1. えひめトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 1月7日限定!「七草がゆ」と「道後の史跡巡り」を楽しもう!!
記事検索

1月7日限定!「七草がゆ」と「道後の史跡巡り」を楽しもう!!

特派員No. 586
きこママさん
  • 2019/01/16 UP!

こんにちは。
リビングえひめWeb 地域特派員のきこママです。

1月7日、道後公民館主催の「三世代交流七草がゆの集い」に参加してきました。
子どもから年配の方まで、道後の史跡を巡った後に、とってもおいしい七草がゆを堪能!

早速、紹介していきましょう!

 

「道後の史跡めぐり」スタートです!

朝の8:30、道後公民館集合です。
受付を済ませると、すぐに開会式がスタートしました。

その後、道後の史跡めぐりへ。

道後公園にある湯釜薬師

最初に訪れたのは、道後公民館のすぐそばにある道後公園。
その中に、円筒形の花崗岩でできた湯釜があります。

この湯釜は、明治26年まで道後温泉「神の湯」の浴槽に据えられていたそうです。

S0851163湯釜の直径は1.667メートルあります。とっても大きいですね!

 

松山市立子規記念博物館

昭和56年に、近代文学史上に素晴らしい業績を残した正岡子規を記念して建てられました。

「足なへの病いゆとふ伊豫の湯に飛びても行かな鷺にあらませば」
子規記念博物館の入口に立つ、正岡子規の望郷の歌です。

子規記念博物館の3階からの垂れ幕には、毎月、子規の句が時期に合わせて選ばれています。

S0891172開館前の扉には、「ホトトギス」という文字が書かれています。読めるかな???

 

義安寺

河野氏ゆかりのお寺で、室町時代末期の1539年に建てられました。
県道から階段を上がったところに山門があり、その奥に本堂があります。

宗派は、道後今市の市隠軒持田の西龍寺と同様の「曹洞宗」です。

S0911176本堂からさらに上の階段を登れば、とっても見晴らしのいい景色に出会えますよ!

 

伊佐爾波八幡神社

道後温泉駅を出ると、高い石段と朱塗りの神殿が見えるのを見たことはありますか?
なんと、この階段は 135段 もあるんです!!

申殿(もうしでん)と廊下・桜門と回廊は国の重要文化財になっています。
秋祭りには、ここから6体の神輿が宮出しをして道後温泉駅前で鉢合わせをします。

S0981189今年の絵馬はイノシシ。可愛い絵馬をバックに、写真を撮っている方がたくさんいました!

S0062011松山秋祭りで実際担がれている神輿。伊佐爾波神社の階段から下りてくる様子は見応えがありますね!

 

宝厳寺と一遍上人

昔はネオン坂と呼ばれた坂道を登りつめると、宝厳寺があります。
時宗の開祖、一遍上人の誕生の地としても有名です。

数年前の8月10日に発生した火災で、本堂に安置されていた一遍上人立像は焼失してしまいました。このニュースは、たくさんの人が悲しんだことでしょう・・・

現在は、新しくなって「寺ヨガ」や俳句会など、様々なイベントが行われています。

S0122023境内からは松山城が望め、市内を一望出来る絶景の穴場スポットとなっています!

S0112021本堂は、一遍上人が活躍した鎌倉時代中期を想定して古川禎一さんが設計。

S0082016平成28年5月に再建され、新たに鋳造一遍上人像が建立。「一遍上人堂内」に安置されています。

S0092017「一遍上人堂」には4台の展示ケースが左右に置かれ、「一遍聖絵」の中の重要な場面が展示されています。

 

圓満寺と湯の大地蔵尊

道後温泉の裏手にある圓満寺。
境内には、大きな白塗りの地蔵尊がいてびっくりします!!

