1. えひめトップ
  2. 35人の地元の女性にインタビュー
  3. vol.13~自分らしく生きるヒントを~35人の地元女性にインタビュー【リビング35周年企画】

vol.13~自分らしく生きるヒントを~35人の地元女性にインタビュー【リビング35周年企画】

  • 2019/09/16 UP!

title

時の流れによって、生き方、暮らし方、働き方も多彩になってきました。リビングまつやまでは、35周年の節目に35人の地元の女性を通して多様多彩な生き方をインタビューしていきます。
自分らしく生きる大切さや元気を感じてもらえれば幸いです。

第13回

title

渡部マリさんプロフィール写真

ヴォーカリスト・女性限定ボイトレ教室Las mariposas代表
渡部マリさん

プロフィール 大洲市出身。歌好きの父親の影響で、子ども時代から演歌を歌う。2013年ボイストレーナーとなり、2014年女性限定ボイトレ教室「Las mariposas」を開業。カルチャースクールや楽器店でヴォーカル講師を勤める他、県内各地のイベントやお祭りにも多数出場している。夫、2男の4人家族

歌の力を伝えたい

もっと気軽に歌を楽しむことで、女性の前向きな気持ちを応援する渡部マリさん。声のメンテナンスを健康づくりにも役立てたいと活動しています。
「幼いころから両親の勧めで、数々の歌のコンテストに出場していました。年齢を重ねるとともに好きなジャンルも増え、音楽を身近に楽しんできました」
出産後も歌うことを続けていた渡部さん。活動する中で、意外に歌うことに抵抗がある方が多いことを知り、“歌の素晴らしさを伝えられるのでは”と、ボイストレーナーにチャレンジ。医師や理学療法士の友人にも相談しながら、声と体のつながりを学びました。
しかし、勉強はしたものの、次の一歩を踏み出せずにいた渡部さん。そこへ「結婚しているからって家庭に収まることはないよ。もっと自分のやりたいことをやってみたら」という、義理のお母さんからの背中押しが。その言葉に勇気をもらい渡部さんの新しい一歩が始まりました。

渡部マリさん活動シーン歌好きの仲間たちとハーモニーを楽しむ

声のパワーを味方に

「声が枯れてきたけど、うまく歌いたい」「自信をもって話せるようになりたい」など、ボイストレーニングへ参加する人の理由は様々。歌がうまくなるだけでなく、正しい呼吸法が身につき、健康にもいいボイストレーニング。「前向きな気持ちになれる」「歌がますます好きになった」と、評判を呼び今では、10代から80代までの幅広い年齢層の人がレッスンに通います。
また、歌が好きな人にもっと元気になってもらいたいと、自らゴスペルのグループも立ち上げました。「ゴスペルは団体の美です。みんなでうまくハモれた時は至福の喜びです」イベント出演に向けて、メンバーと日々練習にも励みます。
「声は産まれてから、ずっと付き合っていく大切なパートナー。声のメンテナンスや歌好きな人との交流を広げて、体と心の健康をサポートできればと思っています」

 

<リビングまつやま 2019年9月13日号より転載>

インタビュー記事一覧はこちらから

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 35人の地元の女性にインタビュー
  3. vol.13~自分らしく生きるヒントを~35人の地元女性にインタビュー【リビング35周年企画】

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更