1. えひめトップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 薬局・健康
  4. <健康情報>「本当に怖い」歯周病について考えよう

<健康情報>「本当に怖い」歯周病について考えよう

<健康情報>「本当に怖い」歯周病について考えよう

歯を失う最も大きな原因の歯周病
定期的に歯科医院でメンテナンスを

歯周病には「歯肉炎」と「歯周炎」の段階が

皆さんはどのような時に歯周病かなと思われますか?

例えば、「歯みがきをすると血がでる」「最近、歯茎がやせてきたと感じる」「たまに口の中から嫌な臭いがする時がある」などが挙げられるかもしれません。もちろんどれも歯周病の症状である可能性が極めて高いです。では、ここで歯周病とは具体的にどんな病気なのかを考えてみましょう。

 まず、歯周病と言われる病気は大きく“歯肉炎”と“歯周炎”に分けられます。これらをまとめて歯周疾患といい、一般的に歯周病と呼ばれています。では、この歯肉炎と歯周炎にはどのような違いがあるのでしょうか。

簡単に言うと、歯肉炎は歯茎に炎症があるだけの状態です。歯茎を見てみると、赤くぶよぶよしていたり、歯ブラシで触ると出血をしたり、痛みがあったりなどといった状態です。

一方、歯周炎は歯の周りの組織が破壊される病気です。つまり、歯を支えている顎の骨が溶けていく病気なのです。歯を支えている顎の骨が溶けると、歯がぐらぐらと揺れはじめてしまい、咬むことに痛みを感じたりするようになるのです。一般的に歯周病によって溶けてしまった顎の骨は戻らないと言われています。結果、残念なことにそのような歯は抜かないといけなくなることが多いのです。これが歯周病で歯を失う最も大きな原因です。

自覚症状がなく進行するが予防も可。口の状態のチェックを

では、なぜ歯を抜かないといけない状態になるまで気がつかないのでしょうか? 実はこの気がつかない理由こそが“歯周病は怖い„と言われる所以なのです。そもそも歯周病の進行は比較的ゆっくり進むことが特徴です。つまり自分自身では気がつかないスピードでゆっくりと顎の骨が溶けていっているのです。そして、自覚症状がなく進行していき、気がついた時にはもうすでに手遅れになってしまうという怖い病気なのです。

歯周病を引き起こす主な原因はプラークと呼ばれる細菌の塊であり、日頃の磨き残しによる汚れです。これが蓄積することにより歯茎に炎症が引き起こされていくのです。つまり、この磨き残しをなくすことが歯周病の治療において重要であると言えます。

そこで皆さんにぜひ知っておいてもらいたい大事なポイントがあります。それは、歯周病の進行は必ず「歯肉炎になってから歯周炎へと移行する」ということです。つまり歯茎が綺麗な状態であれば骨が溶けていくような歯周炎になることはないと言えますが、口の中の衛生状態がよくないと、歯肉炎になり、気がつかないうちに歯周炎へと進行し、骨が溶け始めている可能性があるということです。今の皆さんの口の中は、どうでしょうか?

歯周病は怖い病気です。ただし歯周病は予防できる病気でもあります。今の自分の口の中はどんな状態なのか?。それをしっかり知ることが歯周病予防の第一歩です。ぜひ、かかりつけの歯医者さんで自分の口の状態を知り、定期的に管理してもらいましょう。

20191115_Dent_Kihara

きはら歯科クリニック 木原竜太 歯科医師

日本歯周病学会認定医、中野予防歯科研修会会員

リビングまつやま 2019年11月15日号より転載

こちらからもリビングまつやまも読めます

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. えひめトップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 薬局・健康
  4. <健康情報>「本当に怖い」歯周病について考えよう

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2月14日号をチェック!

電子ブックを読む

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

松山百点 伝統、文化、歴史をテーマに

電子ブックを読む



会員登録・変更