1855年に道後温泉の湯が止まった時、この地蔵に祈願し再び湯が湧き出たことから「湯の大地蔵尊」と呼ばれているそうです。

S0142027      高さ3.67メートルもある「湯の大地蔵尊」。御利益がありそうです・・・

そして、いま最もフォトジェニックな開運スポットとなっている「圓満寺」。

2013年から始まった道後で人気のプロジェクト「道後温泉開運めぐり」も、この圓満寺が始まりの地と言われています!

S0182035恋愛運UPの開運アイテム「お結び玉」の前で写真を撮ると、いいことがあるかも???

 

道後温泉本館

圓満寺から道後温泉本館を歩いていると、大きなクマを発見!!

三沢厚彦が制作した、重さ1.5トン、高さ3メートルを超える巨大なクマです。
かつて道後公園にあった道後動物園へのオマージュとして、道後温泉本館を見守っています。

S0222043      背後にある「振鷺亭」では、クマを見上げながら休憩することもできます。

S0232045こちらは皇室専用の浴室「又神殿」の入口です。明治から昭和まで、皇室のご入浴は10回ありました。

S0282056本館北側に奉られている「玉の石」。この石に道後温泉の湯をかけて願いを込めると、神様に通じると言われています。

S0292057営業しながらの保存修理工事がまもなく始まる道後温泉本館です。人力車にも乗れますよ!

 

坊っちゃんからくり時計

道後温泉本館百周年を記念して作られたカラクリ時計。
道後温泉駅の正面にあって、すぐ近くには足湯があります。

本館の振鷺閣をモデルに造られていて、時間になると軽快なメロディにのって時計台がせり上がり、夏目漱石の「坊っちゃん」の登場人物が現れます

S0312062上演時間は8:00~22:00(1時間ごと)、特別期間は30分ごとに流れます。

S0322064こちらに座るとあら不思議!まるで天使の羽が生えたように写真が撮れますよ!

 

いよいよ「七草がゆ」を食べましょう!!

史跡めぐりが終わったら、さあ「七草がゆ」の時間です!
春の七草は、みなさんご存知でしょうか?

S0352069S0362071道後公民館では、希望の方には好きな分だけ七草をプレゼントしてくださいます!

 

人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った「七草がゆ」を食べると、邪気を払い万病を除くと古くから言い伝えられてきました。

たくさん食べて、今年一年、元気に過ごしたいですね!

S0382076七草がゆ、芋がゆ、小豆がゆの3種類から選べます。トロトロしていて、とってもおいしかったです!!

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 586 きこママ
長男は私立中学の3年生。長女は中学1年生。末っ子の次女は2歳。特技は庭木の剪定、現実逃避ができる旅行は大の趣味。末っ子を日々、溺愛しています。食べるの大好き、でもお腹周りが心配な40歳です。
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 1月7日限定!「七草がゆ」と「道後の史跡巡り」を楽しもう!!

特派員メンバー

  • sora
    特派員No.579sora
    いつも「えっ⁉」と思うことを探してます
  • マーマレード
    特派員No.581マーマレード
    「これいいな」をいつも探しています!
  • ルナ
    特派員No.582ルナ
    文鳥大好き鳥オタク。多趣味で熱しやすく冷めにくい。
  • こん
    特派員No.583こん
    楽しい事、食べる事が大好き!好奇心旺盛ママ
  • Nの人
    特派員No.584Nの人
    放浪カメラマン
  • HAPPYDAYS(ハッピーデイズ)
    特派員No.585HAPPYDAYS(ハッピーデイズ)
    子育ても自分時間も思いっきり楽しみます!!
  • きこママ
    特派員No.586きこママ
    毎日の子育てを、いろんな角度で楽しんでいます!
  • みかん
    特派員No.587みかん
    育児と育自に奮闘中のアラサーです。
  • おみやさん
    特派員No.588おみやさん
    好奇心旺盛な3児のワーキングママ
  • しらたま
    特派員No.589しらたま
    お役に立つ情報を発信します。
  • めぐ
    特派員No.590めぐ
    2人男児の育児に奮闘しながらセラピストとして活動中