評価され、2つの賞を受賞しました。

itiroku16月16日限定の「嘉祥菓子」。16にちなんで1+6=7種類の和菓子入り(1080円・限定数)

itiroku3「道後夢菓子噺」が、『日本ギフト大賞2018 温故知新ギフト賞』、『2018年ジャパン パッケージング コンペティション 和菓子部門賞』をW受賞

itiroku26月のシュークリームは「瀬戸内レモン」1個97円。100円でお釣りがくるお財布にうれしい価格


 

母恵夢本社工場に、体験できるお菓子のテーマパーク

poemu1

「お菓子でつながる笑顔の時間」をコンセプトに誕生した、母恵夢本社工場(東温市則之内)の「母恵夢スイーツパーク」。窯を置き、焼き立てのお菓子が食べられることや工場見学通路が大きな話題になりました。  「食べて見て遊べる体験型パークの誕生で、親子など若い世代のファンが増えました。マイ母恵夢作りなどイベントも行い、お客様とスタッフが繋がる場にもなっています」と、営業部MD課・野田なぎささん。

2カ月ごとに新・ベビー母恵夢

今年から「ベビー母恵夢」のフレーバーがより充実。約2カ月ごとに新しい味が登場し、今は桃と瀬戸内レモンです。「もっと楽しみ方を広げたい」と開発熱は止まりません。

poemu3窯で焼いた「プレミアム母恵夢」はパークだけの味。プレーンとショコラの2種類あり

poemu2

最新フレーバー「桃」。国産の白桃ピューレを黄味餡にミックス。6個入り540円〜、7月末まで


 

ハタダでは、SNSを味方に商品の魅力を発信

hatada1

 ハタダ(新居浜市船木)では昨年9月から地元の人気インスタグラマー・こずえさんとコラボし、商品をインスタグラムで発信中。真似したくなるフォトがSNS世代のハートを掴みました。  「商品の魅力を伝えるためには、お客様との接点の持ち方を変えなければと思いました。現代ツールを活用することで、10〜40代の、特に女性の方に商品を手にとってもらえるように。今年から始めた内藤ルネさんとのコラボも同じ思いです」と畑田康裕社長。

hatada23世代がときめくビジュアルパッケージをプロジェクト化。「Oishii&kawaii 2018」として内藤ルネとのコラボパッケージの商品「ほんきのレモンケーキ ルネガール仕上げ」(5個・942円)

 

hatada3パッケージは女性スタッフを中心に開発。“パケ買い”からのリピーターを増やす

7月から栗タルトも一新

 ハタダの伝統菓子とえば「栗タルト」。7月からパッケージを一新、餡と生地のバランスも見直し、現代にあわせた新しい味に。「伝統を変えるのはとても勇気がいりますが、より多くの方に末永く愛されるための挑戦です」。

 


 

中野本舗では、伝統の味を新しい楽しみ方で

「手軽に食べられる点が高い評価を受けました。ギフトが主流だった羊羹とは違った、日常の新しい楽しみ方が提案できたと思います」。新スイーツブランド『餡ファン』を立ち上げて5年。中野本舗(井門町)の中野恵太社長はこう振り返ります。  中でも「薄墨羊羹」と同じ餡を使った一口サイズの「ウスズミキューブ」は、たちまちヒット商品に成長。現在は、ロープウェー街のギャラリーカフェ「MUSTAKIVI(ムスタキビ)」ともコラボ。北欧のアートな空間で、餡や薄墨羊羹の新しい楽しみ方を発信しています。

nakano1ウスズミキューブは薄墨羊羹そのままのクラシックのほか、ショコラ、キャラメルの3種類。(9個入・380円税別)

nakano2砥部焼とのパッケージコラボも。羊羹が涼やかなイメージに

nakano3「MUSTAKIVI」で販売している、中野本舗の餡を使った最中。石本藤雄デザインの花形が愛らしい

和スイーツの新店がオープン

 今年8月にフジグラン松山に新店がオープン予定。販売だけではなく、餡を使った冷たい和スイーツのテイクアウトが目玉とか。今、メニューを開発中で、こちらも楽しみです。

 

カワイイ和菓子スイーツについてはこちら

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 特集
  3. 老舗の地元スイーツの進化がアツイ!

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更