1. えひめトップ
  2. 特集
  3. 平成最後の冬に松山のカラスが急増? 気になるカラスについて調査してみた

平成最後の冬に松山のカラスが急増? 気になるカラスについて調査してみた

  • 2019/02/02 UP!

「今年の1月に入ってから、えひめリビング新聞社がある松山市千舟町周辺でカラスが急増したらしい」。そんなウワサを聞きつけた、カラス愛好家&ライターの吉野かぁこが、現地から緊急レポートいたします。

文・写真 吉野かぁこ

プレゼントの応募は、記事の最後へ!

1M5A8228★松山城の大天守に陣取るハシブトガラス。自慢顔――に見えますが、胸元のふわふわ羽毛が風で乱れてますよ!

夜の電線にカラスの大群
松山の街に何があったのか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA夜6時のえひめリビング新聞社周辺。勤続30年以上の編集部スタッフも、これほどの大群を街なかで見るのは珍しいという

今年に入って、えひめリビング新聞社のある松山市千舟町周辺では「夜の街にカラスが急に増えた!」「大群が電線に集まって『ねぐら』にしている!?」などの目撃情報が相次ぎました。

その名の通り「ねぐら」とは、鳥たちが眠る場所のこと。「♪カラスと一緒に帰りましょう」という童謡の歌詞にあるように、カラスは日没近くになるとねぐらに帰ります。特に冬は、春に生まれた子ガラスや子育てを終えた“つがい”たちが合流するので、大集団となるのです。

ねぐらの場所は、夜に人のいない森林などが多く、市内では松山城のある城山公園が有名です。では、今年はどうして市街地に??

カラスの行動と進化を25年間研究されている東京大学総合研究博物館 特任助教の松原始先生によると、こういったケースは珍しくないとか。季節やエサ場、温度の条件などで場所が変わることもあるそうです。

 

ふだんは“ビビり屋”だからこそ
樹に隠れたり、天守閣で「見張り」をしたり…

可愛い決め顔2近くで見ると、獰猛なイメージとはかけ離れたつぶらな瞳

そもそも、なぜ城山公園にカラスたちが集まるのでしょう。

カラスはクスノキなどの常緑樹に好んでとまりますが、城山公園にはそんな樹々が豊富。一年中葉っぱが茂っていれば、外敵からできるだけ身を隠すことができます。カラスは本来、人の視線も気になってしかたないぐらいの“ビビり屋”さんなのです。

1M5A8259江戸時代以前の天守閣が現存する、貴重な松山城

また、松山城の見晴らしのよい天守閣は、繁華街にある「エサ場の確認」や、カラスのライバルであるトビを追い払うための「見張り」にもピッタリ。しかも山頂では、たくさんの観光客が残してくれるお菓子のちょっとした食べこぼし……の恩恵にあずかれるかもという期待もあるのでしょう。

 

城山公園と街なかで
2種類のカラスがすみ分けている!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERAまるで樹の枝にとまるかのように、屋上のアンテナを利用

1月の下旬、実際に城山公園でカラスがねぐらに帰る「ねぐら入り」を観察しました。市内で生息するカラスは主に2種類いるのですが、鳴き声やシルエットからほとんどが「ハシブトガラス」のよう。クチバシが太く、カーカーと澄んだ声で鳴く種類です。

一方、街なかの電線には、別種の「ハシボソガラス」が大量に! クチバシが細く、ガァガァとしゃがれた声で鳴き、ハシブトガラスより穏やかな性格でも知られています。この2種が同じねぐらで過ごすこともあるのですが、もしかしたら城山公園のねぐらが手狭になったので、ハシボソガラスが分離して街にやってくるようになったのでは……なんてね。

たった1日見ただけなので、これはあくまで想像の域を出ません。しかし、カラスの種類や性格を知ると、探偵気分で推理ができてなかなか面白いですよ。

 

昨年スタートした鷹匠の追い払い作戦
でも、一番大切なのは……

IMG_9937_fxカラスの生命線である「なわばり」を守るためには、トビにも積極的に立ち向かいます

ちなみに松山市では2018年11月から、鷹をつかった鷹匠によるカラスの追い払いを実施しています。今回つかわれた「ハリスホーク」という鷹を含め、フクロウなどの猛禽類は、カラスの天敵です。

取り組みの成果については……長い目で見守る必要がありそうですが、市の担当さん曰く「根本的な対策としては、ごみ出しのルールを守って、カラスに間接的にエサを与えないことに尽きます」とのこと。

いくら強そうな猛禽類でも、飼育下で狩りの能力が充分でなかったり、カラスが『あいつには勝てそうだぞ』と判断した場合は、逆にカラスが優勢になってしまうこともあります。「鷹匠さんが来たから安心!」ではなく、わたしたちもごみ出しがきちんとできているか、もう一度見直す必要がありますね。

 

「森の掃除屋」のカラスは
黄色がキライ??

