1. えひめトップ
  2. 35人の地元の女性にインタビュー
  3. vol.17~自分らしく生きるヒントを~35人の地元女性にインタビュー【リビング35周年企画】

vol.17~自分らしく生きるヒントを~35人の地元女性にインタビュー【リビング35周年企画】

  • 2019/10/14 UP!

title

時の流れによって、生き方、暮らし方、働き方も多彩になってきました。リビングまつやまでは、35周年の節目に35人の地元の女性を通して多様多彩な生き方をインタビューしていきます。
自分らしく生きる大切さや元気を感じてもらえれば幸いです。

第17回

title

和泉さんプロフィール写真

愛媛トヨタ自動車(株)人財開発グループ/認定ドリマ先生 for Junior
和泉智子さん

プロフィール 大学卒業後、新卒で愛媛トヨタ自動車に入社。2001年より採用・キャリア教育を担当。2018年よりNPO法人こどものみらいプロジェクトゆめどり愛媛サテライトの副事務局長に。一般社団法人ドリームマップ普及協会のドリ-ムマップ授業の普及活動に取り組む。夫・1男の3人家族

自分を生かすもう一つのフィールド

みなさんはドリームマップⓇをご存知ですか。
自動車販売会社で、採用・キャリア教育担当として働く和泉智子さんには、“ドリームマップ”を子どもや若者に届ける“ドリマ先生”というもう一つの顔があります。
ドリームマップとは、現在の自分と向き合い、将来なりたい自分をイメージして描く夢への地図。自己実現のためのセルフコーチングツールです。
仕事でかかわる多くの若者から感じる将来や、自分自身に対する不安。「多様な生き方にふれ、自分自身について前向きに考える機会がもっと作れないか」と考えるようになっていました。
そんな中、仕事でご縁のあった方を通じて、ドリームマップを知ります。
和泉さんが最初に描いた夢は「地域で共に学び合い共に育つ仲間をつくりたい」「仕事も暮らしも頑張ろうとしている人の人生を応援したい」ということでした。ドリームマップを通じて、自分の中にあるものと向き合えた実感があったと言います。

和泉さん活動シーンインターンシップ研修でのドリームマップ作り

チャレンジを楽しむ自分でありたい

現在の活動は、企業とのコラボイベントや県内の小中学校でのドリームマップ授業がメインです。また仕事で担当しているインターンシップや職場体験にも導入しています。
子どもたちは、写真や切り抜きに文字を合わせて夢への地図を作ります。「自分の本当の気持ちがわかった」「ドリームマップを見るととってもワクワクしてくる」と笑顔で感想をのべる子も。
何かになりたいだけではなく、こんな自分でありたいというのも大切な夢です。ドリマ先生として和泉さんは子どもたちに夢を叶える法則や視点のもち方を伝えます。
「次世代を担う子どもたちや若者の、夢や成長を応援していきたいです。これからも、仕事はもちろん、暮らし全体の中で、自分を生かせる場所や機会を見つけていきたいです」

 

<リビングまつやま 2019年10月11日号より転載>

インタビュー記事一覧はこちらから

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 35人の地元の女性にインタビュー
  3. vol.17~自分らしく生きるヒントを~35人の地元女性にインタビュー【リビング35周年企画】

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

11月15日号をチェック!

電子ブックを読む

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更