1. Living
  2. 美びっと韓国
  3. 旬の牡蠣と大根で絶品ご飯!

美びっと韓国

マッコリ、キムチはもちろんもっともっと韓国料理の魅力を知ろう。美しくなるレシピも紹介

旬の牡蠣と大根で絶品ご飯!

2013.12/09

韓国料理研究家の本田朋美です。
 
11月末に韓国で料理研修を受けてきました。
研修テーマは「郷土料理」。
 
韓国各地のみならず、開成(ケソン)料理も学ぶことができ
貴重な機会でした。
 
そこで、習った中で簡単に作れる開成(ケソン)料理の一つを
本田流にアレンジして、今日はご紹介いたしますsign03
 
 
 
131209honda.JPG
 
 
★牡蠣と大根の炊き込みご飯(굴무밥)
 
 
■材料(4人分)
 
米 2合
水 すし飯を作るときの量
牡蠣 250g
大根 200g
 
<タレ>
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ1
ゴマ油 小さじ1
小ネギ(小口切り) 大さじ1/2
ニンニクすりおろし 小さじ1/2
ゴマ 大さじ1/2
※タレの材料を混ぜる。
 
 
■作り方
 
米を洗って30分ほど水に浸けてから、一度水気を切る。
 
牡蠣はうすい塩水(分量外)で洗って、水気を切る。
 
大根は幅5mmで、縦横3cmの色紙切りにする。
 
炊飯器の内釜に米と水を入れて、大根をのせる。
炊飯器のスイッチを入れて炊きあがったら、牡蠣をのせて蒸らす。
牡蠣に火が通ったら、具が全体に行き渡るように混ぜて器に盛りつけ、タレを添える。
 
 
牡蠣は小粒のものを使用すると、火が通りやすいです。
大根から水がでるので、炊飯器に入れる水は少なめにしてください。
 
ご飯には味が付いていないので、タレをかけて召し上がってくださいねdelicious
 
 
旬の牡蠣と大根を使った炊き込みご飯。
冬の大根は甘味があるので、生で食べても美味ですよね。
 
ご存じのように、海のミルクと呼ばれる牡蠣。
名前の通り、さまざまな栄養が含まれていますflair
 
特に、牡蠣100gを食べた場合、1日に必要なタンパク質の3分の2
カルシウムについては、3分の1が摂れるとか。
 
カロリーは低く、1個につき16kcalです。
 
牡蠣は血を作り、血行を良くする働きがあります。
よって、体温があがり、貧血を予防しますup
 
冷え性の女性には、オススメの食材ですね。
 
また、肌に潤いを与えてくれるので、乾燥しがちな冬にピッタリ!
さらには、肝臓の機能を強くし、滋養強壮、免疫力アップ、精神安定にも!
 
12月は仕事や忘年会と公私ともに忙しい季節ですから
積極的に摂りたいものですねheart04
 
本田朋美
本田 朋美
つながるハングル代表、韓国料理研究家。良質な韓食エクスペリエンスを広めるために韓国料理講師、企業のレシピ開発などを手掛ける。
つながるハングル http://tsunagaru-hangul.com/
韓国料理研究家・ほんだともみのコリアンワールド
http://ameblo.jp/tomomi0308/

コメント

コメント投稿
すべて必須項目です。また、承認制ですので全てが表示されるとは限りません。
また、表示までに多少お時間をいただく場合があります。

※コメントには表示されません


※ウェブサイト、ブログをお持ちの方はURLを入れていただきますとお名前部分からリンクいたします

美びっと韓国のつぶやき[ @vivit_korea ]
金 景太さんの
韓国語 バックナンバー