1M5A8182★遠くから実の食べごろをしっかり判断できるぐらい、カラスの目はよいのです! 石手川緑地にて

ちなみに、「ごみ漁り」のイメージが強いカラスですが、生態系においては「森の掃除屋(スカベンジャー)」との異名をもち、死んだ動物たちを食べることで土にかえしてくれる大切な役割を担っています。ごみ袋から食べ物を引っ張りだす行為は、動物の亡き骸から内臓などを取り出す手順と同じ。彼らに「人間を困らせてやろう」という悪意はなく、生きるための本能に従っているだけなのです。

一部では、「カラスは黄色が嫌いだから、黄色のごみ袋やネットが効果あり!」というウワサを耳にします。しかしこれは……ちょっと考えにくいですね。飛びながら遠くのエサを探さねばならない鳥たちは、実は人間の何倍も色覚に優れています。人間には見えない「紫外線」まで感じているという実験結果もあります。カラスが物を識別するときには、紫外線がとても重要なのだそうです。

 

カラスのごみ対策に
必要なたった2つのこと

1M5A2824人間の6歳児ぐらいの知能を持つカラスは、クチバシをピンセットのように使い、器用に油揚げのようなものを袋から取り出していました。県外で撮影

黄色いごみ袋が話題になった背景としては、「紫外線をカットする“特殊素材のごみ袋”がカラス対策に効果があり、その袋の色が黄色だったから」という事情がありそうです。

色よりも重要なのは……

①カラスに中身が見えない

②カラスがごみをつついたり、触れたりできない

という状況をつくること。蓋がしっかり閉まるポリバケツや、網目が細かく重りのついたネットなどを上手につかって、無用な被害を避けたいものです。

 

鳥のフンがついたら
乾く前に拭き取るか、水でふやかすこと

OLYMPUS DIGITAL CAMERAさすがにここまでたくさんいると、フンも気になります…

カラスに限らず、鳥の群れが近所にいる場合、大量のフンにも悩ませられます。

車などに鳥のフンがついてしまった場合は早めに拭き取りましょう。エサを丸呑みする彼らの消化液は、とても強力。フンを長期間放っておくと塗装のコーティングがいたんでしまうかもしれません。

乾く前に拭き取るのがベストですが、間に合わなければ水を含ませたティッシュなどでふやかしてから、やさしく取り除きましょう。すべての生き物に言えますが、フンには雑菌があるので、直接触れないように気をつけてくださいね。

ちなみに、カラスにモノを投げたり威嚇したりすることは長期的に考えると逆効果。学習能力の高いカラスの脳には、「人間=自分を襲う悪いヤツ」とインプットされてしまい、春からの繁殖期に人間を攻撃しやすくなってしまいます。ふだんは警戒心が強くビビり屋さんのカラスですが、わが子を守るときだけは命がけで敵に向かってくるのです。

 

おいしい木の実を探して食べる
“食通”の一面も

1M5A8179★石手川緑地で、柿のヘタ…らしきものをつついていました。ヘタに残った実がほどよく乾燥していて、「天然の干し柿」になっているのでしょう。通ですな

カラスは怖いと思われがちですが、よ~く観察していると目がくりくりして愛らしく、自然の木の実や昆虫もおいしそうに食べています。

この時期は、石手川のほとりでもセンダンやクスノキの実をうれしそうにほおばる姿が見られますよ。人間がかじってみても、リンゴのような芳香があったり高級なハーブのような爽快感があったりして、彼らのグルメっぷりにはうなってしまいます。さすがにミミズなどは食べようとは思いませんが…(笑)

 

冬はカラスの婚活シーズン
つがう相手は「一生に一羽だけ」

1M5A8186★石手川緑地のクスノキで巣作りするカップル。愛しのパートナーは、巣の材料を取りにいっているのかな?

冬のカラスは、春からの繁殖期に備えて、今がまさに「婚活」シーズン。カラスは基本的に「一生に一人の相手」とだけ夫婦になる一途な鳥。オスが熱心にメスにエサを貢いだり、いつまでも毛づくろいをしていたり、時にはクチバシを合わせるような仕草まで(キッス!)する、ラブラブぶりにはこちらも見ていて照れくさくなるほどです。

カラスの行動は、人間臭いところもあってツッコミどころ満載です。彼らに興味を持てば、「何に喜び」「何を嫌がるか」もわかります。街で共存していくヒントも見つかっていくことでしょう。

プロフィル2017■吉野かぁこ プロフィール
カラス愛好家でライター。「カラス友の会」を主宰し、カラスの魅力を詰め込んだミニコミ誌『CROW‘S』の編集発行人。もともとはカラスを避けて会社に遅刻するほどの「カラス恐怖症」だったが、克服のためにカラスについて学んだところ、カラスに恋する運命をたどることに。カラスと会話をするために、鳴き声の練習中。
HP: https://note.mu/yoshinoayumi
Twitter:@osakequeen

カラス雑誌「CROW’S」4号とクリアファイル、カラスの写真を2人にプレゼント

1M5A8328★

カラスにまつわる思い出やエピソードについて教えてくれませんか?

アンケートに答えてくれた方の中から抽選で2人に、カラス雑誌「CROW’S」4号とクリアファイル、吉野かぁこさんが撮影したカラスの写真(石手川緑地のハシボソガラス・非売品)をプレゼント!

応募期間 2019年2月2日(土)〜2019年2月28日(木)

応募はこちら!

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 特集
  3. 平成最後の冬に松山のカラスが急増? 気になるカラスについて調査してみた

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更