1. えひめトップ
  2. スタッフブログ リビング通信
  3. 今が旬のトマトを食べよう!カラーもカタチもよりどりみどり

今が旬のトマトを食べよう!カラーもカタチもよりどりみどり

  • 2019/07/22 UP!

title

こんにちは。ウェブスタッフのmojuraです。
そろそろ梅雨明けしそうですね。明けたらすぐに、夏本番!
今日は食卓でお馴染みの夏野菜『トマト』の、ちょっと楽しいおなはしです。
旬の食べ物をたくさん食べて、元気に夏を乗り切りましょう♪


今が旬のトマト

夏野菜の代表格のトマト。サラダやお弁当の彩りに欠かせませんね。1年でもっとも多く出回るこの季節、いろいろなトマトをおいしく食べましょう。(取材協力:太陽市)

santyo-hart

加熱して食べてもおいしい

産直市や店頭に並ぶトマトは大きさや色、形など種々さまざまで、どれにしようか迷うことも。生のままサラダに入れて食べることが多いですが、加熱すると旨味が増すので、アヒージョやラタトゥイユなどにして、生とは違った味わいも楽しめます。
トマトの保存は常温でOK。ただし、夏場や完熟したものは傷みやすいので、冷蔵庫に入れて早めに食べるのがおすすめです。

おいしいトマトの見分け方
□ヘタの緑が濃くて肉厚
□果肉に張り・ツヤがある
□全体的に色づいている

カラフルトマトは味わいもそれぞれ

最近では、黄色や緑などのカラフルなミニトマトが人気上昇中。生産者の栗林さんに聞きました。

10-kuribayashiMR

栗林農園
栗林 泰彦さん

 「当農園でのカラフルトマトの生産量は、2〜3年前はミニトマト全体の1割程度でしたが、現在では半分を占めています。色によって味や食感が違うので、まずは生でその違いを楽しんでみてください。丸ごと天ぷらにしたり、ペペロンチーノの仕上げに加えて、軽く加熱して食べてもおいしいですよ」


titile-santyokusantyo-odama店頭でおなじみのトマト。概ね200g以上。加熱してスープやソースにしたり、大きさを生かし、中身をくり抜いてカップ代わりにしたり、とアレンジが自由。「桃太郎」など

santyo-tyudama大玉トマトとミニトマトの中間サイズで、50gくらいのものが多い。大玉トマトに比べて糖度が高い。上部を切り、中身をくり抜いてピューレなどを絞っても、おしゃれ。「フルティカ」など

11santyo-mini20〜30gくらいの小さなトマト。大玉トマトに比べて糖度が高い。ピンク、黄、オレンジ、緑、紫などカラフルなものもある。「アイコ」、「トマトベリー」など

santyo-maicro直径5〜10mmの小粒なトマト。料理の彩りに散らしたり、そのままソースに入れたりも


編集部おすすめ かんたん夏アレンジ

rei-01そのまま飾って彩りをアップ。凍らせたトマトを乗せたら保冷剤代わりにも

rei-03氷水に入れて食卓に出すと、見た目も涼しげに

rei-02カラフルトマトを半分に切って、レタスと混ぜるだけで彩り豊かなサラダの完成

rei-04新鮮なトマトが手に入ったら、ヘタ付きのまま出せば、インパクト十分


title-benri

たくさんトマトが手に入った、ちょっと柔らかくなり始めた、そんなときは丸ごと冷凍。ざくざく切って煮込み料理やスープに。また、ドライトマトにすれば、水分が抜けて旨味が凝縮され、活用の幅も広がります。

benri-tomatoオーブンや天日干しでドライトマトに。好みのハーブとともにオイル漬けにしたり、天ぷらなどにして食べたりも

benri-con皮をむいたミニトマトを、水、砂糖、レモン汁を煮立てたシロップに浸けてコンポートに

benri-sweetbenri-jyerato冷凍トマトをフードプロセッサーにかけ、塩ひとつまみとメープルシロップをかければ、ひんやりスイーツに

houtyoマメ知識 気になった方は試してみてね

旬のトマト、お買い物もお料理も、楽しんでください♪

 

<リビングまつやま 2019年7月19日号より転載>

リビングえひめ編集部
この記事を書いた人リビングえひめ編集部
「リビングまつやま」「リビングえひめWeb」をつくっているリビングスタッフによるブログコーナー。 取材でのこぼれ話や街で見つけたとっておき情報、気になるイベント情報などをどんどんお届けします。あなたにぴったりの情報を見つけておでかけしてみて。
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. スタッフブログ リビング通信
  3. 今が旬のトマトを食べよう!カラーもカタチもよりどりみどり

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更